もしあなたがこんな悩みをもっているなら…

  • 正直、これまで足部や下肢障害についてしっかりと学んでこなかった

  • いろいろ学んではいるものの、その知識を現場で活かしきれていない

  • シンスプリントやアキレス腱炎など完治しづらい症例に困っている

  • 足や膝の痛みで悩む患者さんに対して、絶対の自信をもって対応できていない

  • 慢性障害に対しては、その場しのぎの治療の繰り返しになってしまっている

  • 治療家としてキャリアを積む上で、これといった強みがまだ持てていない

  • 自費移行して売上UPさせていきたいが、なにを自分のウリにすればいいのかわからない

  • 正直、これまで足部や下肢障害についてしっかりと学んでこなかった

これらにひとつでも当てはまったなら、
このページを最後まで読み進めてください。
もしあなたが、基礎的な解剖学や運動生理学については
ある程度学習済みという状態なら、

たった3ヶ月で、
足・下肢専門の自費メニューを
つくれる状態になれます

あしか協会
【あしか専門スクール】

下肢障害エキスパートコース   
第1期生(2019年9月〜11月)
@船橋 
申し込み期限は8/1(木)まで

カリキュラム

足部評価の実践と活用

3時間×3回=9時間

歩行分析の実践と活用
3時間×3回=9時間

下肢機能障害マネジメント
[発症メカニズム]
3時間×3回=9時間

下肢機能障害マネジメント
[アプローチ実践]
3時間×3回=9時間

合計36時間の学びのコースです。
第1/3日曜の月2回、10:00-17:00@船橋
(第1日曜のみ/第3日曜のみ受講も可能)

もう、講師の先生の知識量が圧倒的でした…
参加者の先生の声をご紹介します

これまでは患者さんに自信をもって説明できていなかったけど…

今中豪先生 柔道整復師

これまでは歩行や動作分析に自信がもてず、患者様にも自信をもって説明することができていませんでした。
ほかにもいろいろな歩行分析のセミナーにも行きましたが、このコースがダントツでわかりやすかったです。 学んだことが翌日からすぐに使えたのも良かったですし、カリキュラムにはない、講師の先生自身の個人的な治療戦略まで教えていただけたことに感動しました。 すべての先生にオススメですが、特にこれから治療家人生を歩む方には、この知識をもって歩んでほしい、と強く思っています。

歩行分析は、苦手分野でした。でもこのコースで…

田口直人先生 あん摩マッサージ指圧師

これまでは複雑な足部評価法や歩行分析を自分の中でまとめきれておらず、臨床に活かせていませんでした。特に歩行分析は昔勉強したことがあるのですが、苦手な分野でした。
分析すればするほど迷いも大きくなり、あまり深く入ることを避けてしまう自分がいました。
それほど苦手に感じていた歩行分析がシンプルに理解でき、他の評価法にもつなげて実践的なアプローチまで習得できたことが、とても良かったです。患者さんの痛みをとるだけではなく、根本から改善したいと考える人にはオススメです。

正直、歩行や動作について、見るべき大事なポイントを知らなかった。けど…

川端翼先生 柔道整復師/鍼灸師/日本スポーツ協会AT

これまでは、足部についてはいろいろな評価法がある中でどれを活用するべきかの基準が曖昧で、歩行や動作についても見るべき大事なポイントを知らなかったというのが正直なところです。
このコースでは、各評価法の活用するタイミングや意義も知れて、シンプルに活用できるようになれたほか、歩行での見るべきポイントが現場ですぐ使えるかたちに整理されたのが良かったです。
そしてなんといっても、講師の先生が実際にリアルに患者さんをどうみているのか?という流れや考え方をそのまま伝授いただいたことが最大の収穫です。

患者さんに対して自信をもって説明や提案をしたい、治療家としてもっとレベルアップしていきたいという先生にはオススメです。

講師陣

山中良裕(やまなか よしひろ)先生

足部評価・歩行分析 担当

ラポール鍼灸接骨院 院長
柔道整復師/鍼灸師

「ほねつぎの名門名倉整形外科」修行等を経て18年の臨床経験を持つ。
自院では外傷対応から運動指導まで担い、エコー診断/足部矯正具の臨床活用を実践。医療機関やPT、研究機関とのネットワークにより幅広い知見を持つ。
2019年4月に千葉県船橋市に10m以上の歩行分析スペース、パーソナルトレーニングスペース、エコー診断、鍼灸治療室を完備した地域最大級の治療院施設を移転リニューアルオープン。
整形外科グループでの技術セミナーも担当しており、開業治療家としての幅広いエビデンス活用に関して、あしか専門スクール第0期生からも「これまで出会った同業者の中でもダントツNo.1の先生」と称される。

紀平晃功(きひら あきのり)先生

下肢機能障害マネジメント
発症メカニズム・アプローチ実践 担当

呉竹学園 東洋医学臨床研究所 教諭
柔道整復師/修士(保健医療学)

