関でみつける、関からはじまる

 
~行きやすさ、活きやすさ、生きやすさ~

【第3期せきららゼミ テーマ一覧】

2021/3/10(水) 9:30 〜 16:30
いろんな情報発信と表現方法を知る!
参加費1,000円 


2021/3/11(木)9:30 〜 16:30
まちの仕事の裏側を感じる!
参加費1,000円 


2021/3/12(金)9:30 〜 16:30
自分のやりたいを深める!
参加費1,000円 
申し込み
受付終了

About
せきららゼミとは?

「なぜ、今ここに?」を合言葉に、関市にかかわる<ひと・もの・こと>を通して、自身のもつ興味や関心、時には生き様について“せきらら”に問いかける場です。

頭と体、そして今回は電波もフル活用して、これからの自分の暮らし方や働き方について深めたり、何かをはじめていくきっかけを関市で一緒につくりましょう。

昨年までは、関市在学・在住の学生を中心に開催していましたが、
今回は「バーチャルオンラインゼミ」ということで、
そんな枠組みも物理的な距離も越えて、
興味と関心があれば自宅から気軽に参加ができます!!

3泊4日だったスケジュールも1日単位での参加が可能になり、それぞれの関心やスケジュールに合わせて、浅くも深くも関わることができるようになりました。

みなさんの参加を楽しみにお待ちしています!

こんな方が対象です

  • 平成15年4月1日以前生まれの学生で
  • 関市に何かしらゆかりがある方
  • 関市に何かしら想いがある方
  • 関市のまちづくりに関わりたい方
  • 関市のまちづくりに関わりたい方


Contents
せきららゼミの内容

第3期せきららゼミはバーチャル(仮想空間)で開催!
オンラインならではの良さを存分に活かして、
自宅にいながら関市の魅力を体感できます。

関市で活動している人たちは、どんな生き方や考え方をしているのか?地域との関わり方をどのように見つけているのか?
また、これまでのせきららゼミ経験者たちは、いま何を思うのか?

さまざまな視点で関市というまちと交わる中で、
自分にとっての「いきやすさ」の種の見つけ方・育て方について、“せきらら”に深めていきましょう!

DAY1:2021年3月10日(水)

いろんな情報発信と表現方法を知る!
自分の興味や関心と、まちとの関わりしろを見つける過程について、情報発信を専門としている方々に聞いてみます。自分の想いやアイデア、等身大の姿を誰かに伝える練習をしてみませんか。

DAY2:2021年3月11日(木)

まちの仕事の裏側を感じる!
もの・こと・ひとづくりの先にあるまちづくりとは?
普段の仕事や暮らしの中では見えづらい地域貢献の取り組みなど、働く人の表も裏もいろんな視点で覗いてみませんか。

DAY3:2021年3月12日(金)

自分のやりたいを深める!
やりたいことは無理につくるものでもないですよね。
動機や接点が自然に湧き出てくるにはどうしたらいいのか。みんなの実情や事例などを知って、自分の中のどこかにある「やりたい」を「どこかで役に立つ」ものにしてみませんか。
過去のせきららゼミダイジェスト
下記のリンクから、これまでに実施したせきららゼミのを内容見ることができます。

第1期
https://www.tubodani-blog.net/entry/2018/09/20/123909

第2期
https://www.city.seki.lg.jp/cmsfiles/contents/0000014/14358/88.pdf

せきららゼミ公式Facebook
せきららゼミ公式Instagram
せきららゼミ公式Instagram
 

Schedule
スケジュール

DAY1:2021年3月10日(水)詳細
テーマ:いろんな情報発信と表現方法を知る!

時間 内容
9:30 チェックイン
せきららゼミの紹介や概要等のガイダンス
自己紹介タイム
【関市ってどんなまち?】
 せきららゼミ担当者の吉田純也が情報発信
 「70歳を迎えた関市」
10:00 ~ 12:00 【地域との関わり方をみつける】 NPOぶうめらん 林加奈さん
そもそもなぜせきららゼミに参加しようと思ったんだっけ。
自分の興味や関心は、地域とどんな風に繋がるのか。
<はなす/きく/かくのワーク>
ランチタイム ZOOMでフリーなランチ会(任意)
余白時間で交流を深めよう!
14:00 〜 16:30 【自分の言葉で伝えてみよう】いなかだから 江坂侑さん
・普段の情報収集&情報発信の仕方について考えてみよう
・実際にある商品の発信方法について考えてみよう!
<オンライン実演販売のワーク>
リフレッシュタイム 画面から離れて各自でリフレッシュ!
休憩してもOK、今日の振り返りをしてもOK
自分の時間を自由に使おう!
19:30 〜 21:00 せきららゼミ経験者にきいてみる
~参加後の変化~

