SDG's Bear プロジェクト事務局

廃棄される生地見本を使った
SDG'sベアプロジェクト



このプロジェクトの理念

ファッション業界の問題


ファッション業界の昔からの悪習でもある大量生産、大量廃棄、加えて市場の価値観の変化によってファッションの価値は大きく下がっています。

ファストファッション台頭によりそれは加速されました。

また、安価なものが大量に流通する中で、上質なテキスタイルの価値や職人技が失われていくことにも危惧を抱いています。

メイドインジャパンの素晴らしいモノづくりがどんどん失われつつあります。


オーダーメイドの価値

そんな中で必要かつ伝えるべき価値観は「本当に自分に合う上質なものを、大切に永く使う」というモノづくりの原点では無いかと思っています。

無駄な商品を生み出さず、上質で永く着られる服をつくり、職人技を守る。オーダーメイドはファッションの究極のエコだと思います。

オーダーメイド用の生地は、本当に品質が素晴らしいのです。大量生産の安価な生地には無い、柔らかでしなやかな手触り。

それが職人の手により、素晴らしい品質でお客様のためのonly oneがつくられることは、とても価値のあることだと思っています。


廃棄生地の再利用と雇用の創出


目指すのは、廃棄される生地の再利用と雇用の創出。
材料費は無料で提供し、在宅でできる仕事を増やすことで雇用を生み出すことができます。
持続可能なシステム、SDG'sを目指します。

廃棄生地の再利用と雇用の創出


目指すのは、廃棄される生地の再利用と雇用の創出。
材料費は無料で提供し、在宅でできる仕事を増やすことで雇用を生み出すことができます。
持続可能なシステム、SDG'sを目指します。

年に2回、大量に廃棄されていく
オーダーメイド用の生地見本

発起人からメッセージ

オーダーメイドファッションコンサルタント
瀬島京子

私は現在オーダーメイドスーツを中心としたファッションコンサルタントをしております。

ただ、オーダースーツを仕事にする中で気になることがありました。

オーダースーツの生地見本(バンチと呼びます)は春秋の年に2回、新しい見本が発行されます。その度に大量にバンチが廃棄されます。

生地は約18センチ×14センチで、均等なサイズの生地が大量にある。

色柄や厚みも揃っている。

1メートル数万円もする高級な生地も沢山ある。

私はこれをどうにか活用できないものかと、ずっと考えていました。

それぞれのテイラーさんでは蝶ネクタイやコサージュなどにリメイクしてはいますが、もっと一般の人に広く利用して頂けるような商品や仕組みを作ることができないものか。

私には何の力もありません。

しかし、皆さまのお力や知恵が集まれば、きっと実現できると確信しております。

どうか多くの方がhappyになるプロジェクトになるようにお力をお貸しください。