鍼灸師・柔整師を養成する呉竹学園の東洋医療臨床研究所で臨床・教育・研究に携わる。
スポーツ現場でも20年に渡りアメフト/ラクロスチームトレーナーを歴任。
現在、全国制覇2連覇を果たした大学女子バスケットボール部や社会人全国優勝を果たしたラクロスチームをサポートするなど、トップアスリートを最前線を支える。

エビデンスに基づいた臨床展開が可能となる研究理解と教育還元を実践している。
また、あしか専門スクールのカリキュラムはすべて数十の英語論文リサーチから構築されている。
あしか専門スクール第0期生からも「深いエビデンスをわかりやすく見える化してくれるのですぐに翌日から使えて、患者さんに喜んでいただけた!」と絶賛の声が上がっている。

注意!このスクールは、よくある普通の技術セミナーではありません

このスクールは、単なる「お勉強会」ではありません。
「◯◯メソッド」のような整体テクニックを教える場でもありません。
現場では使えない「枝葉末節」を深掘りする専門家の自己満足の場でもありません。
自分の頭で考えない「なんでもおしえて」という人のための場でもありません。
一般的な解剖学や運動生理学の基礎を教える場でもありません。
もしあなたがこれらの内容を欲しているなら、私たちはお役に立てないと思います。

しかし、もしあなたが「下肢障害」について心から信頼できる圧倒的な臨床実績を誇る先生からエビデンスに基づいた「現場で使える」一生モノの知識とスキルを手に入れたいと本気で思っているとしたら、、お役に立てます。

このスクールは、下肢障害のエキスパートとしての強みと自信を手にいれるための場所だからです。
それによって患者さん、選手から強く信頼され、選ばれ続ける専門家になるための場所であり、
海外足病学の知識も含めた、他ではぜったいに手に入らない「今日から使える」知識やスキルを手に入れる場所だからです。
そして自分の院で「使う」ための仕入れの場、引き出しを増やすための場だからです。


海外には足専門の医学である足病学があり、足専門医である足病医が数万人単位で存在します。海外足病学の知識は膨大で、そのほとんどを日本人医療者は知りません。

その証拠に、私たちが海外から仕入れている情報源は、
東京大学大学院でバイオメカニクスを専門で研究している理学療法士の先生も、
日本を代表するスポーツ整形外科医でありエコー×関節鏡の領域で世界的権威である医師も、
私たちが出会ってきた296名以上の開業治療家の先生たちも、私たちから情報を提供するまでその知識を知りませんでした。
彼らの人脈はものすごいものですが、それでも本場の足病学の知見にはアクセスできていなかったのです。

つまり、このスクールに参加すれば、日本国内の最高クラスの専門家でも知らない情報を、あなたは手に入れることができるということです。
もちろん、ただ珍しいだけでなく彼らも納得の、めちゃくちゃ使える評価法や治療マネジメント法をです。
そしてその内容は、2019年7月に開催されたニュージーランド足病医来日2daysセミナー【足病学による下肢機能障害マネジメント】にて、21年の臨床経験を誇る足病医が共有してくださった世界的な最新カリキュラムとも完全に整合性がとれており、2019年7月の最新情報として、足病学の権威として世界的に活躍している現役の足病医から、実際に確証を得ているものとなります。

さらに膨大な情報の中から日本人治療家であるあなたにとって役に立つものだけを厳選して「いつでも、どこでも、だれでも」実践できるようにわかりやすく体系化してお伝えします。内容は、こんな感じです。

①足部評価の実践と活用

担当講師:山中良裕
第1日曜午前

足部評価とバイオメカニクス
筋活動とモーメントアーム
距骨下関節評価
横足根関節評価                
前足部/後足部アライメント
足関節ROM
足部1st Ray
第1指MTP関節
ジャックステスト               
リバースウインドラスメカニズム     
舟状骨ドリフト&ドロップ 
最大回内テスト
回外抵抗テスト
ファンクショナル評価  etc.

26の骨がある足部の評価法はとても複雑で、わかりづらいですよね。普通のセミナーだと細かく難解な話ばかりに終始してしまいがちですが、あしか専門スクールはちがいます。「ムズカシイことをカンタンに」をコンセプトに、「使える評価法」だけをわかりやすく伝授し、その場で実践します。「で、これを現場でどう使うか」の話に落とし込まれているので、今日からすぐ使えます。しかも評価法の中身は海外足病学のノウハウを多く含むので、日本ではまだ知られていないものも複数あります。