過去2年は3泊4日で開催していたせきららゼミ。
1期生・2期生にスピーカーとなってもらい、参加してから変わったことについてきいてみる。
21:00 〜
せきらら夜更かしトーク(任意)
Remoで気が済むまで語り合おう
9:30 チェックイン
せきららゼミの紹介や概要等のガイダンス
自己紹介タイム
【関市ってどんなまち?】
 せきららゼミ担当者の吉田純也が情報発信
 「70歳を迎えた関市」

DAY2:2021年3月11日(木)詳細
テーマ:まちの仕事の裏側を感じる!

時間 内容
9:30 ~ 9:45 チェックイン
せきららゼミの紹介や概要等のガイダンス
自己紹介タイム
9:45 ~ 11:00 【カフェからはじめた、私のまちづくり】 カフェ・マビッシュ 亀山久美子さん 
・Uターンのきっかけ
・今までにどんな一歩があったのか、どんな応援をしてきたのか
・善光寺オープンコミュニティスペースとは?
・まるそらドーナツ監修秘話 など
11:00 ~ 12:00 【堅いだけじゃない、クリエイティブな市役所の仕事】
せきららゼミ担当3年目、衣斐七海が語る
「行政の仕事のいま」
ランチタイム ZOOMでフリーなランチ会(任意)
余白時間で交流でも
14:00 〜 16:30 【もの・こと・ひとづくりの先にあるまちづくり】
普段の仕事や暮らしの中では見えづらい地域貢献活動など、いろんな表と裏を覗いてみる

・関の工場参観日 せきららゼミ特別バージョン
・シャインカービング体験

・本町BASE~みんなで育てる秘密基地~ってどんな場所?
リフレッシュタイム 画面から離れて各自でリフレッシュ!
休憩してもOK、今日の振り返りをしてもOK
自分の時間を自由に使おう!
19:30 〜 21:00 せきららゼミ経験者にきいてみる
~就活のリアル~

過去2年は3泊4日で開催していたせきららゼミ。
1期生・2期生にスピーカーとなってもらい、就職活動や進路選択のリアルについてきいてみる。
21:00 〜
せきらら夜更かしトーク(任意)
Remoで気が済むまで語り合おう
9:45 ~ 11:00 【カフェからはじめた、私のまちづくり】 カフェ・マビッシュ 亀山久美子さん 
・Uターンのきっかけ
・今までにどんな一歩があったのか、どんな応援をしてきたのか
・善光寺オープンコミュニティスペースとは?
・まるそらドーナツ監修秘話 など

DAY3:2021年3月12日(金)詳細
テーマ:自分のやりたいを深める!

時間 内容
9:30 チェックイン
せきららゼミの紹介や概要等のガイダンス
自己紹介タイム
【行政職員だって自己実現!】
 関市任期付任用職員 杉戸美月が語る
 「なぜいまここに?」
10:00 ~ 12:00
【そこにあるものを活かし生きていく】 関市地域おこし協力隊 児玉直樹さん

<苔のテラリウム体験>
ランチタイム ZOOMでフリーなランチ会(任意)
余白時間で交流でも
14:00 〜 16:30 【目まぐるしい変化の中で自分らしさを活かしてみよう】
 関市地域おこし協力隊 岡田丈太郎さん

【同世代と考えるこれからの生き方】
 武儀っ子シェフ 中林亜生さん


昨年の新型コロナウイルスの影響を受けて、岐阜県関市で活動をすることになった。
ここにたどり着くまでにどんな出来事があったのか。
これからどんな道を進もうとしているのか。
めちゃくちゃリアルで貴重なお話をきいてみませんか。
リフレッシュタイム 画面から離れて各自でリフレッシュ!
休憩してもOK、今日の振り返りをしてもOK
自分の時間を自由に使おう! 
19:30 〜 21:00 せきららゼミ経験者にきいてみる
~なぜ今ここに~

過去2年は3泊4日で開催していたせきららゼミ。
1期生・2期生も含めて、私たちはどんな巡り合わせでここに集まったのだろうか。
それぞれの背景に寄り添い、共に学びあう夜を過ごしませんか。
21:00 〜
せきらら夜更かしトーク(任意)
Remoで気が済むまで語り合おう
10:00 ~ 12:00
【そこにあるものを活かし生きていく】 関市地域おこし協力隊 児玉直樹さん

<苔のテラリウム体験>
 

Cast
送受信してくれる人

DAY1:2021年3月10日(水)
いろんな情報発信と表現方法を知る!

