【精神保健福祉士】
通信制大学選び3つのポイント

①受験資格は得られる?
精神保健福祉士は誰もが受験できるわけではなく、福祉系大学などで指定科目の履修をしているなどいくつかの条件があります。現状、受験資格がない人は通信で受験資格が得られる対象講座を見つけてください。
②スクーリングは通える範囲?
通信とはいえ、指定科目の単位修得にはスクーリング(通学)が必要なものもあります。距離が遠いとスクーリングが難しいので、現実的に通える距離かを確認しておきましょう。複数のスクーリング会場を用意している大学もあります。
③費用はどれくらいかかる?
受講期間が長いものは金額が100万円単位になる場合もあります。また授業料以外にも実習関連費用や入学金など諸経費もかかるので、各大学の費用はよく見比べておきましょう。
②スクーリングは通える範囲?
通信とはいえ、指定科目の単位修得にはスクーリング(通学)が必要なものもあります。距離が遠いとスクーリングが難しいので、現実的に通える距離かを確認しておきましょう。複数のスクーリング会場を用意している大学もあります。

精神保健福祉士の
おすすめ通信制大学4選

聖徳大学 通信教育部

講座:社会福祉学科・精神保健福祉コース(3年編入)
費用:190,100円+諸経費
期間:約24ヶ月
■対象
・すでに他大学で2年分の単位を修得済の人
・短期大学を卒業している人
■高い合格率と学びやすさが魅力!
精神保健福祉士の国家試験で毎年トップクラスの合格率を誇る通信制大学。受験資格の取得に向け単位を修得しながら、福祉のプロを目指して理解を深めます。

スクーリングは松戸キャンパス。週末スクーリングのほか、夏季・冬季・春期・GWなど短期集中で定期的に実施しています。科目修了試験は全国32会場で実施。

佛教大学 通信教育課程

講座:精神保健福祉士 国家試験受験資格(本科)
費用:年額145,000円~+諸費用
期間:48ヶ月
■対象
高等学校卒業者
(※他に入学要項に記載のとおり)
■今からでも資格!基礎からじっくり学ぶ講座
4年間で精神保健福祉士の受験資格を得られるカリキュラム。60年以上の実績を持つ関西の老舗大学で、テキスト履修・映像講義・スクーリングで単位を目指します。

受講者(学生)の年齢層も幅広く、最も多いのは23~29歳。次いで34~39歳が多く、社会人が多数を占めます。働きながら効率よく学ぶなら。

日本福祉大学 通信教育部

講座:正科生3年次・4年次編入学
費用:700,000円+諸費用
期間:約24ヶ月
■対象
・すでに他大学で2年分の単位を修得済の人
・短期大学を卒業している人
(※高卒者向けの4年課程もあります。詳細は資料請求にてご確認ください)
■8年連続全国1位、圧倒的合格者数
対象者は精神保健福祉士の受験資格を得られる通信教育。パソコンで好きな時間に受けられる『オンデマンド授業』でも単位を修得できます。

合格者数は8年連続で全国大学1位!通信教育課程でも、新卒シャツの合格率は85.1%と非常に高い数値。確実な合格を目指すなら。

東京福祉大学

講座:精神保健福祉士短期養成通信課程
費用:149,000円+諸経費
期間:約9ヶ月
■対象
・社会福祉士取得者
・福祉系大学等で基礎科目を履修して卒業した人
■最短・確実な資格取得を目指すなら
対象者が精神保健福祉士の受験資格取得に必要な専門科目のみを履修する通信講座。国家試験合格に向けきめ細かな指導を受け、受講者全員の合格を目指します。

課程修了に必要なスクーリングは土・日。場所は池袋と伊勢崎の2ヵ所で開講なので、都合がつかず授業が受けられなかった人も他会場で同じ科目を受講できます。

まずは大学同士を見比べてみよう

4つの通信制大学をご紹介しましたが、どれも対象者や特徴が違うのがわかります。費用ももちろんですが、カリキュラムや履修の方法までキチンと理解したうえで受講を始めたいですよね。

まずは各大学をくまなく比較してみましょう。

『資料請求』してパンフレットを取り寄せ

  • 自分の受験資格を満たせるか?
  • スクーリングで通える範囲か?
  • 学費は無理なく支払えるか?