このセッションが終わる頃、あなたは…

・日本人医療従事者のほとんど誰も知らない海外足病学に基づいた評価法を手に入れることができています。

・足部の評価と知識の引き出しが圧倒的に増えるので、痛みの原因追求の精度が格段に向上しています。

・どんな人にどの評価法を使えばいいのか、実際にやるときのポイントはなにか?など「使える知識」を手に入れています。

・参加者から「この人こそ私の目指す理想像です」と評された同業者からも尊敬される卓越した先生の知見を手に入れています。

・学んだ評価法を実践したくてウズウズします。実際に使ったらその効果に驚き、スタッフや友人に自慢したくなるほどです。

②歩行分析の実践と活用

担当講師:山中良裕
第1日曜午後

膝OA患者の歩行分析と治療戦略
歩行分析におけるレッドフラッグの考察
膝関節伸展制限因子
ラテラルスラストの原因と対処法
B-M Axis Model理論
アブダクトリーツイストとヒールウィップ
ハイギア&ローギア
歩行分析チェックリスト(足部編)
上半身質量/下半身質量の考え方と使い方
今日から使える!歩行分析の臨床現場での実践的活用法
原因は体幹?足部?まず何からアプローチすべきかの考え方
エコーによる半腱様筋/長趾屈筋/腹横筋等の触診法レクチャー
歩行改善「まずここは押さえればOK!」のポイント       etc.


参加者が「もうその知識量が圧巻でした…」と舌を巻いたのが、この歩行分析です。講師の山中先生の実践者としての異常なほどの経験値を存分に浴びることができるだけでも貴重ですが、それを「使える歩行分析」としてわかりやすく教えてくれます。圧巻の一言に尽きる内容です。

このセッションが終わる頃、あなたは…


・「歩行分析については任せろ」という自信を手に入れています。

・患者さんに聞かなくてもどこに問題があるかがわかるようになります。

・患者さんから「先生なんでわかるんですか?」と言われるようになります。

・膝OAの治療戦略がわかり、何をどうすればいいのか?が明確になります。

・院に歩行スペースがなかったとしても歩行のクセがわかるようになります。

・歩行分析にオススメの動作解析アプリ(無料)情報も手に入ります。

・「歩行はまずはここを見ればOK」という誰でもできるポイントが理解できます。

・現場でそのまま使える「歩行分析チェックリスト」が手に入ります。

・分析だけでなく、手技やエクササイズについても実戦形式で学べます。

③下肢機能障害マネジメント
[発症メカニズム]

担当講師:紀平晃功
第3日曜午前

シンスプリント
アキレス腱炎 
腸脛靭帯炎
鵞足炎
足底腱膜炎
外反母趾/内反小趾
強剛母趾
モートン病
扁平足/開帳足
足関節捻挫
膝蓋大腿疼痛症候群
ジャンパー膝
オスグッド
変形性膝関節症(膝OA)

これらの下肢機能障害が「なぜ発症したのか?」のメカニズムを考察し、表層的な原因から根本原因までを完全見える化したものを誰でもわかるように図解します。さらに各障害をエビデンスベースで詳しく解説し読み解きます。

この講座のカリキュラムは、すべての障害ごとに英語論文のエビデンスを集めて構築されています。障害によっては数十の論文を読み解いて世界的な知見を踏まえた上で、「現場で何をするのが効果的か」に落とし込まれています。
現在リアルタイムで全国制覇スポーツチームを2つサポートしている講師の知見が素晴らしいのはもちろん、「私はこうしています」「これがオススメです」だけでなく、「世界中のエビデンスによると、こう結論づけられています」という見方から全てが語られるので、納得度が圧倒的です。
しかも、わかりやすく笑いも交えながらおもしろく講義が進んでいきます。このようなハイレベルな講座はまず他にはないと言っても過言ではないでしょう。

このセッションが終わる頃、あなたは…


・患者さんに「あなたの痛みはこういう理由で起きているんですよ」ということが自信を持って伝えられるようになっています。

・シンスプリントや足底腱膜炎など下肢障害別の発症メカニズムをわかりやすく図解したフローチャートが手に入ります。

・各障害ごとの「なぜ痛いのか?」「痛みを引き起こしている原因の大元はなにか?」が明確に理解できています。

・スポーツ障害全般の発症メカニズムの全体像が理解できています。

・「オーバーユース」とはどういう状態のことか?を同業者にレクチャーできるレベルで理解しています。

・「じゃあ、この症状にはこれをやれば効果的ってことか」などがドンドンわかるようになり、楽しくて興奮してきます。

④下肢機能障害マネジメント
[アプローチ実践]

担当講師:紀平晃功
第3日曜午後

シンスプリント
アキレス腱炎 
腸脛靭帯炎
鵞足炎
足底腱膜炎
外反母趾/内反小趾
強剛母趾
モートン病
扁平足/開帳足
足関節捻挫
膝蓋大腿疼痛症候群
ジャンパー膝
オスグッド
変形性膝関節症(膝OA)

これらの障害の発症メカニズムがわかっても「じゃあ、何をやればいいんですか?」が不明瞭ならば、最短治療は実現できないですよね。
なのでこのセッションでは、発症メカニズムを根本原因まで図解したフローチャートを活用して、各障害への改善アプローチ法を実践ワークを通じて習得していきます。講義ではなくワークがメインになるセッションです。

