なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

SEのキャリア

成長が著しいIT業界
システム開発をするシステムエンジニアにとって最良のキャリアとは

SEが転職する上で必要なもの

SE(システムエンジニア)というのはSEならではの特殊なスキルを必要とする職業でもありつつ、
様々なフィールドや特色がある幅広いジャンルを有する職業です。

そのためシステムエンジニアをやっていた人間が違う分野のSEに転職をするということも多くあります。

そんな転職をするうえでどのような資格を持っていると
有利なのかシステムエンジニアの皆さんも気になるところだと思います。

今回は転職有利な資格はどんなものがあるのかに焦点をあててご紹介していきたいと思います。

SEが転職で役立つ「情報処理技術者」の資格

この情報処理技術者の資格は技術者の方なら誰でも一度は耳にしたことがあるかもしれませんが
この資格はぜひとも持っておきたい資格のうちの一つです。

情報処理技術者の資格はIT関係の技術者の人が必要とする知識や技術力を測る国家試験ですので、
転職の面接の際などには説得性の高い資格として知られています。

情報処理技術者の資格はレベル1~4の段階で設定されています。
Level
1
情報処理技術者試験のレベル1に関してはかなり初歩的な要素しか試験に出されませんので
持っていてもあまり転職には役立たないと言えます。
全くITに関係のない人が持っておくと役立つかもしれないオマケ的なものなので、
SEの人に関しては有利に働くことはありませんね。
Level
2
レベル2はレベル1に比べるとハードルが結構あがります。
プログラミングの基礎知識などしっかりと問われる試験となります。
よくSE業界では3年目までに取っておけなんて言われるようです。
このレベル2に関しては少なくとも確実に持っておいた方がいいと言えるでしょう。
Level
3
レベル3になってくると「応用情報技術者試験」とも呼ばれておりかなりレベルがアップしてきます。
この資格を持っていればSEやプログラマーとしての実力があることを
しっかりと証明することができるでしょう。
有利に転職を運ぶためにはできれば持っておきたい資格ですね。
Level
4
レベル4に関して言えばかなり難易度が高いと言われており、更に専門分野別で試験が分かれています。
プロダクトマネージャー試験」「ネットワークスペシャリスト
システムアーキテクト」「情報セキュリティスペシャリスト」など
それぞれの分野で試験がありますので、自分が転職をするうえでどの分野に進みたいかによって選んで受けるのが良いでしょう。
Level
2
レベル2はレベル1に比べるとハードルが結構あがります。
プログラミングの基礎知識などしっかりと問われる試験となります。
よくSE業界では3年目までに取っておけなんて言われるようです。
このレベル2に関しては少なくとも確実に持っておいた方がいいと言えるでしょう。

資格をとれば転職できるという訳じゃない

SEの転職において資格を持っているということは確かに有利に働くのですが、
資格だけを持っていても受かるというわけではありません。

SEの転職試験などで求められている部分の一つには人間性コミュニケーション能力などといった、
技術面だけじゃない部分も多く求められているという話が良くあります。

実際、資格を持っているものの働けないプログラマーやシステムエンジニアはたくさんいるもので
そういう人は結果的に会社内で良くないポジションに追いやられてしまうこともあるんです。

技術面の能力だけではなく、顧客の立場になっていかに考えていくことができるか、
チームを円滑に回すためにはどのような行動や気持ちを持っていることが大切なのかなど、
機械に対しても人に対しても真摯に向き合う姿勢がSEの転職には求められることになりますので
資格を取るとともに人間的な部分もしっかりと磨いておくといいかもしれません。

転職はくじけない人間が勝ちます

SEの転職は数多く行われていることから、
企業側もそれなりに目が肥えてしまっていることもあると思います。

いくら資格を持っていたからといって入れないこともあるかもしれません。
でもまずは資格を取って盤石を固めていきましょう。

もし仮に入りたい会社に落ちてしまっても
諦めずにポジティブにやっていけば最終的にはいい会社に入れるかもしれません。

ここでネガティブになってしまっては入れるものも入れません。
くじけずに自分のやれることをやって転職活動を始めましょう!

