専業主婦カードローンチョイス※旦那に内緒で借りられるローン

専業主婦でも安心して借りられるカードローンは?

銀行カードローンなら専業主婦でも借りられる!

生活費から返済できる利息の少ない低金利!

旦那に内緒OK!

スマホで申し込みOK!

主婦でも銀行カードローンなら借りられる

現在はお金の貸出しを制限する総量規制という法律により申込者本人に収入がなければ借りられなくなっていますが、銀行運営のカードローンは総量規制対象外となっています。

消費者金融は総量規制の対象なので無職で収入のない主婦が借りられるのは銀行カードローンだけです!

総量規制とは?

2010年より前は専業主婦は消費者金融からでも借りることができましたが、借りすぎを防止するために「年収の1/3までしかお金が借りられない・貸してもいけない」ことを定めた『総量規制』という法律が貸金業法改正によってできました。

これにより年収ゼロの専業主婦は総量規制対象の金融機関からは借りられなくなりました。

年収の総額の1/3までという借入規制なので、収入自体がない(つまり0)専業主婦はその1/3も0円になり、借入れが出来ません。

金融会社の種別によって総量規制の対象かどうかは分かれ、消費者金融は総量規制対象ですが、銀行は総量規制対象外なので、専業主婦が借りられるのは銀行カードローンのみです。

銀行系カードローンと呼ばれる銀行傘下(グループ会社)の消費者金融(アコム・プロミス・モビットなど)も総量規制の対象です。

総量規制の配偶者貸付

お金の貸出を規制する総量規制には配偶者貸付という例外が設けられています

総量規制により専業主婦の借入を規制すると生活費のやりくりができなくなる生活困難者を出さないための特例です。

一般利用者のなかでも女性利用者、さらにその中で専業主婦の利用者もいることから、総量規制で借りられなくなった専業主婦でも消費者金融から借りられる例外の制度が配偶者貸付です。

夫婦(婚姻関係)であれば配偶者の収入を夫婦二人の収入(世帯収入)とみなされます。

配偶者貸付制度を利用すれば実質、専業主婦にも収入があるとみなされるので、総量規制対象の消費者金融会社からでも年収の1分の3まで(夫婦合算)は借りられます。

しかしこの制度には欠点も。
  • 申し込み時に婚姻関係が証明できる書類(戸籍謄本など)や配偶者の同意書、収入証明の提出が必要
  • 大手消費者金融は配偶者貸付け制度利用を拒否している(中、小規模の消費者金融や信販系ローンでは利用可)
  • 申し込み時に婚姻関係が証明できる書類(戸籍謄本など)や配偶者の同意書、収入証明の提出が必要
また書類の確認に時間がかかるなどの理由から、大手の消費者金融業者は配偶者貸し付けの制度を利用しての申込み自体を断っています

配偶者貸付制度を実施しているのは中小消費者金融や信販会社の一部にとどまっています。

制度が利用できる業者であっても、銀行なら不要な同意書などの追加書類の提出が求められるため、旦那に内緒でお金を借りることはできません

また、配偶者貸付では契約者は申込んだ妻本人であっても配偶者側の信用情報にも記載されます。


そのため、家族にも内緒で専業主婦でも借りれるところは銀行カードローンになります。

銀行カードローンなら、旦那にバレずに専業主婦でも借りれるだけでなく即日融資にも対応してくれる銀行があります。

配偶者貸付を受付けている消費者金融会社では、必要書類を即日用意することができないため実質借りたいと思った時から即日融資までに時間がかかります。


専業主婦のための融資制度でありながら使い勝手が悪く、消費者金融は銀行より最高金利が高いこともあり、メリットはないといえます。

よほどの特殊な事情がない限り銀行カードローンを選ぶ方にメリットがあります。

専業主婦がカードローンに申込んだ時の審査基準

審査基準は各社何項目もの確認事項があります。

借入審査には個人情報が照会されます。

個人情報には生年月日や氏名から過去に借入があるかないかなど様々な項目があり、どのカードローン会社に申し込んでも必ず個人情報が照会されます

申告された申込み情報と信用情報は審査担当者の目視によって確認されています。
  • 申告に嘘がないか
  • すでに多くの借入がないか
  • 過去の借入で何度も延滞がないか
  • 破産などの事故歴がないか
  • 申告に嘘がないか