このセッションが終わる頃、あなたは…


・下肢の各障害ごとの予防・治療アプローチ法の引き出しが増え、実戦的に習得できています。

・メカニズムの理解と解決策の引き出しがセットで身についているので、下肢障害エキスパートとしての自信を手に入れています。

・「オーバーユース」へのアプローチ法を「なにをどうする」のレベルで具体的に手に入れてます。

・4週移動平均線などを用いて、エビデンスベースの練習量の調整法メソッドを手に入れています。

・「モノ・カラダ・プランの法則」の実践的活用法(全国制覇チームでの事例など含め)が理解できています。

・スポーツ動作改善の超重要ポイントである「膝下主導の走動作」へのアプローチ法見える化図を手に入れています。

・論文エビデンスが詳細に語られるので、整形外科のPTや医師とも同レベルの会話ができるようになる知識が身についています。

第1期受講者限定
特別プレゼント

歩行分析チェックリスト(足部編)

歩行分析の「まずはここを見ればOK」を見える化したチェックリストをプレゼントします。治療院の受付スペースやバックヤードに貼れば、いつでも復習しながら現場で実践することができます。スタッフ研修に活用するのもオススメです。(※第1週セッションを受講された方限定)

下肢障害別 発症メカニズム
図解まとめシート

下記の障害の発症メカニズムが一目でわかるように図解されたスライドを配布テキストとは別に、院に掲示しやすいカタチでまとめたものをプレゼントします。

シンスプリント/アキレス腱炎/腸脛靭帯炎/鵞足炎/足底腱膜炎/外反母趾/内反小趾/強剛母趾/モートン病/扁平足/開帳足/足関節捻挫/膝蓋大腿疼痛症候群/ジャンパー膝/オスグッド/膝OA(※第3週セッションを受講された方限定)

膝下主導の走動作/オーバーユースへのアプローチまとめ図解シート

なぜ膝下主導の走りになってしまっているのか?(6つの理由があります)とそのアプローチ法(6カテゴリ20以上)について、そしてほとんどの治療家が明確化できていないオーバーユースについても図解シートをお渡しします。これだけで、ランナーやスポーツ選手へのサポートにおいてやるべきことは明確化し、永遠に尽きない状態になります。(※第3週セッションを受講された方限定)

さらに貴重なプレゼントが!

下肢バイオメカニクスの基礎[動画講座] 
全19動画(72分)

東京大学大学院でバイオメカニクス専攻修士を取得している理学療法士の得原藍先生の特別動画講座を、事前学習/復習用にプレゼントします。下肢障害に使えるバイオメカニクスについて、非常にわかりやすく解説されています。

動画内容:
Session1:キネマティクスとキネティクス(運動学と運動力学)
     キネマティクスとキネティクスとは
     重力と床半力 
     止まることと動くこと
Session2:足部の機能と用語解説 
Session3:歩行周期 
     歩行周期の捉え方
     歩行周期の全体像
     立脚期のポイント
     遊脚期のポイント
     歩行周期における足部のはたらき
Session4:モーメントアーム 
     モーメントアームとは
     ジョイントモーメント
Session5:キネティックチェーン
     キネティックチェーンとは 
              OKCとCKC
              足部からの運動連鎖
     コアからの運動連鎖
     ウィンドラスメカニズム

あなたがこのコースに参加すべき5つの理由

理由1:下肢の痛みに自信をもって対応できない治療家は生き残れないから

変形性膝関節症の患者は2560万人以上(予備軍含む)だというデータがあり、50歳以上の2人に1人が膝OAだといわれています。高齢化が加速するこれからの日本において、もはや膝痛を含む下肢障害全般にエビデンスベースで自信をもって対応できない治療家は、もはや大半の患者から選ばれなくなります。これまで学びを深めてこなかった先生は正直ヤバいという状況です。

理由2:他のセミナーでは決して得られない「使える」知識/スキルが手に入るから

トップクラスの日本人医療者の誰もが知らないと答えた海外足病学の情報が得られる、ということはもちろんですが、それを開業治療家や医師からも尊敬を集める卓越したエキスパートが指導してくれる場は他にないことでしょう。これまでは難解な職人技としてしか語られてこなかった歩行分析や足部評価などを「わかりやすく、すぐに使えるカタチで」教えてくれます。

理由3:たった3ヶ月で、足専門・下肢専門の自費メニューを作れるようになるから

あなたはたった3ヶ月隔週日曜日に学ぶだけで、足専門・下肢専門の自費メニューをつくれるほどの下肢障害のエキスパートになることができます。もちろん、長年の経験からしか得られないものは今後身につく部分ですが、他の同業者を圧倒する知見が身につくことを保証します。さらに圧倒的な自信がつくので、患者さんの前では、もはやあなたはエキスパートのひとりになれているのです。歩行をみるだけで痛いところがわかるので「先生、なんでわかるんですか?!(驚)」と患者さんから驚きと尊敬の眼差しで見られるでしょう。しかもコース受講中からこれらの成果を出すことができます。

