SEへの道のり

プログラミング未経験でも
プログラマーへ転職するためのコツ

「未経験からプログラマーになれるのかな?」「手に職をつける仕事がしたい!」など、プログラマーへの転職を意識していませんか?

長年、転職コンサルタントとして働いてきた私から言わせていただくと、思い立った今、何か行動を起こさないと将来きっと後悔するので、まずは一歩踏み出すべきです。

プログラミングは未経験でも十分チャンス!一歩踏み出そう

プログラミング業界内で転職を考えている方はもちろん、未経験からプログラマーへの転職を考えている方は軽い気持ちで一歩踏み出してみることをおすすめします。

私がおすすめするのは以下の3つの理由からです。

未経験でも十分チャンスがあるからいま踏み出さないと将来後悔するから諦めることになってもスッキリするから

これらのポイントを一つずつ解説していきたいと思います

POINT
1

未経験でも十分チャンスがあるから

プログラミングの仕事はこの方のように、未経験でも非常に転職しやすいと言われています。理由は以下の3つが考えられます。

人手不足で求人倍率がすごく高いから未経験でも育てる風土がある真面目さとやる気が大切な仕事だから人手不足で求人倍率がすごく高いから

プログラミングの仕事が未経験でも目指しやすいのは人手不足なことが大きな理由です。

有効求人倍率(doda調べ)を見ると、全職種平均の有効求人倍率が2.46なのに対して、プログラマーが該当する技術系(IT/通信)の有効求人倍率は7.62となっています。

この有効求人倍率は、その業界の転職希望者一人にいくつ求人があるかを示したもので、以下のように求人に対して人が全然いない状態であることがわかるのではないでしょうか。

企業にとっては、転職希望者がなかなかいないので、「経験者だけ」とはなかなか言えない状態です。

そのため、未経験であっても転職できる可能性は大いにあります。

未経験でも育てれば戦力になるから

上記のように経験者がなかなか集まらない中で、会社によっては研修期間を設けて0から育てることを前提で採用をしています。

基礎は研修などで比較的すぐに身につけることができますし、1年も経てば多くの方が戦力として活躍できるようになるためです。

そのため企業によっては、未経験でやる気のある人を採用することを前提に「未経験歓迎」という求人を出しているところもたくさんあります。

真面目さとやる気が大切な仕事だから

プログラミングはスキルや経験以上に、「真面目さ」や「やる気」もすごく大切な仕事なので、未経験でも真面目でやる気がある人は素質があると言えます。

プログラミングは日々スキルを身につけるために、自分で勉強し吸収していく必要があります。

その中で、「学んでいこう」という意思が強い人は、未経験でも将来活躍できるチャンスはありますし、企業側も評価してくれます。

Q. プログラマーって年収はどうなの?

未経験でプログラマーを目指す人にとって、年収アップは一つの目標になるかと思います。

プログラマーの年収は平均408万円(平成27年度・年収ラボより)と言われていて、日本の平均年収くらいです。

ただし、中には年収が1,000万円を超えるプログラマーもいて、スキル次第では大きく年収を上げることも目指せます。

また口コミをくださった方で月収8万円、年収で約100万円増やすなど、今の仕事の給料が高くない人はプログラマーに転職すれば給料が大きく増やせる可能性もあります。

POINT
2

いま踏み出さないと将来後悔するから

30代になり、ラストチャンスと思って話を聞いたところ、転職は不可能ではないものの、10年間キャリアを積んだ今の職種と比べると年収が下がると聞きました。彼は20代で動かなかったことを後悔したそうです。

Yさんのように、考えてはいたものの、転職せずに後悔している人はこの世の中にたくさんいます。

こういった後悔を将来しないように、思い立った今アクションを起こすことをおすすめしたいです。

POINT
3

諦めることになってもスッキリするから

転職活動を始めて、憧れだったプログラミングの仕事を真剣に考えるようになりました。

その結果、「自分には合わない」という答えが出ました。漠然と持っていた夢のせいで、もやもやとして働いていたのがスッキリして今の仕事をもっと頑張れるようになったそうです。

また「選考を端から受けて、納得できる待遇で内定がもらえなかったから諦めがついた」などとおっしゃる人もいました。

このように少しでも転職活動をしておけば、プログラマー以外の道に進むことになっても、後々の人生で「あの時ああしておけば」と後悔する可能性が減ります。

POINT
4

経験者はもっと積極的になろう!

ここまで、未経験の方に転職に向けて一歩踏み出すべきと伝えてきましたが、経験者も同じです。

以下の理由で経験者もこのページを参考に一歩踏み出すことをおすすめします。

もっといい待遇・仕事内容の職場に出会えるチャンスがあるから思い立ったいま、行動しないと一生後悔するかから今の会社に残ることになっても満足して働ける可能性が高いから

以上のように、未経験者同様、経験者も転職を考えたら一歩踏み出すべきです。特に経験者は今までの実績を評価してもらえれば待遇をぐっと上げて転職できる可能性もあります。

思い立った今、行動しましょう!

この章で言いたかったのは、転職について考えた今、なるべく早く一歩目を踏み出そうということです。

多くの方が転職のような面倒なことを後回しにしがちですが、思い立った今動かないと「今のままでいいや」という感覚が芽生えこのままズルズルいく可能性が高いです。

そうすると5年後、10年後に思い出した時ずっと後悔することになってしまいます。

特に異職種からプログラミングの仕事に興味がある方は後になればなるほど不利になります。

次の章で手軽で確実な「一歩目の行動」を紹介するので気軽な気持ちでプログラマーとして踏み出してみましょう。