九鬼町地域おこし協力隊
スカウトキャンプ

三重県尾鷲市の漁村、九鬼町が新たに人材を募集します。


 「九鬼町地域おこし協力隊スカウトキャンプ」は、三重県尾鷲市九鬼町の地域おこし協力隊の新規募集に向けた、一泊二日の現地見学&意見交換会です。

 地域おこし協力隊として採用を予定しているのは、人口400人の漁村・九鬼町をフィールドとして起業を目指す人材。
 このたびの「地域おこし協力隊スカウトキャンプ」では、九鬼水軍発祥の地として知られ、明治以来の鰤漁で栄えたまちの歴史や文化と、新規事業の創出、交流・移住促進に取り組む九鬼町の「いま」を知り、自らのもつスキルやアイデアをまちの「これから」に活かしていくことに興味がある方々を募集します。

応募はこちらから

開催概要

九鬼まちあるき(1日目)

九鬼町到着後、まずは九鬼町地域おこし協力隊OBの案内で町内を散策し、情報収集をしていただきます。漁村ならではの町並み、歴史ある寺社、自然資源や新旧商店など。

九鬼夏祭り(1日目)

7月24日夜は夏祭り。まちではカラオケ大会が開催され、町民のほとんどが九鬼漁港につどう特別な夜です。夏祭りに参加して地元の方々と交流し、生の声を聞きましょう。この夜は九鬼町の移住体験住宅「みやか」にお泊りいただきます。

アイデアソン(2日目)

キャンプ二日目は、祭りも明けて平静にもどったまちで、地域おこし協力隊として九鬼町でどのような活動ができるか、キャンプ参加者と元地域おこし協力隊、九鬼の方々を交えたアイデアソンを開きます。参加者それぞれの経験やスキル、アイデアを九鬼町でどのように活かすことができるでしょうか。九鬼町地域おこし協力隊への応募の際には、ここで出たプランをもとにミッション提案をしていただくことになります。
タイムテーブル(予定)
7月24日(水)

13:30~14:00 オリエンテーション (移住体験住宅みやか)

14:00~17:00 まちあるき(寺社、商店、空き物件など)

18:30~21:00 九鬼夏祭りカラオケ大会(魚市場)

21:00~    フリータイム

7月25日(木)

 9:00~12:00 アイデアソン/九鬼町からの提案

13:00~15:00 解散・フリータイム

参加費
無料(尾鷲市までの交通費および食費は参加者負担)
開催場所
三重県尾鷲市九鬼町
申込〆切
令和元年7月21日(日)
参加費
無料(尾鷲市までの交通費および食費は参加者負担)
九鬼町についてもっと詳しく知りたい方は、こちらを御覧ください。

スカウトキャンプ開催後、正式にはじまる地域おこし協力隊募集の概要は以下のとおりです。

地域おこし協力隊募集要項(参考)

募集職種 地域おこし協力隊
雇用形態 地域おこし協力隊として委嘱(尾鷲市との雇用関係はありません)
給与 月額208,000円(報償費として支給)
福利厚生 ・賞与無
・保険(健康保険、厚生年金、雇用保険)は自身で対応
・活動に必要な経費については、予算の範囲内で補助金を交付
 (住居費、出張経費、その他活動に関する経費)
・住居については、九鬼町内に住むことが条件で、物件を斡旋
活動内容 【独立起業型】地域の資源や魅力を活用し、新たな起業をめざす
尾鷲市九鬼町の地域おこし協力隊として取り組みたい活動を自らプレゼンテーションし、
採用された提案がミッションとなります。 
活動場所 尾鷲市九鬼町
活動時間 活動内容によりますが、概ね1日8時間(休憩1時間)
1カ月の活動日数は最低20日となります。
応募資格 ・現地見学会(スカウトキャンプ)に参加された方
・総務省が定める地域要件に該当する方
・都市地域に生活の拠点があり、尾鷲市に移住し、且つ住民票を尾鷲市に移動できる方
・普通自動車免許を取得している方
・活動や田舎での生活で法令を遵守できる方
・一般的なパソコン操作ができる方
選考方法 書類審査及び面接(プレゼンテーション方式)
採用予定人数 1人(令和元年度)
選考日程 現地見学会(スカウトキャンプ) 7/24~25
 ↓
応募締め切り 8/13
 ↓
書類選考(応募者多数の場合)
 ↓ 面接・プレゼンテーション 8月下旬~9月上旬
採用
 ↓
着任(10月頃着任 ※応相談)

※選考日程は変更される可能性があります。
給与 月額208,000円(報償費として支給)
九鬼町地域おこし協力隊スカウトキャンプに関するお問い合わせはこちらからお願いいたします