子どもの病気について

第4回 世界のママが集まるオンラインセミナー (講師 英国在住 小児科医 小谷信行先生)
(録画のみのお申し込みも可能です)

11月14日(水) 
日本時間 21:30 〜 23:00
参加費1000円
(寄付します)

「海外に住んでいるけど子どもの病気、大丈夫!」
セミナーを聞くと自信がもてるようになります。

  • これから起こる子どもの病気について「知ってる!」と自信がもてる
  • 「今は子どもを病院に連れて行くときだ!」と判断できる
  • 繰り返し録画を見られるのでパートナーと知識が共有できる
  • 海外育児の病気の事例について知ることができる
  • 海外で子どもの診療をしている小児科医に直接質問ができる
  • 世界中で育児するママと子どもの病気について話し合える
  • 世界中で育児するママと子どもの病気について話し合える

こんな方が対象です

  • 言葉の通じない環境で子育てをしている方
  • 子どもの病気について学びたい方
  • 子どもが病気、いざという時にも大丈夫と自信を持ちたい方
  • 海外に住んでいるママたちが子どもの病気でどんな経験があるか知りたい方
  • 海外に住んでいるママたちが子どもの病気でどんな経験があるか知りたい方

主催者(西川直子)より

今回、このセミナーを小谷信行先生にお願いしようと思いましたのは、
小谷先生が、現在ロンドンで多くの日本人の小児の診療をしているからです。

先生は、ロンドンにあるジャパン・グリーン・メディカル・センター診療所の院長をしていらっしゃいます。


私が海外に住むママたちが困っていることはなんだろうと10人の方に直接話して聞いてみた時に、断トツでトップだったのは「子どもが病気になった時」でした。

言葉の分からない外国に住んでいて、昼間はママが一人で子どもを見なければならない。
時には、夫が出張で長期で不在な時もあるでしょう。
子どもの命を守るのはママの肩に大きくのしかかっていますが、
「いざという時に、私は子どもの命を守ることができるだろうか?」
それは世界中のママたちにとって、大きな重圧であり、責任を感じるところです。

国によって、救急車の電話番号も違います。
救急車の仕組みも病院の仕組みも違います。

同じ国に住んでいても、人によって使うことができる医療保険の仕組みが違うことがあります。
利用できる病院も違うことがあります。

それについては、各個人で、調べておくしかありません。

また、いざという時には、
「助けて!」と、
たとえ言葉が通じないとしても、
隣人、近所の人、家の管理人、通りがかりの人にも、助けを求めることは可能であり、
その勇気はきっとママの中にあります。

その前に、世界中のママたちが、

「子どもの病気にはどんなものがあるのか」

「一般的にどんな治療法があるのか」

「どのような経緯で治っていくのか」

「一番気をつけなければならない点は何か」

知識をもっていることはとても大切になります。

病院に連れて行く前にも、
「おそらく、この子はこういう病気で、こういう診断を受けるだろう」
という見通しが、ママにあるのとないのとでは、大きな違いがあります。

違和感があれば、医師に質問しなければなりません。
「どうしてその薬が必要なのか?」など。

子どもの一番の名医はママです。

子どもは病気をするたびに成長すると言います。
病気をしない子どもはまずいないでしょう。
子どもがかかりやすい病気は、ある程度は決まっています。

皆さん、子どもの病気について知識を深め、
いざという時には、
「今どんな治療が必要なのか?」
見通しをたてられるママに一緒になりましょう!

小谷先生は長年小児科医としてたくさんご経験があり、
現在、ロンドンの日系診療所の院長としてご活躍なされています。

時間の許す限り、皆さんの心配事を先生に聞いてみてください。

日本語で、日本人の医師に質問できる機会を、どうぞ最大限に活用してくださいね☆
録画でパートナーの方とも一緒に復習ができます。

参加費は全額「妊娠SOS東京」へ寄付いたします

今回のセミナーは、小谷先生のご厚意で、皆さんからの参加費1000円は、全額寄付をさせていただきます。
私は、その寄付先を、にんしんSOS東京にしようと思い、小谷先生も賛同をしてくださいました。

にんしんSOS東京とは、思いがけない妊娠に戸惑い、悩む女性のための相談支援窓口です。
若い女性だけでなく、40代を越えて望まない妊娠をした方からも相談があるそうです。

妊娠を受け入れられなかった場合、産後うつや児童虐待に繋がることも少なくありません。

 『漂流女子 にんしんSOS東京の相談現場から (朝日新書) 』
にんしんSOS東京の相談現場から 著者:中島かおり

私がこの本を知り合いの助産師さんに勧められて読んだとき、
これほどにも社会の隙間に、声なき声があふれていて、それを辛抱強くすくい取ろうとする方々がいるのかと、
とても感銘を受けました。

