加納健詞×宮川智之
KENプロデュース代表加納健詞とミュージカルを中心に活動する宮川智之がタッグを組んだ演劇プロデュースデュオ!

旗揚げ公演はKENプロデュースの代表作池袋演劇祭優秀賞受賞作品「チューボー」をリメイク!
新たに劇中に楽曲を加えミュージカル仕立てでお送りするSECONDHOUSE渾身のヒューマンコメディ問題作!
脚本・演出 加納健詞。作詞・主演宮川智之

無事終演致しました。
ご観劇誠に有難う御座いました。



作・演出 加納 健詞 
kenji kano

1978年生まれ 愛知県出身 

日本大学芸術学部演劇学科卒大学で、演技、演劇教育、ドラマセラピーなどを学び、在学中に自身のユニット「KENプロデュース」を設立、ワークショップ、舞台公演を定期的に行い、現在は芸能プロダクションとなる。
ここ数年は積極的に、カンパニー内外の作品作りを進め、演劇賞を数多く受賞。
複数の芸能プロダクションの演技講師も勤める。
 日本・ベトナム文化交流イベント『バンソン イン トウキョウ』日本ショー演出,
『ジャンプ~赤井英和物語』@名古屋中電ホール 作・演出,氏神一番、“1824”』@彩の国さいたま芸術劇場大ホール 作・演出,『ASU』 @コア池袋にて上演, 『GUNS-All or Nothing-』@シアターグリーン演出,『真里亜〜その愛の果てに〜』@シアターグリーン演出,『海冥の城 白の姫君』@北沢タウンホール 作・演出、『白と黒とその泡と』作・演出☆池袋演劇祭・豊島観光協会賞 受賞、☆ルナティックシアター演劇祭 審査員特別賞 受賞、『なつきとオバケくぬぎ』@アイピット目白 作・演出 ☆池袋演劇祭 池袋大明賞 受賞、 『チューボー』作・演出 ☆池袋演劇祭 優秀賞 受賞、
 『学生服を脱がさないで』作・演出 ☆TONOGEKI演劇祭 審査員特別賞 受賞、
『うどん』作・演出 ☆シアターシャイン奨励賞 受賞、

現在、年6、7本のペースで舞台演出を行う。

主演・作詞 宮川 智之 
tomoyuki miyakawa

㈱町田英子事務所所属。北海道出身182cm74kg

主な出演作:オペラ「椿姫」、日劇「ビギン・ザ・ビギン」、「GUNS-All or Nothing-」(シアターグリーンホール)、「赤毛のアン」(国際フォーラム)、「SHINKA~心華~episode2」主役(シアターグリーンホール)、「晩秋」(明治座)、「御国歌舞妓」(赤坂ACTホール、大阪サンケイホールブリーゼほか)、「ジンギスカン~わが剣よ、熱砂を染めよ」~カッサル役(渋谷文化総合センター大和田))、ミュージカル「ひめゆり」(シアタ-1010)、 ミュージカル「マリオネット」モーリス役 (六行会ホール)、 ミュージカル「日本昔ばなし」巴之吉役 (三越劇場)、朗読劇「レディー・マドンナ」二階堂隆一役 (めぐろパーシモンホール)、「殺しのリハーサル2」ロイド役 (中目黒キンケロシアター)、「石川五右衛門」2代目石川五右衛門役 主役 (品川区スクエア荏原)、大人計画「キレイ」(Bunnkamuraシアターコクーン)、「CHUJI」七兵ヱ役 (築地ブディストホール)、「夢から醒めた夢」部長役 (自由劇場)、「思い出を売る男」黒マスクのジョオ役 (自由劇場)、この生命誰のもの「森山弁護士役」(自由劇場)、ミュージカル「孫悟空」牛魔王役(三越劇場)、「李香蘭」関東軍少佐役 (自由劇場) 、ミュージカル「アルプスの少女」アルム役 (三越劇場他地方公演)ミュージカル「ふしぎ遊戯~蒼の章」尾宿役(全労災スペースゼロ)他多数出演

2019年「ラ・マンチャの男」出演予定(帝国劇場他地方公演)