オンライン対話で教育を
"UPDATE"しませんか?

教育をアップデートするためのオンラインサロン「未来の先生塾」です。
対話をベースにこれからの教育を共につくろうと考えている方、お待ちしています。
お申し込み 146名!!(2020/6/21現在)

これからの教育についてどう考えていますか?

プログラミング、英語、道徳、防災、金融、起業家、ジェンダー、シチズンシップ、消費者教育…◯◯教育が多すぎて、何に力を入れていいのか分からない!
学習指導要領の全面実施も近づいているけど、主体的・対話的で深い学びの視点をもって授業改善ができていない!どうしよう。。
明日の授業や行事のことばかり考えていて、いっぱいいっぱい。もっと授業や子供たちと向き合う時間が欲しいなぁ。
現場には、ゆったりとお互いの教育観について語り合える仲間が見つからない。教員養成の大学に通っているけど、このままで大丈夫かなぁ。

未来の先生塾に入塾しませんか?

  • Q. どのくらいの頻度で参加できますか?
    A. 定例で行なっているのは、週に1回です。毎週火曜日21時から1時間程度のオンライン対話を行います。その後も入退室自由・時間無制限のフリートークが続きます。
  • Q. 料金はいくらかかりますか?
    A. 月額480円です。それ以外は一切料金はかかりません。以下の「申し込みフォーム」と「購入するボタン」よりお手続きをいただいた方に、3日以内にメールでご連絡致します。教員を目指す学生・教員3年目までは無料です。
  • Q. コミュニティのメンバー同士の学び合いはできますか?
    A. 非公開のメッセンジャーグループ、Slackワークスペースにて、運営メンバーも含めてオンライン対話以外の自由な学び合いもできます。
  • Q. 先生ではないのですが、参加できますか?
    A. 教育に関心のある方ならどなたでも参加できます。現役の教員だけでなく、教員を目指す学生や教育関連企業、保護者など、様々な立場の方が参加しています。
  • Q. どのくらいの頻度で参加できますか?
    A. 定例で行なっているのは、週に1回です。毎週火曜日21時から1時間程度のオンライン対話を行います。その後も入退室自由・時間無制限のフリートークが続きます。

教育現場に足りないのは対話です!

多様性

子供たちの多様性を認め、伸ばしていくには、先生を含めた教育に携わる人々の多様性が重要になります。対話を通して、それぞれのバックグラウンドを理解し合ったり、お互いの存在を尊重し合ったりすることができると考えています。

エンゲージメント

自身の教育・学校に対するエンゲージメント(つながりの強さ)は、これからの教育を考えていく上で非常に重要な意味をもちます。それぞれが当事者意識をもって「自分ごと」として教育の未来を語り合うような場にしたいです。

コミュニティ

「コミュニティ・スクール」制度が全国的に広がっているように、コミュニティへの期待や重要性は高まってきています。ここでは、場所を越えたラーニング・コミュニティを拡げていけたらと思っています。

フリートークはどなたでも参加可能です!

オープンキャンパスを開催中(終了時期未定)

現在、プレゼンターのいないフリートークの日に限って、お一人2回までご参加いただけます。フリートークの情報発信は、公式Facebookページまたは、公式インスタグラムでご確認ください。参加希望の方は、以下のボタンよりお申し込みください。

フリートークへの参加申し込みはこちら

オンライン対話とは?

「対話」とは、自分以外の他者とだけでなく、自分の中の小人と、世界・社会・環境と話すことです。
こちらのオンラインサロンでは、Zoomというビデオ会議システムを使って、画面の向こうの方とグループや全体で話し合います。

オンライン上で対話を重ねることで、お互いを知り合ったり、自分とは異なる価値観に触れて内省したりすることで、大きな学びを生むことができると考えています。

わたしたちのミッション
「つながり続け、学び続ける」

私たちのミッションは、つながり続け、学び続ける先生を増やすこと。
オンライン上の居場所という緩やかなコミュニティを形成していくことで、
様々な切り口、視点に触れ、学ぶ楽しさを実感できると考えます。

オンライン対話は毎週火曜日21時から

未来の先生とは?

