女性の口周りの産毛・ムダ毛ケアクリーム SEKKIN

SEKKINは1日1回塗るだけの肌にやさしい簡単産毛ケア。
接近されても、もう怖くない!
女性の口周りの産毛・ムダ毛ケア SEKKIN
SEKKINは、1日1回塗るだけの肌にやさしい簡単産毛ケアです。

接近されても、もう怖くない!

無添加・無着色・無香料の日本製クリームが、あなたの産毛ケアをサポートします。

イソフラボン含有のボタニカルエキス成分をはじめとして、肌をやわらかくする成分、しっとり保湿成分、キメの乱れを整える美容成分を配合しているので、口周りのワサワサだけでなく、お顔全体の産毛ケアとしてもぴったりです。

SEKKIN全成分

水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、ダイズ種子エキス、ヒオウギエキス、ビサボロール、パパイン、ユキノシタエキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、マカデミア種子油、ハマメリス葉エキス、豆乳発酵液、ザクロ花エキス、ビルベリー葉エキス、アーチチョーク葉エキス、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、オクラ果実エキス、ハチミツ、ローヤルゼリーエキス、グリチルリチン酸2K、エチルヘキシルグリセリン、デキストリン、ラウロイルラクチレートNa、フィトスフィンゴシン、コレステロール、エタノール、キサンタンガム、カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(CI0-30))クロスポリマー、PEG-40水添ヒマシ油、水酸化K、フェノキシエタノール、トコフェロール
女性の口周りの産毛・ムダ毛ケア SEKKIN

口周りのワサワサ産毛をコントロール

女性の口周りの産毛・ムダ毛ケア SEKKIN
顔の産毛、あなたは気になりませんか?

腕や脚の毛はなんとか見えないようにすることは可能ですが、顔の産毛って隠すの難しいですよね。

でも、毎日処理してたらなんか濃くなったような気が…。

そんな顔の産毛について、原因と処理方法をアドバイスします。

なんでこんなに産毛が濃いの?

原因

遺伝や体質
遺伝によって顔の産毛が濃くなっている人もいます。
それにより、小さい頃から気にして処理を重ねることで、さらに濃くなってしまっていることもあります。
後天的なダメージ
そもそも、毛は肌を守るために生えています。
なので、肌がダメージを受けると、肌を守るために毛が濃くなってしまいます。
ホルモンバランスの乱れ
女性は女性ホルモンが優勢になっていますが、様々な理由でホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが優勢になってしまうことがあります。
男性ホルモンによって、毛が濃くなってしまうのです。
ホルモンバランスは主に「ストレス」「生活習慣の乱れ」「生理」によって乱れることがあります。
遺伝や体質
遺伝によって顔の産毛が濃くなっている人もいます。
それにより、小さい頃から気にして処理を重ねることで、さらに濃くなってしまっていることもあります。

産毛撃退法

方法 1
カミソリ
産毛処理の方法はいろいろありますが、やっぱり手軽にできたほうがいいですよね。
一番に思いつくのが、カミソリを使って毛を剃る方法です。
顔の産毛を剃るときは、以下のことを注意して行うようにすると、肌へのダメージが少なく済みます。

  1. カミソリは上から下へ
  2. 自己処理は1週間に1回程度
  3. 清潔で切れ味の良いカミソリを使う
  4. 生理中や体調が悪いときは避ける
  5. 処理は入浴後に
  6. 処理後はダメージを減らすために冷やす
  7. 保湿をしっかり行う

カミソリで自己処理を行うと、ダメージで肌が荒れる原因になったり、根元の方が毛が太くなっているため、毛が濃くなったように見えることがあります。
自己処理を行う際は充分気をつけましょう。
方法 2
脱毛
脱毛サロンやクリニックで脱毛を行う方法です。
半永久的に自己処理が必要なくなります。
しかし産毛はとてもやわらかいので、通う回数は多くなってしまいます。
そして肌への負担も大きいものとなります。
また料金も様々なので、通う際はきちんと調べ、自分の納得いくサロンを選びましょう。
方法 3
脱毛クリーム
様々な脱毛クリームがあるので選び方をご紹介します。

