SDGs の目標年まであと10 年。最近は「行動の10年」という言葉をよく耳にするようになりました。そこで、 しずおか SDGs ネットワークではローカルでの行動を推進していくため、市民の皆さんと一緒に3段階のワー クショップを行い、静岡のローカル指標をつくるプロジェクトを実施します。「Think globally Act locally」 の実践には、それぞれの地域の実情に合わせた地域目標・ローカル指標が大きな役割を果たすと考えて います。一緒に静岡の未来を考えてみませんか?

ステップ1 ワークショップ( 全 2 回) 参加無料

「静岡の未来図を描こう」

日時:10月20日(火)・27日(火) 19:00~21:00

場所:番町市民活動センター 大会議室

定員:20 名程度(原則として両日ご参加をお願いします。)

私たちはどんな静岡の未来をつくりたいのか、を出発点としてそれぞれの 意見を出し合います。そこから、ワークを通して様々なキーワードを抽出し、 それらをグルーピングしたり、相互の関係性を検討したりして整理・集約 することで未来図に仕上げていきます。最終的には概ね 5 つの主題にまと め、それらを Step2で掘り下げるテーマとします。

主催:しずおかSDGs ネットワーク(一般社団法人ローカル SDGs ネットワーク)
共催:静岡市番町市民活動センター

※10 月のキックオフと 2 月のお披露目会は(公財)静岡県労働者福祉基金協会主催の「NPOプレゼント講座」として実施されます。