シックスパックで足痩せ!ふくらはぎを細くしたい!

シックスパックで足痩せはできるのか?シックスパックを足のふくらはぎにも使えるのか調査してみました。

シックスパックは足のふくらはぎにも使えるの?

シックスパックは、EMS機器の中でも人気商品ですが、足のふくらはぎにも使えるのか調査しました。

(足のふくらはぎにも使える?)

・使っている人が多い!
シックスパックの口コミを見ると、足のふくらはぎに使っている人も多く、『ピッタリフィットする』や『刺激を感じるので鍛えられそう』などの感想が多数あります。

また、足のふくらはぎにシックスパックを使っている人は、シックスパックのAbs Fit2が主流です。
Abs beltだと足のふくらはぎには向いていないので、Abs Fit2を持っている方は足のトレーニングにもいけそうです。

・本来の使い方ではない
シックスパックは腹筋を鍛える目的のため、足のふくらはぎに使う際はあくまでも自己責任の範囲になります。

(部位に合ったシックスパックで!)

シックスパックは腹筋用だけではなく、足や腕などを集中トレーニングするタイプも販売されています。
その為、足のふくらはぎにシックスパックを使用する場合は、足用のタイプがおすすめです。

・足用のタイプとは?
シックスパックのLeg beltやBody Fit2は、足を鍛える用途に適しているので、ふくらはぎに使いたい!という方にピッタリです。

ただ、部位毎にシックスパックを揃えるのは大変という方は、自己責任で鍛えたい色々な部分に使っている傾向です。

シックスパックとアブズベルトを徹底比較!

シックスパックと言えば、アブズフィットが定番商品ですが、アブズベルトという新商品も販売されています。
そこで、シックスパックの定番とアブズベルトを徹底比較しました。

(特徴を比較!)

・アブズベルトの特徴
アブズベルトは、アブズフィットとボディフィットが一つになった商品で、お腹周りを効率的にトレーニングできます。

・シックスパックの特徴
シックスパックの定番アブズフィットは、アブズベルトと比較しても装着しやすく、手軽に鍛えたい部分をトレーニングできます。

アブズベルトの新型はアプリ対応のため、シックスパックより優位に見えますが、シックスパックアブズフィット2はアプリ対応です。

(どっちがいいの?)

シックスパックとアブズベルトを比較した場合、作りに差があり比較し難いものの、使いやすさという点を比較すると断然シックスパックです。

・アブズベルトは大きい!
アブズベルトは、しっかり固定するためにベルトが付いているため、サイズが大きいというデメリットがあります。

更に、ベルトを装着する手間もかかるので、利便性や収納面などを比較すると断然シックスパックがおすすめです。

また、人によってはシックスパックを太ももに使うケースもありますが、アブズベルトはウエスト周り以外に使うのは難しいため、シックスパックの方が使用用途が多いです。

効果なしの噂は本当?

シックスパックは、EMS機器の中でも草分け的な存在ですが、効果なし?それとも本当に期待できるのか真相に迫りました。

(効果なしの感想は?)

シックスパックの口コミを調査したところ、少数ながら効果なしという感想もありました。

・2週間継続していますが、お腹に変化はないので効果なしだと思います。

・お腹の脂肪が多い影響か、10日以上使っても腹筋がつきません。

・1日何回も同じ部位に使ったら、少し疲労感がでてきました。

効果なしの口コミを見ると、短い使用期間の人がほとんどのため、シックスパックが効果なしというより使用期間が関係しているようです。
また、1日1部位1回が基本的な使い方のため、過度な使い方は避ける必要があります。

(効果なし?それとも本当に期待できる?)

・性能から効果に迫る!
一般的なEMS機器は高い周波数が弱点と言われていて、筋肉に最適な周波数の開発は困難でした。

しかし、シックスパックは20Hzの周波数『ピリピリしない』の採用に成功した為、効率的なトレーニング効果が期待できます。

高い周波数だと筋肉が直ぐに疲労状態になりますが、シックスパックの低い周波数なら筋肉に無理な負荷を与えないため、効果なしというより十分期待できます。

その為、今まで色々なEMS機器を使っても効果なしだった!という方にも、シックスパックはおすすめな商品です。

正しい使い方は?

シックスパックは、正しい使い方をすることも大切なポイントです。
ここでは、基本的な使い方や使用上の注意点を紹介したいと思います。

(基本的な使い方)

・使い方
シックスパックは、肌にジェル部分を密着させるように装着して、電源の+ボタンを2秒程度長押しします。

装着に不具合を感じた場合は、-ボタンを長押しして電源を切った後に調整します。

・1回辺りのトレーニング時間
シックスパックは、1回23分がトレーニング時間となっていて、1部位1日1回が基本的な使い方です。

23分到達前に使用を止める場合は、-ボタンを長押しして電源を切ることも可能です。

・正しい使い方で!
シックスパックは、同じ部位に1日1回が基本的な使い方のため、それ以上使用するのは避ける必要があります。

(使用上の注意点は?)

・純正のジェルパットで!
シックスパックは、純正以外のジェルパットでも使用できるケースがあります。
しかし、純正以外だと十分な効果が期待できないので、シックスパック専用ジェルパットの使用がおすすめです。

・使い方で効果に差がでるの?
シックスパックの口コミを見ると、『脂肪が多いと効果なし?』という感想もありますが、脂肪があっても筋肉に刺激を与えるため、地道に継続することが大切です。

また、継続的な使い方をしている人ほど高い効果を実感しているので、シックスパックは継続が大切なポイントです。

女性にもおすすめなの?

シックスパックは、有名アスリートも愛用している人気商品ですが、女性にもおすすめなのか調査しました。

(女性にもおすすめ?)

・女性愛用者が多い!
シックスパックの口コミを見ると女性愛用者が多数いて、体験レポートをネット上に投稿している女性も多い傾向です。

・女性にも効果があるの?
女性体験者の口コミを見ると、『お腹が引き締まった。』や『腹筋が付いたおかげで、姿勢が良くなった。』などの感想が多く、男性同様に女性もシックスパックの効果を実感しています。

その為、女性にもシックスパックはおすすめな商品で、ながらトレーニングができるだけに忙しい女性にも嬉しいアイテムです。

(鍛えたい部分を鍛えられる!)

女性がメイクボディを目指す場合、筋肉のつき過ぎを警戒しますが、シックスパックは鍛えたい部分を鍛えられるので、女性にも理想的なトレーニング方法です。

・無理なく鍛えられる!
女性は男性より筋肉がつき難く失いやすいため、引き締まったスタイルを目指すことは大変です。

また、ビルドアップを目指す際は辛いトレーニングを継続する必要があるものの、シックスパックなら装着するだけで理想的なスタイルを目指せます。

その為、運動が苦手・運動をする時間がない・必要以上に筋肉をつけたくないという女性に、シックスパックはおすすめです。