サイエンスフォーラムのオンライン講座


適正な食品表示を行う上で大切なこと

~表示違反・事故事例に見る
商品の仕様管理の重要性と未然防止策~

日  時  2020年12月9日(水) 13:00~15:05

配信方式  Zoomミーティング

受 講 料   16,000円(税別)

指導講師

鈴木 ちはる 氏
仙台白百合女子大学 非常勤講師
一般社団法人食品表示検定協会 テキスト作成委員

流通業の品質管理商品開発等を行う機能会社に入社し、商品検査、直輸入商品、商品開発(飲料・酒類等)の担当を経て、商品の仕様書・表示管理等を中心とした商品開発・品質管理のコンサルタント業務を経験。並行して、2007年以降は地域振興事業の専門家として、中小企業向けの技術相談やセミナー講師、専門書の執筆(新日本法規出版、ダイヤモンド社、商業界、食品と科学等)などを行っている。

資格等: 輸入食品衛生管理者、ペットフード安全管理者、ハラール管理者

本講座のねらい

食品を安全に食べてもらうことは、食品関連事業者として一番の責務です。このために、正しい食品表示を行うことが必要であることは認識されている方も多いかと思います。

ただし、出来上がった表示が形式上で法令に当てはまるだけでは、正しい表示とは言えません。

例えば、天候不良で原材料の価格が高騰して産地や配合が変更されたり、原価の見直しで包装資材が変更になった場合、表示の変更が必要であるにもかかわらず、表示を管理している部署に事前に連絡が無く事後に発覚するということがあります。これらは法律違反だけでなく、アレルゲンの欠落があれば人命にかかわることもあります。

このため、原料や製造工程の管理がされていて、出来上がった商品との同一性が保たれていることが、重要となります。これらの意味を違反や事故事例から紐解き、食品表示で最も大切な“設計~製造~表示の一致”のために、何を管理して正しい表示をするべきかを考えて頂く一助となれば幸いです。
                                                                                 指導講師:鈴木 ちはる

プログラム

食品表示と表示根拠

● 食品表示とは
  食品表示基準に基づいて表示を適正に行うために求められる情報(表示根拠)について 

● 製品仕様と表示の同一性の確保の重要性
  その食品の製品仕様と表示内容が合致しないと何が起こるのか

● 製品の企画時から販売に至るまでの表示根拠の取り方
  企画から販売までの各段階で必要となる表示根拠とは何か

食品表示違反事例研究

● 根拠法令の不勉強(定義の不一致など)
  食品の名称や営業許可の種類など、理解していないと法令違反になるケースもある

● 情報収集や社内の連携不足(仕様変更)
  仕入れ部署と表示作成部署の連携不足などによる事故事例

● 取引先への説明不足(販促資料と売り版表示の関係)
  B to Bで販促物に記載できる内容とB to Cで表示できる内容が異なる事例など



表示違反の未然防止

● 仕様書の変更管理
  常に適正な表示を行うために注意したい仕様書の管理のポイント

● 未然防止のための検査・監査
  安全に食品を食べてもらうために必要な検査や監査

● 製造物としての責任(PL法など)
  取り扱い上の注意喚起など、食品表示としては忘れがちな安全にかかわる表示

食品表示と表示根拠

● 食品表示とは
  食品表示基準に基づいて表示を適正に行うために求められる情報(表示根拠)について 

● 製品仕様と表示の同一性の確保の重要性
  その食品の製品仕様と表示内容が合致しないと何が起こるのか

● 製品の企画時から販売に至るまでの表示根拠の取り方
  企画から販売までの各段階で必要となる表示根拠とは何か

●申込みから当日まで

1
申込み
申込みボタンを押していただくと、フォーム画面になります。必要事項の入力をお願いします。
お支払い(paypal決済)
申し込みフォーム入力後「内容確認画面へ」をクリックしていただくと、次の画面の下に「送信する」というボタンが出ます。その送信ボタンを押さずに、すぐ下のPayPalの決済ボタンを押してください。決済後にフォームも送信されます。
ZoomのミーティングID送付
受講5日前くらいにZoomのミーティングIDをメールにて送付します。
テキストの送付
受講2日前までにテキストを送付します
アンケートの送付
講座修了後、アンケートをお送りいたしますので、ご回答をお願いします。
お支払い(paypal決済)
申し込みフォーム入力後「内容確認画面へ」をクリックしていただくと、次の画面の下に「送信する」というボタンが出ます。その送信ボタンを押さずに、すぐ下のPayPalの決済ボタンを押してください。決済後にフォームも送信されます。

●当日

[80分]
§1~§3 指導講師による講義
[15分]
休憩
[30分]
Q&A
[15分]
休憩

受講料・受講規定

受講料 お一人につき 16,000円+消費税
定 員 30名
(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます)
お支払い方法 □ ペイパルカード決済一括 ¥17,600(消費税込)

  ※オンライン講座はpaypalのクレジットカード決済のみとさせていただきます。領収証が必要な場合は、メールにて
   お送りいたします。  
申し込み後のキャンセル

申し込み後キャンセルは、開催7日前までお受けします(振込手数料を差し引いたうえで受講料をご返金いたします)。 それ以降のキャンセルはできませんので、ご了承ください。

ご注意  1.受講者の皆様には開催5日前を目安に、お申し込みのメールアドレス宛にZoom IDをご連絡いたします。
    ※開始20分前からミーティングルームでスタンバイしております。10分前には入室を完了するよう余裕を
     もってご入室下さい。
    ※定刻(13時)にスタートします。

<ご注意>ご確認ください!
●Zoomのお名前を必ず「申込時のお名前」に変更のうえ、ご参加をお願いします。
受講者名簿とZoomのお名前を照合・確認してから入室を許可しております。Zoomのお名前が申込時のもの以外ですとその許可を出すことができず、講義の途中からの入室になってしまう可能性がございます。お手数をおかけいたしますが、ご協力をお願いいたします。

名前の変更の仕方:https://blog.coubic.com/onlinelesson/zoom-name-change/

申込者お一人につき1端末のみ接続いただけます。複数の端末での同時接続はご遠慮ください。複数の端末で入室されていた場合、いったん退出・再入室いただく場合もございます。


2.接続の不具合・トラブルについて弊社ではサポートできません。あらかじめご了承下さい。


3.事前に「Zoom」のインストールをお願いいたします。
     使い方:https://hashikake.jp/articles/how-to-zoom-ep01
     接続テストサイト(https://zoom.us/test)にて接続性に
     問題がないかご確認ください。

4.当日は以下の環境を整えてご参加ください。
      (1)使い慣れたPC・タブレット・スマホ
      (2)安定して速度のあるインターネット回線への接続
      (3)雑音が少なく話しやすい静かな場所 

5.本セミナーの撮影・録画・録音、配信URLを他の方に知らせたりSNSなどで公開する行為を禁止します。

6.本セミナーの復習用の動画配信は行いません。あらかじめご了承ください。
  通信環境の良い場所でのご受講をお願いします。」

7.当日のテキストは、開催日の2日前までに宅急便でご送付します。

申し込み後のキャンセル

申し込み後キャンセルは、開催7日前までお受けします(振込手数料を差し引いたうえで受講料をご返金いたします)。 それ以降のキャンセルはできませんので、ご了承ください。

営業時間 9:00 - 17:00(土日祝除く)
04-7128-5461

〒270-1142 千葉県我孫子市泉14-30
TEL 04-7128-5461 FAX 04-7184-7912