フォーム 予約 決済 メルマガなど集客機能がオールインワン!

なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

スキャットマンPROの効果
実際に使って感じたメリット・デメリット

アフィリエイト等のサイト・ブログを運用をして検索結果で上位表示するには被リンクが不可欠なもの。

この被リンクをみなさん得ることができずに非常に苦労しています。

なんとか被リンクを得る方法がないかということで、調べると出てくるのがこの「スキャットマンPRO」です。スキャットマンPROを使えば被リンクをシステム的に増やすことが可能です。

これを使えば他のアフィリエイターやブロガーと差別化し、自分のサイト・ブログだけ被リンクを増やし上位表示させられる可能性が出てきます。

ただこのスキャットマンPROですが調べてみても全然情報が出てきません。

本当にわずかな人しか情報を書いていませんし、その情報が本当なのかどうか検討するには情報が少なすぎるのです。

中には明らかに使ってもいないのに想像だけで役に立たないと書いているブログ記事もありました。

ここでは私自身実際にスキャットマンPROを使って感じたメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

1.効果は本当にあるのかの結論

スキャットマンPROの効果は本当にあるのか?これは効果がある!と言いたいところですが、実際には

「ワケありだが上手く使いこなせれば効果がある」

というところだと思います。

購入すれば自動で被リンクがもらえるものでもありませんし、勝手に順位が上がっていくものでもありません。

どんなキーワードでも上位表示できるというものでもありません。

その仕組みをどれだけ上手く利用できるかになります。

実際に効果があった例も出ていますが、ただ初心者が考えなしに購入しても高い効果を得ることは難しいでしょう。

その理由を説明していきます。

2.スキャットマンPROの仕組み

スキャットマンPROというのは被リンクを送るためのブログがあり、そこに自分で記事を投稿するというシステムとなっています。

自分で記事を作成して、スキャットマンPROのシステムに投稿すると、ランダムでスキャットマンPROが用意したブログに投稿されます。(ブログを指定することはできません)

このような画面で投稿していきます。

ブログは被リンクありの記事、被リンク無しの記事を交互に投稿する必要があります。すべての記事にリンクがあるということは不自然になるため、リンク無しの記事も含めてランダムに投稿することで自然さを保っています。

全員でブログを共有するので、内容もバラバラな記事が投稿され、リンク先もバラバラということで個人で行うよりも多様性があるブログになるというのもポイントです。

さらに投稿先は無料ブログと独自ドメインのWordPressに分かれます。

これもランダムで選ぶことができません。独自ドメインだけでなく無料ブログも含まれるということでより自然なリンク形態となりスパム認定されるリスクを減らしているのです。

無料ブログと独自ドメインのWordPressでどれくらいの割合なのか、ブログ数はどれくらいなのかは投稿数によってランクがつけられます。

・スキャットマンPROのランク制度

このように投稿すればするほど投稿できるブログ数が増え、独自ドメインのWordPressの割合も増えて、被リンク効果として強力になっていきます。最大で独自ドメイン200本+無料ブログ200本分の効果が得られるようになっています。

被リンク効果を得ながらも決して簡単にスパム認定されないようにさまざまな工夫がされていることがわかりますね。

3.収益キーワードでも上位表示させられる

スキャットマンPROを使うと、被リンクを次々に追加することができますので、順位は当然上がっていきます。

弱いキーワードであれば簡単に上位表示させることができますし、上位表示すると収益になるキーワードでもしっかりと上位表示させることは可能です。

弱いキーワードであれば簡単に上位表示させることができますし、上位表示すると収益になるキーワードでもしっかりと上位表示させることは可能です。

理論的にも多くのブログからの被リンクが送られれば上位表示しやすくなりますし、この仕組み無しに戦うことが難しいキーワードは多いです。

コンテンツが重要とされて、良い記事を書けばいいということはよく言われています。でもそれで一生懸命ブログに記事を書き続けて今上位表示できるでしょうか?

ほとんどのアフィリエイター・ブロガーが企業サイトや強力なライバル相手に全く太刀打ちできずアクセスもこない状態になっているはずです。

よほどバズらせることが得意であったり、他人からリンクをもらえるような有益な記事を書けるごく一部の人を除いてスキャットマンPROのような対策をしていかないと現実的に検索のSEOで戦うことはできません。

スキャットマンPROは弱者でも使うことができる有効な武器であると言えるでしょう。

4.スキャットマンPROのデメリット・ワケありの理由

スキャットマンPROを使えば簡単に上位表示できて最高!というのであれば問題はなかったのですが、上でも書いたとおり、ワケあり要素があります。

スキャットマンPROでは何のデメリットがあって問題なのかを説明します。

※ちなみに公式サイトは古いしとても怪しいのですが、問題なく申し込みできますし、システムは普通に使うことができますのでご安心ください。更新してくれればいいのに思うのですが・・・。

