おのころ心平です。おのころ心平の『自分医学シリーズ』。

5月は、新年度で環境や人間関係が変わって、およそ1ヶ月後。
人の感情や気配を読み取りすぎてしまうHSP体質・エンパス体質・繊細体質さんにとって、GW前後は、神経疲労がピークになるころかもしれません。昔は「5月病」などと言われていましたが、敏感体質の人には実際、小休止が必要な時期なのです。

さらに、ここ1年で急激に進んだテレワーク、リモートワーク時代は、敏感体質さんにとって驚異の時代となりました。脳神経のキャパオーバーが起きやすく、一日の疲労度がはげしくなっています。

敏感体質さんには、特殊なプロテクト方法とライフスタイルの変更が急務でしょう。

今回の講座では、そうした新しい時代の自分を守るライフスタイルのご提案のほか、そもそも敏感体質はなぜ生まれ、また強められてしまうのか? について、胎児・乳児・幼少期の感覚発達時代にさかのぼって読み解いていきます。それらをもとに、過敏によるトラブルを最小限にしていくための「自分医学」をお送りしたいと思います。

講座LIVE放映 5月19日(水)10:00~12:30(2.5時間)
講座録画視聴 5月20日(木)~5月25日(火)
質問の受付 5月20日(木)~5月25日(火)
質問回答LIVE放映 5月26日(水)10:00~11:30(1.5時間)
質問回答録画視聴 5月27日(木)~6月1日(火)
質問の受付 5月20日(木)~5月25日(火)
(受講について)
今回のオンライン講座はViemoというシステムを使って行います。オンラインについてはこちらのページでご紹介しております。

受講料 15,000円税込)
クレジット払い (PayPal利用)の場合は、
15,500円(税込)となります。

お申込み締め切りは、
5月10日(月)までとなっております。


講師プロフィール

おのころ心平(おのころしんぺい)

一般社団法人自然治癒力学校理事長。ココロとカラダをつなぐセルフケア・カウンセラーとして、25年、2万5000件以上の実績をもつ。「その人のものの見方・とらえ方がカラダに与える影響」をベースに、心理療法と解剖学・生理学を結び付けた独自の自然治癒力解放メソッドを開発。2008年、一般社団法人自然治癒力学校を開校し、これまでの経験やセルフケアに関する知識を講座やワークショップとして全国展開。多くのセラピスト、代替療法家、教育者、医療従事者への指導を行う。著書に、『病気は才能』(かんき出版)、『ゆるすいっち』(主婦の友社)、『最強のココロ整理術ibマッピング』(マガジンハウス)、『元気のしくみ』(さくら舎)など26冊。おのころ心平オフィシャルブログ【ココロとカラダの交差点】は、月間45万アクセス。おのころ心平オフィシャルFBは、読者数約5万。数多くの著名人がセルフケア情報として活用している。

HSPとは

HSP(Highly sensitive person/ハイリー・センシティブ・パーソン/人一倍敏感な人)、HSC(Highly sensitive child/人一倍敏感な子)とは、心理学者エレイン・N・アーロン博士によって、提唱された概念です。アーロン博士はこれまで、「内向的」「怖がり」「引っ込み思案」などとネガティブにとらえられがちだった敏感な人について、本当は感受性豊かで創造的、そして子どもの15〜20 %を占める個性のひとつであることを明らかにしました。
僕もこれまでカウンセリングを通じて、感受性の高い方々とずいぶん接してきました。そうした方は感覚が鋭く、さまざまなことをいち早く敏感に察知するがゆえにストレスも多く、またそれをカラダに閉じ込めてしまうために、不調や症状として現われます。

感受性というのは、「五感を通じてどのように情報を受け取るか」ということでもあります。ですから同じ感受性豊かな人の中にも「個性」が生じることになります。

敏感体質の不調

情報洪水や多様な刺激の中で、感受性の高い人は自分のカラダの中にそれを増幅してしまう傾向があります。それは時に、おなかの中のガスや皮膚電位(静電気)などで生じますが、それらを放出せずに我慢していると、神経系などにも不調が起きやすくなります。
ほかに僕は、4つの「身体感受性」という分類をしていて、
  • 「身体感受性①」―― 感情感受性
  • 「身体感受性②」―― 思考感受性
  • 「身体感受性③」―― 空間感受性
  • 「身体感受性④」―― 潜在意識感受性
それぞれ特有の体調不良を分析しています。


●感情感受性・・・特定の食べものを食べると湿疹が出てしまったりするアレルギー疾患や、非常に疲れているのに寝ても疲労がとれないという慢性疲労の症状。

●思考感受性・・・まぶたがピクピクしたり、筋肉がビクっとけいれんしたり。「時間に間に合わない」と焦る場面や「準備不足だ」と不安を感じる場面ではうまく熟睡できない。また鼻がいつも詰まっている、鼻炎症状がしょっちゅう出るということも。

●空間感受性・・・どうしても痩せられない。慢性の便秘。1日経つと下半身がむくみやすい。胃もたれや消化不良が重なったり、便秘が続いたかと思えば今度は下痢と大腸の働きが安定しない。ひざやひじ・首筋の関節に慢性の痛みが起こる関節炎など。