審査では個人信用情報が確認される

収入のない専業主婦にとってのカードローン審査で重要なことの1つに、信用情報があります。

収入の多さなどでは返済能力を示せないため、信用してもらえる人だと思ってもらうには信用情報に金融事故などがないことが大切です。

申込者が信用できる人物であるかやいくらなら貸せるのかを審査部が判断します。
個人の信用情報は下記の信用情報機関で見ることができます。
信用機関名 主な個人情報確認元
KSC
全国銀行個人信用情報センター
都市銀行・地方銀行・ネット銀行・信用金庫など
CIC
株式会社シーアイシー
クレジットカード・その他ローン(携帯電話のローン)など
JICC
日本信用情報機構
信販会社・消費者金融など
CIC
株式会社シーアイシー
クレジットカード・その他ローン(携帯電話のローン)など
借入があれば「どこから」「どの位借りているか」「いつから借りているか」「現在の借入残高はいくらか(借金総額)」などの詳細な情報が管理されています。

手続きをすれば本人であれば自分の個人情報を見ることができますが、他人の個人情報は見せてもらうことはできません。

もう1つ、属性の確認があります。
申込者が社会的に信用があるのかを、項目ごとに確認、点数付け(スコアリング)をします。

「審査」という言葉で「落ちたらどうしよう…」と思いがちですが、滞納なしであることを基本に、配偶者である夫が年間を通して大きな上下なく安定収入があればまず心配はいりません。

希望金額は少な目のほうが良いと言われていますので、必要最小限、不足分だけ設定するようにしてください。

条件別!カードローンの選び方

銀行別に金利や即日融資条件、口座の要否、カード発行の有無や方法など気になることを比較すると、自分の複数の希望にあうカードローンが見つかります。

おすすめ銀行カードローンは何を重要視するかが人によって変わるため、すべての人にオススメできる銀行カードローンというよりは何を希望するのかを考える必要があります。

返済が不安なら金利重視で選ぶ

カードローン会社でもっとも違いが出るのが金利。

金利はカードローン選びにおいて重要な項目の一つです。
消費者金融や信販会社の貸付利率と比べても低金利で借りられるのは銀行ならでは。

契約後に金利を下げてもらうことはできません。
返済が重荷にならないように、申し込む前に金利も確認しましょう。

金利は契約条件(利用条件)または商品概要説明書で確認できます。

金利は実質年率とも呼ばれ、最低金利と最高金利、2つの数字が示されています。
後ろの数字が高ければ高いほど高金利であり、利息の支払いも多くなり、毎月の返済負担も増すことにもつながります。

利用の多いキャッシングの実質年利を一覧表にまとめました。
カードローン会社名 実質年率(金利)
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%
セブン銀行カードローン 15.0%(15.0%の1つのみ)
みずほ銀行カードローン 12.4%~14.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
4.6%~14.6%
東京スター銀行カードローン 4.5%~14.6%
楽天銀行スーパーローン 4.9%~14.5%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5%~18.0%
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8%
千葉銀行カードローン 4.3%~14.8%
セブン銀行カードローン 15.0%(15.0%の1つのみ)
金利(借入利率)は高額な金額を借りられる人ほど金利が低くなる傾向にあり、専業主婦は借りられる金額が少ないので右側の最高金利で借りることに。

できるだけ後ろの数字が低い、低金利カードローンを選びましょう。

金利と返済期間は利息に連動する

例えばカードローンの中には初回申し込み時に限り一定期間金利0%になるものもありますが、期間が過ぎれば他のローンより金利は高めの18.0%に。

一方東京スター銀行カードローンなら14.6%、イオン銀行なら13.8%の金利です。

初回の金利0%が過ぎると18%になるカードローンと比べると3~4%ほど金利が安くなります。

無利息期間中は金利がかからなくても、無利息期間が終了すれば金利がかかります。

約定返済金額(最低返済額)が少額の場合、金利が低くても元金に対して返済している金額が少ないため返済に長期間かかります。
毎月返済しても、なかなか元金が減らずに長く返済をしているうちに利息総額は大きくなっていたということも。