をチェックしてみてください。

最低でも1~2年続くものなので、費用だけで決めずに学びやすさで決めるのがポイントです!

資料の一括請求なら

画像のポータルサイト『Brush UP学び』は、全国の通信制大学から一括で資料請求できるサービスです。

  • 1校ずつ取り寄せる手間が省ける
  • 資料請求は何校でも無料
  • 会員登録やアプリ登録は必要なし

などメリットは多いです。

各校のさらに詳しい情報はパンフレットに記載されています。下調べ不足で損をしないよう、費用やカリキュラムをじっくり比較しましょう!

精神保健福祉士の通信講座を
比較するポイント

通信制大学は、民間資格を取るための通信講座と違いかなり高額な費用がかかります。通信とはいえ『大学に入学する』ため、適当に選んで失敗した…なんて状況は避けたいですよね。

そのために資料請求で各大学を比較するわけですが、どんなところをポイントに見るべきでしょうか。チェックすべき点をまとめました。

1.精神保健福祉士の
受験資格を満たせるか?

精神保健福祉士の受験資格はかなり細かく規定されています。4年制の福祉系大学卒業者であれば問題ありませんが、それ以外の人はいくつかの行程を経ないと受験資格を得られません。

主な受験資格は以下のとおり。
  • 福祉系大学で4年所定科目を修めた人
  • 福祉系短大で3年所定科目を修め、
    相談援助実務を1年積んだ人
  • 福祉系短大で2年所定科目を収め、
    相談援助実務を2年積んだ人
  • 4年制一般大学を卒業し、
    一般養成施設1年以上 を修了した人
  • 3年制一般短大を卒業し、相談援助実務1年、
    一般養成施設1年以上を修了した人
  • 2年制一般短大を卒業し、相談援助実務2年、
    一般養成施設1年以上を修了した人
  • 大学を卒業せず、相談援助実務を4年、
    一般養成施設1年以上を修了した人
  • 福祉系短大で3年所定科目を修め、
    相談援助実務を1年積んだ人
このように大学の年数が1年違うだけでも条件が変わりますし、福祉系か一般かでも受験ルートが変わります。

まずは各大学の受講対象者を確認しておきましょう。

例えば最終学歴が『高校卒業』の人が、『短期大学卒業者』向けの講座を受講しても意味がありません。宣伝文に「最短取得!」と書いてあってもその通りにならない可能性もあるのです。

必ずパンフレットを確認し、分からない場合は大学側に問い合わせて自分の状況を相談してみるのが確実です。

2.スクーリングの会場はどこか?

スクーリング授業は多くの場合、大学のキャンパスで実施されます。中には受講生の都合を考慮して別会場を設けている大学もあるので、講座選びの参考にしてください。

各通信制大学のスクーリング会場

星槎道都大学 ・北海道北広島市
東北福祉大学 ・宮城県仙台市
東京通信大学 ・東京都新宿区
・大阪府大阪市北区
・愛知県名古屋市
東京福祉大学 ・東京都豊島区池袋
・群馬県伊勢崎市
日本社会事業大学 ・東京都清瀬市
聖徳大学 千葉県松戸市
日本福祉大学 ・愛知県知多郡美浜町
・東京都内
中部学院大学 ・岐阜県関市
・愛知県名古屋市 など
佛教大学 ・京都府京都市
東京通信大学 ・東京都新宿区
・大阪府大阪市北区
・愛知県名古屋市
学校ごとにスクーリング開講の時期、曜日、時間帯が違います。例えば夏期・冬期など短期集中的に実施する大学もあれば、毎週土日を開放しているところも。生活サイクルに合った通信制大学を探してみてください。

3.学費+諸経費のトータル費用

学校によりますが、通信制大学のトータル費用は正直『わかりにくい』のが現状です。ホームページを見ると受講料はキチンと表示してあっても、他の諸経費については説明されていない部分があります。