4.1 記事作成が大変すぎる

スキャットマンPROは被リンク用の記事を自分で作成して投稿しなければいけません。自動的に被リンクがもらえるシステムではありません。

この記事作成がはっきりいってめちゃくちゃ大変です。

自分のメインのサイト・ブログ記事を作るだけでも大変なのに、誰に見せるわけでもない被リンク用の記事まで作らなければいけません。

しかもシステム上、被リンクを送る記事と送らない記事を交互に作らなければいけませんので、記事作成の労力は2倍になります。

そして独自ドメインに投稿される確率も最大で50%程度となると、相当な数の記事を用意しなければいけません。

1ブログしか運営していないブロガーであればなんとかなるかもしれませんが、サイト量産をしているアフィリエイタータイプの場合、用意しなければいけない記事はあまりにも膨大な量になってしまいます。

4.2 ペナルティリスクがある

スキャットマンPROは被リンクを送るシステムですので、どこまで対策してもやはり自作自演のリンクとなり、グレーな仕組みであることには変わりありません。

今は良いとしても将来どこかでペナルティを受けるリスクは残り続けます。

しかも、一度投稿した記事を修正することはできませんので、自作自演を理由としてペナルティを受けた場合回復させることがほぼ絶望的です。

もし検索結果で圏外に飛んだらやり直しが効かないというような勝負のサイト・ブログで使うのはあまりおすすめできません。

何かトラブルが起こった時はドメインを変更すればいいと割り切って使うことが必要になります。

※今のところスキャットマンPROを使っていてペナルティを受けたことはありません。あくまでリスクがあるということであり、すぐに受けるものではありません。被リンクは第三者が勝手に送ることもできるものですし、本来他人からもらうものになりますので、それだけで直ちにペナルティになるということは考えにくく、実際には質の低いリンクは無効化されているのではと思われます。

4.3 被リンク効果が小さい

スキャットマンPROの使用ブログは無料ブログと独自ドメインに分かれます。無料ブログの場合、今のところ一般的なライブドアブログからの投稿となるようです。この無料ブログからの被リンク効果はほとんど体感できないレベル程度しかありません。

また独自ドメインの場合も、そこまで良いドメインが使えるというわけではないようです。たまに当たりがありますが、多くの外れドメインもありますので、基本的には数で勝負することが必要となります。

良いドメインなんて1本数千円~数万円はするものです。安い価格で大量のリンクを送ることがでいるので、この点は仕方がありません。

質の良い少数のリンクが理想的ですが、スキャットマンPROでは量で勝負ということで、そういうものだと認識した上で使っていくことになります。

4.4 ブログ品質がコントロールできない

スキャットマンPROはみんなで投稿するので1つのブログにいろいろな記事が投稿されます。

当然ジャンルもバラバラになりますし、記事の品質もバラバラです。文字数も300文字以上であれば投稿できるため、そこまでの量があり、良い文章が投稿されるわけではありません。※ワードサラダと呼ばれる意味が全く通じない記事の投稿はNGです。

自分で管理するブログであれば、重要サイトに送るリンク元としてブログ品質をコントロールすることはできますが、スキャットマンPROでは自分の投稿記事しかコントロールすることができません。

自分の投稿記事の質が良くても、他の人の投稿記事の品質が低くてブログ全体として低品質になるというリスクは残り続けます。

基本的に人に見せるための記事ではありませんので、内容には期待できません。

4.5 被リンクだけで上位表示できるわけではない

根本的な話になりますがスキャットマンPROに限らず今は被リンクだけで上位表示できるわけではありません。

元のコンテンツの質が良くなければいくらリンクを送っても上位表示することはありません。

また昨今ではE-A-Tと呼ばれる指標が大事とされています。

E-A-Tとは
Expertise(専門性)、
Authoritativeness(権威性)、
Trustworthiness(信頼性)のこと。

このような状態の記事でないと上位表示がしにくくなっています。スキャットマンPROで被リンクを送ったからといって、これらのE-A-Tが高まるとは考えにくく、別の対策をしないと上位表示できないかもしれません。

