サイエンスフォーラムのオンライン講座

木村 凡先生の

食品微生物学基礎講座

木村 凡氏の「食品微生物入門講座」が
オンライン講座に生まれ変わります!

(少人数15名定員制)

日  時  2020年11月5日(木)   18:00~20:40
      2020年11月12日(木) 18:00~20:40
      2020年11月19日(木) 18:00~20:40
        ※全3回の連続講座です  

配信方式  Zoomミーティング

受 講 料   45,000円(税別)        
 

指導講師

木村 凡 氏

東京海洋大学学術研究院 食品生産科学部門 教授 農学博士

1979年3月 京都大学農学部水産学科卒業後大学院進学(修士、博士課程)
1985年4月 農林水産省 水産大学校製造学科助手
1994年4月 東京水産大学食品生産学科 助教授
2007年4月 東京海洋大学 食品生産科学科 教授
2016年4月 東京海洋大学 学術研究院 食品生産科学部門 教授(現在に至る)

◆主な学外活動
公益社団法人日本食品衛生学会 会長(2017~2019)
日本食品微生物学会 副理事長(2020~現在)

◆審議会など
厚生労働省乳肉水産食品部会委員(2011~現在)
内閣府食品安全委員会専門委員(微生物・ウイルス専門調査会)(2013~現在)
神奈川県 神奈川県食の安全・安心審議会 副会長(2020~現在)

◆研究分野
  食品微生物一般、食品有害微生物の検出、制御
  発表論文 180論文

■□■ 幅広い食品微生物に関する知識に精通 ■□■
木村 凡先生は、現在、食品微生物学に関する世界のトップジャーナル(IUMSの国際食品微生物衛生委員会(ICFMH)の機関誌)であるInternational Journal of Food Microbiologyの7人のエディターの一人でもあります。アジア圏選出の唯一のエディターとして2012年から務められ、毎日、数多くの論文の審査を通じて、幅広い食品微生物学の知識に精通されている日本では稀有な先生です。

本講座のねらい

食品微生物学の知識についてはインターネットや教科書で簡単に入手できる時代です。しかし食品微生物学の全体の枠組み、大まかなイメージなしで個別の知識を入手しても、全体像を的確に理解することはできません。このための最も早い道として、経験豊富な講師による口頭伝授に勝るものはありません。

本講座は、インターネットや教科書などに記載されている詳細な網羅的な知識の伝授ではなく、講師が30年間培ってきた食品微生物学の要点を、ざっくばらんに大胆にお知らせするものです。

「このようにとらえると全体がすっきり理解できる」といった、口頭伝授ならではのエッセンスを3週にわたってじっくりお伝えします。

 

なぜ、オンライン講座にするのか?

もちろんコロナ対応ということもあります。

しかしこれは、実はきっかけに過ぎません。

この講座はもともとオンライン講座へ移行を計画していました。それはなぜでしょうか?

① 1日講座から連続講座に。課題にじっくり取り組むことができます

昨年までの入門講座は丸1日かけての詰め込み方式で実施していました。
オンライン講座では、会場に来ていただく必要がないので、1日で詰め込む必要がなくなります。したがって、今回の講座は3週に分けて実施します(毎週18:00から)。毎回100分の講義を集中して聴講いただきます。

② 質疑の時間をたっぷり確保できます

毎回50分程度の質疑の時間をしっかりと持つことができます。直接質問がしにくい方はチャットの使用も可能です。どんな初歩的なことでも、とにかく納得のいくまで講師に疑問をぶつけてください。

③ 少人数制で、よりきめ細やかな対応が実現

“初心者対象の基礎講座“という性質上、受講者からの多数の質問を期待しており、本来「15人以下の少人数での実施」が 最も効果的です。オンラインにより少人数に限定した講座が可能となりました(今回の定員は15名限定です)。

オンラインになると、名刺交換など、今までのように直接講師と対話ができなくなるのでは?

