日程が合わない方のために
動画受講も可能になりました!


4/14(水)オンラインでの開催です!

2021年4月14日(水)19時から開催する

第61回限界突破セミナーは、

組織人材コンサルタントで「1on1ミーティング」の専門家

世古詞一氏に登壇いただきます。

世古氏は、2015年に一部上場を果たしたVOYAGE GROUPというIT企業に創業期から参画。経営幹部として8年間務めたのち、組織人材コンサルタント・ビジネスコーチとして独立。

独立後も同社のフェローとして人事アドバイザーを務められています。VOYAGE GROUPでは、社内での対話や交流を行う仕組みの、設計から運用まで携わり、特に重要な役割として「1on1ミーティング」の導入に力を入れました。


その結果、VOYAGE GROUP は2015年〜2017年まで3年連続で、「働きがいのある会社」という調査の中規模部門(従業員100人〜999人)で第1位に選ばれました。(Great Place to Work Institute Japan調べ)

現在は、個人の意識改革から組織全体の改革までのサポートを行なっています。クライアントは一部上場企業から五輪・プロ野球選手など一流アスリートまで幅広く、コーチ・コンサルタントとして様々な人の人生とキャリア充実、目標実現をサポートしています。

「1on1」で限界突破。は、
こんなお悩みをお持ちの方にオススメです。

  • 部下がなかなか育たない。
  • 安心して任せていた優秀な部下がやめてしまう。
  • ちょっと厳しくするとすぐにメンタルに支障が出る部下がいる。
  • 言われたことしかやらない部下ばかり。自分で考えて動かない。
  • 最近、チーム全体に活気がない。

  • 安心して任せていた優秀な部下がやめてしまう。

今回の限界突破セミナーでは、組織人材コンサルタントで「1on1ミーティング」の専門家世古詞一氏に、小規模企業の経営者必見!「部下のポテンシャルを引き出す最強育成術」をお話ししていただきます。

「1on1」で実現する8つのこと

・上司と部下の間に揺るぎない信頼関係が生まれる

・心身が不調で休職になるところだった部下が早期の対策で生き生き働き出す

・やる気のなかった部下が自発的に働くようになる

・評価査定の後、不機嫌になる部下がいなくなる

・仕事に飽きていた優秀な上位2割が再び情熱を持って業務にチャレンジを始める

「後手の対応」から「先手の対策」へと人材マネジメントが変わる

・部下からの「ちょっといいですか?」のミーティングの時間が本当に「ちょっと」になる

「びっくり退職」がなくなる

なぜ「1on1」が必要なのか?

企業が抱える問題は大きく分けると2つあります。それは「事業面」と「組織面」です。そしてこの2つの問題のうち特に重要なのが「組織面」です。事業の成功は、組織の育成や成長の先にあるからです。

しかし多くの企業では、人が育たない、優秀な人が辞めてしまう、チームに活気がないといった「人」に関する問題が多く存在します。

これらの問題の原因はたった一つです。それは「個人に焦点を当てた対話の不足」です。個人に焦点を当てた対話とは、個々人が業務やキャリア、プライベートについて考えていること、感じていることを上司と部下で話し合うことです。

多くの企業では上司と部下でコミュニケーションの場を設けていると思います。しかしそれは個人に焦点を当てた話ではなく、「業務に焦点を当てた仕事の話」ばかりです。

このようなコミュニケーションももちろん重要です。しかし、いったコミュニケーションは短期的な結果しか生み出しません。

企業において大切なことは、継続的に利益を出し続けて会社を存続させること。そのために必要なのは組織としての一体感です。その一体感を作り出すためには、仕事の枠組みを超えた上司と部下のコミュニケーションが必要不可欠です。

上辺だけの関係だと、緊急事態が起れば一瞬で組織は崩壊してしまいます

そのためには、個人の話に焦点を当てた対話である「1on1」が組織に必要になってくるのです。

「1on1」を実践した人たちの声

「1on1」を実践している上司の声
※写真はイメージです

「課題解決の場」ではなく「課題発見の場」として機能しています。

最初は手探りでしたが1on1ミーティングがスタッフの「課題解決の場」ではなく、「課題発見の場」として機能するようになりました。スタッフと「何かこれスッキリしないよねー」と雑談ぽく話していると、「これが原因なんじゃないか」ということがよく出てくるようになりました。
VOICE

焦らずじっくり取り組みことで新たな面を見つけられる

1on1ミーティングを実施して半年たち、ようやく私も部下も慣れてきました。じっくりと取り組みことで、成長意欲の感じられなかった人が話をすると意外と熱い想いを持っていたり、話し始めると「これやりたいあれやりたい」というのが出てくることがわかりました。

焦らずじっくり取り組むことで部下の新たな一面を見つけることができています。当初、時間が取られることにいい顔していなかったスタッフも今では楽しみにしてくれています。
VOICE

焦らずじっくり取り組みことで新たな面を見つけられる

1on1ミーティングを実施して半年たち、ようやく私も部下も慣れてきました。じっくりと取り組みことで、成長意欲の感じられなかった人が話をすると意外と熱い想いを持っていたり、話し始めると「これやりたいあれやりたい」というのが出てくることがわかりました。

焦らずじっくり取り組むことで部下の新たな一面を見つけることができています。当初、時間が取られることにいい顔していなかったスタッフも今では楽しみにしてくれています。
VOICE

