実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

とちぎSDGs委員会

2020年度 事業報告

2020 SDGsプロジェクト 中止



背景


SDGsとは持続可能な開発目標であり、国連総会で採択された「我々の世界を変革する」ものです。2030年までに達成出来るペースを遥かに下回っており、取り組みを強化する必要があると2017年に発表がありました。日本でも推進本部を設置し、2030アジェンダに掲げられている5つのP(People人間、Planet地球、Prosperity繁栄、Peace平和、Partnershipパートナーシップ)に対応した8項目が示されています。これは栃木青年会議所の目的(定款第3条)に値するものです。SDGsに取り組むという事は栃木青年会議所の人類の幸福世界平和達成に繋がるものであり、取り組むべき課題であると考えました。

達成するにはメンバーの力だけでなく地域市民の力も必要です。

まずは、栃木市、壬生町においてSDGsが周知されていないのが課題であり、地域市民の方々にSDGsを知ってもらうことを最優先し、SDGsが他人事ではなく自分事に意識を変えるべく、本事業の実施に至りました。

目的

【対外】
  • 地域市民の方々にSDGsというワードを知ってもらうことを目的とします。
  • カラーホイールや17個のアイコンを知ってもらうことによりSDGsというものを身近に感じてもらえることを目的とします。
  • 日常生活で行っていることがSDGsを理解することで、実は既に取り組んでいたと いうことに気付いてもらうことを目的とします。
  • 最終的に自ら考えて取り組んでもらえるようにしてもらうことを目的とします。

【対内】
  • 栃木青年会議所メンバーのSDGsに対する意識向上を図ることを目的とします。
  • プロジェクトAを実施、参画することにより自ら率先してSDGsの取り組みが出来る自分事化の意識を高めることを目的とします。
  • 今後行われる例会、自社事業にS D Gsを活かせるよう自己成長を目的とします。
  • 対外向けの広報事業を通して、栃木青年会議所の一体感を高めることを目的とします。




事業内容

【2020 SDGsプロジェクト A】  

◉SDGs 広報事業  事業期間/4月3日~10月31日

 

①SNS(HP、Twitter、Instagram)開設 

  ・栃木市、壬生町のSDGs活動の報告、今後の活動告知として使用します。

  ・SDGsに取り組んでいる企業や団体を紹介など、SDGsのプラットフォームとしてHPも開設します。

   ※Twitter、Instagramで今を発信。地域のSDGsを集約したHP

  ・HPをWEBプラットフォームとし、SDGsをお知らせ、取り組み事例をまとめ、知りたい人が情報を取り出せるものとして活用します。

    Twitter、Instagram→HP  HP→Twitter、Instagram  ポスター、チラシ、のぼり、街灯フラッグ→HP

 

②「チェキ作戦 ~my SDGs 教えて下さい~」 and チラシ配り

  チェキ作戦とチラシ配りを市内の各イベントに出店し、行います。


   ・チェキを1枚100円~募金することにより撮影します。                              

   ・撮影時には取り組みたい、取り組んでいるなど気になるSDGsアイコンを持って映えるように撮ります。

   ・チェキの余白部分にはアイコンに因んだ一言を書いてもらいます。

   ・作成したパネルに貼り出しをします。(目標1000枚)  

   ・募金はチェキ用紙代を除いた残金を日本ユニセフ協会に寄付いたします。

   ・参加者にはSDGsホイール缶バッチとアイコン缶バッチを記念にお渡しします。

   ・お子様の参加は日本ユニセフ協会が発行しています教材を配布します。

   ・SDGsマイエコバッグ(トートバッグ)を製作し、250個限定で販売いたします。¥300-(税込)

   ・売り上げはすべて日本ユニセフ協会に寄付いたします。    

   ・受付の際、アンケートをパネル式で実施し、集計をグーグルフォームで行います。 

   ・プロジェクト行っていく上で認知度を日付で集計し水準をグラフ化で検証致します。 

 

③メンバーの会社にのぼり、ポスターの設置 ※任意

 

④大通りをSDGsで飾る  設置期間:6月1日(月)~10月31日(土)
  のぼり×90、ポスター×100、街灯フラッグ×50の設置   ※街灯フラッグは栃木駅前交番~栃木市役所

 