金利だけではなく、何ヶ月ぐらいで完済できるのかの返済期間も考慮しましょう。

急いで借りたいなら即日融資対応のカードローンを選ぶ

予定外の出費でとにかく急いで借りたいときは審査スピードなど即日融資対応のカードローンを選びましょう。

専業主婦でも借りれるカードローンでも即日融資に対応しているものも多くあります。
ただし、大手カードローンであればどこでも即日に対応しているとは限りません

即日融資に対応しているカードローンであっても、時間がかかってしまい即日借りられないこともあります。



・審査が混み合っている
審査は基本申込み順なので、申込み者が多くいる、同時間帯に申込者重なっている場合などは審査自体に時間がかからなくても、
自分の審査やその審査回答の順番がまわってくるまでの時間がかかります。

・審査内容
申告された申込み情報に確認事項が必要な場合は、詳細の調査などが不要な場合に比べて時間がかかります。
同姓同名が存在する場合や、信用情報に金融事故や延滞などの情報が記載されている場合です。
なにも問題がない場合や返済能力に問題がないと判断される場合よりも確認の時間を必要とされます。

・在籍確認
専業主婦の在籍確認がある場合、自宅や携帯電話に連絡がありますがその電話に出られないと、審査結果を出すことができません。

・限度額
多額の希望借入額を申告した場合、その金額を貸せるかどうかに対しても審査をする必要があります。
少額の借り入れを希望する場合や希望の限度額が最少額の場合に比べると確認事項が増えます。

・申込み内容の不備
申込みの内容に入力間違えや虚偽があると、そのことを調べるため時間がかかります。

・提出書類の不備
申込み内容と同様に、提出する必要書類の不備があると再確認が必要です。
書類に不備はなかった場合でも、撮影がうまくできていなかったりなど不明瞭な時は再提出(再送信)の時間と手間がかかってしまいます。

即日融資を可能にする条件

融資スピード最短即日とうたっていても、申込んだ人誰でもその日に借りられるわけではなく、それは条件付になります。

即日融資を希望する場合は融資条件に加え、即日融資の条件も満たせるカードローンを探す必要があります
1 申込み銀行に口座を持っていること
契約者本人名義の普通預金口座が必要、最初の融資は口座に銀行振込してもらえる
他行口座への振り込みは不可
2
ローン会社指定の時間までに契約が完了していること
指定時間を過ぎても自動契約機(テレビ窓口)があれば当時融資可能、なければ当日融資不可
2
ローン会社指定の時間までに契約が完了していること
指定時間を過ぎても自動契約機(テレビ窓口)があれば当時融資可能、なければ当日融資不可
即日融資の条件である口座と時間を満たせるものを選ぶ必要はありますが、中には口座がなくても自動契約機に出向くことができるなら即日融資ができるという銀行もあります。

各銀行ごとに即日融資に必要な条件を予め確認して自分が満たすことができるかどうかを確認して決めましょう。

即日の振込融資を希望する場合

必ず口座の必要性を確認しましょう。
その上で、契約や本人確認書類の送付のタイムリミットの確認が必要です。

ローンカードを即日手に入れる場合以外は、届く前に振込融資ですぐに借入ができます。
振込融資は基本銀行営業日かつ、振込が反映される時間帯にしかできません。

ネットバンク系(ネット専用銀行)カードローンは銀行窓口や自社銀行ATMを持たないため、土日祝日の審査が難しく融資もネットバンキングを中心とした振込融資になります。

そのため、指定銀行(申込み先の銀行であることがほとんど)の口座を持たない場合のネット銀行での休日の即日融資はできません。

ATMを利用する場合

ATMを利用して即日借入をするには、ローンカードをその日のうちに発行してもらう必要があります。

通常契約後にローンカードが郵送で自宅に届きますが、カード到着までに1週間~10日ほどかかります。
ローンカードを即日発行し手に入れるには、自動契約機(無人契約機)での契約が必要です。

