最強の客づくりを実現しませんか?

最強の客づくりとは何でしょうか?それは今も昔もかわらず「口コミを誘発する信用」を構築し続けること。
それに他なりません。では、このような「声なくして客を呼ぶ最強の客づくり」、
そんな信用と実績はどのようにすれば築くことができるでしょうか?
それには、社員と顧客とそして地域を味方にすること。
関わるすべての人が幸せになる、そんな客づくりを実現するメソッドを本セミナーで公開します。

POINT
1

最強の客づくりの理念とは

「最強の客づくり」の理念とは、社員と顧客と地域から愛される「新・地域一番店」を実現することです。
あなたの会社もそうありたいと思いませんか?
「新・地域一番店」は、商圏市場シェアナンバー1ということだけでなく、
その地域でのストアブランド力がナンバー1の店です。
認知度・信頼度・期待度・シェア占有度・顧客満足度・社員満足度など、
「あの店なら安心」「あの店が一番」「あの店なら間違いない」そんなストアイメージを形成する会社です。
「最強の客づくり」の理念は、社員と顧客と地域から愛される
「新・地域一番店」を目指すところにあります。

-記念講演-
『ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方』

トップマネジメント(株)
代表
山下淳一郎

2013年「第48回 夏季セミナー(テーマ:私たちのミッション)」で、ドラッカー・マネジメントによる経営改善について伝説の講演を行った山下淳一郎氏。
新著『ドラッカーが教える最強チームの作り方』をもとに、最強の客づくりを推進する組織、チームづくりはどうすれば良いのか? その核心に迫る! 

最新本
『ドラッカーが教える
最強チームの作り方』

幹部よ、店長よ、夢をもちミッションを実現しよう!
ネクストショップの実現を目指す店長はミッション(使命)を明確にしよう。店長のミッションは「きもの、ジュエリーの販売を通じて、関わる人をしあわせにする」ことである。
最強の経営チームをつくるために、幹部店長必読の一冊。
著:山下淳一郎・総合法令出版(1,400円+税)

button

山下淳一郎さんからのコメント[動画]

POINT

最強の客づくり「3つの手法」を完全公開!

1:最強のストアブランドをつくる
2:最強の経営チームをつくる
3:最強のウェブとリアルの融合へ取り組む

最強の客づくりを構成する3つの手法を完全公開します。
午前中は全体セミナー、午後は、きもの、ジュエリーに分かれた分科研究会で、成功事例をもとに具体的な顧客づくりのシナリオを学びます。
自社の客づくりの最適化を図るためのワークタイムも取り入れ、
聞くだけでなく、つかみとるセミナーをお届けします。

スピーカー

株式会社PR現代
マーケティングディレクター
代表取締役 下島 仁

【問題提起】
顧客創造を阻む3大要因に負けるな!ネクストショップが実現する「最強の客づくり」

株式会社きぬや
(兵庫県姫路市) 
代表取締役 桑田直宏

【きもの分科会 事例】
地域一番店を目指す、「生涯顧客戦略と市場創造へのビジョン」

株式会社インタージェム
(宮城県仙台市)
代表取締役会長 佐藤郁雄 

【ジュエリー分科会事例】
世界に通用する価値を提供し、リフォームファンを着実に増やすには?

株式会社PR現代
WEB戦略チームリーダー
ディレクター 神山有史

【ウェブ集客最前線】
 新規客を引き寄せるウェブマーケティングの成功法則。「天空メソッド」とは?

POINT

複数でのご参加をお勧めします!

最強の客づくりをつかむ渾身のプログラム!
より当日のセミナーを有効にご活用いただくには複数でのご参加をおすすめします。
例えば、「聞いた話を、自店にどう具体的に活かすのか?」「どこが参考になったのか?」を
自社のメンバー同士でディスカッションすることが新しい発展につながることもございます。

 

【プログラム】
10:20-11:00【問題提起】顧客創造を阻む3大要因に負けるな! ネクストショップが実現する「最強の客づくり」             (株)PR現代 代表取締役社長 下島 仁
11:00-12:30【記念講演】 一人の力を会社の力に変える方法 『ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方』              トップマネジメント(株) 代表 山下 淳一郎 氏
13:30-15:20【分科会】
       ◆きもの分科会
        地域一番店を目指す「生涯顧客戦略と市場創造へのビジョン」
        事例発表:株式会社きぬや 代表取締役 桑田直宏 氏
       ◆ジュエリー分科会
        世界に通用する価値提供を徹底しリフォームファンを着実に増やすには?
        事例発表:株式会社インタージェム 代表取締役会長 佐藤郁雄 氏
15:40-16:30【ウェブ集客最前線】新規客を引き寄せるウェブマーケティングの成功法則
            (株)PR現代 WEB戦略チーム リーダー 神山有史
16:30-17:00【まとめ(ワークタイム)】
17:20-19:30【イブニング・コミュニケーション】企画体験、個別相談、懇親タイム