  1. 成分を確認して肌質に合うものを選ぶ
  2. 顔などのデリケートゾーンには必ず「使用可能」なものを
  3. 保湿成分や抗炎症成分などが含まれているとさらに良い
  4. ツンとしたニオイが苦手な方は香りにも注目

脱毛クリームを選ぶときは、上記のことを参考にしてみてください。
SEKKINは、国内生産・無添加だから肌にも安心。

さらに無香料なので使いやすい。

こだわり抜いた成分であなたの「産毛の悩み」をサポートします。

ぜひ活用してみてください。
方法 1
カミソリ
産毛処理の方法はいろいろありますが、やっぱり手軽にできたほうがいいですよね。
一番に思いつくのが、カミソリを使って毛を剃る方法です。
顔の産毛を剃るときは、以下のことを注意して行うようにすると、肌へのダメージが少なく済みます。

  1. カミソリは上から下へ
  2. 自己処理は1週間に1回程度
  3. 清潔で切れ味の良いカミソリを使う
  4. 生理中や体調が悪いときは避ける
  5. 処理は入浴後に
  6. 処理後はダメージを減らすために冷やす
  7. 保湿をしっかり行う

カミソリで自己処理を行うと、ダメージで肌が荒れる原因になったり、根元の方が毛が太くなっているため、毛が濃くなったように見えることがあります。
自己処理を行う際は充分気をつけましょう。

化粧ノリをよくする方法

あなたは日々メイクをしてお仕事やお出かけに行くと思います。

化粧や髪型で朝からテンションが上がったり・下がったり。

化粧ノリがよくないとなんだか気分も乗らない・・・

そんな毎日の化粧についてアドバイスします。

化粧ノリが悪くなってしまう原因


化粧ノリの良し悪しを決めるのは、お肌のキメです。

肌表面をよく見ると、三角のキメがぎっしり詰まっています。

この角質細胞がうるおいで満たされていると、キメひとつひとつがふっくらと盛り上がって三角形が規則正しく重なり、凹凸もはっきりとしています。
女性の口周りの産毛・ムダ毛ケア SEKKIN
水分量
お肌に水分が不足していると、肌のキメが粗くなってしまいます。
紫外線
紫外線により、角質層がダメージを受けて、水分が蒸発してしまいます。
その結果、水分量が減ってしまい、キメが粗くなってしまいます。
ターンオーバーの乱れ
肌が古い角質から新しい角質に生まれ変わる際、うるおい成分も一緒に作られます。
ターンオーバーが乱れると、うるおいも作られなくなり、キメが乱れてしまいます。
あぶら取り紙の使い過ぎ
顔がテカテカしてしまっても、あぶらを取りすぎてはいけません。
肌は乾燥を防ぐために、皮脂分泌を活発に行うようになっています。
あぶらを取りすぎることにより、化粧が崩れやすくなってしまいます。
便秘
便秘が続くと、腸に溜まった便が発酵し、有害ガスを発生させます。
お肌は排泄器官なので、便秘によって肌荒れを引き起こしてしまいます。
間違った洗顔とクレンジング
洗浄力の強すぎるクレンジングを使うと、肌に必要なうるおいまで流れてしまいます。
また、ゴシゴシと肌を擦ったりする洗顔方法も肌を傷つけてしまいます。
次に、日々のお化粧を見直してみましょう。

化粧方法、化粧ブラシや化粧品なども、化粧ノリに大きく関係します。
基礎化粧品からメイクへの手際の悪さ
あなたは化粧水、乳液などを塗ってからすぐに化粧を始めていませんか?
朝は時間がないからといって、化粧水や乳液が肌に浸透する前に化粧をしてしまうと、当然ファンデーションはよれやすくなります。
ファンデーションとの相性
ファンデーションが肌に合っていないと、化粧ノリは悪くなります。
肌に合っていないことで、肌荒れを起こす可能性もあります。
化粧下地の有無
化粧下地は肌の色ムラや肌の凹凸を整えてくれたり、くすみカバーやテカリ防止など様々な役割を持っています。
この化粧下地をめんどくさがって塗らないと、化粧ノリは悪くなります。
パフ・スポンジが汚れている
あなたは化粧に使ったパフやスポンジをきちんと洗っているでしょうか?
きちんと洗わないまま使い続けていると、皮脂や余分な化粧品をとってくれる本来の役割どころか雑菌が繁殖し、肌荒れなどの原因となってしまいます。
産毛が処理できていない
産毛処理ができていないと、ファンデーションが産毛に絡まるなどのトラブルが起こり、化粧ノリが悪くなってしまいます。
まとめ
化粧ノリを悪くする原因はこれだけたくさんあります。