契約機のあるカードローン一覧は以下の通りです。
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック(テレビ窓口)
ATMコーナーに設置あり
平日9:00から、土日祝は10:00から
平日23:00まで、土祝は18時まで、日は17:00まで

※即日融資の契約手続きには身分証明書として必ず運転免許証が必要、パスポートや保険証は不可
三井住友銀行カードローン
(ローン契約機)
銀行内またはプロミス店頭に設置あり
平日・土日祝ともに9:00から21:00まで
(店舗により営業時間が異なる場合あり)
三井住友銀行カードローン
(ローン契約機)
銀行内またはプロミス店頭に設置あり
平日・土日祝ともに9:00から21:00まで
(店舗により営業時間が異なる場合あり)
銀行カードローンでは上記の3社のみ無人契約機があります。
自動契約機は審査通過後の契約から利用しましょう。

申込みから自動契約機を利用していては審査結果が出るまで、契約機の中で待つことになります。
自宅でネット申込みを済ませ、審査通過の連絡が届いてからの自動契約機の利用がオススメです。

使い勝手が良いカードローンを選ぶ

みずほ銀行やイオン銀行は必ずイオン銀行の銀行口座開設が必要となり、口座がなければ先に開設しなければいけません。

わざわざ新しい預金口座を作るのが面倒・銀行の口座を増やしたくないという場合は、すでに口座を持っている・口座なしでキャッシングを選ぶという方法もあります。

専業主婦のためのカードローン選びのコツは基本的には金利で比較し、低金利なカードローンを選びましょう。

数ヶ月の借り入れであれば利息総合計は多くないはず。
無利息ローン・自動契約機がある・融資額が大きい・口座の有無など、使いやすさを重視するという手もあります。

カードローンの審査時間はどのくらい?

申込んだその日のうちに借りたい場合に気にしたいのが審査時間です。

カードローンの公式ページには、即日融資が可能な場合、「最短即日」などが記載されていることが多くあります。
最短即日との記載がない場合でも、審査回答までの時間が「最短即日」や「最短30分」と記載されていることもあります。

当日中に借りたい希望がある場合、余裕を持って申込をしたうえで、さらに申込後に電話をしてオペレーターに急いでいることを伝えます

多くの申込が重なっている場合、承認待ちの状態が長く続けばそれだけ審査回答までの時間がかかります。
連絡がないと後回しになる可能性もあり、電話で連絡することで、もし審査中であれば承認を急いでくれる可能性があるためです。

また、申込時に記入ミス(入力ミス)があると審査時間がかかる原因になり、最悪の場合は審査に通過できなくなるので申込内容はよく確認しましょう。

ただし、申込直後に審査結果が来ることはあまりありません。
最短30分ともあるように、承認まで多少の時間は必要です。

連絡待ちの間に本人確認書類など必要書類の確認をしておきましょう。

専業主婦のカードローン借入額はいくらまで?

総量規制対象外の銀行では、借入額の制限を法で定めていませんが、銀行によっては専業主婦向けの貸付には借入額制限を設けているところもあります。

銀行の多くは専業主婦の借入限度額を最大で30万円から50万円に設定しています。
最大の借入限度額の範囲内で、審査により個人の限度額が決まります。

まとまって大きな金額を借り入れする予定がある場合は、借入先選びの際に最大の借入限度額の調査が必要です。

カードローン利用時の手数料も確認

返済時に利息とは別に手数料がかかることも。

自社ATMや一部提携ATMでの手数料を無料としているカードローンもありますが、コンビニATMを利用時には手数料がかかる銀行もあります

返済方法と合わせて、もし振込返済を想定しているならば手数料や無料で利用できるATMの場所を調べておきましょう。

また返済時にATMが生活圏内にないと、返済遅延につながりやすいので注意が必要です。

悪徳業者に要注意!