【第51回 夏季セミナー】
日程:2016年7月27日(水) 10:20〜19:30( 開場 10:00 )
定員:100人 場所:アキバプラザ

会場地図

アキバプラザ

〒101-0022
東京都千代田区神田練塀町3 TEL.03-5209-6285

昨年のセミナーの様子

昨年は第50回記念セミナーとして開催いたしました。

よくある質問

Q
どんな方が参加するのですか?
A
きもの業界のメーカー、問屋、小売業、加工関係の方々。ジュエリー業界のメーカー、問屋、小売業、デザイナー、コーディネイターの方々。寝具業界のメーカー、小売業の方々などたくさんの方が参加します。
Q
料金体系の違いは?
A

料金は3つに分かれております。当社が運営する、情報と理念を共有するグループである「和道経営の会」「JMG」のメンバーの方々。当社が毎月発行しているマーケティング情報誌「next」を購読している方。そして一般の方の3つに分かれております。
複数でのご参加の場合には料金がお得になります。

Q
夜のイブニングコミュニケーションとはどんな内容ですか?
A
イブニングコミュニケーションとは、懇親パーティーと参加者同士のビジネスのマッチングを主眼として開催する催しです。当日は、新しいビジネススタイルの提案、新企画の提案、人材教育に関すること、喜ばれるプレゼント品などの提案ブースもご用意しておりますので、貴社のビジネスの発展につなげてください。
Q
夏季セミナーってどんなことをするのですか?
A
今年で創業51年目を迎える弊社は、創業以来毎年夏に、全国のきもの・ジュエリー業界の経営者の方にマーケティングの視点を提示続けてきました。よって、今後の時代の方向性や業界の成功事例や実践事例などを学べる1日となります。
Q
セミナー後、相談は可能ですか?
A
はい、もちろん可能です。セミナー途中でも結構ですので、当社のスタッフに一声お声がけください。
Q
新しいメーカーや仕入先を見つけたいのですが、、、
A
このセミナーは商品などを販売する会ではありません。しかし、たくさんの方々お見えになっていますので、どんどん名刺交換していただいて将来の取り組み先を見つけてください。
Q
どんな方が参加するのですか?
A
きもの業界のメーカー、問屋、小売業、加工関係の方々。ジュエリー業界のメーカー、問屋、小売業、デザイナー、コーディネイターの方々。寝具業界のメーカー、小売業の方々などたくさんの方が参加します。
最強の客づくりの3つの手法とは?

その

1

最強のストアブランドをつくる

今ストアブランドは、社員と顧客と地域とつくる時代となりました。単なるイメージではなく、いかにストアブランド力を高めることができるのか? ネット時代の今だからこそ大切な、「口コミを誘発する信用」を構築し続けるための具体策を紹介します。

その

2

最強の経営チームをつくる

客づくりはトップセラー一人ではできません。最強の経営チームをつくるそのステップを、ピーター・ドラッカーのマネジメントをもとに山下淳一郎氏が伝授します。講演の中でワークタイムも取り入れ自社のストーリーをその場で作成できる内容です。

その

3

最強のウェブとリアルの融合をつくる

ウェブ集客の最前線は、ウェブと店舗、そして各種メディアを融合したコミュニケーションが主流となりました。新規客を引き寄せるウェブマーケティングの成功法則。「天空メソッド」を公開! さらに具体的な実践ノウハウは、夏季セミナー翌日の「最強のウェブソリューションセミナー」で詳細に学ぶことができます。
今回のセミナーでは、事業継承のための重要なファクターである、理念の継承、経営チームづくり、ミッションの共有など、ハウツーだけではない価値観の共有をもたらす内容が含まれています。親子二代、トップと経営幹部、社長と店長など、複数でのご参加をおすすめいたします。

その

1

最強のストアブランドをつくる

今ストアブランドは、社員と顧客と地域とつくる時代となりました。単なるイメージではなく、いかにストアブランド力を高めることができるのか? ネット時代の今だからこそ大切な、「口コミを誘発する信用」を構築し続けるための具体策を紹介します。

株式会社 PR現代

TEL03-3639-1253 FAX03-3639-1250

 〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町9-4イトーピア日本橋小舟町ビル4F 

www.pr-g.jp