正しい洗顔後のスキンケアで毛穴レスのすっぴん美肌に!

洗顔後のスキンケアでごっそり黒ずみを掃除して毛穴レスになる方法をご紹介していきます。
よく聞くのは、
「そもそも正しいスキンケアがなんなのかよくわからない・・・」
「スキンケアって化粧水以外にも何か必要なの?」
「一応してはいるけれど、なかなか毛穴の黒ずみが消えない・・・」
「乾燥=黒ずみなんでしょ?でもちゃんと保湿やってるよ…」
など、洗顔後のスキンケアはいろいろな情報がネットで飛び交って何していいのかわかりませんよね?

洗顔後のスキンケアをちゃんとやらなきゃと意識しはじめた方も、きちんとスキンケアしているはずなのに、まったく効果を実感できていない方も、これを読めば正しい洗顔後のスキンケアをマスターできますよ!
正しいスキンケアをマスターすれば、毛穴トラブルの解消を始め、さらに、すべてがうまくいきます。
*毛穴ごっそりお掃除で毛穴レス肌をGET
*ポツポツニキビがきれいさっぱりなくなる
*メイクのノリが200%改善
*お肌のテカリ改善などのあらゆるお肌トラブル
を解消できます。それほど、正しいスキンケアは美肌への唯一絶対の近道なのです!

まず洗顔後のスキンケアの基本の型を身に着ける

まず最初に、洗顔後のスキンケアの型を学びましょう。なにごとも型がなければ、どんなに努力しても形無しになります。一番基本となるスキンケアの型を学びましょう!!
スキンケアの原則として、スキンケアは朝晩必ず行う、メイクはスキンケアを行ってからするというのを徹底しましょう。

キホン型①メイク落とし・洗顔(落とすケア)

⇒お肌の汚れを落とします。
お肌に残った汚れが、毛穴の詰まりや黒ずみの原因になり、ニキビや乾燥、テカリのトラブルも併せておきます。
しっかり汚れを落としてお肌を清潔に保つと、洗顔後のスキンケアの美容成分が奥の奥まで浸透してくれます。
お肌の生まれ変わりであるターンオーバーを適切に整えるためにも必要な工程です。
お肌への負担度
クレンジングオイル>ジェルクレンジング>クリームクレンジング>ミルククレンジング


ばっちりメイクの時はクレンジングオイル、ナチュラルメイクのときはミルククレンジングなど、メイク合わせて使い分けることでお肌の負担を軽減できます。

シートタイプのメイク落としは、摩擦が大きくお肌に最も負担になりますので、やむを得ない場合以外は避けましょう。

キホン型②化粧水(水分補給)

⇒洗顔で失われてしまった水分を補給
1の工程では、本来お肌に必要とされている水分や油分も落としてしまいます。
洗顔後は化粧水で失われてしまった水分を補給しましょう。
水分量を保持したお肌は透明感がぐっとあがり毛穴が目立ちにくくなりますよ!

ちなみに!

化粧水が働きかけてくれるのはお肌の表面から約0.0何㎜の世界。
何度も重ね付けしても、そこまでしか浸透しないと言われています。
ですので使用量はメーカー規定量(大体500円玉1枚分)を守りましょう。
化粧水を顔になじませ、最後に手で顏を包み込むようにハンドプレスしてあげると、手の体温で短時間で浸透させることができます。
お肌の表面がすこししっとりしてきたタイミングが浸透の目安です。
その後は放置せず、すぐに次の工程に移りましょう!!

ちなみに!

化粧水が働きかけてくれるのはお肌の表面から約0.0何㎜の世界。
何度も重ね付けしても、そこまでしか浸透しないと言われています。
ですので使用量はメーカー規定量(大体500円玉1枚分)を守りましょう。
化粧水を顔になじませ、最後に手で顏を包み込むようにハンドプレスしてあげると、手の体温で短時間で浸透させることができます。
お肌の表面がすこししっとりしてきたタイミングが浸透の目安です。
その後は放置せず、すぐに次の工程に移りましょう!!

