西武台高校の育成力がスゴイ

【西武台高校の人間育成プログラム】
高校生にとっての3年間というのは非常に大きな意味を持つ時期。
これからの進学も、自分の考え方、生き方すらはっきり意識し始めます。

この時期こそ人間的な成長を図れる唯一のチャンスと考える西武台高校。
その意識の高さに驚かされたので、ちょっとまとめてみました。

部活にも進学にも強い西武台高校のここがスゴイと感じた「人生育成プログラム」を
紹介いたします!

  • 異文化体験ステイ
  • 福祉体験学習
  • 社会奉仕活動
  • 平和学習(修学旅行)
  • 特進企画

西武台高校の異文化体験ステイ

毎年、夏季休暇中に2週間という短い間ではありますが、希望者のみを対象にオーストラリアに向かいます。

ホームステイしながら現地高校に通うのですが、英語が話せなかったからこそ得るものもありますし、
話せても異文化を体験するにはこの異文化体験ステイを体験してみる価値は十分にあると思います。

HPにはこう書いてあります。

”初めからたやすく意思の疎通ができるわけありません。もがきながら相互の考えや文化を理解しようとすることこそなによりのの何よりの研究になるはずです。”

福祉体験学習

これからますます進んでいく少子高齢化社会。
この時代を生き抜く術を福祉体験学習から西武台高校の生徒さんは学んでいます!

福祉への関心を高めるためにビデオ学習・福祉講演会・体験学習などを通じて、福祉・ボランティアについて基本的な知識を養います。

社会奉仕活動

最近薄れてきた社会奉仕という意識。
しかし、この意識は絶対に薄れてはいけないと西武台高校は考えます。

有志以来「クリーン大作戦」と呼ばれる清掃活動を毎年行っています。

平和学習(修学旅行)

2年次の6月に平和学習として沖縄に行きます。
日本で唯一の地上戦が行われた沖縄県をめぐって平和とは何か、戦争の悲惨さは?

と、平和について考える良い機会。

特進企画

西武台高校には特進Sコースという学習コースが用意されていますが、これは特進Sコースだけに用意された企画。

個人で考えたことを発表する「プライベート・オピニオン」という授業では
プレゼンテーション能力の向上にもなりますし、「卒業生講演」と呼ばれる授業では充実した高校生活を送るにはどうしたら良いか?を在校生にスピーチします。