通信制大学で発生する主な費用は以下のとおり。
  • 入学金(2~3万円)
  • 受講料(年間15~20万円)
  • スクーリング受講料(1単位:5千円前後)
  • スクーリング交通費・宿泊費(5~6万円)
  • 課程履修費・実習費(5~10万円)
  • 施設費・管理費(1~2万円)
  • 教材費(2~3万円)
  • 補助教材費・規定用品費(1~2万円)
  • 学友会費・同窓会費(3千~1万円)
  • 受講料(年間15~20万円)
これらはあくまで一例で、通信制大学によって掛かる金額や経費の種類が違います。

学校によっては受講料を単位ごとに区切る場合もあります。例えば『日本福祉大学』は1単位当り5400円(※)に設定されており、一律の学費納入ではなく目的に合わせたムダのない履修をできるようにしています。

(※2019年3月現在。詳細はパンフレットにてご確認ください)

講座選びで失敗しないために

通信制大学を選ぶポイントは学費だけではありません。料金が高い講座は一見損しそうに感じますが、それだけ教育内容が充実している証拠でもあります。

ありがちな失敗は料金だけで決めてしまい

× 授業についていけなかった
× 単位を取得できなかった
× スクーリングが計画通りいかなかった
× 卒業後も合格できなかった

なんてことも…

「失敗した~~!!」と思っても後の祭り、キチンと中身を見比べておけば『格安でも学びやすい学校』が見つかっていたかもしれません。

だからこそ必要なのは各学校の比較です。ネットの情報だけで決めずに資料を取り寄せ、見比べるのが失敗しないポイント!



精神保健福祉士・通信制大学の
口コミ評判は?

オンライン受講が非常にありがたい

受講した通信講座:日本福祉大学
オンラインで受講していますが、各授業が文字に起こされていて見やすいです。スクーリングの点さえクリアできれば、社会人でも受講しやすい講座だと思います。

画面もスライドや先生の講義などの切り替えができます。授業ごとにテストもあり、普段から資格試験に慣れるようプログラムされています。単位取得にも役立ち、遠方者として非常にありがたい制度でした。

合格実績の高さが決め手

受講した通信講座:聖徳大学
福祉を専門的に学べることに加え、手厚い国家試験対策があるので聖徳大学に決めました。福祉の分野で著名な先生方から直接指導を受けられたり、体験が短演習で興味を深められました。

通信は一人で取り組む姿勢も大切ですが、大学スタッフの方や仲間とともに影響し合う部分も大切。苦楽を分かち合える仲間の存在が大きな支えになりました。

働きながら資格を取るカリキュラム

受講した通信講座:東京福祉大学
社会人になってから入学したのですが、学費が通学制に比べてとても安いのは利点でした。関東在住なのでスクーリングも負担にならず、むしろ都内に知人がたくさんできたので良い経験ができたと思います。

カリキュラムは国家試験を意識した内容で、社会人がステップアップするのに学びやすい環境が整っていると感じました。

二度目の入学

受講した通信講座:佛教大学
保育士資格を取るために佛教大学の通信課程を卒業していましたが、精神保健福祉士の資格を取るために二度目の入学を決意。精神保健福祉士と社会福祉士の資格を取得しました。

通信教育課程は働きながらでも学ぶことができ、必要なときに何度でも学び直すことができます。図書館も利用できるので、リポート作成など学習に集中できる環境も整っていました。

自分の都合に合わせて勉強できる

受講した通信講座:日本福祉大学
自宅からインターネットで勉強できるので、時間に縛られず勉強できました。講義動画も途中でストップできるからトイレとかも気にしなくていいし気楽です。一般大学のように講師の表情を見ながら学ぶことができますよ。

基礎から資格取得まで、実習も含めて実践的に学べる環境だと思います。



国家資格・精神保健福祉士とは

精神保健福祉士(PSW)は、1998年施行の精神保健福祉法で定められた国家資格。有資格者でなければ名乗ることができない名称独占資格です。

高齢者や子ども・身体障がいのある人を対象にする社会福祉士と違い、精神保健福祉士はうつや統合失調症、認知症などの精神障がいがある人を専門にしています。

心のケアを行うカウンセラーや臨床心理士とも違い、精神保健福祉士はその人の『周辺環境』と向き合う仕事。精神障がいのある人に向けて社会復帰の助言や相談、社会訓練、指導などの支援を行う専門的な資格です。