返済遅れなど、過去に金融事故を起こしたことがある場合、『ブラック』『ブラックリストに載っている』といわれる状態になっている場合があります。

実際にはブラックリストは存在しませんが、個人信用情報に金融事故などの情報が記載されている状態のことを言います。
この場合、どの金融機関や貸金業者に申込をしても、審査で落ちてしまいます

ブラックOKや審査なしなどのうたい文句で勧誘している業者がありますが、そういった業者は悪徳金融業者の可能性があります。

ヤミ金融などの悪徳業者は利息制限法を無視した法外な金利や強引な取立てなどの可能性があるので、絶対に借りてはいけません。

専業主婦でも内緒で借りる!旦那にバレない様にするポイント

自分のスマホから申込む
(履歴やメールを見られないようにする)

在籍確認は携帯電話にかけてもらう

返済期日を守る

WEB明細を利用、通帳の管理はしっかりと

通常の借入・返済を繰り返していればキャッシングが第三者に知られることはありません

配偶者の同意不用でPCやスマホから簡単に申し込めるインターネットからのWEB申込が主流となっており、来店不要でいつでも申込めます。

金融機関側でもプライバシー保護の観点から個人情報を漏らすことはなく、在籍確認の電話連絡で家族が連絡を受けた場合もローン会社名は名乗らず、まずは個人の苗字を名乗ります。

契約者であるかを確認してからでなければキャッシングに関しての内容は話しません。
在席確認は携帯電話にもらうようにしておけば安心。

しかし契約者側でもカードローン利用を内緒にしておくために、念のために気をつけたいポイントがあります

返済を口座引き落とし(口座振替)に設定している場合

通帳の管理にも要注意です。
毎月引落しされるたびに引き落としの名義人が記載されます。
どの様に記載されるかは銀行ごとに様々。

一目でローン返済だとわかる場合があるので通帳を見られないように管理が必要です。
通帳を発行しないネットバンキングのローンを選ぶという選択肢もあります。

返済したときに通帳にどの様に記載されるのかをまとめました。
カードローン名 引き落とし時の名義人名
みずほ銀行カードローン カードローンヒキオトシ
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 通帳なし
東京スター銀行カードローン 通帳なし
セブン銀行カードローン 通帳なし
イオン銀行カードローン 通帳なし
三井住友銀行カードローン フツウユウシゴヘンサイ
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
コウザフエイカエ/バンクイック
楽天銀行スーパーローン DFK.ラクテンギンコウ
ラクテンカードサービス
ラクテンギンコウ
※返済日によって異なる
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 通帳なし

返済の遅れには要注意!

通常問題なく取引ができていれば、キャッシング会社から契約者に連絡が来ることはありません
しかしカードローン会社に連絡もせず返済が遅れたり、滞納した場合は電話連絡や督促状が届くことも。

督促状であっても銀行名のみ記載の会社もあれば、はっきりとカードローン会社名が書いてある会社もあります。

何回も電話がかかってきてコソコソ話している・督促状が届いているなど、怪しまれる要素が増え内容に気をつけることも大切です。

すでに返済日に返せないことがわかっている場合だけではなく、遅れるかもしれない時点ですぐにキャッシング業者のローン専用ダイヤルに連絡を

返済計画を一緒に考えてもらえます。
メールで返済日(約定返済日)を知らせてもらえるサービスもおすすめです。

不安はカードローン会社に問い合わせて解消しよう


全ての銀行カードローンには『商品概要説明書』という借入に関する取り決めを書いたものがあります
  • カードローン申込対象者
  • 借入限度額(契約限度額)
  • 実質年利(最低金利と最高金利)
  • 契約期間
  • 返済金額
  • その他利用に関する注意点
上記のような基本的な情報から、苦情の受付場所(指定紛争解決機関、主に全国銀行協会)の記載もあります。

商品概要説明書は大手銀行カードローンだけではなく、地方銀行・消費者金融(銀行系カードローン)など、融資を行っている金融機関には必ず用意されています。

銀行であれば、おまとめローンや住宅ローン、マイカーローンなど全ての商品にそれぞれ用意されています。

一般的にPDFで用意されており、図解などはなく文字のみとなりますので、カードローン借入初心者には一目見て読む気がなくなってしまうことも。

しかし利用する上でカードローン申込者である契約者本人が理解しておくべき大切な情報です。
申し込み前からなにか不安や不明な点がある場合、フリーダイヤルなどの問い合わせ窓口に電話して相談や質問することができます