ただし、あくまでジャンル・キーワード次第であり、すべての検索結果でE-A-Tを満たしていないと上位表示できないというわけではありません。

5.スキャットマンPROを使うメリット

スキャットマンPROのデメリットを見るとなかなか大変そうで微妙かなと思うかもしれませんが、やはり使い続けるだけのメリットというのも十分に存在します。

結局被リンクが必要とされる以上、自分でやるのかその代わりとなる何かのシステムを使うしか方法はありません。スキャットマンPROはその役割を果たしてくれるのです。

次にメリットについて紹介していきます。

5.1 自分で被リンクを用意するのは大変

スキャットマンPROを使わなくても自分で被リンク用ブログを用意すればと思うかもしれませんが、その場合大量の費用がかかります。

中古ドメインは1本数千円~数万円です。

仮に1本5,000円で100本用意しても50万円かかります。

そして毎年更新費用もかかっていきます。更新費用だけで10~15万円はかかるでしょう。

ずっと同じドメインを使い続けても効果が薄れてきてドメインの入れ替えも行わなければいけません。

すでに売上が100万円以上あるアフィリエイター等であればできるかもしれませんが、そうでない人にとっては非常に厳しいものがあります。

スキャットマンPROでは初回5,490円、次月以降は3,490円で使い続けることができます。自分で被リンク用ブログを用意するのと比較すると圧倒的低コストで運用することが可能です。

5.2 みんなで使うので更新の心配はいらなくなる

被リンク用ブログを自分で用意した場合に更新の問題も出てきます。

大量のブログを用意してもそのブログが更新されないと効果が薄れてしまう可能性があります。

アルゴリズムの一つにフレッシュネスがあり、毎日とは言わなくても適度に更新していた方が評価も高くなるものです。

自分ですべてのブログを用意した場合、100ドメイン用意すれば100ドメインを更新し続ける必要があります。これは外注などを使わない限り結構厳しくなってきます。

スキャットマンPROは利用者みんなで使用していくので、常に更新され続けるのでフレッシュネスの心配をする必要はありません。

被リンク元更新の心配をせずメインサイト・メインブログの更新に集中できるのはいいですね。

5.3 リンク元・リンク先が分散される

被リンクを全て自分で用意した場合リンク元・リンク先が分散されていないと不自然なリンクだと判断されてしまうリスクが発生します。

本来のリンクは第三者から送られるものなので、毎回同じサイトに規則性をもって送られるのは不自然ですし、リンクを送るのもいろいろなサイトに送らなければいけません。

毎回自分のサイトの特定のページばかりにリンクが送られるのは不自然なのです。サーバーやドメインの運用にも規則性が出てくると、やはり不自然さが目立ってきます。

スキャットマンPROであればそもそも自分でドメイン・サーバーの管理をしていませんし、実際の利用サーバーもバラバラです。また多くの人が使用するのでさまざまなサイトにリンクが送られ、自分のサイトだけではなくなるため不自然さが薄まります。

もし自分でも別に被リンク運用をしていたとしてもスキャットマンPROも併用することで、リンクの自然さを演出することができます。

5.4 ドメインが自動で入れ替わっていく

スキャットマンPROでこの事実を書いている人はほとんどいないかと思われますが、実はスキャットマンPRO側で用意するドメインは定期的に入れ替えを行っています。

ずっと同じドメインを使い続けているわけではありません。つまり普通に利用し続けるだけで知らず知らずのうちに古いリンクは適度に消え、新しいドメインからのリンクが増えることになります。

古いリンクが消えてしまうのはデメリットになるかもしれませんが、いつも同じドメインを使いまわすのではなく自然とリンクが入れ替わっていくのは自然なリンク増加に見せることができます。

同じリンク本数であっても、古いリンクが減って新しいリンクに入れ替わって行く方がリアルタイムでも評価され続けていることになりますね。

いつまでも同じドメインからしかリンクがつかないのは、新規ブログに評価されていないということで、古いサイトだと認識されてしまうかもしれません。

5.5 ダメ元で勝負するのに向いている

スキャットマンPROはその性質上どうしてもグレーな要素はありますので、大切に育てたい、絶対に圏外に飛んではいけないサイトに使うことはおすすめできません。

その代わり、もし圏外に飛んでもドメインを乗せ換えればいいというサイトであればダメ元で勝負をすることができます。圏外に飛ぶのはイヤですが、勝負を避けて上位表示できなければ収益は入ってきません。

量産サイトを運営しているのであればスキャットマンPROは特に向いています。ダメになってもドメインを乗せ換えるだけでいいですし、全てのサイトで上位表示できなくてもいくつかのサイトで成功できればそれでペイすることができるからです。

SEOで勝負するアフィリエイターの場合、上位表示しないことには意味がありません。リスクはゼロではありませんが、とにかく勝負をしていきたいという人にはスキャットマンPROは役に立つはずです。

※圏外に飛んではいけない重要サイトであっても、投稿する記事は自分で作ることになりますので、やり方次第で十分に使うことも可能です。

5.6 割り切りの被リンク管理ができる

スキャットマンPROを使うことによって全体的に割り切った被リンク管理をすることができるようになります。

自分で完全に管理するのであれば、完璧な管理をすることができますが同時に負荷もかなり上がってしまいます。スキャットマンPROであれば上で書いたようにデメリットもたくさんありますが、ある程度のリスクのもと管理しなくてもいい部分も増えてくるので、被リンクはスキャットマンPROに任せてこれくらいにする、と割り切って、自分自身はメインブログ・メインサイトのコンテンツに注力することができます。

