洗顔しすぎがニキビや肌荒れの原因?
擦らず汚れを落とすには?

ニキビが気になる方などは、肌や毛穴の中まで清潔にしようと、洗顔しすぎていませんか? 洗顔し過ぎは肌に負担をかけて、ニキビや肌荒れの原因になり逆効果です。肌を擦らずに、汚れを落とす方法を紹介します。

ニキビや肌荒を悪化させる間違った洗顔方法!

毛穴の詰まりやアクネ菌の繁殖が、ニキビの原因になっていると、知っている方は多いでしょう。

ニキビ予防のために、毛穴の詰まりやバイキンの繁殖を防ごうとすると、洗顔しすぎてしまう傾向があります。

しかし洗顔のし過ぎは逆効果であり、間違った洗顔方法です。



1.力を入れてゴシゴシ擦る

洗顔で汚れをキレイに落とそうとして、力を入れてゴシゴシ擦っていませんか?

肌の表面にはバリア機能があり、力を入れて擦ることで、バリア機能が破壊されてしまいます。

肌に負担をかけないように、優しく洗うのがコツです。



2.洗顔時間が長い

長い時間洗顔をすれば、汚れもキレイに落ちるだろうと、思ってしまいがちです。

しかし洗顔時間がながければ、それだけ洗顔料や水に触れている時間も増え、肌に負担がかかりやすくなります。

また肌の潤いに必要な、皮脂などの潤い成分も、奪われやすくなります。



3.洗顔の回数が多い

肌を清潔にしようと、1日に何度も洗顔していませんか?

洗顔の回数を増やせば増やすほど、肌に負担がかかり逆効果です。

特別肌が汚れる環境にいなければ、朝晩2回の洗顔でじゅうぶんです。



洗顔のしすぎの3要素として、力の入れすぎ、時間が長すぎ、回数が多すぎの3つを挙げました。

洗顔のしすぎ3つに共通しているのは、肌に負担をかけすぎることです。

肌の潤い成分が奪われ、肌表面のバリア機能が低下し、ニキビや肌荒ができやすくなってしまうのです。

肌に負担をかけずに汚れを落とす方法!

肌に負担をかけないためには、なるべく擦らないことです。

しかし汚れが残ってしまえば、ニキビや肌荒れの原因になります。

肌を擦らなくても、しっかり汚れが落とせるのが、つるつる凛です。
つるつる凛は高機能還元イオン水という、独自技術で汚れを浮かせて落とします。

マイナスイオンの反発する力を利用するので、擦り洗は必要ありません。

つるつる凛を顔にスプレーして、30秒待ってから洗い流すだけなので、肌に負担をかけません。
また表面張力が低く、毛穴まで浸透しやすいのも特徴。

アクネ菌退治もできるので、擦らず肌を清潔にできます。

つるつる凛は公式サイトだと、最安値の割引価格で購入できます。