メールで何度でも質問ができます 

いいえ、まったくそんなことはありません。

講座期間中はもちろん、オンライン講座が終わった後でも、メールで自由に質問をぶつけてください。また、講座終了後も受講者の特典として、オンラインで直接一対一の対面の質問も歓迎します。

これまでの会場での名刺交換での会話は一度限りで、また時間制約もありました。オンライン講座の方式ならば、無制限に何度でも講師に質問をぶつけることができます。

プログラム

11月5日(木)
1.食品微生物の世界を知る
(講義:18:00~19:40)

本講座の肝の部分と言っても過言ではありません。食中毒菌の本来の棲家さえ理解すれば、その性質(食中毒発症のパターン、増殖特性、殺菌抵抗性、薬剤抵抗性、検出培地の原理等)は有機的に結び付けて整理することができます。ここでは、これらを芋づる式に理解するコツを概略的に説明します。また、一般生菌数、大腸菌群、変敗乳酸菌など、食中毒細菌以外の基礎事項についても解説します。

Q&A(19:50~20:40)

11月12日(木)
2.代表的な食中毒菌
(講義:18:00~19:40)

代表的な10の食中毒微生物(腸管出血性大腸菌、サルモネラ、ノロウィルス、カンピロバクター、リステリア、ボツリヌス、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ、ウエルシュ菌、セレウス菌)の特徴の性質について説明します。網羅的な知識の提供になること避け、本来の棲家から理解するドミノ方式で「なぜそうなるのか」という観点から、わかりやすく解説します。

Q&A(19:50~20:40)

11月19日(木)
3.食品微生物との戦い方
(講義:18:00~19:40)

食中毒細菌や腐敗細菌をどのように制御するのかに関する基礎事項を解説します。食品工場などでの洗浄や化学薬剤による殺菌の基礎、食品の殺菌(加熱殺菌)、食品中における微生物の制御方法(pH,水分活性、低温や冷凍貯蔵、保存料、日持向上剤)などの基礎事項について説明します。「覚えるよりも理解する」という視点で、第1講義や第2講義で理解した大まかな性質と関連付けて、全ての知識が一つの鎖として繋がるように説明していきます。

Q&A(19:50~20:40)

本講座の受講をオススメするのはこんな方

1
現在食品企業で食品微生物に関わる仕事を行なっているものの、大学において食品微生物学を体系的に学んだ経験のない方

食品企業に勤める方々の多くは、農学系、獣医学系、あるいは理学系の大学や大学院の卒業者で、バイオ技術や微生物学の基本は習得済みです。しかし一方で、これらの人々が食品微生物学、特に食品の安全性に関わる微生物学について習得しているとは限りません。

例えば「大学院での研究は大腸菌の遺伝子の基本的なクローニングなどをやっていた。しかし食品企業における安全や品質管理に必要となるような食品微生物の基本的な事項については、実はあまりよく知らない。」

このオンライン講座はそのようなあなたを対象としています。

農学や自然科学を大学で学んだ経験のない食品企業のマネージャー

部下を管理する上で、あなた自身も食品微生物の概略を知っておくべきです。
このオンライン講座は自然科学の基礎科目(特に基本的な生物学や化学)を習得した人でないと、完全な理解をすることは難しいかもしれません。しかし講座では、細かい知識ではなく大まかな流れをお話していますので、自然科学の基礎がない方でも食品微生物学の概略が理解できます。

また、あなたが部下や従業員に食品微生物学に関する基本的な知識を習得させることが必要だと考えている場合、このオンライン講座を部下の教育に使うこともできます。
部下や従業員の方の食品微生物学に関する知識不足が会社に致命的なダメージを与える可能性があります。このようなダメージを防ぐために、部下や従業員の方に食品微生物学の基本を学んでいただくのに最適な講座です。

農学や自然科学を大学で学んだ経験のない食品企業のマネージャー

部下を管理する上で、あなた自身も食品微生物の概略を知っておくべきです。
このオンライン講座は自然科学の基礎科目(特に基本的な生物学や化学)を習得した人でないと、完全な理解をすることは難しいかもしれません。しかし講座では、細かい知識ではなく大まかな流れをお話していますので、自然科学の基礎がない方でも食品微生物学の概略が理解できます。

また、あなたが部下や従業員に食品微生物学に関する基本的な知識を習得させることが必要だと考えている場合、このオンライン講座を部下の教育に使うこともできます。
部下や従業員の方の食品微生物学に関する知識不足が会社に致命的なダメージを与える可能性があります。このようなダメージを防ぐために、部下や従業員の方に食品微生物学の基本を学んでいただくのに最適な講座です。

本オンライン講座の受講者特典

  • 講座修了後も、講師にメールにて質問し放題!
  • オンラインにて1対1で相談ができる(1回限定)!
  • オンラインにて1対1で相談ができる(1回限定)!

