さおりごと

大したことではないけれど

手から零れ落ちてしまう前に

残しておきたくなることがあります。

言語化って、とっても難しい、

まずは、ひとり言から

言葉にすることを、はじめてみます。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
『進化』



生き物の進化の歴史を見て、励まされるのは私だけでしょうか?

中には、モテたくて角を大きくしすぎた結果、絶滅した”オオツノシカ”先輩
などもいらっしゃいますが、
もう絶体絶命のピンチだ!という時に、
画期的な進化をしてきた生き物の先輩たちを見ていると、
追い込まれたとき、もう道はない、となったときに、
初めて起動するスイッチが、
私たちには備わっている気がして
私は勇気が湧いてくるのですね、はい。


その中でも、クジラって、すごくないですか?
元々四足歩行で、陸で生活していたのに
今は、もうポストカードになっちゃうくらい、海の大将です
ボディラインの変わりっぷりよ。

初めて海に足を踏み入れた、
クジラの祖先の覚悟もすごいと思うけれど
途中、段々と後ろ足が退化していくときに

「あぁ、土って、良かったよな」

って、後ろ髪ひかれたクジラもきっといると思うのですよ
でも、そこを環境に適応して、身体を変え、生きることを選んだクジラね
尊いっ!

そんなクジラとは打って変わって
ほとんど姿を変えずに、幾度とやってきた絶滅期を
生き延びてきた、ゴキブリね
しぶといっ!


陸での生活が厳しくなった時に

海を選んだクジラ

空を選んだ鳥

変わらないを選んだG

地球での撮影が難しくなった時に

宇宙での撮影を選んだトム・クルーズ。



悲しいニュースに、先が見えない日が続くけれど

生き物というのは、

今まで歩いていた道が塞がれ、閉ざされたとき

もし、そうならなかったら見つけられなかったであろう

健やかに生きていける道筋を見つけられるものだと、

図鑑を見ていると、そんな気がしてならなくて。

今は、ある意味、

オオツノシカ先輩のように、もっと悲惨なことになる前に

ここで足を止められたのだ、と

じゃあ、あなたはどうする?

と、問われているような気持ちです。




目を向けてこなかった、ツケと、向き合い

当たり前に手にしていたものたちの

素晴らしさを再確認しながら


どうか、それらを手放さずに

再び、土の上を歩いていけないものかと、

私は、いま、進化スイッチを、探しています。







(写真:亀のクッキーの型、亀がどうやって進化の途中であの甲羅をゲットしたかまだ解き明かされてないんだって)






『走りきる』


恥ずかしいことを打ち明けます。

私は中学生の頃、
赤川次郎さんの『ふたり』の読書感想文を提出する課題を出されたとき
唐沢寿明さんの『ふたり』を買って読み、
レポートを提出した過去があります。

そうなんです
本を読まない子でした。

本屋で、本の探し方もわからないほど
本と離れておりました。

手に取るのは、絵本か、漫画か、図鑑。
活字に離れすぎて、漢字も苦手になり
短大生のとき、あまりに漢字でつっかえるので
帰国子女だと思われていました。
結構な、重症です。

そんな、活字離れしていた私に
“本ってめっちゃおもしろいよ”
と教えてくれたのは

『ハリー・ポッター賢者の石』

でした。

あの分厚い本を、どこにでも持ち歩き、
夢中になって読みました。
残りのページ数がどんどん少なくなっていくことに
『あぁ、あと少しで終わってしまう』と惜しみながらページをめくる経験を
初めて味わいました。

ハマりすぎて、イギリスに1人でロケ地を回る旅に行き、
ダニエル・ラドクリフにファンレターを書き、
作者のJ ・K・ローリングさんを調べに調べて、
ハリー・ポッターが生まれるまでの
『なぜイギリスはファンタジー発祥の地となったのか』みたいなタイトルのレポートを制作しました。

一冊の本
人を動かす力よ。

今では世界中で愛されていますが、
この本、最初は12社の出版社に出版を断られているのです。

”こんなに断られているのだから、あたいの本はつまらないのね”

とJ・K・ローリングさんが途中で諦めていたら
この世にハリー・ポッターは存在しなかったのです

ありがとう
J・K・ローリングさん。

めげずにドアをノックし続けてくれて
ありがとう。
そんなバックグラウンドも好き。

でね、今思うとね、
『こんなに分厚い本を、私は最後まで読み切ったぞ』
っていう達成感、
それが高揚感につながっていたなぁと思います。

何かを、最後までやりきる、ということは
思っている以上に、
自分の糧、次へのエネルギーになるのかもしれません。


この”さおりごと”は
言葉にしようとしてきたけれど、
うまく言語化できなくて
幾度となく、走ることをやめてきた香月彩里に
完走する力をつけるべく、
もうけられたコーナーです。

こういう場がなければ言葉にしないであろうことを
書いていきたいと思います。

どうかお付き合いいただけたら、、、




(写真:『ハリー・ポッター』のロケ地、レイコック寺院へ行った時に購入したポストカード)