シームレスダウンのクリーニングは事故率高い?おすすめ店の料金相場はいくら?

皆さんはシームレスダウンと呼ばれるダウンジャケットをご存じでしょうか。

シームレスダウンは数年前に登場したダウンジャケットの仲間で、キルティング部分に縫い目がなくて、まるでテープで貼ったような作りが特徴的です。

国内では水沢ダウンやユニクロの商品が代表的で、いずれも水の侵入や羽の抜けが少なくバツグンの保温性があります。

高機能なシームレスダウンは主にクリーニングで汚れを落とすのですが、意外にも事故率が高く、特にシームレスダウンの知識がないクリーニング店だと失敗するケースが目立ちます。

料金が安いからといって安易にオーダーすることは避ける方が良いのですが、では、どんなクリーニング店に出したら良いのでしょうか。

この記事では、シームレスダウンに適したクリーニング方式と、おすすめのクリーニング店、料金相場についてご紹介していきます。

シームレスダウンのクリーニングは事故が多い?

シームレスダウンとは?
シームレスダウンは、ダウンジャケット特有のキルティングにある縫い目部分に、樹脂による圧着加工を行って、限りなく縫い目を減らしたことが特徴のダウンジャケットです。

「ノーステッチ加工」や「シームレス加工」」などと呼ばれることもあり、新しい技術を駆使したダウンジャケットとしても知られています。

限りなく縫い目を減らしたことにより、バツグンの暖かさ・撥水性・防風・軽量化を実現、ダウンジャケットとして高い機能性を誇っています。
クリーニングのトラブル多発…その理由は?
シームレスダウンは通常のダウンジャケットと違って、圧着部分にポリウレタン樹脂が使用されています。

ポリウレタン樹脂はそもそもドライクリーニングができない素材のため、ウェットクリーニングか手洗いが原則の素材です。

シームレスダウンに、ドライクリーニングができない素材が含まれることを知らないクリーニング店に出してしまうと、圧着部分が剥がれるなどのトラブルを起こしてしまいます。

数年前に登場したシームレスダウンは一部ではとても人気があるものの、まだまだその特性を知らないクリーニング店も多いです。

そのため、運悪くシームレスダウンの知識がないクリーニング店を利用した場合は、クリーニングに失敗することが多く、そのシームレスダウンは以前のように着ることができないケースもあるのです。

クリーニングに出すときは、万が一のトラブルの際には賠償してもらえるのかなど調べておくと良いでしょう。

参考:シームレスダウンの注意点

シームレスダウンはウェットクリーニングが安心安全!

シームレスダウンのお手入れは、ウェットクリーニングを利用すると安心です。ユニクロの公式サイトでもウェットクリーニングを推奨しています。

ウェットクリーニングが可能なクリーニング店でも、シームレスダウンの取り扱いがあるところや、高級ダウンの取り扱いがあるお店だとより安心安全ですね。

シームレスダウンをクリーニングに出すときは、事前にウェットクリーニングに対応しているか確認するようにしましょう。

参考URL:https://faq.uniqlo.com/articles/FAQ/100005772

シームレスダウンのクリーニング料金相場は?

クリーニング店 クリーニング料金や送料
キレイナ 7,000円+送料
(合計金額7,000円以上で片道送料無料、12,000円以上で往復送料無料、レザーや天然ファー付きの製品は追加料金あり)
プラスキューブ 1,300円~(キューブセレクト20点パック1点あたり)+送料無料
ワードローブトリートメント 9,130円(ダウンジャケット)+送料無料
ラクリ 940円(20点コース1点あたり)+送料無料
白洋舎 4,200円+送料
ワードローブトリートメント 9,130円(ダウンジャケット)+送料無料

シームレスダウンを出すクリーニング店選びのポイント

シームレスダウンを出すなら、信頼できるクリーニング店に出したいですよね。そのためには良いクリーニング店を選ぶことが重要です。

ここでは、シームレスダウンを出すクリーニング店を選ぶポイントをご紹介します。
ウェットクリーニングか
シームレスダウンのクリーニングは、圧着部分に使用しているポリウレタン樹脂の関係から、ウェットクリーニング(または手洗い)でなければなりません。

そのため、ウェットクリーニングが可能なクリーニング店を選ぶようにしましょう。

もしも、ウェットクリーニングができるかわからないときは、出す前に確認してくださいね。

普段から利用しているクリーニング店なら大丈夫! と思っていても、いざ聞いてみたら対応していないこともあるので必ず確認するようにしましょう。
ブランドダウンの実績は豊富か
シームレスダウンで有名な水沢ダウンは、高級ダウンと言われているブランドダウンです。

クリーニングをオーダーするなら、初めてシームレスダウンを扱うお店よりも、ブランドダウンの取り扱い実績が豊富なお店の方が安心ですよね。

シームレスダウンを出そうと思っているクリーニング店があるなら、ウェットクリーニングの可否を確認するときに、ブランドダウンのクリーニング経験も一緒に聞くようにしてください。

聞きにくいときは、インターネットで検索して調べることもできますよ。なるべくブランドダウンの経験が豊富なクリーニング店にオーダーすることをおすすめします。
個別洗いか
クリーニングには、衣類を洗うときに大型の洗濯機で洗う方法と、1着ずつ個別洗いする方法があります。