林 加奈(ぶん)
NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん
(中間支援担当)
「若者が関に戻り、住み続けられるまちへ」をミッションに、一人ひとりが腹落ちして一歩踏み出せるための対話スキルを練習中。
江坂 侑(えさゆう)
地域商社いなかだから代表
全国で唯一「元号をキーにしたまちおこし」に取り組む。ブログ・SNSを活用して人口3,000人のまちから全国45万人に情報を届ける地域の宣伝マン。
江坂 侑(えさゆう)
地域商社いなかだから代表
全国で唯一「元号をキーにしたまちおこし」に取り組む。ブログ・SNSを活用して人口3,000人のまちから全国45万人に情報を届ける地域の宣伝マン。

DAY2:2021年3月11日(木)
まちの仕事の裏側を感じる!

亀山 久美子(くみさん)
カフェ・マビッシュ オーナー
関市のまちかどで小さなカフェをやっている。Uターンして13年が経ち、最近はオープンコミュニティスペースなどのまちづくり活動もしている。
関の工場参観日実行委員会
ものづくりのまち 関市の工場を一般向けに開放するイベントを開催。工場見学やワークショップなどを通して、企業の考え方や職人の想いを発信している。
本町BASEで活動する人たち
みんなで育てるまちなか秘密基地
飲食・物販スペース、シェアキッチンを備え、やりたいことにチャレンジできる場所。みんなでつくり、育て、まちなかににぎわいを創り出す。
本町BASEで活動する人たち
みんなで育てるまちなか秘密基地
飲食・物販スペース、シェアキッチンを備え、やりたいことにチャレンジできる場所。みんなでつくり、育て、まちなかににぎわいを創り出す。

DAY3:2021年3月12日(金)
自分のやりたいを深める!

児玉 直樹(ダック)
関市地域おこし協力隊
(板取地域担当)
板取の自然や文化を都心の人に広めることが使命で、アウトドアや苔、山林資源の体験型ワークショップ、販売を軸に取り組んでいる。一緒に苔テラつくろうね!
岡田 丈太郎(ジョータロー)
関市地域おこし協力隊
(武儀地域担当)
コロナの影響を受け海外から帰国、海外生活とアウトドアの専門性を活かし「キャンプ場とキノコの里、もちろん自分も」元気にするのが使命。
中林 亜生(アオ)
関市出身の耕すUターン料理人
調理学校を経て県外のレストランで修行中だったが、店舗がコロナ感染症の影響を受け離職、Uターンして地元で食と農と自分に向かい合う日々。地元食材たっぷりPIZZAを開発ちう
中林 亜生(アオ)
関市出身の耕すUターン料理人
調理学校を経て県外のレストランで修行中だったが、店舗がコロナ感染症の影響を受け離職、Uターンして地元で食と農と自分に向かい合う日々。地元食材たっぷりPIZZAを開発ちう

Passion
私たちの想い

事務局:関市役所 市民協働課

少しだけ学生のみなさんと年齢も感覚も近いであろう若手職員3人で、楽しくクリエイティブな運営をしていきます。

衣斐 七海(えびちゃん)※写真左
第1期からせきららゼミを担当しており、これまでたくさんの若者と出会い、その変化を目の当たりにしてきました。仕事をきっかけに移住してきた関市がとても好きです。

吉田 純也(じゅんきち)※写真中
人事交流の一環で、美濃加茂職員から関市に派遣となり、現在、関市職員として働いています。市民協働課分野に携わるのは初めてで、日々勉強中です。

杉戸 美月(つきちゃん)※写真右
元々は、関市地域おこし協力隊(洞戸地区担当)として移住してきました。任期後に行政職員になるなんて1ミリも考えていなかったため、自分自身が1番驚いていますが、導かれるようにイマココにいます。