未来の先生がタイムマシーンに乗ってやってくるのではありません。自分自身が未来をつくる主体として、子供たちと一緒に成長し続ける大人になっていくことが大切です。

つながりと学び

知らない人との出会いは、自分を振り返るチャンスでもあります。つながり続け、コミュニティの一員として話し合いながら、学びをギフトし合う関係を続けていくことは、より深い学びを生むことができるでしょう。

学びのコミュニティ

ここで繋がった人々は、職場や学校、家庭、地域とは異なる関係性で、あなたの学びを支えてくれるでしょう。学んだことをアウトプットし合えるコミュニティをつくりましょう。

安心・安全の場

ここでは、グランドルールを守っていただきます。ただルールを守れない人を排除するのではなく、違いを楽しむという視点で、一緒に学んでいきましょう。そうした場が、安心・安全な場と言えると考えています。

プレゼンテーション + ダイアローグ

プレゼントークとフリートークの2種類

プレゼントーク
①イントロダクション(趣旨説明)
②チェックイン 1分くらい
③プレゼンターによるプレゼン10分間
④3〜4人のグループでの対話
⑤各グループより1分程度の発表を聞く
⑥チェックアウト

フリートーク(プレゼンターがいない場合)
その場に集まった方で自由なテーマで対話(途中退出OK)

これまで・これからのプレゼンテーション


「プレゼンタイトル」名前(所属)

「学びのコミュニティづくり」館野 峻
(東京都公立小学校 主任教諭/一般社団法人Teacher's Lab.)

「教師の働き方」庄子 寛之
(東京都公立小学校 指導教諭)

「IB TOKから学ぶ問いの立て方」内山 翔太
(立命館大学 学生)

「習慣化は技能である」二川佳祐
(東京都公立小学校 主任教諭)

「何からはじめる?情報時代の学校づくり」稲垣 忠
(東北学院大学文学部 教授)

「特別支援の知識は普及させるべき」前田 智行
(放課後等デイサービス オレンジスクール指導員)

「学校という学びの場にいる先生が身につけるべき力」峰岸 巧
(私立小学校教諭)

「30代教員が学び続けるには?」しばやん
(私立中高一貫校)

「占いから言葉の力を〜バーナム効果を逆手に〜」清水 良
(東京学芸大学附属世田谷小学校)

「カンボジアの小学校から」間々田 和彦
(カンボジア王国王立プノンペン大学教育学部 客員教授)

「フィンランド教育を通して日本の教育を考える」地下 智隆
(英会話講師/Global Teacher Program)

「女性の教育現場での働き方について」杉山 愛弓
(公立小学校教諭)


「多様な視点から考える部活動のあり方」小林 直貴
(公立中学校部活動外部指導員/東京学芸大学教職大学院)


「探究が始まるときってどんなとき?」田中 歓
(東京都公立中学校教員)

「ここがヘンだよ学校の先生~ICT利活用編~」野中 健次
(教育系アプリメーカー)

「学校教育の建て直し―学び方改革を例に」野中 潤
(都留文科大学 教授)

「制限のない自由な学びを求めて」福島 毅
(教育コンサルタント、柏市ICT活用推進アドバイザー)

「いつもの授業から始めよう」藤牧 朗
(学びの場のデザイナー)

「子育て世代教員に理想の働き方とは」山崎 尚子

(板橋区立上板橋第二中学校)


「PR動画制作でアウトプット力が高まる!?」永井 貴博
(株式会社ユニイク)

「教員の役割は変わるか?」後藤 健夫
(教育ジャーナリスト)

「「振り返り指導(省察学習)」の理論と実践」梶浦 真
(教育報道出版社 代表)

「もしも、理想的な学校を作れるなら?」箸本 知希
(千葉県我孫子市小学校教諭)

「ゆめとみらいを創る授業」佐々木 綱衛
(私立三浦学苑高等学校 教諭)


「YouTubeと学校教育」野中 潤
(都留文科大学)

「真正の深い学びとは」小林 和雄
(福井大学 准教授)

「9月が楽しみ!協同学習(cooperative learning)からの提案」最首 昌和
(フリーランス)

「PBLの進め方」山下 徹
(東京都公立小学校)


「クラス会議~先生たちだって悩んでいる~」深見 太一
(愛知県小学校教員)

「全国初!中学校授業で業務改善アプリkintoneを活用〜授業デザイン&働き方改革の可能性を探る〜」前川 智美
(板橋区立高島第二中学校)

「名門進学校か探究型新設校か〜中学受験保護者から」原 大輔
(ベネッセコーポレーション)

「地域・オンライン・学校のコミュニティデザイン」館野 峻
(東京都公立小学校 主任教諭/一般社団法人Teacher's Lab.)