●潜在意識感受性・・・慢性の頭痛。不定期ではなくて周期的に起こるような頭痛。よくめまいを起こす。喉や声の調子がよくない。甲状腺機能に問題が生じることも。

症状から、その方のどのアンテナが鋭く、また疲弊しやすいのかを考察していきます。


エンパスとは

HSPと似た概念に「エンパス」があります。これは共感力(エンパシー)が極端に強い人たちのことを言います。
他人への思いやりや愛情が欠如している「サイコパス」という言葉はよく知られていますが、エンパスは、その真逆とも言える存在と言えるでしょう。人の気持ちがよくわかる人は「思いやりのある人」と呼ばれたりしますが、エンパスはただ思いやりのあるだけにとどまらず、人の感情や身体的な症状をまるで自分の体験として感じてしまうのです。

たとえば、近くで偏頭痛で苦しんでいる人がいると自分も頭が痛くなる。友だちが大切な人を亡くして悲しんでいると、自分もその悲しみをそのまま感じてしまう。パートナーが仕事のストレスを抱えたまま帰宅すると、そのストレスを吸収して自分もイライラしてくる・・・。影響を受ける相手は、身近な人だけにかぎりません。映画館でたまたま隣に座った人が何かの理由で落ち込んでいると、自分もわけもなく落ち込んでしまう。お店で店員に対して激昂している人がいると、自分には関係ないのに、まるで自分が怒られているような気持ちになる。ただ道ですれ違っただけの人のエネルギーから影響を受けることさえあります。

敏感体質の子育て

HSPの子どもバージョンを、HSC(Highly Sensitive Childの略)と言います。ADHD、ADD、LD(学習障害)、ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー)といった言葉が流通するようになった世の中で、自分の子どもが、敏感体質なのか、発達障害なのか、その見極めに悩むお母さん達もいます。

僕自身、これまでさまざまな親子のケースを、カウンセリングでみさせてもらいましたが、親子関係ってある意味、密室ですから、比較が難しい。だから、僕らカウンセラーはとにかく可能な限りのケーススタディを頭に入れて、一方的なジャッジを除く頭のトレーニングをすべく、読書をしたり、他のカウンセラーが公開してくれている実例を学んだりしてきました。

みんな、正しい子育て法を探している。
みんな、間違わない子育てを探している。
でも、子育てを「間違い」か「そうじゃないか」の基準ではかったら、みーんな間違いだらけですよね。
当の子供も、正しく育ててもらっているかどうかを求めているのではない、
本気で愛してくれてるか、本気で向き合ってくれているか、
ただそれだけを求めている…、
僕も、自分のカウンセリングケースから、子供のココロとカラダの成長について、独特な見解をまとめさせてもらいましたが、

何度も言いますが、子育てに「正解」はありません。自分も敏感体質(HSP)で、子どもも敏感体質(HSC)なら、かけがえのない唯一無二の子育てができるはずですね。今回の講座でそのヒントを受け取ってもらえたら、とてもうれしいです。


5月19日 講座当日のスケジュール

  • 10:00~10:05 プロローグ

    10:05~10:15 
     ①ニューストピックコロナ最新情報
    10:15~10:25 

     ②あなたのHSP度チェック  
    10:25~10:35 
     ③「感受性」とは何か。

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    10:40~10:50 
     ④HSPとは?
    10:50~11:00 
     ⑤子どもの感覚の成長プロセス
    11:00~11:10 
     ⑥HSC・敏感体質の子育て
     (インディゴ、クリスタル、レインボー)  

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    11:15~11:25 
     ⑦HSPの脳、心臓
    11:25~11:35 
     ⑧エンパスとは?~HSPとの違い~
    11:35~11:45 
     ⑨サイコパスとは?
     ~反対性質からみてみる~

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    11:50~12:00 
     ⑩電気的人間の物語
    12:00~12:10 
     ⑪敏感体質の能力
     (サイキック、直感、芸術性、人間関係)  
    12:10~12:20 
     ⑫敏感体質のためのプロテクト法
     ~結界・バウンダリー~  

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    12:20~12:30 エピローグ

  • 10:00~10:05 プロローグ

    10:05~10:15 
     ①ニューストピックコロナ最新情報
    10:15~10:25 

     ②あなたのHSP度チェック  
    10:25~10:35 
     ③「感受性」とは何か。

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    10:40~10:50 
     ④HSPとは?
    10:50~11:00 
     ⑤子どもの感覚の成長プロセス
    11:00~11:10 
     ⑥HSC・敏感体質の子育て
     (インディゴ、クリスタル、レインボー)  

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    11:15~11:25 
     ⑦HSPの脳、心臓
    11:25~11:35 
     ⑧エンパスとは?~HSPとの違い~
    11:35~11:45 
     ⑨サイコパスとは?
     ~反対性質からみてみる~

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    11:50~12:00 
     ⑩電気的人間の物語
    12:00~12:10 
     ⑪敏感体質の能力
     (サイキック、直感、芸術性、人間関係)  
    12:10~12:20 
     ⑫敏感体質のためのプロテクト法
     ~結界・バウンダリー~  

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    12:20~12:30 エピローグ


お申込み

受講料 15,000円(税込)

クレジット払い (PayPal利用)の場合は、
15,500円(税込)となります。

お申込み締め切りは、
5月10日(月)までとなっております。
〒651-0056 兵庫県神戸市中央区熊内町7丁目6番1 
      ジークレフ新神戸タワー18F
  mail:customer@naturepower.jp
  HP  :https://naturalhealing-school.org/