中には女性専用窓口を用意しており、必ず女性オペレーターが対応する銀行もあります。
契約後に『聞いていない』『思っていたことと違った』は通りません。

どんな小さなことでも、契約前に解決しておきましょう。

専業主婦がカードローンでお金を借りる理由

生活費の支払いが圧倒的に多く、買い物のためであっても内容は生活用品を購入しています。
教育費の支払に利用した中には保育料(幼稚園代)の支払いも。

自分の為だけに借りる(洋服などの買い物やエステ等)ことがあっても圧倒的に多いのは家族のための利用のようです。

無職の専業主婦でもクレジットカードは持つことはできますが、ショッピング枠は利用できてもキャッシング枠は利用できません。
クレカは買い物のみ、現金を借りるにはカードローンしかありません。

銀行カードローンは申し込み者に利用目的を聞くことはなく、何に使っても構いません
会社の資金としての事業性資金目的には不可とされていますが、それ以外はOK。
限度額の範囲内で繰り返し利用できます。

出費が多くなってしまった時でも、銀行ローンを賢く利用して乗り切る主婦が増えています。

専業主婦必見!カードローンよくある質問

Q.収入がないので審査に通るか心配です。
審査が甘いカードローン会社はどこですか?
A.『審査が甘い』はカードローン会社はありません。
審査内容・基準は各カードローン会社で若干の違いはありますが、大きな差はありません。

金融機関は返済能力がある人にしか融資しません。
審査ハードルが低いローン会社を探すより、審査落ちしないためにはどうしたらいいのかを考えましょう。
Q.在席確認が心配です。
旦那の会社に連絡されませんか?
A.配偶者への連絡はありません。
ローン会社は本人確認電話に出てもらえばそれでOKなので、契約者(申込者)に在宅確認の連絡はありますが、家族であっても契約者以外に連絡がいくことはありません。
Q.専業主婦ですが50万円以上借りたいです。
どうしたらいいですか?
A.初回からは不可能です。
専業主婦であっても極度額の制限(限度額制限)を設けず、希望額を入力できる銀行もありますが、通常返済能力の範囲とされる30万円~50万円に収まる結果となるのが一般的。

借入後に限度額を上げる『増額』か、他社で新規借入するかになります。
Q.カードローン申込にどんな書類が必要ですか?
A.身分証明書として利用できるものでOKです。
提出書類は運転免許証や健康保険証などの、一般的に身分を証明書できる書類を用意してください。

ローン会社は、顔写真のある運転免許証を一番好みます。
運転免許証がなければ、保険証でもOK。

旦那の所得証明なども不要です。
Q.カードローンの返済に遅れたらどうなりますか?
A.遅れた日数分だけ利息がかかり、ローン会社から電話連絡が来ることもあります。
3日遅れたら3日分の利息を上乗せして返済しなければいけません。
ローン会社からは『返済日を過ぎても返済していませんが、どうしましたか?』と電話連絡が来ることも。

何度も返済が遅れると、信用がなくなり一括返済を求められたり、ブラック入りしてしまいます。

返済期日は厳守するもの。
信用を損ないためにも、返済が厳しいかも?と思った時点で、カードローン会社に連絡しましょう。
Q.すでにカードローンで借りています。
2社目からも借りられますか?
A.借りられる可能性があります。
ローン会社の審査次第になりますが、他社借入金が増えても、返済能力に問題がないと判断されれば借りられます。

借入件数は返済能力に直結します。
まずは登録無料で使える簡易審査(お借入れ審査)を利用し、借りられると表示されるかを確認しましょう。
(簡易審査で借りられると表示されても、必ず借入OKとは限りません)

専業主婦でも安心して借りられるカードローンは?

銀行カードローンなら専業主婦でも借りられる!

生活費から返済できる利息の少ない低金利!

旦那に内緒OK!

スマホで申し込みOK!