中田哲建築設計事務所 + 好日舎  

京都を拠点に夫婦で活動する建築設計事務所。個人住宅や店舗のインテリアデザイン、町家再生に携わっています。心があたたかくなる空間を目指し日々取り組んでいます。このサイトで私たちのことを知って頂ければ幸いです。




西賀茂の家
Houses in Nishigamo

2017年 京都市 新築 賃貸長屋+戸建て

京都市北西部にある西賀茂地域。市街地から程よく距離があり、田畑が多く残る長閑な地域。近くには上賀茂神社や鴨川遊歩道があり、京都の夏の風物詩、五山の送り火のひとつ「船形」が間近に見えます。京都らしい豊かな環境の中、近年では田畑を小割りした狭小建売住宅が増え、地域の様子が急激に変化しています。

■計画のはじまり

老朽化したワンルームアパートの建替えに際し、この地域に合ったライフスタイルを提案する賃貸住宅を計画。西賀茂の自然豊かな環境に魅力を感じるであろうナチュラル志向な家族をターゲットとして想定し、2つのコンセプトを掲げて設計しました。

コンセプト 1 木に触れる家

内装には自然素材を使用しました。壁は全て漆喰仕上げとし、床には足触りの良いヒノキやスギのフローリング。家の中心となる柱には、京都市産材である北山杉の丸太を配置。経年変化で味わいの出る素材を使うことで、賃貸住宅でも手間をかけ愛着を持ってもらえるよう計画しました。

コンセプト 2 共有する庭

庭を広くとるために、総二階の建物で計画。近隣で続々と建築される狭小建売住宅のように、それぞれの敷地に猫の額ほどの庭をもつのではなく、住まわれる家族が互いの庭を借景とすることで、実際の専有面積以上の広がりを感じられる設計としました。各住戸からの視線は交わらないように配慮しています。

前庭には常緑のソヨゴ、中庭・奥庭には冬の陽当たりを考えてヤマボウシや紅葉などの落葉樹。鳥が集まるようにジューンベリーなど果樹のなる木も植えました。敷地境界に塀を立てないことで、暮らす家族だけでなく、近隣の方の目も楽しませてくれます。

便利さや金額など 画一的な条件で住まいを選ぶのではなく、この西賀茂の家は、ビジョンに共感する人が集い暮らし、共有庭を通じてコミュニケーションや思いやりがうまれることを期待しています。

■施工:株式会社フラットエージェンシー
■撮影:沼田 俊之



北庭の家
House with North Garden

2016年 京都市 新築
【第5回チルチンびと住宅建築賞 若手建築家部門佳作入賞】

古い町並み残る旧街道沿い、老舗の和菓子屋に隣接する住宅の建替えです。お施主様は60代夫婦と80代のお母さまと黒猫。自然素材であること、リビングから店舗への繋がり、屋根のある物干し場がご希望でした。
2階の建具をあけると1つの空間となり、大きな吹抜けを介して、2階各部屋・リビング・庭がつながります。光と風が通り抜け、それぞれの気配が感じられるように計画。道路との高低差により、視線を気にせず庭を楽しめ、庭からの穏やかな光が居間を包みます。

■施工:池本工務店
■撮影:沼田 俊之
■書籍掲載:チルチンびと91号(2017年春-風土社)



足利の家  House in Ashikaga

2014年 栃木県足利市 改修

中央に渡良瀬川が流れる栃木県足利市。茶道を嗜んでいた祖母の家を受け継ぐ30代家族のための改修設計を致しました。

■施工:石橋工務店
■撮影:中田 哲

竹林の中の農小屋  Agriculture hut in Bamboo grove

2016年 京都府 新築

竹林を開拓して新築の農業倉庫を設計致しました。伝統的な建て方を希望されたお施主様と、ワークショップを多用した分離発注で建築。
木造軸組は、金輪継ぎ・渡り顎などの継手仕口を大工が丁寧に刻みました。土壁は施主自らが土を発酵させることから始め、小舞編みワークショップ、左官専修学院さんの演習により荒壁塗りをしていただきました。その土地の竹や土をふんだんに使用し、たくさんの方に関わっていただいて完成した建物です。

■監修:佐野 春仁
■施工:池本工務店
■荒壁:京都左官技能専修学院
■左官:山本工業所
■撮影:沼田 俊之



大橋弌峰(京人形店) Ohashi-ippou

2016年 京都市 店舗ファサード改修

千本出水にある老舗人形店。先代から想いのこもった御影石を再利用し、既存の建物と調和を配慮しつつ趣あるファサードとして設計致しました。床の間には一番魅力のあるお人形を飾っていただいています。店舗内に入ると職人さんの作業の様子を見ることが出来ます。季節によって企画展なども開催されています。

