専業主婦でも借りれるカードローン!

専業主婦でも借りれるカードローンについて

私は専業主婦ですが、時々、カードローンでお金を借りています。

私が専業主婦になってからカードローンを申し込んだきっかけは、私がお金を使いすぎて月末の支払いができなくなったからなのですが、その後も友達の結婚式に呼ばれた時など、ちょっとお金が足りない時に利用するようになりました。

私が利用しているのは専業主婦でも借りれる銀行カードローンで、毎月の返済も毎月2000円からでいいので助かっています。主人は生活費のことは私に任せきりなので、何に使っているか特にチェックされることもないのも助かります。

専業主婦だと限度額はあまり高くなく、私の場合30万円なのですが、私は高額の買い物をするわけではないので今のところ十分です。

それに、子供も今年小学校に入るのでそろそろパートの仕事でも始めようかと思っていて、そうすれば、カードローンを利用することも少なくなると思います。働き始めたら月々の返済も多めにして早く完済したいと思っています。 以前働いていた時には、専業主婦でも借りれるカードローンがあるとは知りませんでしたが、専業主婦になって、必要が生じて調べてみると専業主婦でも借りれるカードローンって意外にあるんだなとびっくりしました。

メガバンクでも地銀でも信用金庫でもどこでもあって、しかも自分の免許証さえあれば申し込みができて、ATMでいつでもお金が引き出せるので、ほんとに便利です。 消費者金融でも専業主婦が借りれるところがありますが、金利が高いし夫の同意書とかも必要になるのでかなり面倒です。それに消費者金融はヤミ金とかもあるのでやっぱり借りるのは不安でした。

銀行のカードローンなら夫の同意書や収入証明書なんかもいらないし、なにより騙されるという心配なしに安心して申し込みがきます。専業主婦の方で、ちょっとお金に困っているという方なら銀行のカードローンがおすすめです。

専業主婦が借りれるカードローンを利用するときの注意点

専業主婦でも借りれるカードローンで銀行系はいくつもありますが信用力の問題などから、
利用にあたって注意するべきポイントがあります。

この注意点を意識するかで、専業主婦に人は審査通過の確率があがるので参考にしてください。

○30万円や50万円程度の借入が限度
銀行系カードローンの中には、最高借入限度額を500万円や1000万円に設定しているところもありますが、専業主婦は収入がないため、高額な借入は通常できません。貸金業法の総量規制の対象ではないものの、収入のない専業主婦の利用は30万円や50万円程度を上限としているカードローンが多くを占めます。ホームページに高額な借入限度額が掲載されていても、過度に期待しないようにしましょう。

○消費者金融よりも金利が低いが通常上限金利になる
銀行系カードローンは消費者金融に比べて低金利ですが、金利には幅があり、信用力によって違いがあります。多くの銀行系カードローンは借入限度額が高いほど、金利負担が低い仕組みがとられています。専業主婦の借入の金利は、ホームページなどに掲載されている金利の上限での融資となるケースが多いです。

たとえば、「4%~14%」と記載があった場合、専業主婦は借りれる場合のカードローン金利は14%が適用される心積もりでいることが賢明です。

■専業主婦の銀行系カードローンの選び方

専業主婦でも借入れ銀行系カードローンはどのような基準で選べばよいのでしょうか。
開設している銀行口座や融資の緊急性、カードの郵送の有無の点などからカードローンの選び方のポイントをみていきましょう。


◯自行口座が必要か確認する
銀行系カードローンは、自行の普通預金口座の有無によって取り扱いの違いがあります。主に、「口座を持っていなくても同じようにカードローンの利用ができる」、「口座を持っている場合のみ即日融資が可能」、「口座がなければカードローンの利用はできない」の3パターンにわかれます。

「口座を持っていなくても同じようにカードローンの利用ができる」場合も、WEB申し込みの手続きが、口座を持っていることで簡単に済むケースが多いです。

また、「口座がなければカードローンの利用はできない」場合、銀行の口座開設は店舗での申込みは時間が掛かるので専業主婦の方にはおすすめしません。カードローン申込時に利用する時に口座がない場合には、口座開設も一緒におこなえる銀行を選ぶようにしましょう!