理由4:これまで救えなかった患者さんを救えるようになるから

これまでに、どうしても治せなかった症状やどうしても完治させてあげられなかった患者さん…いますよね。そんな人をできるだけ少なくしたい、そのためならできる限りのことをしたい…。あなたも私と同じように、そんな想いを抱いていると思います。このコースは、まさにそんな素晴らしい姿勢をお持ちの、本物を目指すあなたのための場所です。

理由5:あなたのスキルUPスピード=患者さんの人生が好転するスピードだから

私たちが一般の事業者と大きく違う点、それは「目の前に痛みで苦しんでいるひとが実際にいる」という点です。そして、そのひとは他の全ての可能性を捨て、自分を選んでくれている。その自分を選んでくれたひとの悩みをどれくらいのスピードで解決し、人生を好転させられるかは、まさにあなたの「スキル」にかかっているのです。

つまり、あなたのスキルUPのスピードがそのまま、目の前のひとの人生が好転するスピードとイコールだということです。だから我々は、自分が最速で儲かるためにではなく「目の前のひとの人生を最速で好転させるために」最速でスキルUPしなくてはいけない立場だといえるのです。

治療をする上で軸となるものがなかったのが課題でした…

番場稔先生 柔道整復師

今まで評価を甘くみてしまっていたのか、評価について詳しく学んだことがありませんでした。
正直、治療をする上での軸となるものもなかったことが課題でした。このコースでは、まず評価法でいえば細部だけでも全体だけでもなく、どちらもカバーして詳しく教えてもらえたことが良かったです。歩行分析もすぐに使えるようにシンプルにして教えていただけたので、良かったです。
さらに、講師の先生の「患者さんに伝える」技術がすごい!!
すべての治療家に薦めたいですが、とくに治療家としての自分の軸を構築していきたいという人には絶対オススメ
ですね。

エコーによる解剖学の理解もできる!さらに…

永井良汰先生 鍼灸師/あん摩マッサージ指圧師

クライアントに対してどこから評価してどこからアプローチしていくのか、自分の中で明確化できていませんでした。
このコースでは海外の足病医の知見はもちろん、エコーによる解剖学の理解ができたり、実際にアプローチする方法や変化を見ることができたのが素晴らしかったです。明日の臨床から早速使える内容ばかりだったのでよかったです。
そして講師の先生の臨床経験のお話まで聞けたことがかなり貴重でした。患者さんを足からみる習慣がない先生はもちろん、今よりも一段二段レベルアップしたい先生にはオススメです。

これまでの治療家としての課題がこのコースで解決できました!

今井亨先生 柔道整復師/鍼灸師

これまでは足部の評価の引き出しが少なく、臨床の場で細かい評価を抜きに痛みのある患部をメインでみてしまっていました歩行や姿勢の見方でスッキリこないところも多々ありました。
しかしそれらの課題がこのコースで解消できました。
内容がすべて講師の先生ご自身の経験則に基づくお話なので、非常に信頼でき、このような先生に少しでも近づかないといけないなと実感しました。歩行、姿勢、足部を重視して治療していきたい方にはぜひオススメです。

自信をもって患者さんと向き合えるようになりました!

大塚一輝 柔道整復師/日本スポーツ協会AT

受講前は患者様の歩行や動作をみてはいるものの、なんとなく正常ではないのがわかる程度でした
そこで何が問題でどうアプローチするのか、患者様にどう伝えるか自分の中で明確化できないことがとても大きな悩みでしたが、このスクールでその悩みがすべて解消されました。
このスクールでは4つの異なる講義が最終的にすべて繋がり、下肢障害の総論から評価、アプローチの方法がすべてセットで手にいれることが出来ました。これが、他の単発のセミナーとこのスクールとの圧倒的な違いだと思います。

歩行分析コースでは歩行時に押さえておきたいレッドフラッグや、エコーを使ったリアルな解剖学や、即実践に応用できる内容が盛りだくさんでした。
下肢機能障害マネジメントコースでは、下肢障害の根本的な原因が網羅され、そこからどうアプローチすべきなのかを教えていただき、その場でセルフケアやトレーニングを実践しながら学ぶことが出来ました。

結果的に、クライアントに対して自信も持って接することが出来るようになりました。

日々患者様に対して不安を抱えながら接している方障害への理解が教科書レベルで止まっている方、痛みに対して対症療法的な治療しか行えない方にはとてもオススメです。

では、より多くの患者さんを最速で救うためのスキルUPに、
あなたはいくら投資できますか?