キホン型③美容液(栄養補給)

⇒美容液は、乾燥用をチョイス
各メーカーの最先端の技術が凝縮されていると言われる美容液です。

美容液には、毛穴対策、乾燥対策、美白、エイジングケアなどそれぞれの特分野がありますが、
迷ったら乾燥対策用がおすすめです!
迷ったら乾燥対策用がおすすめです!
大体のお肌トラブルは乾燥から生じていますので。
乾燥は毛穴トラブルの原因になるので、まずは乾燥対策を試してください!!

必ずしも必須ではない!

美容液は、特に気になるお肌悩みがある場合は使用をおすすめしますが必須という訳ではありません。
それよりも化粧水と乳液・クリームの基礎化粧品をまずはそろえましょう。

※今回は化粧水のあとの工程3としましたが、各メーカー・商品によって使いタイミングが異なるので、説明書に沿った順で使用しましょう!

必ずしも必須ではない!

美容液は、特に気になるお肌悩みがある場合は使用をおすすめしますが必須という訳ではありません。
それよりも化粧水と乳液・クリームの基礎化粧品をまずはそろえましょう。

※今回は化粧水のあとの工程3としましたが、各メーカー・商品によって使いタイミングが異なるので、説明書に沿った順で使用しましょう!

乳液・クリーム(水分をお肌に閉じ込める)

⇒水分と栄養のフタをする役割
化粧水や美容液で補給した水分と栄養が蒸発しないように蓋をする役割があるのが、乳液やクリームです。
保湿ケアと言われるアイテムになります。
油分を含んだアイテムで、苦手と言う方も多いですが、この工程をしっかりするともっちりとしたお肌になれます。
 
化粧水の後に何もつけないと、せっかく与えた水分が蒸発し洗顔前よりももっと乾燥や毛穴トラブルがひどくなってしまいます。
化粧水と乳液・クリームはセットで使うととらえましょう。
どちらが欠けても、お肌に必要なうるおいが揃いません。

乳液とクリームの使い分け方

クリームのほうが油分が多く保湿力が高いので、乾燥やエイジングサイン(しわなど)が
気になる場合はクリームを選びましょう。
あまり油分アイテムが得意でないという方は、さらっとした感触の乳液から慣れていくのがおすすめです。
 
基本的に、使用するのは乳液かクリームのどちらかで大丈夫なので、お肌の乾燥状態に合わせて選びましょう。

乳液とクリームの使い分け方

クリームのほうが油分が多く保湿力が高いので、乾燥やエイジングサイン(しわなど)が
気になる場合はクリームを選びましょう。
あまり油分アイテムが得意でないという方は、さらっとした感触の乳液から慣れていくのがおすすめです。
 
基本的に、使用するのは乳液かクリームのどちらかで大丈夫なので、お肌の乾燥状態に合わせて選びましょう。

キホン型⑤日焼け止め(朝のみ)

⇒忘れがちの最重要ポイント
美肌の為には、日焼け止めもスキンケアの一部と捉えます。
紫外線は日焼けという形でお肌にダメージを与えますが、目に見えないお肌の内部では、
ハリや弾力を保っているコラーゲンに対して深刻なダメージを与えます。
ハリや弾力を失ったお肌は毛穴も目立たせてしまうので、紫外線対策は必須です!!

そして紫外線はお肌を乾燥させてしまうので、朝のうちにきちんと対策をしましょう。
通勤通学などの場合は、SPF20、PA++くらいでも十分です。
強い日焼け止め(SPF値やPA値の高いもの、ウォータープルーフタイプなど)は
その分お肌の負担にもなるので、シーンによって使い分けることがおすすめです。
以上が基本のスキンケアの流れです。
この中でもメイク落とし(メイクをする場合や強い日焼け止めを使う場合)・洗顔・化粧水・乳液もしくはクリーム・日焼け止めは必需品になるので、まっさきにそろえる必要があります。

それでも毛穴が目立つ場合は・・・?

お悩み別!スキンケアアドバイス!!