○即日融資を受けたい場合は条件をチェック
銀行系カードローンで、申し込んだ日に即日融資を受けられる場合の条件は銀行によってさまざまです。前述のように、自行の「口座を持っている場合のみ即日融資が可能」な銀行が多いですが、口座がなくても即日融資が可能な銀行もあります。たとえば、即日融資に多い、契約後の振込による融資方法ではなく、店舗のテレビ窓口でカードを受けとった後、ATMでキャッシングすることで、即日融資が可能なカードローンもあるのです。

また、即日融資は申し込みが可能な曜日や時間も、銀行によって異なります。カードローンを申し込んだ日の即日融資は、平日に限る銀行と土日も対応している銀行があります。また、即日融資の申し込みの締め切り時間を設定しているケースや、24時間受け付けているケースのほか、審査の込み具合によって変わるため、即日融資の申し込みが可能な時間を公表していない銀行もあります。即日融資の受付の締め切り時間がホームページなどに掲載されていない場合には、問い合わせてみましょう。


○カードの受取の有無や方法
家族に知られずに銀行系カードローンを利用したい場合、カードの受取の有無や受取方法も、カードローン選びのポイントになります。

銀行系カードローンのカードは郵送される場合でも、「カードローン用」ということはわかりにくい形で送られてきます。しかし、銀行からの郵便物の送付自体を避けたい場合には、カードが送付されないカードローンを選びましょう。

普通預金口座を持っていると、キャッシュカードがローンカードと併用になるため、カードが発行されない銀行、あるいは、テレビ窓口でカードを受け取れる銀行が選択肢になります。


○家を出にくい専業主婦はWEB完結が便利
介護や育児などで外出がしにくい専業主婦は、自宅でパソコンやスマートフォンなどから、WEB完結で申し込みができて、振込融資が可能な銀行系カードローンが便利です。

本人確認書類をスマートフォンなどからアップロードすることで、WEB完結で申し込みができる銀行系カードローンは多いです。ただし、振込での融資は申し込み時だけ対応しているところもあれば、インターネットバンキングを利用して常時可能なところ、申し込み時も振込融資は行っていないところに分かれます。初回の融資以外も、振込融資をどの程度利用したいかどうかも、銀行系カードローンを選ぶポイントになります。

専業主婦が夫の内緒で融資を受けるには

専業主婦の中にはお金のことを夫に相談できず、内緒で借りたいという人も少なくないようです。でも、無職で収入がない専業主婦がカードローンでお金を借りることは可能なのでしょうか?

専業主婦でも借りれるカードローン 専業主婦でも借りれるカードローンは銀行や信用金庫、消費者金融などで販売しています。ただ、消費者金融でも銀行系の大手消費者金融では、残念ながら専業主婦には貸し付けをしていません。

無職の専業主婦で、カードローンを利用したい場合は、中小規模のレディースローンに申し込んでください。銀行カードローンで無職の専業主婦が借りれるのは三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」やみずほ銀行のカードローン「コンフォートプラン」やじぶん銀行のカードローンです。専業主婦に適用される限度額は30万円程度です。

金利は「バンクイック」や「コンフォートプラン」なら14.0%台台で借りれます。消費者金融のレディースローンは18.0%あるいは20.0%というところが多いです。

専業主婦が夫に内緒で借りることは可能か? 専業主婦が夫に内緒で借りれるのは銀行などの金融機関に申し込んだ場合です。銀行のカードローンは無職の専業主婦でも本人確認書類だけで契約ができるので、夫に内緒でお金を借りることができます。

