ドライブレコーダー「スマートレコ」
株式会社TCL

ドライブレコーダーで使われているSDカードには「寿命」があります

ドライブレコーダー スマートレコに、データ保存・記憶媒体として使用されている「SDカード」ですが、ず~っと使えるわけではなく、実は寿命があります。

ドライブレコーダーで使用するSDカードには、常に大きな負担がかかっています。

  • 連続してのデータ書き込みによる負担
    ドライブレコーダー スマートレコは、エンジンをONにしてからOFFにしてまでの録画はもちろんですが、駐車中にも録画をする駐車監視モードを搭載しています。つまり、スマートフォンやデジタルカメラなどの書き込み回数と違い、連続してのデータ書き込みが行われています。
  • 気温が高い場所で使用する負担
    ドライブレコーダー スマートレコを装着するフロントガラス付近で使用するため、温度が高い状態で運用されています。
  • 気温が高い場所で使用する負担
    ドライブレコーダー スマートレコを装着するフロントガラス付近で使用するため、温度が高い状態で運用されています。
SDカードはとても使い勝手が良いのですが、
「消耗の状態」や「寿命」が目で見えないため、
動かなくなっていることに気づきにくいツールでもあります。
カーナビやオーディオのような、使用してすぐに効果がわかる機器は、「トラブル」や「違和感」に気づきやすいのですが、ドライブレコーダーや、その中で動くSDカードについては、一般的に接触などトラブルが無いかぎりは、装着したときのままではないでしょうか。

動いているのか止まっているのか、未確認の状態であることが多いのが、ドライブレコーダーとしては一般的かと思います。
ある日、突然動かなくなっていた。
いざ!という時に「録画できてなかった。。。」
というようなことにならないように
ドライブレコーダー スマートレコは、同梱されているmicroSDカードを多くのユーザーが、使用していると思います。
先述した通り、ドライブレコーダーで使用するmicroSDカードは、一般的な使用方法より強い負担が連続でかかります。

株式会社TCLでは、「いつの間にか動いていない」「録画ができていなかった」といったことが起こらないように、1週間に1度を目安に、記録データの内容確認をお願いしています。
定期的にスマートレコとSDカードが無事に動いているか確認をお願いします。
スマートレコは起動するとき、SDカードの状態を確認してから起動します。
起動時に「SDカードが装着されていない。または、接触状態が悪い」「SDカードの録画形式が違う」など、文字や音声で教えてくれる工夫がされています。

起動や動作が安定して行われているか、確認していただくことで、いざというときにキチンと力を発揮してくれると思われます。

また、SmartRecoと書かれていない他社製のmicroSDカードをご使用いただいている場合も、「使い始めは順調に使えていたのに、突然、本体が動かなくなった」というお客様のお声もいただいております。
是非、SmartReco純正のmicroSDカードをご使用ください。
ある日、突然動かなくなっていた。
いざ!という時に「録画できてなかった。。。」
というようなことにならないように
ドライブレコーダー スマートレコは、同梱されているmicroSDカードを多くのユーザーが、使用していると思います。
先述した通り、ドライブレコーダーで使用するmicroSDカードは、一般的な使用方法より強い負担が連続でかかります。

株式会社TCLでは、「いつの間にか動いていない」「録画ができていなかった」といったことが起こらないように、1週間に1度を目安に、記録データの内容確認をお願いしています。

主な動作の確認方法

スマートレコ本体の動きを見る
エンジンをONにして、少し待つことでスマートレコ本体が起動します。その際、「SDカードを確認してください」や、LEDが点滅または点灯が起こらない場合、起動不良が発生している場合があります。
パソコンに接続してみる
カードリーダーを使用して、パソコンにSDカードを接続します。通常であれば、SDカードの認識が行われ、SDカードの内容を確認することが出来ますが、「SDカードが認識しない」ことや「SDカードのファイル名が文字化けする」など、通常と違うことが起こった場合、SDカードにトラブルが発生している可能性が考えられます。
パソコンに接続してみる
カードリーダーを使用して、パソコンにSDカードを接続します。通常であれば、SDカードの認識が行われ、SDカードの内容を確認することが出来ますが、「SDカードが認識しない」ことや「SDカードのファイル名が文字化けする」など、通常と違うことが起こった場合、SDカードにトラブルが発生している可能性が考えられます。

SDカードやスマートレコの動作不良についての対応方法

SDカードの抜きさし
SDカードの接触不良によって、起動不良が発生するケースも多いです。SDカードを抜き差しして、再接続をしてから、改めて起動確認をお試しください。
パソコンでSDカードをフォーマット
microSDカードをパソコン操作でのフォーマットをお試しください。
  1. SDカードをパソコンに接続
  2. エクスプローラからSDカードの項目を「右クリック」して、メニューの中から「フォーマット」を選びます
  3. そのままの設定でフォーマットウインドウの「開始」を選びます

※WHSR-510やWHSR-532といった「フォーマットフリー」搭載機種の場合は、パソコンでのフォーマットの後に、改めて本体でフォーマットを促されますので、本体フォーマットも行います。
スマートレコのファームウェアをアップグレード
スマートレコ本体のファームウェア(本体のプログラム)のアップグレードを最新に保っていただくことで、「起動」及び「動作」の安定性を高めます。

ファームウェアデータのダウンロードページ
ファームウェアの更新方法を紹介するページ

ファームウェアのバージョンは、常に最新の状態にしていただきますよう、お願い致します。
スマートレコのファームウェアをアップグレード
スマートレコ本体のファームウェア(本体のプログラム)のアップグレードを最新に保っていただくことで、「起動」及び「動作」の安定性を高めます。

ファームウェアデータのダウンロードページ
ファームウェアの更新方法を紹介するページ

ファームウェアのバージョンは、常に最新の状態にしていただきますよう、お願い致します。

動作確認を試してみた結果、やはり動作していない。または、動作が遅いなど感じた場合は、SDカードの買い替えをお勧めします。


ドライブレコーダー スマートレコ
microSDカードのお得なキャンペーンページです

【キャンペーン期間】
2019年9月1日~2019年9月30日の間にご注文いただいたお客様
期間中のご注文に限り、通常の30%OFFで販売します

※スマートレコWebサイトにつきましては、
営業日の都合上、9月2日(月)正午から、9月30日(月)正午までのご注文を
キャンペーン期間とさせていただきます。

【ご注意】期間の前後など、期間外にご注文いただいた場合については、
誠に申し訳ございませんが、キャンペーンの対象外とさせていただきます。

スマートレコ純正microSDカード販売店
ショップロゴをクリックいただくと、該当するショップに移動します。

キャンペーン価格表

16GB
microSDカード
通常価格 4,000円+税 → 2,800円+税
32GB
microSDカード
通常価格 8,000円+税 → 5,600円+税
64GB
microSDカード
通常価格 12,000円+税 → 8,400円+税

※ 各種手数料 及び 送料につきましては、別途ご請求させていただきます。

※スマートレコWebサイトにつきましては、
営業日の都合上、9月2日(月)正午から、9月30日(月)正午までのご注文を
キャンペーン期間とさせていただきます。

ドライブレコーダー スマートレコについて、詳しい情報はスマートレコWebサイトをご参照ください。
ドライブレコーダー スマートレコWebサイト