「1on1」を実践している部下の声
※写真はイメージです

上司が自分のことをよく見てくれていたことに感動

普段上司とはあまり話をしていないため、上司がどんなことを考えているのかよくわかりませんでした。しかし、話をしてみると、体調のことを気にかけてくれていたり、仕事についても理解してくれていて、予想外にいろいろなところを見てくれていることがわかって感動しました。私自身、自分から話をするタイプではないのですが、1on1ミーティングという場をつくってもらって、回を重ねることで自分の考えを素直に話せるようになったのが大きく変わりました。
VOICE

普段上司に話しかけやすくなった

今までは上司とは仕事の話しかしませんでした。それも、いつも忙しそうなので必要に迫られたときしかしません。だから、上司がとっつきづらくて、普段気軽に話しかけることができませんでした。しかし、1on1ミーティングを行うようになってから、上司のプライベートなことや仕事以外の話もするようになり、こちらから話しかけることができるようなりました。上司との距離が縮まり、業務上必要な事柄を以前より相談しやすくなって仕事に取り組みやすくなりました。
VOICE

普段上司に話しかけやすくなった

今までは上司とは仕事の話しかしませんでした。それも、いつも忙しそうなので必要に迫られたときしかしません。だから、上司がとっつきづらくて、普段気軽に話しかけることができませんでした。しかし、1on1ミーティングを行うようになってから、上司のプライベートなことや仕事以外の話もするようになり、こちらから話しかけることができるようなりました。上司との距離が縮まり、業務上必要な事柄を以前より相談しやすくなって仕事に取り組みやすくなりました。
VOICE

こんな時代だからこそ「1on1」が必要です!

一昔前までは、飲み会の席で「最近どうなの?」と上司が部下に聞いたり、喫煙率も高かったので一服しながら「調子はどうよ?」と世間話をしたり、残業時間も多かったので、会社に残りなが「疲れたね〜」と愚痴を語りあったりと仕事以外の話をするコミュニケーションの場がありました。

しかし、時代の流れとともに、一歩踏み込んだ個人的な話をすることが、はばかられるようになったり、働き方改革などの推進により、残業時間が厳しく管理され会社と接する物理的な時間が減り、仕事以外の話をする機会が減りつつあります。

さらに新型コロナウイルスの感染拡大により、人との接触が避けられるようになりリモートワークが推奨されるようになりました。結果ますますコミュニケーションの場所がなくなってきています。

また、若手人材の就業観の変化により、会社にコミットするのではなく、自己実現や働きがいを求めるようになりました。

実際に多くの企業は終身雇用を従業員に約束できなくなり、ステップアップの転職や副業など、組織に頼らず個人が強くならなければいけない時代に。

このように放っておくと個人と組織の距離がどんどん離れていくような方向に世の中は動いています。

こんな時代だからこそ、社内での個人的な対話の場所である「1on1」をあなたの会社にも導入しませんか?

第61回限界突破セミナーは
オンラインでの開催です。

オンラインでの開催なので全国どこからでもご参加いただけます。ZOOMを使ったオンラインセミナーになります。
※ZOOMの使い方に不安がある場合は、事前にスタッフが接続サポートさせていただきます。お気軽にお申し付けください。

定員60名限定!
(残り6席)

今回の限界突破セミナー参加費は5000円(税込)です。

正直に言って、今回の内容を5000円で聞くことができるのはかなりお得です。

こんな時代だからこそ求められるマネジメント手法をあなたも取り入れて、最強の組織を作りませんか?

話題のマネジメント手法がテーマなためすでにたくさんのお申し込みをいただいております。すぐにお席が埋まってしまう可能性があります。

お早めにお席を確保ください。

セミナー詳細

日程 2021年4月14日(水) 19時スタート
会場 オンライン(ZOOM)
※ZOOMの使い方に不安がある場合は、事前にスタッフが接続サポートさせていただきます。お気軽にお申し付けください。
※参加費のお支払いが確認できしだい参加URLをお送りします。

日程が合わない方のためにセミナー翌日から1週間視聴できる動画受講も可能になりました!
※動画受講選択の方のみ視聴できます。
参加費 お一人5,000円(税込)
日報ステーション会員または、2名以上での参加の方はお一人4,000円(税込)
講師 株式会社サーバントコーチ代表 世古詞一
ナビゲーター 株式会社日報ステーション代表 中司祉岐
参加費 お一人5,000円(税込)
日報ステーション会員または、2名以上での参加の方はお一人4,000円(税込)

セミナー申し込みフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

ナビゲーター紹介

株式会社日報ステーション代表取締役
中司祉岐(なかづかよしき)
山口県出身、山口県在住。従来のコンサルティングの基本である面談だけでなく、経営者、スタッフの日報を添削することでクライアント自らに気づか背、成長させ、FC、特定ブランドで売上日本一も輩出している。
書籍紹介

追伸

第61回限界突破セミナーは「1on1」で限界突破。部下のポテンシャルを引き出す最強育成術を「1on1」ミーティングの専門家世古詞一氏にお話していただきます。実は「1on1」は海外企業では当たり前に取り入れられているマネジメント手法です。日本では一部の大手企業には導入されているものの、まだまだ海外には遅れをとっています。社内の人との仕事以外のコミュニケーションが減りつつある今の世の中、組織運営で最も注目されている手法です。ぜひこの機会に「1on1」を学びませんか?少しでもご興味ありましたらいますぐお席を確保ください。