そろそろ自分の聲と言葉で世界に向けて語りだそう

―自分の人生を存分に生きる人のための―
コーチングセッション

ウェイクアップコールが聞こえますか



このセッションは、こんな方に活用していただきたいと思います。
・自分がこの世に発揮すべき特質を明確にしたい方。
・自分の「本質」「強み」を最大限に発揮して生きたい方。
・自分の人生の「軸」をはっきりしたい方。
・自分の中に今芽生えている方向性をさらに力強く開花させ、前進するための「後押し」がほしい方。

人は、かけ値なしの100パーセント「自分自身」を生きなければなりません。
そのためにこそわたしたちは生まれてきましたし、もし、日常生活で頻出してくる「課題」や「悶々」があったとしたら、それは畢竟
「あなたは何者か?」「自分自身の人生をどう生きるのか?」という問いかけに突き詰められていくのではないでしょうか。


「生まれたとたん きれいにわすれ 一生をついやして 少しづつ思い出す」
と書いたのは詩人の覚和歌子。(覚和歌子「たましいのスケジュール」より)

この詩のように、もし、わたしたちが、自身の「本質」の成長のためにそういった方法を選んでいるのだとしたら、もうそろそろわたしたちは「思い出さねば」なりません。
そして、このダイナミックな変化の時代の「代表」として、鮮やかに軽やかに生きなければなりません。
そろそろ、自分の聲と言葉で、ひとりひとりが語りださねばなりません。

このセッションは、身体の中でウェイクアップコールが今まさに鳴り響く…そう、今この瞬間この場にいて、この文章を目にしている
「あなた」に使ってほしいと思っています。そして、あなたの大いなる旅に出発してほしい、と願っています。

「言葉」を切り口に、広大な海に乗り出す
―それがコーチングの真髄―

コーチングは「話し手」と「聞き手(コーチ)」の会話によって成り立ちます。

自分の願い、行きたい先、障害と感じていること…または日常生活のどんな小さなことからでも。
話してください。自由自在にお話しください。
それが出発点です。

会話というもの、話の内容はもちろん、使う言葉、聲、呼吸、間合い…それらすべてにたくさんの情報が詰まっています。それらを手掛かりとして、一緒にあなたという海の中を探検する…と、そんな「たとえ」がわたしは好きです。
そこにおいて、コーチは水先案内人であり、寄り添う伴走者であり、俯瞰の目を持つナビであり…といった役割を果たします。

そして、その「会話の場」が継続して持たれる、ということも大きな特徴の一つです。
人の心身には「恒常性維持機能」なるものが埋め込まれており、よしにつけ悪しきにつけ「元に戻ろう」とする。
ですから変化の過程では、新しい考え方、ものの見方、行動が定着するまで「繰り返し」「何度も」それをする、という意識が必要です。
マラソンの伴走者のように、「共に旅してくれる人」の存在がそれを助けます。


なぜ「話すこと」が役に立つの?

①人は、自分が何を考えているかを
本当にはわかっていない


人の無意識に乱れ飛ぶ情報は、夜空の星のように膨大。そして人はその中の、ほんの小さな一点しか把握できていません。それはあたかも、広大な星空を、望遠鏡を逆さにして覗いている感じでしょうか。
広大な無意識という海の底から自分にとって必要な情報を浮上させる方法、それは「言葉にすること」。言語化することで初めて「自身の手に取り」まじまじと確認し、使うことのできる「形ある」ものになります。

②「いかなる問題も
それが発生したのと同じ次元では解決することはできない」

といったのはアインシュタイン。
わたしたちは自問自答します。問題を解決するために。そして新しいアイデアを考えるために…。けれど、「自分一人で考え続ける」ことで開ける世界には限界があります。それは「質問するのも考えるのも自分」だから。自分の力で自分の枠から出る、というのは結構大変なものなのです。
自分という枠の外からの視点が投げ入れられて、初めて見えてくる新しい地平があります。

③「それ」が起きるためには
「優れた聴き手」が必要である

それ、というのは①と②のこと。
自問自答がなかなか効果が出ない、ということはお話ししました。では友人に話を聞いてもらう?それもよし、です。ただ、トレーニングを受けていない聴き手が相手では「雑談レベル」で終わってしまう可能性があります。泉があふれ出るように、言葉や感覚があふれてくる…そのように、安全な環境の中で、心ゆくまで話せる状態が出来てはじめて、自分自身も氣づかない深い意識の底の聲が浮上してきます。セッションにおける会話は、一見普通の会話に見えて、友人への相談や、雑談とは質の違うコミュニケーションの時間ということができます。


