東京都世田谷区の土地家屋調査士 関土地家屋調査士事務所です。
      土地・建物の調査、測量、各種登記のご相談はお任せ下さい。
       
       ※遠隔地は要相談。世田谷区以外の地域も対応可能です。                         
         ※注・・・事前にお電話による予約をお願い致します。 
         ※注・・・登記申請手続き以外のお見積りは、調査費用を頂く場合がございます。

土地や建物の悩み・・・

土地の一部を売りたい…


相続した土地を相続人で
分割したい…
境界線が不明だった?


もし、境界紛争なんてなったらどうすれば…
建物の新築・増築をした…


不動産の登記って必要なの… 
土地の利用状況が変わった…
土地家屋調査士とは?

土地家屋調査士は、お客様から依頼を受けて、不動産の物理的状況(土地や建物がどこにあって、どのような形状をしているのか、またどのような用途に使用されているのかなど)を調査・測量して、図面作成や登記申請手続きなどを行う測量及び表示に関する登記のプロフェッショナルです。

     土地家屋調査士の業務

・土地や建物の調査や測量


・不動産の現状についての登記申請の代理

・不動産の現状の登記申請に関する
 不服申立ての代理


・筆界特定手続きを代理

・境界紛争の解決に特化した民間紛争解決期間(ADR)への手続きの代理

境界線をはっきりさせたい方
土地を分割したい方
土地の利用状況の変更を行いたい方
新築・増築を行った方

土地境界確定測量が必要になるケース

土地の境界が不明

土地の所有範囲を明確化し、
境界を確定・境界標を設置することにより、隣地の越境物の有無を確認することができます。隣接地との境界トラブルの防止になります。

不動産を売却する

土地の売却時には、土地の所有範囲を特定する為や不動産の安全な取引を行うために土地境界確定測量を行うことが一般的です。また土地の一部を売却する場合には土地分筆登記が必要になります。

隣接地の越境物を
確認したい

土地の面積や境界が知りたい場合や越境物の確認をしたいときは、土地境界確定測量を行います。土地境界確定測量とは、土地全体を調査・測量したうえで隣接土地所有者と境界がどこなのかお互いに確認し、土地の境界を確定させる測量のことです。

さらに・・ 相続問題・・・

相続における事前準備の重要性!

相続が発生する前に、事前にこのような対策だけでも行っておけば、いざという時に時間的にもコスト的にも余裕を持った相続ができます。

相続が発生した場合、まずは、相続財産の特定をしなければなりませんが、その中でも不動産財産の特定は、非常に時間がかかる問題が潜んでおります。特に私たち、土地家屋調査士が行う土地の面積を特定する作業は、書面的な手続きと違い、公共用地(道路や水路)の境界確定手続きや隣接所有者の方に境界立会いのご協力を頂き、隣接地との筆界線の合意を得なければ正確な面積が特定できないことから、皆様が想像する以上に時間も手間も掛かってしまう要素が往々に考えられます。

相続関連業務

相続税として土地を物納
する場合の測量・分筆登記

相続税として土地を物納する場合、土地境界確定測量、土地の一部を物納する場合には土地分筆登記が必要になります。これは物納する前に土地の形状・面積を確定しておく必要があるためです。

遺産分割に伴う土地の
測量・分筆登記

相続時の遺産分割協議により1つの土地を複数の相続人が相続することとなった場合、共有で相続する場合と土地を分割し各相続人が分割後の土地を単独で相続する場合がありますが、後者の場合については相続登記の前提として土地分筆登記を行うことになります。

相続登記時の未登記建物の
表題登記

未登記建物(登記されていない建物)を相続する場合には、相続登記の前提として建物表題登記が必要になります。不動産登記とは、法務局に登記記録(登記簿)を備え付けることにより所有権を第三者に対抗することができます。そのため相続時の建物の所有関係を登記するためには、まず表題登記を行いその後、所有権の登記を行う必要があります。

分筆する理由

  持ち分に合わせて土地を分筆し、それぞれが単独で所有者となる。

売却ではなく、土地はそのまま相続したいというとき、共有でその土地の所有者になるのか、それともそれぞれ単独で所有者になるのか悩む事があると思います。

土地を分筆をして単独で所有することにより、その土地に関してはすべて所有者単独の意思のみで処理することができます(売買、利用、贈与等)。逆に相続とは言いながらも共有のかたちを採ってしまうと、何をやるにも他の共有者の同意が必要になります。

