【デジタル社会にアナログ感を。】

scivaの木製スマホケースの新作を先行販売!!
2021年 3月 10日 AM10:00 受付開始!!!
※Makuake早期申し込み割引有り!

【デジタル社会にアナログ感を。】

身の回り、生活スタイル、考え方、様々なことがデジタル化されています。

「革新」「新技術開発」「発展」
それらは良い面、悪い面、あらゆる可能性を含んでいると考えます。


そんなデジタル化が進む中で
今回提案するアイテムやscivaの
「アナログ感」
を取り入れることによって
懐かしさや暖かさを感じていただき
他の素材にはない尊い魅力をさらに感じていただけると確信しております。
   

sciva とは…





木製品の可能性を追求し

関わる全ての人の幸福追求をする

そんな想いの元scivaは駆け抜けてます




木製スマホケースプロジェクト製作風景

① 製図、ベースとなる素材の製作

ベース素材の製図作業

scivaのスマホケースオリジナルの寸法を製図していきます。
scivaが目指す物を実現するために
0.1mm単位で図面を調整します。
【内張りレザーを贅沢に使用する】

まず製作するにあたり目標となるクオリティはこの観点でした。

このクオリティを求めることにより
寸法を出す際にかなり細かい調整が必要となりましたが
その結果下記のことが可能になりました。

・内張りの全面にレザーを張り込むことが可能に
・触った際のレザーの感触が良好
・ケースの電話機ホールド力アップ
・画面への保護力アップ


微調整を繰り返しながらオリジナル寸法を見つける事は
難しく、根気のいる作業でしたが結果的に
良い面を引き出すことができたと感じています。

製図後、ベース素材を3Dプリンターで生成

↓製図中のベース素材と、悔しくも散っていったサンプル↓

↓ 最終サンプル内張レザーのアップ画像 ↓

写真でお伝えすることが難しいですが、
「内張レザーの質感」「レザーの巻き込み具合」をご確認ください。
側面の立ち上がりも全て一枚のレザーで張り込んであり、
それが電話機のホールド感を増す良い要因となりました。
② 木材とレザーの準備

木材の選定

scivaでは「突き板」と呼ばれる薄くスライスされた木材を使用しております。

そもそも木材は節や虫食いなどで使用不可能な部分があり、

さらに木材を薄くスライスする際に割れや欠けが発生する場合があります。

木材をカットする前に入念にそれらをチェックしているところです。

革の選定

牛はもちろん生き物で、放牧されている際に「切り傷」「打撲」など人間と同じようにケガをします。

人間はカサブタができて次第に治るのが一般的ですが、牛革はその痕跡などが残り製品の美しさに影響することが多々あります。

それを避けることでむしろ材料ロスを減らしております。
命をいただいていることを念頭に、材料を粗末にすることを極力避ける努力をさせていただいております。
③ レザー、木材のカット

プレス機によるカット

定規で測ってカットするよりも正確に寸法を一定化させることが可能です。

「抜き型」と呼ばれる型を使用し、チェックした使用できない部分を避けながらパーツ取りをしていきます。

短調で上の空になりがちな作業ですが、
本革はいびつな形をしており、
1匹の牛や1枚の木材からどれだけの部材を取れるかは、
プレスを操る人のセンスと集中力が大切です。
④ カットした木材、牛革をベース材へ張り込む

⚠︎ 企業秘密作業を含みます

この張り込み作業等は企業秘密な製法をとっており、
申し訳ありませんが、詳しい情報はカットさせていただきます。

とはいえ、木材は水分を含ませながら熱をかけ、
曲げわっぱを作るような感覚で少しずつ曲げていきます。

一方、牛革に水分は禁物です。
シミになったり、品質が下がる可能性があるからです。
異素材が必要としている技法を頭と手元で考えながらうまく製造していきます。

⑤ 塗装

吹き付けによる染色
手塗りによる染色

塗装を施していきます。
画像は弊社のコインケースに着色している風景です。

人の手で塗装しているとはいえ、個体差ができすぎては1流にはなれません。

目と手元を最大限に活用し
「scivaらしさ」
という想いを着色作業に込めて行います。

完成!
今回のクラウドファンディングでの展開について!

6カラーを準備

ナチュラル
ブルー
レッド
レッド
ブラック
サンロッソ
サンニーロ
サンニーロ

スマホケース意外にも
「キーホルダー」
「コインケース」
をご用意させていただいております!!!
※早期割引がございますので、お早めに!

外出時に荷物をあまり持ちたくない。
さらにその数少ない持ち歩くものがまとめてコーディネートされていたら…

男性的な考え方かもしれませんが、そんな想いを元に
今回はキーホルダーやコインケースもご購入いただくことが可能です。

キーホルダー

こちらも今回新発売です。
キーポストが3つ付属しており、可愛いサイズ感です。

scivaの標準カラーを全て揃えており、コーディネートにはなくてはならない存在ではないでしょうか。

コインケース

すでにscivaで展開中のアイテムです。

今回のセットにはなくてはならないと思い、
セットで購入できるようにさせていただきました。

この機会をぜひお見逃しなく!!!

クラウドファンディングサイト
「Makuake」

↓ 既存商品展開の紹介 ↓

カラー名【 ナチュラル 】

無着色なので、最も木材の質感を感じていただけるシリーズです。
カラー名【 ブラック 】

ビジネス、プライベイト、どんな場面でも活躍できる逸品です。
カラー名【 ブルー 】

ありそうでない。そんな不思議な色合いが魅力的なブルー。
カラー名【 レッド 】

scivaのブランドカラー「バーガンディレッド」をイメージした赤。
カラー名【 サンロッソ 】

言わずと知れたギターのグラデーションカラー。
「ポッケに入るギター」
カラー名【 サンニーロ 】

言わずと知れたギターのグラデーションカラー。
「ポッケに入るギター」第2弾

「いますぐ欲しい!!」

そんな方はこちらの公式ホームページよりご購入ください。

アマゾンのカートを使用しておりますので
ご使用のアマゾンアカウントですぐに購入可能です。

クラウドファンディング履歴

今までにクラウドファンディングを3回挑戦させていただき、
そのうち2回達成させていただきました。

応援していただきました皆様には改めましてお礼申し上げます。

今回のプロジェクトに関しましても、ぜひ成功させ、
今後の展開の礎になるよう精進して参ります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

プロジェクト責任者

Shota Yoshida

株式会社Leawood 代表取締役,クラフトマン

2018年4月株式会社Leawoodを立ち上げ、同タイミングでscivaを立ち上げました。

少しずつ人気が出ていく中、良き理解者の德﨑を誘いscivaの生産性を加速させています。

さらなるscivaの発展を目指し今回のプロジェクト成功のために邁進しております。

Takuya Tokusaki

クラフトマン

代表吉田の考える世界観、業務内容に感銘を受け従事することを決意しました。

元美容師、元家具職人という経歴を生かし、繊細な加工にも対応しています。

モード系のファッションをこよなく愛し、自らの考えや、世界観も崩すことなく職人としてするべきことに全力で取り組んでいます。

製造元

株式会社Leawood
岐阜県大垣市築捨町5-128-1
名神高速道路「大垣」インターチェンジより車で5分