「ゲストとつくるコラボレーション授業」菊地 南央
(福島県田村市要田小学校)

「コミュニティスクールを始める際に絶対に必要な1つのルール」ソルティー
(Webマーケター、NPO法人教員支援ネットワーク T-KNIT 代表理事)

「AIに添削や採点はできるのか?」岡田 健志
(株式会社 増進堂・受験研究社 NEXT LEARNING Labs主任研究員)


「学校におけるコーディネーターの価値」青木 一麦
(地域おこし協力隊・高校魅力化コーディネーター)

「地域の居場所が子どもを育む可能性について」前田 大志
(教諭)

「アクティブリスニングスキル〜人情の機微に触れる技術」榎本 澄雄
(株式会社kibi 代表取締役・元警視庁警部補)

「学校のナカとソトを繫ぐキャリア教育において有効なものとは?」永井 楽心
(一般社団法人多様な生き方と出会う対話の会 代表理事)

「今、教員に必要なのは情報発信力!」ソルティー
(NPO法人 教員支援ネットワーク T-KNIT 代表理事)

「なぜ勉強のやる気が起きないの?『学びとやる気』の心理学!」佐藤 雄一郎
(慶應義塾大学大学院修士課程)

「海外にいる日本の子どもたちへの教育について知ろう!」山瀬 加奈
(教育系フリーランス)

「『与える教育』から『引き出す教育』へのパラダイムシフト」宮原 宏和
(一般社団法人未来のイノベーター育成アカデミー)

「Flipgridって面白いからみんな使ってくれ!」前多 昌顕
(つがる市立育成小学校)

「目的と方法論 〜目的を見失わない為に〜」【元先生YouTuber】偽善者先生
(フリーランス)

「学びのコミュニティづくり」館野 峻
(東京都公立小学校 主任教諭/一般社団法人Teacher's Lab.)

未来の先生塾コミュニティから生まれたプロジェクト

キャリアコンサルティング

未来の先生塾公認キャリアコンサルタントの合田さんにいつでも相談できます。(価格などは応相談)教員としてのキャリアに迷いを感じたら、ぜひご相談ください。

リモートワーク

リモートワークのための仮想オフィス「Remotty」を使って、自宅勤務の際や平日夜や休日に未来の先生塾コミュニティのメンバーと一緒にリモートワークができます。Remottyについて詳しくはこちら

コミュニティ・スクール勉強会

コミュニティ・スクールについて学びたい!という未来の先生塾コミュニティメンバーの声から、関心のある方を対象に勉強会を企画しています。

コーチング体験会

未来の先生塾公認コーチの加藤さんと一緒にコーチングについて学ぶ企画です。加藤さんとの個別のコーチングも可能です。(価格などは応相談)これからの教員に必要なコーチングスキルを一緒に身に付けていきましょう。

オンライン朝の会・日報

リモートチームの情報共有をなめらかにする「reporu(レポル)」を使って、朝や夜に1日の見通しを立てたり、振り返ったりしながら、未来の先生塾コミュニティのメンバーと”日常”を共有できます。reporuについて詳しくはこちら

グラレコ勉強会

未来の先生塾公認グラフィックレコーダーの黒木さんと継続的に学ぶプロジェクトを企画中。未来の先生塾コミュニティのメンバーと一緒にオンラインで継続クラスを行う予定です。黒木さんによる先日のグラレコはこちらこちら

週に1回集まれるオンラインの居場所

月額480円でつながり続け、学び続ける環境を

いただいたお金は、一般社団法人Teacher's Lab.としての活動のための収益となる他、「未来の先生塾」の広報活動やプレゼンテーションにご協力いただいた方への謝礼に使わせていただきます。運営メンバーは、当面無償ボランティアとして活動を継続させていきます。運営メンバーとして関わりたいという方も募集しています。

POINT
1

モノからコトへ、所有から利用へ

生活者の価値観は、“所有”から“利用”へと意識変革が起こりつつあります。入塾していただいた皆さんと継続的に繋がっていくために、サブスクリプション型のサービスを提供していきます。月額料金は、未来の自分への投資です。毎週参加する方も、月に1回参加する方も、21時からのオンライン対話には参加できないため非公開コミュニティを中心に活躍する方も、色々な参加の仕方があると考えています。
POINT
2