言葉と心と身体はつながっている

もうひとつ、コーチングにおける大切な要素をお話しします。

コーチングは言葉を使うものですが、身体感覚ととても密接にかかわっています。
特に、この「自分自身の人生を生きる」セッションでは、身体感覚とのつながりを大切にしています。言葉を媒介に、身体感覚にアプローチするワークも体験します。

「身体は宇宙と自分をつなぐ結び目」と言った人がいます。宇宙、というと大きいですが、自分の無意識、そのまた奥の広大な集合無意識など…と自分自身の「表面(意識)」をつなぐのは、思考(頭)ではなく身体感覚である、という解釈もできるでしょう。

人は脳を持ち、思考しますが、それ以前にまぎれもなく「自然の一部」です。
身体は「もっとも自然で」「あるがままの本来の自分」。
そして意識の奥にある広大な無意識こそが情報の宝庫。 
そこへ至る道しるべは「頭(知識・思考)」ではなく「身体の感覚(感情)」なのです。わたしたちは、思うよりずっと身体(感覚・感情)に支配されています。頭で「最高の方法だ、やろう」と思っても、身体(無意識)が納得しなければさほど効果は出ない、ということになります。

セッション中は、自分の身体感覚と仲良くなる。このことを意識してみてください。
 



セッションを通して何が起こる?
―クライアントさんの言葉より―

  • 自分の思考、感情が整理された。
  • 新しいものの見方、視点を得ることが出来た。
  • 自分の強みに氣づいた。再確認できた。実感できた。
  • 自分の使命がはっきりした。それは自分の使命なのだと自信が持てるようになった。
  • 一歩を踏み出せた。行動できた。
  • 自分の使命を具体的に形にするための方法、筋道が手に入った。
  • 周囲とのコミュニケーション力が高まった。
  • 自分自身と折り合いがつけられるようになった。自分自身とのコミュニケーション力が高まった。
  • 世界を捉えるためのセンサー(五感)が鍛えられた。「違い」への感覚が繊細になった。
  • 自分の真実の力にアクセスできるようになった。真実の自分とつながる回路が出来た。太くなった。
  • 世界の事象を表す「言葉」というものへの感覚が磨かれた。
  • 自分の身体からくるメッセージに耳を傾けるようになった。そちらを優先できるようになった。結果、無理な頑張りがなくなった。
  • 自分の思考、感情が整理された。

セッション体験者のご感想

「コーチングとは目標に向かって自分が行動できなかったことを行動にうつすためのものだと思っていました。
でも、それだけではなかった。
もっと深い、自分の核の部分、自分でも気づいていない部分を無意識の中から引き出してもらっています。
自分はこういう人間なんだ、と再認識させてもらっています。

わたしという人間がどういう人間か…。
自分では『ぽわん』としていたものが、強みや大切にしているものを、言葉に出してみて今以上に自分自身を認識することができています。
自分の存在価値を認識させてもらえます。
それは、わたしにとって自分の生きる価値、自分がここにいる意味、自分が生きている意味を前向きに考えさせてもらっているということなのです。それは、以前のように漠然とした『何だろう…』というものではなく、
コーチングしてもらうことによって
はっきりと自分の中で明確になってきています。
自分のミッション。
自分がこれから生きていく上でこれだけはゆるぎないものを作っておこう!
というものが強く固まってきています。根っこを張る、自分の土台づくりの作業を毎回のセッションによって、
より強くさせてもらっているような気がします」    【40代 女性】



「コーチングを受けて私が一番感じたことは、私自身
『自分を一つの方向からしか見ていなかった。』ということだ。
 今まで自分では、自分自身を様々な方向から見つめ直すよう心がけてきたし意識もしていた。
そう思っていた。しかし、コーチングにおいて、
自分自身との会話を通じて、自分の出した答えに毎回驚かされている。
私の中には私の知らない(意識していない)自分が、気付くことの出来ないほど存在している。
またそれは意識してやることで、まるで何人かの人たちに囲まれ守られているかのように、自分自身を助けてくれる。
例えば「イライラする自分を抑えたい」というテーマでコーチングを受けたときのこと。
イライラする自分の心は、忌み嫌うべきものでどうにかなくしたい、押さえ込みたいと私は考えていた。
しかし、コーチング中にイライラから(私の内の言葉から)『お前を守るためにオレはイライラしてんだ!』と怒鳴られた。
トンカチで頭を殴られたような衝撃だった。このイライラが自分のためにあったとは。
この瞬間、全く別の方向から自分自身を見つめ直せた。どうにか押さえ込みたいと考えていたイライラと私は仲間となった。
イライラの自分への感じが変わり、私自身が変われたのだ。
 コーチングにおいて、答えを出すのは自分自身であるがために答えに納得がいくとか、いかないということはない。自分の見方が変わるのだ。
私の個人的な感想だが、本を何時間かけて読んでも、どんな成功者の名言を聞いても、自分自身の答えに勝るものはない。
一番知っているかのような、まだまだ見えてこない自分だが誰よりも一番長く付き合っている自分なのだから。」 【30代 男性】  