独立か転職かSEのキャリアプラン

プログラマーとしての経験を積んでシステムエンジニアになるという節目を迎えると、
自然と将来のキャリアについて意識してしまうもの。

とはいえ、考えていても具体的にどうすればいいのか見えてこないということは少なくありません。
この会社にいるべきなのか、転職すべきか、それとも独立…?

他ならぬ自分の将来というものはこれ以上ないほど重要なことなので、悩むなという方が無理というもの。
そこで、悩みを解決するための糸口として、どのようなキャリアプランがあるのか整理してみよう。

さまざまなキャリアプラン


プログラマー
システムエンジニア
プロジェクトマネージャー

システムエンジニア

ITコンサルタント

システムエンジニア

社内システムエンジニア

システムエンジニア

システムエンジニア/プログラマー

システムエンジニア

システムエンジニア/プログラマー

・プログラマー→システムエンジニア→プロジェクトマネージャー

世の中で一般的とされているキャリアプランが
「プログラマー→システムエンジニア→プロジェクトマネージャー」という流れです。

プログラマーから始まってプログラム言語の深い知識を得、システムエンジニアになるプラン。
クライアントの要望を聞きつつシステムを設計、実装を担当するプログラマー達をまとめて
制作進行管理を行う……といった業務の中で、
人員の選定やクライアントとの折衝、要件定義や納期、コストに関する知識を深めていき、
最終的にはプロジェクトを取り仕切るプロジェクトマネージャーになるという流れになっています。

一言で言えば、具体的な実装を行う役割から、より上流を管理する役割へと移っていくわけです。

このキャリアプランからすると、システムエンジニアの将来の道としては、
差し当たり今の会社でプロジェクトマネージャーを目指し、その上でそのまま働き続けるか、
転職するか、独立するかといった選択肢を検討するという道が考えられる。

しかし、中には「このままシステムエンジニア職を続けたい」
「いや、むしろプログラマーとしてバリバリコードを書きたい」という人だっていることだろう。

また、それ以外の道を模索したいという人だっているはず。
そこで、プロジェクトマネージャ以外のキャリアプランも見てみよう。

・システムエンジニア→ITコンサルタント

ITシステムに関する提案を行って、経営を改善する職業がITコンサルタントです。

プロジェクトをマネージメントして成功に導くことよりも、経営それ自体に興味があり、
様々なビジネスの知識を吸収・分析するのが好きという人に向いた職業といえます。

プロジェクトマネージャーよりもさらに上流工程を担う職業であるためコーディングスキルは必要ないが
その代わりITに関する深い専門知識と、経営・ビジネスに関する知識が必要です。

そして経営者に提案するための高いコミュニケーション能力が必要となります。

・システムエンジニア→社内システムエンジニア

社内システムの企画・設計・開発・運用を担当するシステムエンジニアが、社内システムエンジニアだ。

どのようなシステムがあれば業務改善できるかを考えて企画・設計し、
開発にあたっては外部の開発チームを管理することもある。

プロジェクトマネージャーとしてのスキルに加えて、
業務をどう改善するかという事業企画者の素養が必要になる。

・システムエンジニア→システムエンジニア/プログラマー

職人的にシステムエンジニアプログラマーを続けていく道もある。

プログラム言語や新しい技術が好きで、ずっと技術に携わっていたいという人は
プロジェクトマネージャーにならず、システムエンジニアやプログラマーの職業を継続した方が
結果的に満足度が高いはずだ。

ただし独立してしまうと結局、経営スキルが必要となってしまう点に注意
ずっと技術に携わっていたいという場合、
今の会社のままシステムエンジニア/プログラマーを継続するか、
或いは継続できる企業に転職する必要がある。