この3ヶ月のスクールで習得する足部評価、歩行分析、下肢機能障害マネジメントのスキルを現場で使えば、あなたは今よりも確実に患者さんから信頼され、今後もずっと選ばれ続けるようになるでしょう。なぜなら、あなたは下肢障害のエキスパートとして誰もが悩む症例でも、自信を持って根本原因にたどり着き、解決することができるからです。その投資にかかる金額の詳細はこちらです。

下肢障害エキスパートコース
3つの参加方法

参加方法1)フルコース受講(第1・第3日曜)

3ヶ月間/月2回、船橋会場で受講するフルコースです。卓越した先生の治療院店舗見学ができるだけでも貴重な機会です。

下肢バイオメカニクスの基礎[動画講座]もプレゼントするので、将来に渡って何回でも繰り返し復習ができます。

日程:2019年9月~11月の第1・第3日曜(10–17時)    
6時間×6日=合計36時間  

①足部評価の実践と活用 :第1日曜午前(10-13時) 
9月1日,10月6日,11月3日

②歩行分析の実践と活用 :第1日曜午後(14-17時) 
9月1日,10月6日,11月3日

③下肢機能障害マネジメント[発症メカニズム] :第3日曜午前(10-13時)  
9月15日,10月20日,11月17日

④下肢機能障害マネジメント[アプローチ実践] :第3日曜午後(14-17時)  
9月15日,10月20日,11月17日

※どうしても参加できない日程がある場合、事前に申告いただければ日割での値引きor次回振替が可能です。

※このコースは、資格保有の有無に関係なく、誰でも参加することができます。(国家資格者でない整体師やパーソナルトレーナーでも参加可能)
ただし、治療家やトレーナーとしての専門学校での教育はすでに完了している前提でコースが組まれていますので、基礎的な解剖学や運動生理学はある程度学習済み/現在学習中の方のみご参加ください。

参加方法2)第1日曜のみ受講(第1日曜のみ)

月1回第1日曜だけ、「足部評価と歩行分析」のみ船橋会場で受講するコースです。

こちらも下肢バイオメカニクスの基礎[動画講座]をプレゼントするので、将来に渡って何回でも繰り返し復習ができます。

日程:2019年9月~11月の第1日曜(10–17時)    
6時間×3日=合計18時間

①足部評価の実践と活用 :第1日曜午前(10-13時) 
9月1日,10月6日,11月3日

②歩行分析の実践と活用 :第1日曜午後(14-17時) 
9月1日,10月6日,11月3日

※どうしても参加できない日程がある場合、事前に申告いただければ日割での値引きor次回振替が可能です。

※このコースは、資格保有の有無に関係なく、誰でも参加することができます。(国家資格者でない整体師やパーソナルトレーナーでも参加可能)
ただし、治療家やトレーナーとしての専門学校での教育はすでに完了している前提でコースが組まれていますので、基礎的な解剖学や運動生理学はある程度学習済み/現在学習中の方のみご参加ください。

参加方法3)第3日曜のみ受講(第3日曜のみ)

月1回第1日曜だけ、「足部評価と歩行分析」のみ船橋会場で受講するコースです。

こちらも下肢バイオメカニクスの基礎[動画講座]をプレゼントするので、将来に渡って何回でも繰り返し復習ができます。

日程:2019年9月~11月の第3日曜(10–17時)    
6時間×3日=合計18時間

①下肢機能障害マネジメント[発症メカニズム] :第3日曜午前(10-13時)   :
9月15日,10月20日,11月17日

②下肢機能障害マネジメント[アプローチ実践] :第3日曜午後(14-17時)   :
9月15日,10月20日,11月17日

※どうしても参加できない日程がある場合、事前に申告いただければ日割での値引きor次回振替が可能です。

※このコースは、資格保有の有無に関係なく、誰でも参加することができます。(国家資格者でない整体師やパーソナルトレーナーでも参加可能)
ただし、治療家やトレーナーとしての専門学校での教育はすでに完了している前提でコースが組まれていますので、基礎的な解剖学や運動生理学はある程度学習済み/現在学習中の方のみご参加ください。

クレジットカード払い/分割払いもできます

支払い方法は銀行振込orクレジットカード払い(VISA/MASTER/JCB/ダイナース/アメックス)です。いずれも一括払いor3回払いを選ぶことができます。第1日曜のみ受講/第3日曜のみ受講を3回払いで選択する場合、はじめに振り込みいただくのはわずか46,600円(税抜)のみです。


この講座の内容をきちんと実践していけば、確実に患者さんから「先生、なんでわかるんですか?すごい!」「次の予約はいつが空いていますか?」と言われてあなたのファンが急増するはずです。

なので事業者であれば最低でも月に数万円分は確実に成果が出ますし、ほとんどのひとは数十万円以上の単位で数字としても成果が出るはずです。ということは、生涯にわたって考えれば数百万円から数千万円以上の効果が期待できることになります。少なくとも、実践すれば参加費はすぐに元が取れるはずです。これまで救えなかった患者さんを救うことができる、その結果事業もブレイクスルーを果たすことができる一生のスキルをこのわずかな金額で手に入れることができるということです。投資対効果を考えれば、これほど「手堅い投資」はないのではないでしょうか?