一方、無職の専業主婦が消費者金融で借りる場合は、事情が異なります。契約には本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本の提出が必要になります。場合によっては配偶者の収入証明書も必要になります。ですから、夫に内緒で借りることはできません。

夫に内緒にしたい方は銀行カードローンに申し込んでください。なお、専業主婦は無職なので、在籍確認はありませんが、本人確認ということで自宅に電話がかかってきます。

もし、夫に内緒にしていて自宅に電話がかかってくるのは都合が悪いという場合には、連絡先を自分の携帯番号にしておくこともできます。ちなみに、銀行カードローンでは配偶者の勤務先に在籍確認の電話が入ることはありませんが、中には在籍確認の電話をするという銀行もあるので、申し込み前に確認してくださいね。

専業主婦カードローンコラム

専業主婦カードローンでは「クイックむじん」のような無人契約機や店頭でのカード発行は最近になって時代遅れだと行われなくなっているのが現状です。入れ替わりにWebでの申し込みによる当日のスピード振り込みが増えてきています。

専業主婦カードローンCMでおなじみの消費者金融から借り入れるときには伴侶の同意を得たという証書と第三者から見て夫婦であることを立証する資料が必要不可欠となります。それに、借金として借りることができるのは専業主婦カードローン伴侶の一年間のインカムの約33%までです。

貸金の極限は高いとは思えない額で設定されているものの、専業主婦カードローン結婚した相手の収入証明書エトセトラを提出する手間をいらずに申請できます。プロミスなどの消費者金融を選択したときは最近注目を浴びてきたレディースローンで専業主婦カードローンこれといった収入がない女性でも借り入れられ臨時収入を得られます。

有名な奨学金も考えてみれば、単に教育ローンとのことで、返済の滞りが増えると裁判にもなるので、借りるのならよく考えてからしましょう。

指定の銀行が運営している機関に口座を持っているのであればキャッシングのためのカードも発行せず送られてくる書類がなくても借入の出来るところなどもあるようです。

起業する人が法人用と個人用のカードを作ることの恩恵は、専業主婦カードローンで個人で使うお金と会社の財産を分けるというメリットがあり、専業主婦カードローンで会社の信用を得られることです。

誰もが持っている流通系クレカでも専業主婦カードローンで審査にパスできるかあまり自信が無いという人の他の手段としてサラリーマン金融の借り入れ専用カードを持つという手も残っています。

プロミス、レイクなどの消費者金融を利用する際、考えなくてはいけないことは、避けては通れないことなのか、専業主婦カードローンでストレス発散のための誤った判断で融資を申請をことがないよう肝に銘じましょう。
金融業界から例えばラインナップされているような金融商品の中については、「住宅ローン」「自動車ローン」など、専業主婦カードローンで始めから定まっている用途のほかには使うことが出来ない借金もある。
金利の表示の場合では実質年率表示や、専業主婦カードローンで日歩表示や、アドオン方式における表示、利息天引というものがあって、アドオン方式の場合の利息の計算について、元金×アドオン年率なる。
ワゴン車を買い求める時、専業主婦カードローンで車販売店と取引契約をするのと時を同じくして、さしあたって、車のローンを想定をするという人はかなりいる。

預金金融機関ローンは専業主婦カードローンで販売自動車の購入はもちろん高価な自転車の購入またはエアコンの購入にも借金をあなたが自由にすることが可能である。

借入金を持ったことで自転車操業をする生活をするのであればローンを借り換えるなど少ない返済で専業主婦カードローンでひとつにできる銀行を訪ねてみることで日々の日常が転換する。
多くの借金でお困りなら可能なら至急、近所の例えば消費生活センター、日本弁護士会連合会、司法書士等にご相談することもオススメします。

利子といったものはかかりますが、専業主婦カードローンで明日すぐ返済すると実際には時間外手数料などよりも安上がりで済む場合もあり、専業主婦カードローンで当然まとまった金額も借り入れできる。