スクールリーダーシップ研修

教職員チームと学校共同体のファシリテーターとしての校長

アナザースカイとDVD「明日の学校に向かって」で一躍有名になったオランダ・バレンドレヒト市のドクター・スハエプマンスクールで40年余りの校長経験を持つリーン・ファンデンヒューヴェル先生による「スクールリーダーシップ研修」を来たる9月5−7日に実施する運びとなりました。学校を作りたいと思っておられる方、新しい学校経営に関心をお持ちの方、どなたにも参加していただける、現地集合・個人参加型の研修です。
翌週のオランダ教育視察(詳しくはこちら)と組み合わせてのご参加も可能です。ふるってご参加ください。

オランダの学校の校長は、学校で働く職員のリーダーとして、職員たちの力が最大限に発揮されるように職員の仕事をファシリテートするとともに、職員たちがチームとなるよう組織を運営し、さらには、生徒と保護者が安心して学校に関われる学校共同体の建設者・維持者であることが求められる存在です。新しい時代に向け、これまで、教育行政の末端の管理者として働いてきた日本の校長のあり方を見直す良い機会になると思います。

研修には、全行程、リヒテルズ直子が通訳とコーディネーションを行いますので、オランダ語や英語ができなくても日本語だけで参加していただけます。

3日間の研修は、ロッテルダム市内の会場で行います(2日目に訪問する学校があるバレンドレヒト市はロッテルダムから電車またはメトロですぐです)。宿泊先は、3日間朝9時から通えるところにご用意ください。

実施期間:2018年9月5-7日

参加資格:新しい学校作りに関心のある人(学歴・年齢・資格は問いません)

参加費: 一人:780ユーロ(締め切り後、海外送金していただくか、研修の初日に現金でお支払いください)
(参加費には、研修講師への謝礼・同行コーディネート通訳料、研修室貸室料、学校視察の謝礼、研修期間中の昼食費が含まれています。オランダまでの往復渡航費・宿泊費・期間中の朝食および夕食費・オランダ国内での移動にかかる交通費・海外旅行保険加入料は含みませんのでご注意ください)

実施人数:最低10人で実施、最大人数15人

申し込み締め切り:2018年6月15日(実施が確定しましたら、すぐにお知らせしますのでその後渡航準備を始めてください。また、締め切り以後のキャンセルは、70%のキャンセル料がかかります)

講師

リーン・ファンデンヒューヴェル

オランダの学校が画一的なものから、個別の子どもの発達を保障するものへと変換していった1970年代に、なんと20歳台で校長となる。

以後、イエナプラン教育のペーターゼンや最近展開されている様々な学校改革・組織変革の理論を取り入れて、40年以上の校長経験を積む。

オランダ・イエナプラン教育協会ペーターセン賞受賞。

教育監督局から「優秀校」に選ばれたオランダ・バレンドレヒト市のイエナプランスクール、ドクター・スハエプマンスクールの校長。

現在は、若い教員たちに向けたイエナプラン教育研修・カトリック教育協会でスクールリーダーシップや秀才児指導法の研修等の講師としても活躍中。

研修内容

9月5日水曜(1日目)

午前 9-12時 
<研修者同士が知り合いになるためのアクティビティ>

午後 13時ー16時
<国際的視野からのオランダの教育の位置付け>

〇アングロサクソン型思考とライランド型思考
〇オランダの子供達のウェルビーング
〇宗教その他の背景
〇教育の自由と自由裁量権

<オランダの教育監督の視点から>

〇子ども達は安全で、学校の雰囲気は良いか?
〇子ども達はしっかり学んでいるか?
〇子ども達は良い授業を受けているか?

<ピーター・センゲとマイケル・フランに学ぶ(1)>

概論:二人のビジョン

9月6日木曜(2日目) 

午前     バレンドレヒト市のDr・スハエプマン小学校の学校視察

午後 13時ー17時

<学校視察の振り返り>(1時間)

<ピーター・センゲとマイケル・フランに学ぶ(2)>

〇センゲのシステム理論とスクール・リーダーシップ
発展のために共に働く、個別の発達、メンタルモデルを乗り越える、システム思考

9月7日金曜(3日目)

午前 9時ー12時

<ピーター・センゲとマイケル・フランに学ぶ(3)>

〇マイケル・フランの組織改革理論
変革のための6つの秘術(同僚を愛す、同僚を目標志向にする、能力開発が第一、仕事をしながら学ぶ、透明性の必要、システム学習)

午後 13時ー16時

 <サバイバル・キット>

〇子ども学に基づくリーダーシップ:ミッションとビジョン、リーダーシップの種類
〇職員管理:ビジョンを共に作る、コミュニケーションの取り方、能力開発、決定における自由と自律、ツール、アクション・プラン、(相互)評価
〇時間管理
〇自己管理:自分自身へのケア、傷つきやすさが持つ強み

<秀逸なスクールリーダーになるための9原則>

〇教育へのパッション
〇風を巻き起こし、嵐の中に立つ
〇ポジティブな姿勢
〇力強いビジョン
〇トップクラスのチームを作る
〇ゆとりを与える
〇ビジョンを日常出来事の中に体現する
〇専門的態度を刺激する
〇自らがそうなる、、、

<クリエイティビティ>

〇リアクティブとプロアクティブ
〇丑満時の世界:組織発展の臨界点