化粧ノリの良し悪しは、とても基本的なお肌のケアによって左右されます。

どこから気をつければ良いか迷ってしまいますが、少しずつ1つずつ気をつけるよう意識してみてください。
水分量
お肌に水分が不足していると、肌のキメが粗くなってしまいます。

顔の産毛がヒゲのように濃い原因と正しい対処法

女性の口周りの産毛・ムダ毛ケア SEKKIN
産毛が濃くなる主な原因として、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

ホルモンバランスはどのような生活習慣で乱れてしまうのか、正しい対策方法と合わせて具体的に説明ます。

ホルモンバランスが乱れる原因

原因 1
ストレス
ストレスを溜め込むことで、ホルモンバランスが乱れやすくなると言われています。
仕事などで忙しい日が続いても、無理をせずに時々ボーッとくつろいでみたり、音楽や運動などリラックスできる時間を確保したりするよう心がけましょう。
ストレスは知らぬ間に蓄積されてしまうことがあるので、その日できたストレスはその日のうちに解消することが大切なポイントです。
原因 2
バランスの悪い食生活
脂肪分が多いファストフードや肉中心の食生活は、ホルモンバランスが乱れる原因の1つとして考えられます。
体毛・産毛の濃さに悩まされている方は、女性ホルモンと似た働きをもつイソフラボンを含む納豆や豆乳をはじめ、女性ホルモンの分泌をサポートするビタミンE(アボカドやかぼちゃ等)ビタミンB6(レバー・マグロ等)など、1日30品目を目安にバランス良く摂取するよう心がけましょう。
原因 3
睡眠不足
睡眠中は、成長ホルモンをはじめとした様々なホルモンが一日の中で最も多く分泌されることから、寝不足の日が続けば続くほど、ホルモンバランスが乱れやすくなると言われています。
毎日最低でも6時間以上、できれば8時間は睡眠時間を確保できると理想的です。
また、スマートフォンやパソコンの光は睡眠の質を下げる可能性があるため、就寝2時間前には使用を控えましょう。
原因 1
ストレス
ストレスを溜め込むことで、ホルモンバランスが乱れやすくなると言われています。
仕事などで忙しい日が続いても、無理をせずに時々ボーッとくつろいでみたり、音楽や運動などリラックスできる時間を確保したりするよう心がけましょう。
ストレスは知らぬ間に蓄積されてしまうことがあるので、その日できたストレスはその日のうちに解消することが大切なポイントです。

顔周りの産毛の正しい剃り方

皮膚に刺激を与えるような誤った剃り方をしていると、皮膚を守ろうとして、その部分だけ濃い産毛が生えやすくなります。

正しい剃り方をマスターして、女性らしいツルツルの陶器肌をGETしましょう。

<産毛の正しい剃り方について>

皮膚への負担を軽減させるため、産毛を剃る前には必ず保湿クリームや乳液を顔全体に伸ばし、しっかり保湿ケアを行いましょう。

産毛は上から下へ剃ることが基本中の基本です。

下から上への逆さ剃りはやってはいけません。

産毛を剃る際、片方の手で皮膚を耳に向かって引っ張りながら剃ってあげると良いです。

産毛処理は毎日行っていると肌を傷つける可能性があるため、1週間に1回を目安に行うと良いでしょう。

もし1週間に1回のお手入れだけでは間に合わない場合は、医療脱毛という手もありますので、今後施術を受けるかどうか検討するのも良いでしょう。

ただ、医療脱毛は料金の問題もありますので、一番手頃で手っ取り早い方法として、SEKKINによる産毛ケアをおすすめします。
女性の口周りの産毛・ムダ毛ケア SEKKIN
女性の口周りの産毛・ムダ毛ケア SEKKIN