2030年の未来を考える
SDGs体感ワークショップ

2019年1月24日(木) 
【開始時間】14:00 〜17:30(13:30開場)
【場所】 シンガポールクラークキー


【主催】 Sparkle Journey 
    (一社)グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)
【後援】 日本貿易振興機構(JETRO)シンガポール事務所
参加費
150ドル

SDGs体感ワークショップとは?

SDGs体感ワークショップは、
(一社)イマココラボが開発したカードゲーム「2030SDGs」をツールに
持続可能な未来を体感・対話し深めていくワークショップです。


2017年は、1万5千人超が、
2018年は公認ファシリテーターが日本全国で実施し、3~4万人が参加しています。
企業の役員研修や全社員研修、ビジネスパーソンの自主的企画として実施されたり、
省庁や自治体、学校でも積極的に実施されています。

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、
2015年9月に国連の持続可能な開発サミットで全会一致で採択され、
17の大きな目標と、それを達成するための169のターゲットで構成されています。


本ワークショップでは、「2030SDGs」カードゲームを通して、

「SDGsとは何か、なぜ私たちの世界に必要なのか」
「世界は2030年に向けてどう動いていくのか」
「自分はどんな2030年を創りたいのか」
それらを体験的に考え、対話し、落とし込んでいきます。

参加者全員が現実世界に即したプロジェクトに取り組むにつれて、
2030年の世界が現れていくという流れでゲームは進んでいきます。
ゲームに熱中しながらSDGsを体感し、世界に目を向けてしっかり振り返るため、
SDGsに馴染みがない方でも楽しみながらSDGsの本質を考え、理解することができます。

経団連がSDGs達成に向けて、7年ぶりに憲章を改定するなど、

ビジネスに直結しているSDGs。

日本企業大手の経営陣にも、グローバルな場でも本ワークショップを多数実施してきた
ファシリテータ2名によるシンガポールでは初開催となる大変貴重なワークショップです。


こんな方はいませんか?

  • SDGs(持続可能な開発目標)は何か分からないけど、興味がある
  • よりグローバルに活躍したい
  • 企業としてSDGsにどのように取り組めば良いかかわからない
  • SDGsに企業発展のKeyがあるような気がする
  • SDGsに貢献したい
  • SDGsをキーワードにつながるコミュニティに興味がある
  • SDGsをキーワードにつながるコミュニティに興味がある

そんな方の疑問を解決します!

本ワークショップでは集中的に楽しくSDGs(持続可能な開発目標)について理解を深めてもらうため、
SDGsについての説明のみならず、カードゲームを通して、SDGsの世界観を体験していただきます。

ゲーム実施後は、振り返りの時間を通して、
体験をどのように自分自身に落とし込むことができるのかを考える時間を持ちます。
それが、今後の企業経営や個人の仕事にいかすことにつながることを期待して実施します。

グローバルに活躍してきた講師とともに、
すぐに実践可能な行動目標などを見つけ、ここから新たな一歩を踏み出しましょう。

こんな方が対象です

  • 「SDGs」を初めて聞いた方
  • 「SDGs」は聞いたことがあるが、良く分からない方
  • 「SDGs」をより理解したい方
  • SDGsに取り組みたいが、どうしたら良いかわからない方
  • SDGsは知っているが、2030年の世界を体感したい方
  • SDGsに取り組みたいが、どうしたら良いかわからない方

未来を目指して

国連でSDGsが採択され、2030年の達成へ向け、
全世界的にSDGsへの取組が盛んになっています。
そんな中、SDGs達成へ向けUNDPとJETROがシンガポールでMOUを締結し、
ASEANスマートシティ化に向け、日系企業が担う役割はますます拡大し、
その期待も大きいといえます。


2030SDGsカードゲームは、
「SDGsとは何か、なぜ私たちの世界に必要なのか」
「世界は2030年に向けてどう動いていくのか」
「自分はどんな2030年を創りたいのか」
といった持続可能な世界観を体験的に考え、対話することで、
自分の中に落とし込むことができるツールです。

経済、環境、世界のつながりの中で、世界的な課題にどのような貢献ができるのか。

社会的課題をビジネスからどのように変革することができるのか。
意識・行動変容を促し、ビジネスイノベーションを創出する力につなげていただきたい。

日本、しいては日系企業が今後もASEAN諸国をリードする存在であって欲しいと願うのです。

参加者の声

  • 「グローバル且つローカルな視点で楽しさや気楽さも大切にしながら、世界が繋がっていて有限であることを実感できた!」

  • 「『世界の未来は私たちが作る』ということを実感できる機会だと思う。本当に世界を変えていけるように感じた。」 (大学生)

  • 「SDGsは今まで難しいこと、えらい大人たちが話し合っている問題で、自分はあまり力になれないのではないかと思っていた。けれど、自分でもSDGsに参加できる、世界の貧困や環境問題について協力できると知って嬉しかった。」(高校生)