共有者同士がこの先も良好な関係を続けていく為の1つの選択として、それぞれが単独で所有するかたちにしておいたほうがいいのではないかと思うことも多々あります。


お隣さんとの境界トラブル対策

お隣さんとの境界トラブル対策


☑「今は、とりあえず売却するわけでもないし、無理にことを荒立てたくないから放っておく。」
☑「境界問題をだれに相談すればいいかわからない。」
☑「裁判をした場合、費用や時間がかかってしまうだろうし、精神的負担も大きいだろう。」

とお考えになり、そのまま問題を放置している方が大半なのではないでしょうか?
これでは、いつまでたっても問題は解決しませんし、年月が経てば経つほど問題が複雑化してしまいます。

いざ、売却しようとおもった時、相続が発生した時、家の建て替えをしたい時等、面積をどうしても正確に出さなければならないときになって、お隣さんとの境界線に対する認識の相違が発覚したのでは、そのお隣さんとの境界問題を解消しないかぎり、面積は決まらないので、いざという時にスムーズにことが進みません。

当事務所では、境界問題の早期解決に力をいれて取り組みます。

空き家や土地など売却の前に土地の境界をはっきりしておく
境界を決める手順
        土地家屋調査士へ依頼をする
法務局で調査する『公図・地積測量図・土地要約書・旧図等』
 役所での調査『区画整理確定図・近隣土地の官民境界実施の有無』
          仮測量・仮杭設置
        隣地との境界立ち合い確認
  道路・水路(市役所の関係部署)との境界立ち合い確認
         確定測量・確定杭設置
          地積測量図の作成
          法務局への登記申請
        土地家屋調査士へ依頼をする
東京都世田谷区の土地家屋調査士 | 土地・建物の調査、測量、各種登記のご相談はお任せ下さい。※世田谷区以外のエリアも対応可
東京都世田谷区の土地家屋調査士 
関土地家屋調査士
事務所にお任せください!

 東京都世田谷区の土地家屋調査士 関土地家屋調査士事務所について

  • 写真

  • 当ページにお越しいただき有難うございます。
    平成24年より世田谷の千歳烏山で土地家屋調査士事務所をしております関京子と申します。

    土地家屋調査士というとまだまだ一般の人には知られていない仕事だったり、専門性の強い業界なので、中々、一般の人から直接ご相談を受けることはないのですが、実際には、境界トラブルや相続による事前準備をしたいな~と考えている方が「誰に相談してよいかわからない」、「相談しづらいからそのままほっておく」というようなケースが沢山あると感じています。
    そういったお悩みを抱えていらっしゃる方の心の負担を少しでも軽くできるよう、一般の方が誰でも気軽にご相談して頂ける窓口になりたいとおもっています。
    これまで、多くの人や社会に守られここまで来ることが出来たので、これからはこの仕事を通して少しでも社会に貢献していければと思っています。

    国民のみなさまの不動産をお守りする為、後世まで保証するという気持ちで業務に従事させて頂き、日々、人間的に成長が出来るよう精進してまいりたいとの思いでおりますので、なにかお力になれることがございましたらお気軽にご相談下さい。


    東京都世田谷区の土地家屋調査士 | 土地・建物の調査、測量、各種登記のご相談はお任せ下さい。
    ※世田谷区以外のエリアも対応可

ご相談は無料で行っております

  • お電話でのお問い合わせ・ご相談は 
    • 平日 09:00~19:00
    ※土曜・日曜・祝日、時間外でも事前に
     ご連絡頂ければ
    対応可能です。
    ※世田谷区以外のエリアも対応可
  • 03-5969-9520
メールでのお問い合わせはこちら
               ご相談は無料で行っております
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

事務所概要・アクセス

事務所名:関土地家屋調査士事務所

tel 03-5969-9520

■電話受付
 09:00~19:00
※土曜・日曜・祝日、時間外でも事前にご連絡頂ければ対応可能です。
■アクセス
東京都世田谷区南烏山六丁目6番7号 クワイエットプレイス101号室 
■代表
関 京子
土地家屋調査士
東京土地家屋調査士会会員 第7684号
民間紛争解決手続代理認定調査士
NPO法人 相続アドバイザー協議会 第23期生
■対応業務
●各種調査ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・資料調査・現地調査
●登記申請手続きーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・建物表題登記 ・建物表題部変更登記・建物滅失登記
・土地地目変更登記・土地地積更正登記
・土地分筆登記・土地合筆登記
*この他にも建物分割登記・建物合併登記・区分建物の登記・合体による登記等があります
●測量業務ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・現況測量・民有地との境界確定測量・公共用地との境界確定測量
※詳しくはご相談ください

■対応エリア
東京