チェーン店などでは大型の洗濯機で他人の衣類と一緒にまとめて洗うケースがありますが、シームレスダウンの場合は個別洗いが理想的です。

シームレスダウンは繊細な部分もあるため、いくらウェットクリーニングに対応しているとしても、まとめて洗っているクリーニング店は避ける方が良いでしょう。

ですが、どうやって個別洗いかどうかをチェックしたら良いのでしょうか。

近年では個別洗いを希望する方が増えていて、個別洗いをしている店では店頭やお店の公式サイトなどに明記していることが多くなっています。

また、店側に確認を取ってもタブーな事柄ではないので、わからないときは店頭でスタッフに確認を取ってもOKです。

個別洗いは、他人の臭いや汚れにまみれることがないので、衛生面でも安心できますね。

シームレスダウンクリーニングのおすすめ店はここ!

最高級クリーニングなら「ワードローブトリートメント」

ワードローブトリートメントは、1着ずつ丁寧に一客洗いをするクリーニングで、80年以上の歴史を持つスタジオで洗っています。

洗うだけではなく衣類の修復やシミ抜き、最長7ヶ月の1シーズン保管などにも対応しています。

洗い方式: ウェットクリーニング
料金: 5,390円~
無料サービス: 一般的なシミ抜き、
納期目安:見積り了承日から約2~3週間

安いクリーニングなら「ラクリ」

ラクリはパック制でさまざまな衣類に対応できることが特徴のクリーニングです。高級ブランド品でも業界最安の料金で利用できます。

送料は無料、追加料金なしのため、単価が高い衣類をまとめてオーダーするとよりお得になります。

詰め放題の定期便もあるので、頻繁にクリーニングを利用する方はこちらがおすすめです。

洗い方式: ウェットクリーニング
料金:5点7,480円~(保管なし)
無料サービス: ロイヤル仕上げ、最大10か月保管、付属品、シミ抜き、ボタン修理、毛玉取り、再仕上げ
納期目安:衣類発送日より最短10日

高品質のクリーニングなら「キレイナ」

キレイなは単品でオーダーできるクリーニングで、絶対に失敗されたくないような大切な衣類も丁寧に仕上げてもらうことができます。

特殊素材や高級ブランドのクリーニング経験も豊富なので、他店で断られた衣類も相談・オーダー可能なケースがあります。

シームレスダウンのクリーニングにも期待できますね。

洗い方式: ウェットクリーニング
料金: 7,700円+送料
無料サービス: なし
納期目安:見積り承諾後、約1~2週間

シームレスダウンは自宅で洗濯できるがおすすめしない

シームレスダウンは洗濯絵表示が「ご家庭での水洗い可」の場合、自宅で洗濯することができます。

参照:ダウンジャケットのキレイを保つ、本格お手入れ方法
Step.1
洗い桶やたらいなどに中性洗剤を溶かした水を用意して、シームレスダウンを入れて優しく惜し洗いをします。
Step.2
きれいな水で2~3回すすぎ、洗剤が残らないようにしっかりすすぎます。
Step.3
襟元や袖口などの汚れがひどい部分は、スポンジや布などに洗剤を付けて軽くたたくように洗うと効果的です。
Step.4
脱水は洗い桶やたらいなどにシームレスダウンを押し付けて水気を切り、バスタオルで包んでさらに水分を取り除きます。ダウンを途中で裏返しにするとより排水しやすくなります。
Step.5
水気を取った後は中綿が偏っていることがあるので、乾く前に優しくもみほぐして均等にします。
Step.6
干すときは、日陰でつり干しにします。水気が残っていると臭いの原因になるため、しっかりと乾燥させましょう。
Step.2
きれいな水で2~3回すすぎ、洗剤が残らないようにしっかりすすぎます。
シームレスダウンはこのように自宅でも洗うことができますが、洗剤や水分の残留があった場合はすべて自己責任となります。

失敗したあとからクリーニングに出しても、購入したときの状態に戻るとは限らないため、自宅で洗う方法はおすすめできません。

信頼できるクリーニング店で洗ってもらう方が良いでしょう。

まとめ

シームレスダウンは、一般的なダウンジャケットよりも洗練された印象を持ち、デザイン性にも優れているものが豊富です。

ですが、クリーニングに出すときは必ずウェットクリーニングでオーダーすることが肝心です。

数年前から人気に火が付いたシームレスダウンだけに、まだシームレスダウンに関する知識や経験がないクリーニング店も多いため、事前にオーダー可能かどうかを見極めなくてはなりません。

ブランドダウンの経験が豊富なクリーニング店だと、特殊なダウンジャケットの取り扱いにも知見が広いため、一般的なクリーニング店より安心してオーダーすることができますね。

シームレスダウンを出すときはお店の経験値にも注目して、信頼できるクリーニング店を選ぶようにしましょう。

シームレスダウンの中には自宅で洗濯可能な製品もありますが、万が一のトラブルの際にはすべて自己責任となるため、お手入れ方法としてはおすすめできません。

お気に入りの1着を長く愛用するためにも、信頼できるクリーニング店にオーダーするようにしてください。

気になるクリーニング店が見つかった方は、さっそく問い合わせてみてはいかがでしょうか。