なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる

このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 022-725-7224
[受付時間]9:00〜17:00
精神障害者の就職支援
仕事の選択肢を増やす
PCカリキュラム

×
自立して働く為の
コミュニケーション

あなたは悩んでませんか?

  • 自分がこれからどうしていけば良いか分からないから一緒に考えてほしい
  • 社会とまったく関わりがない
  • 仕事が続かない
  • 将来が全部不安だ
  • 専門的なPCスキルをみにつけ働き自立したい
  • 社会とまったく関わりがない

自分に合った生き方(働き方)を一緒に探し、あなたが”幸せ”になれる事を応援します。


  • 一人ではどうにもならない事を”相談”できる
  • ”相談”する事により思考がほぐれ”やってみよう”の気持ちがでる
  • 地下鉄から徒歩3分の通いやすい”ひらく”に通所する事により”生活リズム”が整い”就活”に向かう基礎ができる
  • ”PCスキルアップ”事務系ソフト、デザイン系ソフト、プログラミング、仕事の選択肢が増える
  • ハローワークにはない、就労支援事業所だけの求人”クローズ求人”に出会える
  • ”相談”する事により思考がほぐれ”やってみよう”の気持ちがでる

各種資格を持つ経験豊富な支援員

年齢30代~50代、性別 女性2名 男性4名
バランスの良い支援員
  • 精神障害専門知識
    ”精神保健福祉士”
  • 元プログラマー
    ”PC専門支援員”
  • 障害者雇用を熟知
    ”ベテラン支援員”