「公子さんと旅した9ヶ月は『変わらなくてはいけない』『こうならなければいけない』ではなく『どんな自分でありたいか』。
自分の本質に深くつながる事で、『大好きな自分』を発見する事でした。
また、それを意識して生きて行く事で、 周囲との関係性すら変わる事、 大事な人達へも大きく影響を与えるという事を実感しました。
一人では勇気が出ず進めない時も、道に迷ってしまった時も、一見さりげないようで、それでも確かに力強く寄り添ってくれました。
今はただ自分でありさえすれば、 歩きたい道を楽しみながら旅して行けるものだと感じています。」 【30代 男性】


「コーチングの時間、それは『私』に出逢う時間です。
いつの間にか閉じ込めてしまっていた自分に出逢う大切な時間。自分を丁寧に大切に慈しむ時間。
自分の変化を確認する時間でもあり、自分が変化する時間でもあります。 
だんだんとわかってきたことは、自分自身が自分のことをいちばん知らなかったということ。
人にどう見られているか、どう思われているかを意識して、外側にばかり目を向けていたから、
自分がどんなことが好きで、どんなことに心がざわついて、本当はどんなことを望んでいるのかわからなくなっていました。 

自分と向き合う中で、それが少しずつクリアになり、いろいろな自分を知ることができました。
それにつれて、以前よりも自分に素直に生きられるようになっている気がします。
そうすると、肩にいつも力が入っていたこと、自分で勝手に思い込んで勝手に傷ついていたこと、周りにはたくさんの味方がいたこと、
そして一人ぼっちではないことに気づくことができました。

公子さんに出逢ってから、心も身体もだいぶ軽くなりました。
そして、「自分が変われば、周りも変わる。」それを体感している今日この頃です。」 【30代 男性】


「これまで、人間関係で3回くらい同じようなパターンにはまりこむことがあったのですが、
何故だろう??問題は何なのか?疑心暗鬼になるばかりで、まったく分かりませんでした。
コーチングを受け初めた頃、「考える・イメージする」ということが慣れてなくて、自分の中で焦るような気持ちもありました。
コーチングをずっと受けていく中で、「答えは自分の中にある」。公子先生がおっしゃる言葉にもあるようにそれをとても感じました。

コーチングを受けるようになって、変わったことは まず
『他人に愚痴を言わなくなった』。
週一回コーチに話を聞いてもらい、ニュートラルな視点でアドバイスをもらうことにより、自分の軸がしっかり固まってきました。
自分がどうしたいかを見つめる。うそ偽りない自分まで会いに行って、声を聞く。
今まで持っていた自分のフレームを取り払って、この自分でチャレンジしてみようと思えます。
そして、次の週までに、それを実践してみる。
それで得られた変化にまた、コーチングをしてもらい、また翌週にむけ実践!のサイクルです。
ときどき、立ち往生することもあるけれど、とても良い循環で進むことができていると思っています。
(以前は、周囲の人に、自分の気持ちを話すことで処理していました。しかも、複数人に同じようなことを何度も…。
なぜかというと、話しても気持ちがおさまらないことが多かったからなのです)

『やりたいことをやってみようと思えるようになった』
コーチングの中で、たくさんの”魔法”をかけていただきました。”ベイビーステップ”という言葉もその呪文(?)の一つです。
すでにふたを閉めて、地中に埋めていた「やってみたいこと」。
コーチングの時間があるからこそ、そんな埋めていた自分の気持ちも発見できます。
最初は、「いや~、無理です。今更。」なんていっていたことが、「赤ちゃんが第一歩を踏み出すようにできることは?」と聞かれると
可能性がないこともないな~と気持ちが変化してきました。

次第に、やれるかな? やってみようかな?よし、やるぞ!
になっていき、最後に「今自分は、やっている!」と喜んでいる自分がここにいました。
多様な視点から、道筋を広げていただき、可能性を見出してもらいました。
その結果を得られて何が一番嬉しいかというと、やりたかったことをやっている自分自身が
一番自分を喜んでいて、愛でたいと思える気持ちがうまれていることでした。


『相手の奥までみようとする視点を持てた』
ポジションチェンジなど、普段は考えたこともないワークに出会ったときは驚きでした。
自分の視点でしか見えていなかったこと。自分都合で考えていたこと。相手の立場になることで、感じたくないほどよく見えました。
一人の人間は、表面だけでみるのではなく、しっかり、その人の奥まで見てあげなくては…そんな気持ちになりました。

