「将来の不安を取り除きたい…」、「人間関係をより良くしたい…」
「人生の落とし穴を回避したい…」と、ひとりで悩みを抱えている方へ

己を知り人生をより良い方向に導く算命学鑑定
(初回30分フォロー鑑定付き)


このような人生の悩み、ありませんか?


  • 自分自身の本質が分からず彷徨っている
  • これからの生き方に迷いを感じている
  • 周りとの人間関係が良くならない
  • 人生で転機となるタイミングを知りたい
  • 決断後にどうなるかの展開を把握したい
  • 転職するベストな時期を知りたい
  • 運気がグーンと上げる行動をしていきたい
  • これからの生き方に迷いを感じている

もし悩みを放っておくと…


過去7000人以上の方を鑑定してまいりましたが、鑑定を行う前にはほとんどが以下のような悩みを抱えておりました。
  • やりたいことが一生見つからない
  • 何をやってもうまくいかない
  • 人生の伴侶が見つからない
  • 人間関係に恵まれず孤独感に悩まされる
  • なかなか定職にたどり着けずにいる
  • 何をやってもうまくいかない
そして、当サロンへお越しになる前には自分を変えたく、ご自身で頭を悩ませ思考を整理し、何かしらの行動をされた方ばかり。

しかし、いくら行動したところで、適切な時期・タイミングにその人に会った本来の考え方の元で行わない限り、人生は決してうまく回りません。

そして、あなたの悩みがいつまでも解放されなければ、何年経過しようが人生を円滑に過ごすことはできません。


そういった方を私は算命学を通して、生まれ持った宿命(個性や持ち味)を活かせるように紐解き、7000人以上の方の人生を上向きにしてきました。



算命学鑑定は占いとは全くの別物です


占い専科「古都」が鑑定に用いる算命学は陰陽論五行説を用いた分類学。


つまり、学問です。


「複雑なモノほど単純化して解く」と言われてます。

算命学とは、まさに陰陽論(物事を2つに分けて考える)と五行説(自然界に存在するモノで5つの物質に分けて考える)によって、分かりやすくした学問なのです。

種々の特徴で分類し、体系的にまとめながら多様性を理解するため、根拠があるのです。



二分類する考え方『陰陽論』

ありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰と陽の二つのカテゴリに分類する思想。

陰と陽は互いに対立する属性を持った二つの気であり、どちらの属性が高いかによって分類する考え方。

振り子を一方に振り切った後には必ず反対方向に戻るよう、そのバランスは常に変化する。


五種類の元素がベースの『五行説』

万物は「木・火・土・金・水」の5種類の元素からなる、という自然哲学の思想。

5種類の元素は「互いに影響を与え合い、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環する」という考えの元で分類された。


当たるも八卦当たらぬも八卦、なんて言葉があるように、占いは「当たるか当たらないか」といった見方がされます。

しかし、算命学における鑑定は宝石鑑定のように「どんな特徴でどんな持ち味をもっているのかを見分ける」といった判断となります。


宿命を読み解いていくことで、「どのように振舞えば良い方向に向かうのか」「いつ頃に行動すれば良いのか」といった内容を鑑定し、お伝えすることができます。

算命学では生年月日を元に多くの情報が読み取れますが、占い専科「古都」では必要な情報を分かりやすく伝えることが大事だと思っております。


当たる当たらないだけではなく、これからあなたがどのような行動を取れば良いのか?というところを具体的に落とし込むことこそが鑑定です。

私がお伝えしている算命学は根拠のない占いではありませんので、どうぞご安心ください。


<算命学の詳細は以下(算命学とは?)をご覧ください>
https://koto-sanmeigaku.com/sanmeigaku/



各界の著名人や古代中国の皇帝が愛する算命学


名立たる経営者の中には算命学を通して、ご自身の宿命や運命を把握し、事業の課題や壁をクリアすることで、実績を上げられた方がいらっしゃいます。

では、なぜそういった人生やビジネスで成功された方は算命学鑑定を受けて来られたのでしょうか?