運営協力:CBR.LLC 若人応援事業部

こんにちは、せきららゼミの企画・運営協力をしています(合)地域と協力の向こう側の中田(ひげりん)です。※写真中の髭あるおじさん
弊社は関市の武儀地域という人口的には過疎化の進む、でも日本の「人口重心地」という何とも不思議なところにあります。たぶん渋谷より「カオス」です!使命は、地方のもったいないものを減らし、そこに関わってくれる人に程よい選択肢を増やすことです。そのために必要な知恵とダサかっこいい技をだせるように、皆が「シゴト」というより”暮らし”の充実にむけ取り組んでいます。

身近な人が求めている要望に対して供給できることを淡々と
後世に気負うことなく、残されて喜ぶ仕組みをゲームや芝居を楽しむように
一緒に協力できる人と活きる

私はそんな環境をつくることが最も大切な役割だと思っています。    GoでもLiveでもActiveでもなんでもOK。皆さんの「いきやすくなった」に出会えることを楽しみにしています。


Outline
せきららゼミ概要

開催日時 2021年3月10日(水)・11日(木)・12(金)
※全日程とも9:30 〜 16:00/19:30~21:00
対象 平成15年4月1日以前生まれの学生の方で
・関市に何かしらゆかりがある方
・関市に何かしら想いがある方
・関市のまちづくりに関わりたい方

※未成年の方は、保護者の同意を得てご参加ください。
※グループでの参加も大歓迎です。
定員 各日12名
応募条件 自分の都合にあわせて気になる日だけ参加することが可能です!
全日程に参加してもらえると嬉しい限りですが、1日単位で気軽にお申し込みください。
応募者多数の場合は、選考のうえ参加決定させていただきます。
会場 すべてオンラインで行います。(Zoomを使用)
必須条件
○自宅などで安定したインターネット環境をご自身で用意できること
(PC推奨、スマホ・タブレット可、WEBカメラとマイクが付いている機器、Wifiなど)
○オンライン通話時にビデオをオンにしてコミュニケーションが図れること
○他の参加者への配慮、有意義な意見交換ができるよう全員での場づくりを心がけられること
○SNSや報告資料等で活動の様子や写真が紹介されることに了承いただける方
参加費 1日参加・・・1,000円(税込)
2日参加・・・2,000円(税込)
3日参加・・・3,000円(税込)

※本ゼミ受講における機器、インターネット通信料などは参加者のご負担です。
※本ゼミでのWSや交流促進グッズは、参加する日程に合わせてお送りいたします。

参加費については、事前決済が必要です。
お支払い方法等の詳細は、申込み後にお伝えいたします。
申込締切 2021年2月24日(水)まで(定員になり次第受付終了)
※お申込み後に、お支払方法、ZoomのURL、IDなど、参加に必要な情報をご連絡いたします。
主催 関市
企画運営協力 合同会社地域と協力の向こう側 若人応援事業部
対象 平成15年4月1日以前生まれの学生の方で
・関市に何かしらゆかりがある方
・関市に何かしら想いがある方
・関市のまちづくりに関わりたい方

※未成年の方は、保護者の同意を得てご参加ください。
※グループでの参加も大歓迎です。

Join
お申し込み

お申し込み方法 ※申し込み受付は終了しました※
下記URLからお申し込みください。
https://www.city.seki.lg.jp/jform/rara02.html
お問い合わせ先 関市役所 市民協働課
担当者 衣斐、吉田、杉戸
住所 〒501-3894 岐阜県関市若草通3-1
電話番号 0575-23-6806
FAX
0575-23-7744
メール shiminkyodo@city.seki.lg.jp
住所 〒501-3894 岐阜県関市若草通3-1

せきららゼミの公式SNS


今年の最新情報を更新しています!過去の様子も見ることができます!
せきららゼミ公式Facebook
せきららゼミ公式Instagram
せきららゼミ公式Instagram

ラストメッセージ


今年度せきららゼミを開催するに当たって、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、
これまで行ってきた宿泊型での実施は断念することになりました。
悔しい思いの中、若者が関市とつながることができる機会を失くしたくない
この先も答えの見えない時代に合わせた新しいアプローチができないかと、
試行錯誤の末、この「バーチャルオンラインゼミ」の形にたどり着きました。

これは関市という地域にとって、大きなチャレンジになると思います。
これからの地域の可能性を探り、一緒に次の一歩を踏み出す仲間として、
私たちはみなさんの参加を待っています。
物理的な距離はオンラインで、心の距離は共通体験と対話で自然と近づいてくるような
貴重な3日間を一緒に楽しみましょう!