「もう生きるのが辛い」と相談されて

ひらくに通うと?
人生で一番あなたの事を考えてもらえる2年間

就労・自立支援ひらくは宮城県仙台市で障害者の就労移行支援を開所して丸4年になり、総契約者は73名になります。

沢山の方と関わってきて「ひらく」の良い所が見えてきました。

PCスキルを学べる事はもちろんですが、それよりも喜ばれている事があります。

それは「一人一人の話を聞いて真剣に考える」ことです。

週一の個別面談の他に、

日常的に生活面は女性の生活支援員、

PC系は職業指導員、

就活は経験豊富な就労支援員の声掛けがあります。

「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。

多分「就労」に関して人生で一番あなたの事を考えてもらえる2年間になると思います。

社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となります。

鬱傾向になると

「思考・視野の狭窄」と言われる状態となり

悲観的なネガティブ思考になります。

一人では脱却できない時に最初にする事は

真剣に紳士に聞いてくれる第3者に

「相談」

することです。

希望が見える
自分の居場所と役割ができ、生きる意味、希望を見つけて

そこで、悩みを相談すると、

ひらくの専門支援員の6つの目と耳が、

親でも友達でも職場仲間でもない、

第3者の違う角度から、

普通なら言いづらい事のアドバイスをもらえる為、

解決できる悩みも沢山あります。

そんな「ひらく」だから

・生きるのが辛い

・死にたい

・生きる目標が持てない

・前の自分と比べると落ち込む

などの相談を受けることがあります。

しかし、

死んだ人は一人もいなく、本当は死にたくないのです・・・・

死にたくないけど、

死にたくなるほど将来が不安で、

絶望で、

自分を責めています。

多くの方は「ひらくに通所して」

自分の居場所と役割ができ、

生きる意味、

希望を見つけて元気になって働いてます。

親や兄弟、友達に相談できないことを相談できるのが「ひらく」の役割です。

卒業生から連絡が多い事や、

一度退所した方からも再度入所希望されることなど、

「一人一人の話を聞いて真剣に考える」が喜ばれているからだと思います。

こんなお悩みの方のお役に立てると思います

・自分に自信がもてない

・現状が辛くて死にたくなる

・自分の話を聞いて意見を貰いたい

・自分が生きていて良いか分からない

・就職できない理由を教えてほしい

・社会での生きづらさを減らしたい

プログラミングやデザインソフトなど難しいカリキュラムに興味なくても「ひらく」に通えます。

・自己肯定感を高める支援

・極端な考え方を見直す心の支援

・1日置きに行う各種講座

・企業選定、応募書類、面接練習などの就活支援

5年目のひらくの目指す所は

「継続して働ける為の心と体作り」を生活支援として行い、

「ひらくに出会えて人生が変わりました」と言って貰える支援を

一生懸命行いますので

どうぞ宜しくお願い致します。

希望が見える
自分の居場所と役割ができ、生きる意味、希望を見つけて

そこで、悩みを相談すると、

ひらくの専門支援員の6つの目と耳が、

親でも友達でも職場仲間でもない、

第3者の違う角度から、

普通なら言いづらい事のアドバイスをもらえる為、

解決できる悩みも沢山あります。

そんな「ひらく」だから

・生きるのが辛い

・死にたい

・生きる目標が持てない

・前の自分と比べると落ち込む

などの相談を受けることがあります。

しかし、

死んだ人は一人もいなく、本当は死にたくないのです・・・・

死にたくないけど、

死にたくなるほど将来が不安で、

絶望で、

自分を責めています。

多くの方は「ひらくに通所して」

自分の居場所と役割ができ、

生きる意味、

希望を見つけて元気になって働いてます。

親や兄弟、友達に相談できないことを相談できるのが「ひらく」の役割です。

卒業生から連絡が多い事や、

一度退所した方からも再度入所希望されることなど、

「一人一人の話を聞いて真剣に考える」が喜ばれているからだと思います。

こんなお悩みの方のお役に立てると思います

・自分に自信がもてない

・現状が辛くて死にたくなる

・自分の話を聞いて意見を貰いたい

・自分が生きていて良いか分からない

・就職できない理由を教えてほしい

・社会での生きづらさを減らしたい

プログラミングやデザインソフトなど難しいカリキュラムに興味なくても「ひらく」に通えます。

・自己肯定感を高める支援

・極端な考え方を見直す心の支援

・1日置きに行う各種講座

・企業選定、応募書類、面接練習などの就活支援

5年目のひらくの目指す所は

「継続して働ける為の心と体作り」を生活支援として行い、

「ひらくに出会えて人生が変わりました」と言って貰える支援を

一生懸命行いますので

どうぞ宜しくお願い致します。


仕事の選択肢を増やすPCカリキュラム


プログラミング
■WEB制作・HTML・CSS
■システムを作る・PHP・jQuery・Java
Javaはアンドロイド開発に持ちる言語です。
技術を身に着けると世界が広がります!
デザイン
画像加工ソフト・photoShop(フォトショップ)
チラシやイラストレーター・Illustrator(イラストレーター)
事務系
Microsoft Office
文章作成・Word
表計算・Excel
プレゼン資料・PowerPoint
その他・VBA・マクロ・Access
事務系
Microsoft Office
文章作成・Word
表計算・Excel
プレゼン資料・PowerPoint
その他・VBA・マクロ・Access

コロナ禍になり「在宅雇用」という働き方が!

メリット
PCの基本的操作、事務系ソフトになれると働き方の選択肢が増えます
コロナ禍前は、「在宅ワーク」というと収入が不安定な「フリーランス」という働き方でした。

「フリーランス」は収入が不安定で精神障害者には非常にハードルが高い現実がありました。

しかし、「コロナ禍」になったことにより、「テレワーク」で自宅で仕事を企業が導入して「障害者雇用」でも

「企業に雇用される在宅ワーク」=「在宅雇用」という求人が多くでるようになりました。

「在宅雇用」はひらくの卒業生では女性2名、現在就活中の3名います。

「在宅雇用」で求められる事は
  1. 基本的なPC操作に慣れていること
  2. 事務系ソフトが使えること  
最低条件となります。ひらくでは「在宅雇用」ができるようになる訓練を行っています。

対人が苦手でも大丈夫です!個別ブースで学べます。

コミュニケーションが苦手で人と関わる事が苦手な方。
周りの音や匂いがすごく気になる過敏症、HSPの症状の方。
学習スピードに自信がないので自分のペースで学びたい。
喜ばれています。