各メディアの取材
  読売新聞宇都宮支局、ケーブルテレビ、FMくらら、栃木南部よみうりタイムス、すまいる

 

 

 

【2020 SDGsプロジェクト B】  

◉栃木青年会議所 SDGsアワード

  これから行われる事業(5月~11月)に、SDGsの取り組みが事業に落とし込まれていたかどうかを審査し、
  12月の総会にて独自のアワードとして表彰を行います。

   ※賞/委員長賞・副委員長賞   審査委員/委員長・副委員長

 











6月例会 SDGsセミナー&クイズ大会



背景


各国で猛威を奮っている新型コロナウィルスの影響で集客は愚か、青年会議所メンバーが集まり運動を起こすことも困難となりました。

そこで、SDGs通年事業で行なった事前アンケートからSDGs関する知識に違いが出ていることから、メンバーのSDGsに関する知識と意識向上を図り、次年度のJC活動に繋げていきたいと考え、SDGsセミナーを本事業に変更し、実施に至りました。


目的

SDGsの知識や取り組みへの意識の向上を図り、自ら率先して取り組みが出来る自分事化の意識を高めてもらい、自社事業や私生活にも活かせるよう自己成長を目的とします。




事業内容

 

各国で猛威を奮っている新型コロナウィルスの影響で青年会議所メンバーが集まり運動を起こすことも困難になった為、Zoomを活用し「SDGs」を題材にしたWebセミナーに野尻友紀SDGsアンバサダーを講師に迎え実施しました。

通常のセミナーは受けることで知識と意識は向上しますが、その場でどのくらい身に付いた知識になったのかという確認が取れない為、

本例会では、通常のセミナーの他にクイズを取り入れました。

 そしてSDGsに関する意識の向上、自社事業や私生活にもSDGsを活かせるような自己成長に繋がりました。

またクイズでよりわかりやすく、楽しく、メンバーに参加してもらい、仮入会の方に対してもJC活動やSDGsを知ってもらう事にも繋がりました。

 

クイズ大会は委員会対抗戦で行いました。
結果は、1位 栃木資質向上委員会 2位 とちぎ未来創造委員会 3位ENJOY!!!青少年委員会

SDGsアンバサダー 野尻 友紀

株式会社アーチ 代表取締役
1984年 栃⽊県栃⽊市⽣まれ


2014年 ⼀般社団法⼈ 栃⽊⻘年会議所 感謝交流委員会
2015年 会員拡⼤特別委員会
2016年 i love とちぎ委員会 委員⻑
2017年 副理事⻑
      栃⽊ブロック協議会 とちぎ拡⼤ネットワーク委員会
2018年 運営室 / 跳べ!未来広報委員会
      公益社団法⼈ ⽇本⻘年会議所 稼ぐ⼈財創出委員会
2019年 副理事⻑
      公益財団法⼈ ⽇本⻘年会議所 S D G s推進会議
      ⽇本JC公認S D G sアンバサダー取得
2020年 ⽬覚めろ!ネクストジェネレーション委員会
      栃⽊ブロック協議会 とちぎアカデミー委員会 委員⻑







クイズ大会 結果

1位 資質向上委員会
2位 とちぎ未来創造委員会
3位 ENJOY!!!青少年委員会
3位 ENJOY!!!青少年委員会

6月例会 蔵の街サマーフェスタ  中止
       ↓
災害対策委員会 ウォーターキングダム


目的

新型コロナウイルスの蔓延により地域においても、大型イベントを初め様々なイベントの中止が発表されており市民の交流やリラクゼーションの機会が減ってきている状況がある。
そこで地域市民の活気を取り戻し WITH コロナ時代のイベントを先導することを目的に開催します。




事業内容

 

【日時】 2020年 9月12日(土) 14:00 ~ 16:00 

【会場】 栃木市永野川緑地公園 太陽の広場  栃木市岩出町117-2

【イベント内容】 ・7対7のチーム戦
         ・1試合5分間
         ・相手の人or陣地のポイを水鉄砲で打ち抜く
         ・合戦終了後に打ち抜いたポイを集計し勝敗を決める。

【新型コロナウィルス感染対策】
         ・受付時の検温・消毒
         ・競技遊具の消毒
         ・競技中フェイスシールドの着用
         ・参加者の身元、連絡先の確認