Sējiro Portfolio

Sējiro

1997年東京生まれ. 身体表現(演技)と共同体を用い、”tube(筒)”としての人間存在、そして、その”外側”がとり得る距離を探る. 東京都神楽坂に共同アトリエ兼住居であるF/Actory(ファクトリー)を立ち上げ、自身もそこで生活しながら、自身に内在するアンビバレントな人格、共同生活者とそれを内包するコミュニティ、そしてそれを内包する都市という視点から、終わりを告げられた時代における共存のあり方を観察する.

【身体表現】

6歳で四代目市川翠扇に日本舞踊の手ほどきを受け、現在は舞踊家・谷口裕和に師事。

和歌山県熊野本宮大社で神楽を奉納したことをきっかけに、その後も日本における儀式としての歌舞、神懸かりの身体感覚に意識を向ける。

2019「Habitat」TQW Halle E(オーストリア・ウィーン)ダンサーとして参加
https://tqw.at/en/event/habitat-halle-e-uhlich/

2019「松の三番叟」赤城神社(東京)

2019「寿」小石川後楽園(東京)
https://www.youtube.com/watch?v=_q9IJ7DffGc(映像)

2018 神楽「熊野」寬仁親王妃信子ご臨席の熊野本宮大社例大祭にて(和歌山)
https://www.youtube.com/watch?v=mgpziiO-zXo&t=11s(映像)

2018 「三番叟」富士山大賞授賞式 日本橋劇場(東京)

その他、故市川團十郎主催の舞踊会など多数出演

【演技】

主な出演作品(映像)

映画「もぐら」(2019)映画「昼夜の魚」(2018)NTV「先に生まれただけの僕」(2017) 映画「帝一の國」(2017) NHK 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(2016)WOWOW「沈まぬ太陽」(2016)NHK 「一路」(2015)

 

主な出演作品(演劇)

今野誠二郎・葛生大雅・鈴木俊太朗「シェアハウスを上演する(作・出演)」(2019)

玉田企画「かえるバード」(2019) DULL-COLORED POP「くろねこちゃんとベージュねこちゃん」(2019)

【その他】


2020 ショートインタビュープロジェクト「くぐる」(企画・撮影・編集)

穢れを祓い、無病息災を祈るきっかけとして継承されてきた「茅の輪くぐり」を現代解釈。禊を終えた体験者に、「今後どんな自分でありたいか」といった、個人的な祈りをインタビューしていくことで、大きな物語のオルタナティブとしてのクラウドのような未来像を表現した。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLTx1JROwPJHVo3Hb3mK71Z0pjZRCGqEfb(映像)
https://neutmagazine.com/voices-seijiro-kuguru(記事)

2019-20 文部科学省「 トビタテ!留学JAPAN 」10期生として、オーストリア 、イギリス、ドイツ、イタリア、イスラエル、パレスチナ、アメリカにて、自治的なコミュニティについてのリサーチを行う。期間中は、「ドキュメンタリーアクティング」を掲げ、現地住民の生活空間に入り込み、役作りを行う際のプロセスを実在する人物に対し用いることで、目の前の人に対して想像力を向け続けた。

 

2019「The Point」burggasse21(オーストリア・ウィーン)

グループ展にて、パフォーマンス作品を発表

 

2019 「赤城神社七夕祭」赤城神社(東京)

祭りのプロデュース。WS、トーク、パフォーマンスを行い、来場者の体感に立脚した、無意識下の「日本的なるもの」を捉え直し、インターローカルな世界観を目指す試み。野外の開催で雨にもかかわらず来場者は2,000人を超えた。

 

2018-「F/Actory」(東京)

共同生活が行われる空間を自身の身体の拡張として捉え、廃墟と化していた古民家を地元住民、近隣の学生らを巻き込みながら改修、”社会変革をもたらすアートプロジェクトの工場”として運営する。Reuters通信社をはじめ、メディア掲載多数。

https://www.youtube.com/watch?v=DxmdBTuKSdg(プロジェクトムービー)

https://camp-fire.jp/projects/view/100295(クラウドファンディングHP)

https://neutmagazine.com/interview-factory(記事)

【現在、取り組んでいるプロジェクト】

2020「未来の神話」

集まった参加者で、理想の30年後を合議制で決定、それが当たり前になった世界では、どんな生活が営まれるかを、2週間、実際に共同生活をしながら演じ、その様子を映像に収める。

行動、それにかけた時間のみが証明になり得る現在において、生活行為をデモンストレーションとして捉え、同時代に生きる我々が進み得る未来像の選択肢を拡げることを目指す。

2019-「Looking for people were born on Jan25'97」

自身と同じ1997年1月25日生まれの人を探し、一緒に誕生日を祝うプロジェクト。どう外部環境に影響を受けてきたかへの興味から着想を得る。

ロンドンに200枚のポスターを貼り、4名見つけることができた。現在も継続している。

【Photos】
【Photos】