「自分が何をしたいか」からキャリアプランを絞り込もう

以上のように様々なキャリアプランがあります。
これだけあるとプランが絞り込めずより悩みが深くなってしまうかもしれない。

しかし「自分が何をしたいか」という点から考えると、
自然とキャリアプランも絞れるはずです。

マネージメントを志向しているなら、プロジェクトマネージャーを目指した方が
いいだろうし、ずっとコーディングや技術に携わりたいなら
システムエンジニア/プログラマーを目指した方がいい。

「自分が何をしたいか」を考え、そのキャリアプランが自分の今いる会社で
実現できるかどうかを考えれば、そのまま今の会社にいるべきか、
転職を検討すべきかという課題に行きつくはずです。

なお、理想のキャリアプランのために独立するという道もあるが、
独立してフリーになると、個人事業主として営業して案件を取ってきて
経営を回す必要がある。
人脈が豊富なら独立後の案件に困らないだろうが、
そうでない場合、独立後窮地に陥る場合もある。

最終的に独立を目指しているとしても、
人脈を増やしたり幅広い業界知識を手に入れるため
一旦は転職を経験するというのも一つの手段だということを覚えておこう。

見出しSEが転職したいと考える理由は?

SE職に就いているみなさん、転職しようと思った事は無いですか?

考えたことがある、という方はどのような理由で考え始めたのでしょう。
今回は、SEが仕事を変えようと思ったわけを中心に、志望動機のポイントをご紹介いたします。

SEが転職を考える時はいつか

激務で薄給というイメージがあるSEですが、転職を考えた理由にも反映されており
全くのイメージ先行だとは言い切れないのかもしれません。
評価が上がらない
業務における評価を表現するのは難しい部分かもしれませんが、賃金やポジションなどでその人の評価を表すのが一般的です。

規模の大きなシステムや、優秀なシステムを作って顧客に満足してもらったりしても、立場が変わらず評価されていないと感じる方は多いようです。
会社の将来に不安がある
前年比の業績が落ちていたり、何年間も右肩下がりであったりすると「本当に自分の会社は大丈夫だろうか」と心配になってしまうものです。

また、自分たちの給与があがっていないのに、役員や社長が旅行やゴルフ三昧だという姿を見てしまった時にも
同じように不安になってしまうのではないでしょうか。
勤務時間が長すぎる
個人の感覚にもよるところだとは思いますが毎日家に帰ると日付が変わってしまっているとか
そもそも家に帰れないとなると、勤務時間が長過ぎます。
長期にわたって続くようなら健康被害が出る可能性もありますので
出来る限り早めに次の職を探すべきでしょう。
人間関係で困っている
会社は何人もの人があつまってひとつの組織を形成しているわけですから当然色々な人がいます。

全員を好きになることができる事が一番だとは思いますが、中には苦手な人というのもいるかもしれません。
パワハラ、モラハラといったハラスメント行為も問題になっています。
希望の業務ができない
どれだけ「やりたい」と提案していても、企業の体勢や上司によってはやりたい仕事をさせてもらえない場合があります。
大してやりたくもない仕事ばかりをするのは非常にストレスなので、仕事を変えようと思うのも仕方ないことかもしれません。
会社の将来に不安がある
前年比の業績が落ちていたり、何年間も右肩下がりであったりすると「本当に自分の会社は大丈夫だろうか」と心配になってしまうものです。

また、自分たちの給与があがっていないのに、役員や社長が旅行やゴルフ三昧だという姿を見てしまった時にも
同じように不安になってしまうのではないでしょうか。

仕事を変える「理由」の伝え方

上記のような理由で転職を考えるということは決して珍しいことではなく
多かれ少なかれみんな抱えている命題ではないでしょうか。

しかし、いざ企業に履歴書を提出するときにこのまま書いてしまってはNGです。

さらに「転職である」となれば、自分のスキルアップキャリアプラン
企業への利益などを考えて志望動機を用意しましょう。

例えば「評価があがらない」であれば、逆転の発想で
「御社であれば実績が評価に結びつく土壌作りができている」というように、
マイナスな部分をプラスに変換してアピールすることが、
より良い環境でSEという仕事をするために重要な点です。