有職雛人形司 大橋弌峰 
 Facebook 
■施工:株式会社 清井設計工務

ゆるふわり yurufuwari

2016年 京都市東山区 改修

路地奥の空き家を店舗兼住宅として改修設計致しました。改修前は日中でも照明が必要なほど暗かった居間には、新たに窓を増やし陽当たりと通風を確保。内部は既存の建具を再利用するとともに、葦戸や雪見障子を購入して使用。見た目ばかりではなく、耐力壁を増やしたり瓦を鋼板屋根にし荷重を減らすことで耐震性能も向上させました。

六原まちづくり委員会(空き家対策)の取組みのひとつ。

ほぐしとアロマ ゆるふわり
■施工:椎口工務店
■撮影:沼田 俊之
■書籍掲載:空き家の手帖(2016年-学芸出版社)


下鴨の家  House in Shimogamo

2016年 京都市 賃貸住宅改修

下鴨神社北の閑静な住宅街に建つ賃貸住宅。8帖の和室をフローリングにし玄関位置を変更することで、テラスー土間ーキッチンーダイニングを一列につながるプランとしました。約60坪の大きな家なので、人が集まることを想定し、大人数が囲んで調理できるアイランドキッチンを中心に設計しました。

■施工:株式会社フラットエージェンシー
■撮影:沼田 俊之


高島の家  House in Takashima

2013年 滋賀県高島市 新築

琵琶湖の西側、比叡山のお膝元にある高島市。30代ご家族のための新築住宅を設計致しました。

■施工:株式会社 澤村
■撮影:沼田 俊之



麻の葉庵 ゲストハウス  Asanoha-an guest house

2016年 京都市北区 町家改修

大徳寺近く、新大宮商店街沿いの町家ゲストハウス。約20年空き家だった町家を全面改修しました。1階は店舗、2階はゲストハウスとなっています。
麻の葉の紋様をテーマにした和の空間。ベッドやソファでゆったりお寛ぎください。コンパクトキッチン、洗濯機も備えているので長期滞在にも適しています。

■施工:株式会社フラットエージェンシー
■撮影:中田 貴子

Restaurant japonais 駒つばき  FRANCE Paris 

2016年 FRANCE Paris  店舗改修設計
【今春に写真撮影予定】

フランス パリにて、料亭の店舗改修プロジェクトに参加。障子や玄関建具、タイルや天井仕上げ材料などは、日本で製作したものをフランスへ運びました。日本人シェフが手掛ける和食料亭。

Restaurant japonais 駒つばき
3rue d'Artois 75008 PARIS

大徳寺さいき家(仕出し屋)Saikiya

2017年 京都市北区 町家改修

大徳寺近くの新大宮商店街沿い。
京料理・仕出し大徳寺さいき家さまの初店舗+厨房の改修設計をさせていただきました。だし巻き卵やお弁当などを販売されています。お庭が見える趣ある店舗です。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。
*写真は改修前の様子です

京料理・仕出し 
大徳寺さいき家
■施工:株式会社フラットエージェンシー

中田哲建築設計事務所  +  好日舎
Satoshi Nakata Architect Studio + Koujitusya

中田 哲
Satoshi Nakata
京都市生まれ。
北海道大学工学部環境工学科卒業。京都建築専門学校卒業。設計事務所勤務を経て、中田哲建築設計事務所設立。

第5回チルチンびと住宅建築賞 佳作入賞。
京都建築専門学校非常勤講師。

一級建築士。インテリアコーディネーター。京町家耐震診断士。福祉住環境コーディネーター2級。

好きな言葉「建築は永久に社会の器である(ウイリアム・メレル・ボーリズ)」好きな場所「十輪院、粟生光明寺」
中田 貴子
Takako Nakata
京都市生まれ。
椙山女学園大学生活科学部生活環境学科卒業。スペースデザインカレッジ卒業。雑貨販売、設備ショールーム、工務店勤務を経て、好日舎設立。

二級建築士。インテリアコーディネーター。京都市文化財マネージャー(建造物)。京町家専門相談員。街の色研究会京都 会員。古材文化の会 会員。

好きな言葉「日々是好日」好きな場所「蓮華寺、瑠璃光院、南禅寺、くるみの木」

お問合せ Contact

■長岡京アトリエ
 〒617-0811 京都府長岡京市粟生西条14
   TEL 075-925-9128
■京都アトリエ  
 〒615-8114 京都市西京区川島桜園町79

■中田哲建築設計事務所
   satoshi.nakata.kyoto@gmail.com
   Facebook
■好日舎
   koujitusya@gmail.com
 Facebook