  • 「個人の目標と、全体目標のバランスをどう捉えるか。この時代は一つの目標達成に固執することが、他の目標達成の障害にもなる。この時代に、全体との繋がりと価値をどう子どもたちに伝えていけば良いのか、改めて考えさせられた。」

  • 「従来はSDGsの個別の課題それぞれにフォーカスしがちな自分がいた。ゲームをやってみて経済、環境、社会のつながりという全体像を感じられたことが一番大きな収穫。自社内でもやってみたい。またいろんな会社のトップ、経営層に近い人にもぜひやってもらいたい」

  • 「自分にはあまり関係ない話だと思っていたら、ビジネスにも大きな変化が来ているという話で自分たち自身が考えて行かなければならない逃げられないテーマだと認識できた」

  • 「『世界の未来は私たちが作る』ということを実感できる機会だと思う。本当に世界を変えていけるように感じた。」 (大学生)

開催概要

シンガポール
名 称 SDGs体感ワークショップ
日 時 2019年1月24日(木)
14:00~17:30(13:30受付開始)
場 所 (予定: 変更になる場合はご連絡いたします)

1 Upper Circular Road, Level 5
Singapore 058400
主 催

Sparkle Journey 
一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト
後 援 日本貿易振興機構(JETRO)
シンガポール事務所
参加費用 150 SGD
後日ご案内する銀行口座へ事前にお振込みください。
※振込手数料はご負担いただきますようお願いします。
定員 30名 (先着順)
キャンセルについて キャンセル料
 ● 〜4日前 ・・・・・無料
 ● 3日前以降・・・・・50%
 ● 1日前以降・・・・・100%

※ご返金の場合は、振込手数料を引いた金額をお振り込みいたします。
お問合わせ sparkle.journey.sg@gmail.com
定員 30名 (先着順)

タイムテーブル

13:30
開場・受付

注)カードゲームの説明を聞き逃すとワークができません。時間厳守でお集まりください。
14:00
2030SDGs ワークショップ開始
①SDGsとは何か
②カードゲームを通してSDGsが作りだす世界観を体感
③グループで作りだした世界を確認するとともに、SDGsの本質をダイアローグ
④具体的に、今後取り組めることは何か、など振り返り
17:30
ワークショップ終了

講師紹介

鈴木 大樹
株式会社GiFT partners  
代表取締役・エグゼクティブコーチ

慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)、カリフォルニア統合大学院臨床心理学修士課程修了。 東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)、Accenture等を経て、コーチAに入社。エグゼクティブコーチとして5年間で1万5千人以上の管理職にコーチング・トレーニング、100人以上の経営者に1on1コーチングをする。その後、約2年間世界一周した後はプロフェッショナルコーチとして独立。
現在は、企業経営者を対象としたコーチングを専門とする株式会社GiFT partnersの代表取締役・エグゼクティブコーチ。

「トビタテ!留学JAPAN【高校生コース】」事前・事後研修講師。
辰野 まどか
一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) 代表理事
17歳の海外体験をきっかけにグローバル教育に目覚める。コーチング専門会社勤務後、米国大学院留学し、異文化サービス・リーダーシップ・マネジメント修士号取得。2012年に(一社)GiFTを設立。多様性の中から新たな価値を創りだすグローバルシチズンシップ育成推進のための活動を開始。 中学・高校・大学・企業を対象としたグローバル・シチズンシップ育成に関するプロデユース、研修、講演等を行う。

2016年より東洋大学食環境科学研究科客員教授 
2015年より「持続可能な開発のための教育(ESD)円卓会議」委員。
辰野 まどか
一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) 代表理事
17歳の海外体験をきっかけにグローバル教育に目覚める。コーチング専門会社勤務後、米国大学院留学し、異文化サービス・リーダーシップ・マネジメント修士号取得。2012年に(一社)GiFTを設立。多様性の中から新たな価値を創りだすグローバルシチズンシップ育成推進のための活動を開始。 中学・高校・大学・企業を対象としたグローバル・シチズンシップ育成に関するプロデユース、研修、講演等を行う。

2016年より東洋大学食環境科学研究科客員教授 
2015年より「持続可能な開発のための教育(ESD)円卓会議」委員。

私たちの思い

シンガポールで初開催となる2030SDGsカードゲームを活用したSDGs体感ワークショップを
実施するにあたって皆様にとって有益な情報、
また場とするべく、全力で準備しています。


日本でもこのSDGsに対する注目は高まるばかりです。
また、JETROがUNDPとSDGsへのMOUを締結したところでもあり、
益々アジアにおける日系企業の役割に注目が集まっています。


環境や社会へ向けた取組や社会への貢献を、
普段の生活と切り離すのではなく、自分の日常生活で取り組める活動へつなげる、
そんな架け橋として、
『2030SDGs』カードゲームを使って、楽しみながらSDGsの本質を理解し、
「自分は世界に何が出来るのか」を落とし込む機会にしていただけたら嬉しいです。