今、約3年ほど、コーチングを受けさせて頂いていますが、ものすごく自分が進化、変化していると感じます。
自分のやりたいこと、自分に納得して進むこと。これまで、ないがしろにしていた”自分”の多くの部分。
コーチングを通じ、そこを喜ばせてあげられる自分になれたからこそ得られたものだと思っています。
私にとって、公子先生のコーチングの時間は、自分の中心をしっかり定位置に置き戻す、大切な時間になっています。」 【30代 女性】


料 金

体験版
―電話もしくはスカイプでのセッション―
1ヶ月間限定  20,000円(120分)
(60分×2回)
※対面をご希望の場合はお知らせください



本篇
―電話もしくはスカイプでのセッション―
1ヶ月 43,200円(120分)
(60分×月2回)


―対面セッション―
1ヶ月 56,000円(180分)
(90分×月2回)
※鹿児島県外は別途旅費が発生します



※いずれも6か月ワンクールとなります
※時間、料金につきましては相談に応じます。
ご遠慮なくご相談ください

セッションまでの流れ

  • メール・フェイスブックメッセージ・本ページ内のお問合せボタン、お好きな形でご連絡ください。
    こちらから、メールにてお返事をさせていただきます。(場合によってはお電話させていただくことや、お目にかかる場合も)セッションを受けてみようと思ったきっかけや、ご質問ご要望などをご自由お聞かせください。
    ※メール、もしくはお電話、もしくは対面によるこのヒアリングで、料金が発生することはありません。
  • セッションスタート決定
    セッションを受けることが決まりましたら、セッションの方法、曜日や時間、回数等の打ち合わせをいたします。
  • セッション第一回目スタート
    第一回セッションの前日までに、所定のセッション料金をお振込みください。
  • セッション継続期間中
    楽しんでください。
    自分の人生のためだけのいわば「作戦会議」のような時間です。
    贅沢な時間を存分に味わって活用してください。
    疑問や質問などはご遠慮なく!

  • セッション期間終了
    セッションのフィードバックをお互いにいたします。
    セッションで感じた事、得たもの、明確になったこと、などを言葉にするのは大切なことです。
    こちらからもフィードバックさせていただきます。
    体験版の方は、その後、本篇へ進むかどうかをお決めください。
  • セッションスタート決定
    セッションを受けることが決まりましたら、セッションの方法、曜日や時間、回数等の打ち合わせをいたします。

コーチのプロフィール

中村公子
中学校教員、結婚式の演出業を経て2003年、コーチとなる。
「人の持つ本質の開花・もって生まれた存在感(プレゼンス)の発揮こそが人の生きる意味であり、そのままで世界の貢献である」をミッションに、コーチングの個人セッション、コミュニケーション力研修・プレゼンテーション研修を行っている。
どんな知識も技術も「身体感覚に染み込み、身体レベルで使えるものにならなければ意味がない」がモットー。そのセッション、セミナーの特徴は、
◆コミュニケーション力の土台は「身体・五感」にあり。
◆日本人としての「コミュニケーション感覚」を大切に。

日本文化オタク・歴史オタク・幕末オタク。

 
●(財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
●米国NLP協会認定コーチ
●米国NLP認定チェンジ・エージェント
コミュニケーション・ワークス代表/鹿児島市在住

最後に―あなたのゆく道にはどんな花が咲きますか

子どものころ、楽しいこと、幸せなこと、いろいろな瞬間を覚えていますが、
いつもそれは「周囲の大人の笑顔」がセットになっていたことを思い出します。
好きなことをしているときの父の生き生きとした笑顔。
鼻歌を歌っている母の声。

何か特別なことがなくてもいい。何もしてくれなくてもいい。
自分の周囲の大人たちが満ち足りて、それぞれの人生を
たくさんの人たちとつながって楽しそうに生きている。
これが自分だ!という輝く瞬間を持って。
それを子ども心に感じるだけで、幸せでした。
安心感、そして誇らしさ。そんなものも感じていました。



もし、わたしたちが「周囲を幸せにしたい」と思うなら
それは、何よりまず自分自身が思う存分、自分の人生を生きなければなりません。

それだけで、あなたの周りに自然と花が咲きます。
何か特別なことをする必要はありません。

今、目覚めの鐘の音を聞いているあなた。
この文章をここまで読んでくださったあなたの「一歩」は
もう始まっています。

次は、ボタンをまずは押してみてください。
ご一緒できるのを楽しみにお待ちしています。