1日のスケジュール


9:30~10:00
事業所来所
9時30分から入所可能です。次の日のスケジュールが決まって「やることがある」と生活リズムが整います
10:00~12:00
朝礼 各自の目標に合わせたディスクワーク
PCスキルアップカリキュラム、各種講座、面談、自己分析、企業分析、就活準備など。
12:00~13:00
昼食
お昼ごはんは持参していただきます。ビル1階にセブンイレブンがあり、外食できる周辺環境がございます。
13:00~14:50
各自の目標に合わせたディスクワーク
午後は面談、講座、ワークなどがありますが、任意の参加なのでPCスキルアップカリキュラムを行う方もいます。
14:50~15:00
訓練日誌を記載して、睡眠時間、体調、服薬、PCカリキュラムの振り返り
毎日の変化を記録することにより、自分では気が付かなかった改善点が見つかることが多くございます。
10:00~12:00
朝礼 各自の目標に合わせたディスクワーク
PCスキルアップカリキュラム、各種講座、面談、自己分析、企業分析、就活準備など。

継続して”働く”為に
”認知のゆがみ=対人への考え方”の
基礎を作ります


自立して働く為のコミュニケーション・対人カリキュラム
社会生活技能訓練
対人関係を良好に維持する
自信を回復する
ストレス対処や問題解決ができる
仕事を継続する為に必要な内容です
認知行動療法
極端な考え方=0か?100か?
白黒思考とも言います
このような状態だと非常に生きづらさを感じます
講座受講後、ワークを行います
見える社会が大きく変わった方もいます
自己理解・自己分析
鬱になると周りが見えなくなり
自分の事の理解度が下がります
現状を理解する事から始まり
そして傾向と対策=個別支援計画を立て
少しづつ、一歩一歩、日々
社会復帰に向かいます

自己理解・自己分析
鬱になると周りが見えなくなり
自分の事の理解度が下がります
現状を理解する事から始まり
そして傾向と対策=個別支援計画を立て
少しづつ、一歩一歩、日々
社会復帰に向かいます

利用者さんの声

一人では”どうにもならない”時に”ひらく”出会った!

鬱病、30代女性

事務系カリキュラム、認知行動療法
ひらくでは週一面談があり、うつ病の私の悩みを聞いて助言、サポートして頂けたおかげで「不安」が解消され前向きに物事を考えられるようになり、希望していた事務系の仕事に就職できました。

統合失調症、40代男性

プログラミングカリキュラム、対人行動療法
私はホームぺージで”ひらく”を知り、HTML・CSSを使う本格的なホームページ作成を学べると知り通所を決めました。以前は違う事業所に通っていましたが、”ひらく”はイベントや講座が定期的にあり、支援員と利用者の距離が近く、手厚い支援をして頂き利用して本当に良かったと思っています。

統合失調症、40代男性

プログラミングカリキュラム、対人行動療法
私はホームぺージで”ひらく”を知り、HTML・CSSを使う本格的なホームページ作成を学べると知り通所を決めました。以前は違う事業所に通っていましたが、”ひらく”はイベントや講座が定期的にあり、支援員と利用者の距離が近く、手厚い支援をして頂き利用して本当に良かったと思っています。

”就労・自立支援ひらく”に通うための条件は?

どれか一つでも該当すれば大丈夫です。

障害者手帳をもっている
自立支援医療制度を利用している精神科やクリニックに通院している
医師による意見書がある
各種依存症、難病である

このような障害の方が通ってます

鬱病
自閉症スペクトラム障害(ASD)
双極性障害
HSP
不安障害
統合失調症
強迫性障害
解離性障害
パニック障害
適応障害
パーソナリティー障害
脳性麻痺
注意欠陥多動性障害(ADHD)
睡眠障害
不安障害
統合失調症

就労・自立支援ひらくの事業所

地下鉄南北線 北四番丁駅より徒歩3分

法人名 (株)good conviction
確信をもって社会貢献度の高いことを目指す企業
事業所名 就労・自立支援ひらく
開所年月日 2016年9月 
仙台市の認可事業として開所
利用者人数 2021年2月現在16名
募集人数 4名
公式WEBサイト https://sendaihiraku.co.jp
利用者人数 2021年2月現在16名

ご相談はこちらから

このページを最後まで見て頂きありがとうございます。
まずは現在のお悩みをご相談下さい。
1時間~2時間のお時間をご用意してお待ちしております。
そこから人生がきりひらかれることが多いです。
お問い合わせは、お電話(TEL 022-725-7224)にてお問い合わせいただくか、下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご連絡ください。
お電話、メールによりご対応させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。