精神保健福祉士の
資格を取るメリット

■信用度が高い
民間資格と違い国家資格であり、名称独占資格でもあるので、『精神保健福祉士』を名乗って働くには資格が必須。そのため全国どこへ行っても一定の信用度があります。専門性を活かして社会福祉士や介護関連資格とのダブルライセンスを目指す道もあります。

■就職に強い
資格取得者にしかできない仕事があるため、年間を通して求人の需要があります。特に学校のスクールソーシャルワーカーは社会福祉士や精神保健福祉士の資格保持者に限られることが多く、教育機関や民間企業にも活躍の場があります。

■自分自身の成長に繋がる
仕事をするうえで精神障がいを抱える人だけでなく、その家族や親戚、知人など様々な人との出会いがあります。現実問題、苦労も多い仕事ですが、心の問題に向き合えるからこそ自分自身を高められます。

精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士になるには、受験資格を得て国家試験をパスしなければいけません。

受験資格があるかは現在までの学歴によって変わります。

福祉系大学(4年制)を卒業している場合
卒業時に国家試験の受験資格を得ています。すぐに精神保健福祉士の国家試験に挑戦できます。
福祉系短大(2・3年制)を卒業している場合
2年制なら2年、3年制なら1年の相談援助実務を経験すると国家試験の受験資格を得られます。
一般大学(4年制)を卒業している場合
一般養成施設に1年以上通学すると国家試験の受験資格を得られます。
一般短大(2・3年制)を卒業している場合
2年制なら2年、3年制なら1年の相談援助実務を経験し、一般養成施設に1年以上通学すると国家試験の受験資格を得られます。
高校を卒業している場合
福祉系大学へ進学するか、相談援助実務を4年経験・一般養成施設に1年以上通学すると国家試験の受験資格を得られます。
福祉系短大(2・3年制)を卒業している場合
2年制なら2年、3年制なら1年の相談援助実務を経験すると国家試験の受験資格を得られます。
■相談援助実務を経験するには
相談援助実務は、精神科病院や社会復帰施設などで勤務しなければなりません。現在そういった仕事に就いていない場合は、卒業と同時に受験資格を得られる福祉系大学への入学・編入学を考えるのが現実的です。

経済的な問題や学習時間が取れないという難点もありますが、そういった人にこそ通信制大学がおすすめです。学費が昼間課程より安く、最終学歴も大卒になります。メリットは大きいでしょう。



精神保健福祉士の国家試験

精神保健福祉士の国家試験は例年2月に実施されます。毎年約7000人が受験しており、合格後は資格登録申請を行うことで晴れて『精神保健福祉士』を名乗れるようになります。

試験は年に1回しか行われません。十分な対策をしたうえで万全の状態で臨みましょう!

国家試験の概要(2018年度データ)

試験日 平成31年2月2日(土)及び3日(日)
試験地 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県
試験科目 (1)人体の構造と機能及び疾病
(2)心理学理論と心理的支援
(3)社会理論と社会システム
(4)現代社会と福祉
(5)地域福祉の理論と方法
(6)社会保障
(7)低所得者に対する支援と生活保護制度
(8)福祉行財政と福祉計画
(9)保健医療サービス
(10)権利擁護と成年後見制度
(11)障害者に対する支援と障害者自立支援制度
(12)精神疾患とその治療
(13)精神保健の課題と支援
(14)精神保健福祉相談援助の基盤
(15)精神保健福祉の理論と相談援助の展開
(16)精神保健福祉に関する制度とサービス
(17)精神障害者の生活支援システム
受験資格 精神保健福祉法第7条に規定する者
受付期間 平成30年9月6日(木)~10月5日(金)
受験手数料 精神保健福祉士のみ受験…17,610円
社会福祉士の同時受験 …14,160円
共通科目免除による受験…14,080円
合格発表 平成31年3月15日(金)午後~
試験科目 (1)人体の構造と機能及び疾病
(2)心理学理論と心理的支援
(3)社会理論と社会システム
(4)現代社会と福祉
(5)地域福祉の理論と方法
(6)社会保障
(7)低所得者に対する支援と生活保護制度
(8)福祉行財政と福祉計画
(9)保健医療サービス
(10)権利擁護と成年後見制度
(11)障害者に対する支援と障害者自立支援制度
(12)精神疾患とその治療
(13)精神保健の課題と支援
(14)精神保健福祉相談援助の基盤
(15)精神保健福祉の理論と相談援助の展開
(16)精神保健福祉に関する制度とサービス
(17)精神障害者の生活支援システム
試験科目のうち(1)~(11)は社会福祉士との共通科目。社会福祉士である人は共通科目分が免除となります。