基本のスキンケアをマスターしたのに、毛穴の黒ずみなどのお悩みが良くならない・・・。
そんなときは選んだアイテムや、使用量があっていない可能性があります!!
[お悩みその1:メイク後、毛穴周辺が浮く!]
[お悩みその2:スキンケア後、しばらくすると肌がテカってしまう!、毛穴が目立つ!]
[お悩みその3:ファンデーションの粉ふきがすごい!]
[お悩みその3:ファンデーションの粉ふきがすごい!]
これらのお悩みの原因、それはずばり乾燥です!!!
特に注意が必要なのが、テカっている=皮脂が出ている=乾燥していない!と思うこと。
お肌は乾燥を感じると、その乾燥を何とかしようと皮脂の分泌を始めます。
これが所謂インナードライ肌です。

つまりテカっている=お肌が乾燥を感じているということなので、スキンケアを見直してみましょう。

多くの方が感じる毛穴トラブルにも、余分な皮脂を分泌させないことが鍵となります。
余分な皮脂は毛穴溜まって酸化することで黒ずみとなってしまい、いちご鼻の原因になるのです。

それではそんな乾燥対策のチェックポイントは次の3つ!

乾燥対策の3つのチェックポイント

  • 化粧水は適正量(大体500円玉1枚分)を使っているか。
  • 化粧水が浸透した後間を空けずに乳液やクリームを使っているか。
  • 乳液やクリームは、説明書き通りの量を使っているか。
  • 化粧水が浸透した後間を空けずに乳液やクリームを使っているか。
まずはこの3つをチェックし、それぞれを改善してもまだテカリや乾燥が気になるようであれば、次はアイテムそのものを見直しましょう。
1.化粧水をしっとりタイプに変えてみる。
2.乳液からクリームに変えてみる。
3.保湿系の美容液を使ってみる/毛穴ケア用の美容液を使ってみる
これを上から順に変えていけば、あなたのお肌の乾燥を改善し、毛穴トラブルから救ってくれる、ぴったりのアイテムに辿り着けますよ!
  • Q
    最近はやりのオールインワンのアイテムは毛穴改善にいいの?
    A
    オールインワンアイテムとは、化粧水・美容液・乳液などが一つのアイテムで完了できるスキンケアアイテムの事。
    忙しい現代女性には時短に繋がるありがたい商品です。

    しかしこのオールインワンアイテムにも欠点があります。
    それが、化粧水や乳液等に比べて水分・油分が少なめということ。

    ですのでオールインワンアイテムで乾燥を感じる場合、オールインワンアイテムの前に化粧水を足してみましょう。使用量は基本のスキンケアのやり方と同じで、大体500円玉1枚分です。

    それでも乾燥が気になるようなら、あなたのお肌にはオールインワンアイテムではもの足りないということなので、化粧水と乳液・クリームを別個のものに変えることが必要です。

おすすめスキンケアアイテム!

乾燥からくる毛穴改善におすすめなスキンケアブランドはピーグレン

いろんなスキンケアアイテムを試したけれど、なかなか毛穴レスなお肌になれなかった・・・という方には、毛穴専用のビーグレンがおすすめです!

もともとは毛穴ケアから生まれたブランドで、毛穴トラブル解消に役立つビタミンCの浸透力が高い化粧品です。落とすケアと与えるケアがとっても充実しているので、乾燥に悩む方にもおすすめのブランドです。特に有名なのがCセラムという美容液で、数々の美容雑誌にも取り上げられている名品です。

1週間分のトライアルセットもあり、365日間返金保証もついているので、なかなか自分に合うスキンケアアイテムに巡り合えていないという方は、ぜひチェックしてみてください!!

洗顔後のスキンケアで
毛穴レス美肌を手に入れましょう!!

毛穴や乾燥など、お肌には様々なトラブルがあります。
そんなお肌トラブルの予防・改善に必要不可欠なのが洗顔後のスキンケア。

スキンケアを見直すだけで、毛穴レスな透明感あふれるすっぴん美人になれちゃいます。
すっぴんが綺麗だと、その後のメイクの仕上がりだって段違い!!
毎日が楽しくHAPPYに過ごせます。

これからスキンケアを始めるという方には、ぜひ正しいスキンケアを知ってお肌トラブルに悩まない生活を。
今お肌トラブルで悩んでいる方には、スキンケアを見直し、あなたのお肌に合った最適なスキンケアを見つけていただければと思います!

美肌はすべてのおしゃれの基本!
正しいスキンケアで、もっと自分を楽しんでくださいね!