受講者の声
(昨年の「食品微生物入門講座」受講者)

初心者でもわかりやすかったです

初心者でも大変わかりやすく理解が進みました。

資料も見てイメージしやすくとてもわかりやすかったです。培地成分の読解力の必要性、D・F・z値、pHも図を用いての説明がわかりやすく、大変参考になりました。ありがとうございました。

体系的に理解できました

食品微生物の基礎を図や喩えを多く用いて大変分かりやすく説明していただき、参加してよかったです。検査業務の中で散発的な知識をつないで体系的な理解を進められました。

体系的に理解できました

食品微生物の基礎を図や喩えを多く用いて大変分かりやすく説明していただき、参加してよかったです。検査業務の中で散発的な知識をつないで体系的な理解を進められました。

●申込みから当日まで

1
申込み
申込みボタンを押していただくと、フォーム画面になります。必要事項の入力をお願いします。
お支払い(paypal決済)
申し込みフォーム入力後「内容確認画面へ」をクリックしていただくと、次の画面の下に「送信する」というボタンが出ます。その送信ボタンを押さずに、すぐ下のPayPalの決済ボタンを押してください。決済後にフォームも送信されます。
ZoomのミーティングID送付
受講5日前くらいにZoomのミーティングIDをメールにて送付します。
テキストの送付
受講2日前までにテキストをメールにて送付します
アンケートの送付
講座修了後、アンケートをお送りいたしますので、ご回答をお願いします。
お支払い(paypal決済)
申し込みフォーム入力後「内容確認画面へ」をクリックしていただくと、次の画面の下に「送信する」というボタンが出ます。その送信ボタンを押さずに、すぐ下のPayPalの決済ボタンを押してください。決済後にフォームも送信されます。

●当日

[100分]
指導講師による講義
[10分]
休憩
[50分]
Q & A
[10分]
休憩

受講料・受講規定

受講料 お一人につき 45,000円+消費税

※全3回の連続講座です。一部の講座のみの参加はできません。
定 員 限定15名
(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます)
お支払い方法 □ ペイパルカード決済一括  ¥49,500(消費税込)

 ※オンライン講座はpaypalのクレジットカード決済のみとさせていただきます。領収証はメールにてお送りいたします。  
申し込み後のキャンセル

申し込み後キャンセルは、初回開催7日前までお受けします(振込手数料を差し引いたうえで受講料をご返金いたします)。それ以降のキャンセルはできませんので、あらかじめご了承ください(講座途中でのキャンセル・返金もできません)。

ご注意  1.受講者の皆様には開催5日前を目安に、お申し込みのメールアドレス宛にZoom IDをご連絡いたします。
    ※開始20分前からミーティングルームでスタンバイしております。10分前には入室を完了するよう余裕を
     もってご入室下さい。
    ※定刻(18時)にスタートします。

<ご注意>ご確認ください!
●Zoomのお名前を必ず「申込時のお名前」に変更のうえ、ご参加をお願いします。
受講者名簿とZoomのお名前を照合・確認してから入室を許可しております。Zoomのお名前が申込時のもの以外ですとその許可を出すことができず、講義の途中からの入室になってしまう可能性がございます。お手数をおかけいたしますが、ご協力をお願いいたします。

名前の変更の仕方:https://blog.coubic.com/onlinelesson/zoom-name-change/

●申込者お一人につき1端末のみ接続いただけます。複数の端末での同時接続はご遠慮ください。複数の端末で入室されていた場合、いったん退出・再入室いただく場合もございます。


2.接続の不具合・トラブルについて弊社ではサポートできません。予めご了承下さい。


3.事前に「Zoom」のインストールをお願いいたします。
     使い方:https://hashikake.jp/articles/how-to-zoom-ep01
     接続テストサイト(https://zoom.us/test)にて接続性に
     問題がないかご確認ください。

4.当日は以下の環境を整えてご参加ください。
      (1)使い慣れたPC・タブレット・スマホ
      (2)安定して速度のあるインターネット回線への接続
      (3)雑音が少なく話しやすい静かな場所 

5.本セミナーの撮影・録画・録音、また配信URLを他の方に知らせたりSNSなどで公開することを禁止します。

6.当日のテキストは、開催日の2日前までにPDFファイルをメールにて送信します。

7.本講座の動画配信はございません。

8.最低催行人数8名に満たない場合は本講座を中止とさせていただきますので、予めご了承下さい。原則として、開催の1週間前までにご連絡いたします。講座が中止となった場合、既にご入金済みの受講料はご返金いたします。

申し込み後のキャンセル

申し込み後キャンセルは、初回開催7日前までお受けします(振込手数料を差し引いたうえで受講料をご返金いたします)。それ以降のキャンセルはできませんので、あらかじめご了承ください(講座途中でのキャンセル・返金もできません)。

営業時間 9:00 - 17:00(土日祝除く)
04-7128-5461

〒270-1142 千葉県我孫子市泉14-30
TEL 04-7128-5461 FAX 04-7184-7912