代表の中島かおりさんのメッセージに、私はとても心を打たれます。

ぜひ皆さんもこの本を読んでみてください。とても読みやすいと思います。
皆さん自身にも深く関わる話題がきっとあると思います。

皆さんからの寄付は、このようなことに使われます。

ご参加を心からお待ちしております。

講師と主催者の紹介

講師 小谷信行先生

日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医、
中国四国思春期学会理事長、医学博士。
鳥取県出身、岡山大学医学部卒業。岡山大学小児科講師、松山赤十字病院小児科第一部長、松山赤十字病院副院長、倉敷成人病センター、学術顧問理事長補佐・学術顧問を務めたのち、2017年よりジャパン・グリーン・メディカル・センターCEOとして就任。免疫アレルギー、育児学、小児心身症を専門に幅広い診療を行う。
30年に渡り、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、心身症、不登校などの子どもたちの体と心の治療やサポートに取り組んでいる。15年前から、胎児から大人までを一貫して支える「成育医療」といわれる総合的小児医療を展開している。



主催者 西川直子

現在スペインで、7歳と9歳の息子を育てている助産師。夫の駐在でタイ、イギリス、スペインと場所を変えながらも、育児支援勉強会のボランティア活動をしています。昨年、無料でインターネット上でおしゃべりできる「世界のママが集まるオンラインカフェ」、略して「せかままCafe」をスタートさせました。

ブログ「助産師NAOKOの元気よく育児!fromマドリード」

インタビュ―受けました 駐妻キャリアネットインタビュー



主催者 西川直子

現在スペインで、7歳と9歳の息子を育てている助産師。夫の駐在でタイ、イギリス、スペインと場所を変えながらも、育児支援勉強会のボランティア活動をしています。昨年、無料でインターネット上でおしゃべりできる「世界のママが集まるオンラインカフェ」、略して「せかままCafe」をスタートさせました。

ブログ「助産師NAOKOの元気よく育児!fromマドリード」

インタビュ―受けました 駐妻キャリアネットインタビュー

開催概要

世界中からアクセス!
名 称 「子どもの病気について」世界のママが集まるオンラインセミナー 
日 時 2018年11月14日(水)日本時間21時半~23時
講 師 小児科医 小谷信行先生
英国 ジャパン・グリーン・メディカル・センター院長

場 所 ZOOMにて(インターネット)
主催 世界のママが集まるオンラインカフェ 
助産師 西川直子
参加費用 1000円(小谷先生のご厚意でにんしんSOS東京へ全額寄付いたします)
録画について 本当は出席したかった!という方も、録画視聴が11/22まで1週間限定で可能です。同じ申し込みフォームからご記入ください。
お問合わせ kumanako55@gmail.com
参加費用 1000円(小谷先生のご厚意でにんしんSOS東京へ全額寄付いたします)

インターネットでのセミナー参加が不安な方へ

ZOOMという無料のソフトを使います。

セミナーの参加には、ZOOMというソフトを、カメラ・マイク付きのパソコンか、携帯か、ipadにダウンロードしていただく必要があります。詳細はお申し込み後、お伝えいたします。

病気でも天気が悪くてもすっぴんでも参加できるところが、オンラインの大きなメリットです。

どんな風にパソコンでうつるの?
こちらのブログをご参照ください。
ZOOMの使い方が不安です。。。
こちらの動画をご参照ください。
ZOOMの使い方が不安です。。。
こちらの動画をご参照ください。
実際に繋がるのか不安。。。
開催15分前に接続テストを行います。またZOOMの使い方を詳しく教えてほしい、という方には、ZOOM活用研究所の「だれでも簡単!無料体験会」をお勧めいたします。
途中で子どもが泣いたらどうしよう。。。
私の方で、主催者側の声は聞こえるようにし、かつ、参加者の皆さまの声は聞こえないように設定することが、できます。お子さまが泣いたり大きな声を出したりしても、全く心配はありません。
キャンセルする場合はどうすればいいですか?
大変申し訳ありませんが、ご入金していただきました1000円の返金はすることができません。セミナーの録画をお伝えさせて頂きます。
キャンセルする場合はどうすればいいですか?
大変申し訳ありませんが、ご入金していただきました1000円の返金はすることができません。セミナーの録画をお伝えさせて頂きます。

セミナーでは皆さんからのご質問を受けつけます

セミナー開催までに、皆さんからあらかじめ、ご質問を受けつけます(当日でも大丈夫です)。

「参加したいけど参加できない!」という方!1週間限定で録画配信も可能です。ぜひお申し込みください。(同じ申し込みフォームからどうぞ!)

皆さまのご参加を、心からお待ちしております!