出題は選択問題で、すべて筆記試験。5肢択一がベースですが5肢択二問題もいくつか含まれます。出題数は全163問で、総試験時間は二日間で275分に及びます。試験範囲は広く長丁場になります。

独学でも挑戦可能!

受験資格さえ満たしていれば、精神保健福祉士は独学でも挑戦することができます。すでに必要な課程や実務経験を身に付けているはずなので、充分に対策すれば独学でも合格は十分可能!

ただ学習スケジュールや教材選び、試験対策などすべて自分で決めることになります。試験は年一回しかないので、綿密に計画を立て、過去問を繰り返しこなして準備が整った段階での挑戦がおすすめです。

精神保健福祉士の合格率推移

過去5年間の精神保健福祉士国家試験の合格率推移は以下のとおり。
第20回(平成30年2月実施)
62.9%(受験者6992人・合格者4399人)
第19回(平成29年2月実施) 62.0%(受験者7174人・合格者4446人)
第18回(平成28年2月実施) 61.6%(受験者7173人・合格者4417人)
第17回(平成27年2月実施) 61.3%(受験者7183人・合格者4402人)
第16回(平成26年2月実施) 58.3%(受験者7119人・合格者4149人)
第18回(平成28年2月実施) 61.6%(受験者7173人・合格者4417人)
例年、約60%前後と合格率は高めで推移しています。国家資格としては難しい部類ではありません。また通信制大学や福祉系大学履修者は、これよりさらに高い合格率で試験をパスしている例もあります。

■試験の合格ライン
満点の6割が基準となり、その年の難易度に応じて若干の変動があります。出題総数が163問なので6割をそのまま当てはめると98点ですが、過去5年の合格ラインは81~93点とかなりバラつきがあります。

難易度は高くない!
目指すは『一発合格』

受験資格を得るまでが一苦労の精神保健福祉士ですが、いざ試験に挑戦する頃には十分な知識が身に付いています。毎年4000人以上の合格者が出ていることからも、難易度はそこまで高くありません!

ただ出題数が163問と非常に多いので、試験は時間との戦い。迷いが生まれないよう、広い試験範囲をカバーする必要があります。

  • 苦手分野を作らないこと
  • 丸暗記にせず、意味まで理解すること
  • 過去問をたくさん解くこと
  • 試験の時間配分に慣れておくこと

がポイントです。わらかない問題は一旦飛ばす勇気も必要でしょう。

目指すは国家試験の一発合格!試験は年に一度しかありません。限られた時間を有効活用して、合格を掴み取ってください!



全国の主な通信制大学

北海道・東北

  • 星槎道都大学(北海道北広島市)
  • 東北福祉大学(宮城県仙台市)

関東・首都圏

  • 東京通信大学(東京都新宿区)
  • 東京福祉大学(東京都豊島区)
  • 日本社会事業大学(東京都清瀬市)
  • 聖徳大学(千葉県松戸市)

中部

  • 日本福祉大学(愛知県知多郡美浜町)
  • 中部学院大学(岐阜県関市・各務原市)

関西

  • 佛教大学(京都市北区)
※通信講座の価格は2019年3月現在のものです。最新の料金は各大学の資料請求にてご確認ください。
※当サイトでご紹介した通信制大学は以下の地域で全国対応していますが、一部地域で未対応の場合もあります。またスクーリング課程もあります。詳細は資料請求にてご確認ください。

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県