選べる2つの時間帯・参加の仕方

21:00から始まるプレゼントークorフリートークの時間と、22:00からのフリートークの時間の2部制となっております。聞きたいプレゼンターの時だけ参加していただいても構いませんし、耳だけ参加、途中入退出も自由です。顔出しも強制ではありません。皆さんの参加のしやすい方法で学びを楽しんでいただければと思います。
POINT
3

全ての人が学習者・コミュニティ内での活発な交流

こちらのコミュニティは、入塾していただいた皆さんでつくっていくものです。登壇するプレゼンターや運営チームが主役ではありません。皆さんがそれぞれのコミュニティで活動されていることや新しく始めてみたいという想いを、積極的に応援していきます。決められた時間以外のオンライン対話や、オフラインでの交流会、あるテーマに基づいた勉強会なども少しずつ生まれてくると期待しています。

ワークスペースとグループ

Slackを使ったコミュニケーション

Slackワークスペースでは、上で紹介したプロジェクト活動やコミュニティのメンバー同士のコミュニケーションが行われています。限定公開でこれまでのオンライン対話をYouTubeで観られたり、おすすめの教育関連情報がシェアされたりしています。会員限定のコミュニティです。

メッセンジャーを使った連絡

毎週のオンライン対話のURLや、全体への連絡は、メッセンジャーグループで行っています。こちらも未来の先生塾コミュニティのメンバーのみが入れます。コミュニティメンバーとオンライン対話後にFacebookで繋がることで、交流を深めています。

これからの教育を担う人たちに向けて

教員を目指す学生(大学生・大学院生など)、教員3年目(新卒・社会人経験後でも可)は無料で参加できます!

プレゼンにご協力いただいた方は、基本無料

  1. 10分間限定
  2. スライドは自己紹介・表紙を含め4枚程度
  3. その後の対話のテーマとなる「問い」を入れる
という3つのルールで、教育についてその後の対話のきっかけとなるお話をしていただける方を募集しています。
(プレゼンの内容によっては、参加をお断りすることもあります。)

プレゼンター希望

未来の教育を一緒につくりましょう!

ここで繋がった方と一緒に、より多くの子供たちが幸せになれる教育をつくっていきましょう!
学校教育だけでなく、家庭教育、社会教育などをつなぐ連続した学びのコミュニティに参加してみませんか?

【まずはこちら】
申し込みフォーム

一般社団法人Teacher's Lab.関連リンク

Teacher's Lab.

先生と共に学校現場の発展に貢献していきます。そのためにリソースのプロバイダーとして先生に有用な素材を集め、素材を開発して学校教育現場や教師に提供していきます。そして、それらの知見やノウハウを蓄積し、絶えず学校現場が向上できる素材を研究開発していきます。このように先生が主体となりTeacher’s Lab.は学校現場を活性化していきます。

リンク

Teacher's School

学校の先生と共に様々な社会資源を活用し、学びたい先生が主体的に学べる環境や、挑戦したい先生が自分のやりたい事に挑戦できる環境をつくっていきます。活き活きと学び挑戦する先生が溢れる社会や、活き活きとした先生の授業を受けた子供たちが活き活きとした学校生活を送っている社会を、先生方と共につくっていきます。

リンク

未来の先生展

それぞれの領域・分野で活動している方々が一か所に集まることで、参加者が"つながり"、知識・視点・つながりが"広がり"、新たな取り組みや知識が"生まれる"場でありたい。日々変わる社会、日々変わる教育に対して、未来の先生展は、教育の未来をリードする新たな知見や取り組みが生まれ続ける源泉を目指します。全ては、私たちのより良い人生・社会のために。

リンク

未来の先生塾公認グラフィックレコーダーのご紹介

黒木 あゆみ

視覚翻訳家/グラフィックレコーダー/イラストレーター

専門は、美術教育・教育・即興演劇(インプロ)ワークショップやショー、研修などでそこで生まれた対話や感情を視覚化すること。
ビジュアル化、美術教育の可能性を探る場「視覚実験教室」主宰。
【最新情報】
Twitter:@ayu01331
instagram:@ayumi_pop0429
視覚実験教室:https://kurokiayumi.wixsite.com/visuallabo

【お問合せ】ayumikuroki.art@gmail.comまたはHPよりご連絡ください。

お仕事のご依頼はこちら

いつでも退塾・再入塾できます。

参加したい時に参加したいだけ参加する

また参加したくなったら、いつでも再度ご登録ください。
夏休みや参加のしやすい年など、自由に選べます!
気軽に再入塾してください。私たちはいつでもウェルカムです。
また会いましょう!

退塾フォーム