どうしても参加できない日がある…
そんなあなたのための日割受講

「どうしても参加できない日程がある…けど受講したい」という場合も、安心して受講できます。申し込み時に申し込みフォームの備考欄で参加不可の日程を申告いただければ、日割の割引価格で受講が可能です。ただし、各講義は単発で構成されておらず全ての講義全体で相乗効果を生む構成になっているので、できる限りすべての講座を受講いただくことを強くオススメします。

※日割受講の場合、該当回のテキストは提供されませんのでご注意ください。テキストだけでも欲しいという先生は日割制度は適用せず正規価格で申し込みください。欠席回分のテキストは出席の際にお渡しします。

安心の全額返金保証

刻印

もしも満足いただけなかったら全額返金いたします

万一スクールの内容にご満足いただけない場合、1ヶ月目の受講時に会場スタッフに直接お伝えください。代金を全額返金させていただきます。(10営業日以内に銀行振込にてご返金いたします)

いま、あなたには2つの道があります

1つ目の道は、今まで通りのやり方で治療院運営をしていくという道です。
もちろん勉強熱心なあなたは治療法や指導法についてこれからも勉強をしていくでしょう。いろいろなテクニックを学んでいくと思います。

しかし、誰から学ぶのか?いつ学ぶのか?というのは非常に重要な点です。誰を師にするかで今後の人生が左右されますし、「いつかタイミングがきたら」ではなく「今」学ぶ決心をするかどうかで、得られる成果は大きく変わるからです。
正直これからの激動のAI時代、最低でもなにかひとつ圧倒的な強みと自信を持っていなければ、選ばれ続ける院をつくり、永続的に繁栄させるのはとても難しいでしょう。
圧倒的な強みがなければ患者さんへの貢献ができないだけでなく、業界が激変したときに自分はもちろんスタッフや家族を路頭に迷わせてしまうかもしれません。

2つ目の道は、このコースに参加して、たった3ヶ月で下肢障害のエキスパートとしての強みと自信を手に入れた状態で治療院を運営していくという道です。
すでにお伝えしたように、このコースの講師はホンモノ中のホンモノです。彼らが実践している評価法やアプローチ法、患者さんへの接し方や臨床のポイントをまるごと手に入れることができるのです。
この知識を手に入れてから今後の治療家としてのキャリアを積む先生と、そうではなくこれまで通りの知識の延長だけでキャリアを積む先生……どちらが選ばれるかというのは明白です。
なによりも、下肢障害に対して自信を持って患者さんと接することができるので、あなたも楽しいですし、これまで以上に関わる人達全員がワクワクする治療院経営を実現できるようになるはずです。

どの道を選ぶのも、あなた次第です

でも、きっとここまで読んでいるあなたは「足専門・下肢専門のメニューをつくれるほどの下肢障害のエキスパートになって、10年後も選ばれ続ける治療院をつくりあげたい」と思っているのではないでしょうか?あなたはきっと、誰よりも勉強熱心で、真面目で、プロ意識が高い人だと思います。「エキスパートとしての道を歩もう」と真剣に思っている数少ないうちの1人なのだと思います。もしあなたが下肢障害のエキスパートとして選ばれ続ける治療家でありたいと思っているなら、このスクールで学ぶ内容は必ずお役に立てるでしょう。

参加するか、しないかはあなたが決めることができます。過去の決断が今のあなたを作ってきたのと同じように、今ここで行う決断が、あなたの未来をつくっていくことになります。もしあなたが、下肢障害のエキスパートとして自信を持って患者さんの前に立ち、エビデンスに基づく治療で最速で痛みを取り除くことでこれまで救えなかった患者さんを救えるようになりたい、できるだけ多くのひとのカラダの悩みを解決して幸せにしたいと思っているなら……このコースに参加してください。

参加方法をお選びください
申し込み期限:8月1日(木)23:59

フルコース受講
[下肢障害エキスパートコース] 

参加費24万9,200円(税抜)

クリックして申し込む

第1日曜のみ受講
[下肢障害エキスパートコース]

参加費13万9,800円(税抜)

クリックして申し込む

第3日曜のみ受講
[下肢障害エキスパートコース]

参加費13万9,800円(税抜)

クリックして申し込む

よくある質問

Q
国家資格者ではないのですが、参加できますか?
A
できます。このコースは、資格保有の有無に関係なく、誰でも参加することができます。(国家資格者でない整体師やパーソナルトレーナーでも参加可能)
ただし、治療家やトレーナーとしての専門学校での教育はすでに完了している前提でコースが組まれていますので、基礎的な解剖学や運動生理学はある程度学習済み/現在学習中の方のみご参加ください。
もちろん、人間は忘れてしまう生き物ですので、学んだけどちょっと自信ないな…という先生は、大丈夫です。復習の意味もこめて、ぜひご参加ください。
Q
どうしても参加できない日程がある場合、割引価格での参加や振替などは可能ですか?
A