自分のマンパワーは限られているわけで、すべてのことを完璧にしているのではいくら時間があっても足りません。被リンクはこのくらいで割り切るという大胆さも必要になるものです。

6.記事作成負荷の課題を解決するには

スキャットマンPROで一番問題になるのは記事作成の負荷です。

とにかく大量の記事を自分で作らなくてはリンクを送ることができません。1サイトに30リンクを送るとして被リンク無し記事の分を入れると60記事書かなければいけません。スキャットマンPROの場合、30リンクは最低レベルでまだまだ足りず、送り続けることになるサイトも多いです。

大量のサイト・キーワードがある場合、現実的に一つ一つの記事を自分で書いていくことは不可能です。スキャットマンPROの記事作成ばかりに時間をとられ肝心のメインサイト・メインブログの運営ができなくなってしまいます。

そこで考える解決法の一つとしてはPSW2(パーフェクトサテライトライター)を使う方法があります。

PSWは自動記事作成ツールで、一瞬で記事を作成してくれます。

自動記事作成で内容は決して質の高いものではなく人が読むものではありませんが、ギリギリワードサラダと呼ばれるようなめちゃくちゃではない文章を出してくれます。

私の場合、PSWをリンクを送らない記事のときに使っています。

リンクを送る記事はもう少し品質を高くするようにして、リンクを送らない記事はPSWを使えば記事作成負荷は半分になります。

それでもリンクを送るようの記事をどうするかという課題は残りますが、負荷が半分になるだけでもかなりの違いがあります。

他にも記事作成ツール等はありますが、今のところPSWほど速く作成して、最低レベルの品質をクリアできるものはありません。

スキャットマンPROで大量展開していくのであればPSWは必要になるツールかなと思います。

7.まとめ

ここではスキャットマンPROの効果と実態について実際に利用してみた結果を説明しました。

いろいろな噂等はあったりするかもしれませんが、確かに効果はあります。

ただし完璧なシステムではなくワケあり部分もあり、そこをどうやって使っていくかということを考えなければいけません。

スキャットマンPROは便利ですが、運用にはそれなりの手間・リスクもあります。

ただわずか月々3,490円(初回5,490円)でこれだけの被リンクを手に入れる方法は他にはないでしょう。

被リンクシステムを販売している会社は今はほとんどありませんし、自分で仕組みを作るにはかなりの費用・手間がかかってしまいます。

そのことを考えると被リンクはスキャットマンPROを使うというのは一つの選択肢となってくるのではないでしょうか。

このシステムで効率的な被リンク獲得・管理をしていきましょう。

Q&A

  • Q
    アダルトでも投稿できるの?
    A

    アダルト系はNGです。投稿記事にキーワードの制限がかかっていて、アダルト系ワードは引っかかってしまいます。本当のアダルトではなくても微妙なコンテンツの場合、それなりに内容を気を付けて作る必要があります。出会い系でも注意は必要な場合もあります。

  • Q
    公式サイトについている特典は役に立つの?
    A

    公式サイトを見ると6000万KEN流SEO完全攻略マニュアル、裏SEOマニュアルがついてくるとありますが、中身は古すぎて現在のSEOでは役に立ちません。純粋にスキャットマンPROのシステムを使うと割り切って特典には期待せずに申し込みましょう。

  • Q
    解約したらリンクは無くなるの?
    A

    解約をしてもすでに投稿してあるリンクが無くなることはありません。逆に削除することもできません。ただドメインは入れ替わっていくため独自ドメインからのリンクはそのうち減っていくことになります。

  • Q
    現在の利用者はどれくらいいるの?
    A

    利用者の数は公表されていないのでわかりません。リンク元を見ても誰が投稿したかがわからない仕組みになっています。全員で一つのブログを使っているようにしか見えないので、サイトをすべて特定されるというリスクもないのかなと思われます。

  • Q
    使用したドメインを確認できるの?
    A

    完全にランダムで振り分けられ、どこのドメインが使われたかを特定することはできません。無料ブログか独自ドメインのどちらが使われているかはわかります。被リンク元を確認するには外部ツールで自サイトを調べる必要がありますが完全にわかるわけではありません。

  • Q
    公式サイトについている特典は役に立つの?
    A

    公式サイトを見ると6000万KEN流SEO完全攻略マニュアル、裏SEOマニュアルがついてくるとありますが、中身は古すぎて現在のSEOでは役に立ちません。純粋にスキャットマンPROのシステムを使うと割り切って特典には期待せずに申し込みましょう。