「どうしても参加できない日程がある…けど受講したい」という場合も、安心して受講できます。申し込み時に申し込みフォームの備考欄で参加不可の日程を申告いただければ、日割の割引価格で受講が可能です。ただし、各講義は単発で構成されておらず全ての講義全体で相乗効果を生む構成になっているので、できる限りすべての講座を受講いただくことを強くオススメします。

※日割受講の場合、該当回のテキストは提供されませんのでご注意ください。テキストだけでも欲しいという先生は日割制度は適用せず正規価格で申し込みください。欠席回分のテキストは出席の際にお渡しします。

Q
返金保証はありますか?
A
このコースは完全返金保証があります。万一、内容に満足いただけなかった場合には、1ヶ月目の講義の際に会場スタッフにて直接お伝えいただければ、理由を問わず全額返金させていただきます。
ただし、私たちは参加者の先生の役に立つために本気です。数ヶ月前から全身全霊で準備をしています。
参加者全員にとって素晴らしい学びの場をつくることは非常に重要なことですので、リサーチ目的や冷やかしでの参加と思われる場合には、こちらからご参加をご遠慮いただいています。
Q
支払い方法は?
A
銀行振込orクレジットカード(VISA/MASTER/JCB/ダイナース/アメックス)がお選びいただけます。いずれも1回払い/3回払いをお選びいただけます。
ご入金の流れ等は、申込後に自動返信メールにてご案内いたします。
Q
国家資格者ではないのですが、参加できますか?
A
できます。このコースは、資格保有の有無に関係なく、誰でも参加することができます。(国家資格者でない整体師やパーソナルトレーナーでも参加可能)
ただし、治療家やトレーナーとしての専門学校での教育はすでに完了している前提でコースが組まれていますので、基礎的な解剖学や運動生理学はある程度学習済み/現在学習中の方のみご参加ください。
もちろん、人間は忘れてしまう生き物ですので、学んだけどちょっと自信ないな…という先生は、大丈夫です。復習の意味もこめて、ぜひご参加ください。

会場アクセス

ラポール鍼灸接骨院

JR総武線「船橋駅」 徒歩4分

わかりやすいアクセス詳細はこちら

会場風景

スクール生の声

主催者

あしか協会

「日本に足科を」をビジョンに掲げる業界横断型専門家組織。
カンファレンスイベントである「あしか会議2019」には全国22都道府県から100名の専門家が集結し、日本を代表する整形外科医・治療家・トレーナー・理学療法士が登壇した。

世界的な医療用矯正インソールであるフォームソティックス・メディカル取扱認定講習会を日本国内にて34ヶ月連続40回開催している。
その国際的な貢献を評価され、あしか協会代表理事である木村誠はFormthotics Certified International InstructorとしてFSI社より世界初の認定を受けているほか、2019年5月、Formthotics Japanブランドと事業提携を発表し、Formthotics Japan最高ブランド責任者へ就任している。

2019年7月にはニュージーランド足病医来日2daysセミナー【足病学による下肢機能障害マネジメント】を開催し、21年の臨床経験を持つNZ足病医の初来日を総合プロデュース。
全国13都道府県から集結した日本人治療家・トレーナーから絶賛された他、世界52カ国で愛用されている医療用矯正用インソール製造会社幹部と講師の足病医よりその在り方を大絶賛される。
講師の足病医はそのセミナー運営と日本人参加者の学習意欲の高さと真摯な姿勢に驚きと敬意を評し、ニュージーランドの伝統的かつ神聖な民族舞踊であるHaka(ハカ)が会場にて特別に披露された。

※写真は「あしか会議2019」全登壇者

あしか協会のコンセプト

ムズカシイことを、
カンタンに

下肢障害に悩んだら「あしか」へ。私たちはそんな「基準と場」を創ります。下肢障害に悩むひとと、下肢障害に悩むひとをサポートしたいひとのための"太鼓判が押された"プラットフォームが「あしか協会」です。足病学の本場ニュージーランド足病医と日本トップクラスの医療者の提携により実現しました。

わかりやすく、
おもしろく

あしか協会のミッションは「指導者革命」です。ほとんどの専門家は「ムズカシイことを詳しく説明」しますが、あしか協会の養成する指導者は「ムズカシイことをカンタンに」します。それによって足科の知恵の一般化を促進し、「治療ではなく予防」という理想を本気で実現させます。

いつでも
どこでも
だれでも

あしか協会は、誰も成し遂げたことのない革新に挑戦します。大先輩方が築き上げてこられた学会や研究会に敬意を表しつつ、あえて破壊的イノベーションを起こすことで、医療・ヘルスケア・教育についての根本的な問題解決を目指します。

お問い合わせはこちら

foot.assoc@runart.jp
【あしか協会事務局】担当:高橋

【運営会社】株式会社ランナート あしか協会事務局
〒154-0012 
東京都世田谷区駒沢1-5-16 GrunDuo駒沢Ⅷ  5階
TEL : 03-6804-0783
FAX : 03-6804-0793
(本件へのお電話でのお問い合わせはお受けしておりません。メールにてお問い合わせください)