それは算命学が使われた歴史に理由があります。



算命学は中国のいくつかの家系に伝わる秘伝でした。
元々は庶民のものではなく、王や皇帝のために利用されていたからなのです。

算命学は古代中国の皇帝にとって門外不出の「帝王学」として用いられたのです。

三国志などの歴史が残っているように中国の古代史は、いうまでもなく治乱興亡の時代。
歴代の皇帝は、他国といかに戦い、勝ち抜くかを絶えず考えた結果、使われ続けたのが算命学なのです。


そして、戦争に生き抜くための術として使われた算命学は、会社の舵を取る経営者の目に留まり、政界や芸能界など各界の著名人も頼る術として利用されるようになりました。


「算命学は一般庶民のための占い」と思われがちではありますが、もともとは歴代皇帝が国を治め、より長く統治するための門外不出の学問。

算命学で鑑定することは、あなたの人生を上向きになるためのヒントが手に入るということになるのです。



これまで鑑定してきたお客様の声


これまで占い専科「古都」で鑑定されたお客様から以下のような喜びの声をいただいております。


◆40代女性・主婦
10年来のママ友との関係に悩んでました。子どもが小さいころはよく遊んでいたのですが、お互い働きはじめた頃からマンティングされているような気がしてモヤモヤしてました。そこで算命学で自分と友人の関係を鑑定してもらったところ、納音の関係だということが判明! 私が感じていたモヤモヤは相性の問題だったようで、アドバイスを頂いて以降は心が軽くなりました。自分と相手を知ることがいかに重要であるかを知るキッカケとなりました。ありがとうございました。


◆50代女性・販売員
資質や性格など思い当たることが多く、どんどん引き寄せられていきました。その後も小さな悩みをメールで相談し、真摯に答えていただき感謝しています。


◆40代男性・工務店経営者
古都さんの算命学鑑定を受け、ビジネスの方向性や判断時期を明確にしてもらいました。そのおかげで、無事に法人化もでき、業績も上がり続けております。


◆40代女性・美容室経営者
悩みや不安が払拭されて、仕事もプライベートも円滑に進むようになりました。今まで気づかなかった自分の性質と関わる相手を知ったことで、スムーズにいかなかった理由もわかり、どうすれば上手くいくのか納得!お陰で自信を持って目標に向かうことができています!



算命学鑑定士「古都」のプロフィール


広島算命学の開祖「武宮田学」氏から
全てを教わりました


家業と仕事、元夫からの委託経営によるトリプルワーカー、更に家族関係のもつれや身内の相続争いに巻き込まれ、人生のどん底を経験。

「どうして人は生きるのか」という悩みに直面したときに政界や財界の成功者も頼っていた算命学に出会い、自分の宿命を知ることで、運命を上向きにしてきた。

その後は、地元広島での算命学開祖「武宮田学」氏に弟子入り。

屋号「占い専科古都」を引き継いだ2010年に独立し、『人が抱える悩みの解放』を使命に経営者や個人事業主などのビジネスオーナーを鑑定してきた。


算命学を分かりやすく理論立てて説明する独自の手法が好評で、地元広島だけで7000件以上鑑定。


特に自身の経営者経験を交えながら俯瞰的に鑑定することで、ビジネスでありがちな人間関係や事業課題の改善を得意とし、環境だけでなく、人生そのものの運気を上昇気流に乗せるお手伝いをしてきた。



開運の思考法(コツ)を伝えているブログは独立以降毎日更新しており累計2000記事以上。

【ブログ】



古都の算命学鑑定で手に入る未来


  • 自分の使命や役目が分かる

  • 将来の不安を取り除くことができる

  • 強みと弱みを把握できるようになる

  • 得意と苦手を知り、向き不向きが分かる

  • うまくいかない、と思う時の対処法が分かる

  • 将来の不安を取り除くことができる

…と、仕事の環境や時期、結婚相手との相性や時期、子育てにおける親子関係の構築の方法や環境の整え方などをお伝えできます。


算命学では「人間はその人の性格と異なる運命には出会わない」と教えています。

アナタの持ち味である宿命を知ることが、運命を開くための一歩なのです。



占い専科 「古都」が選ばれる3つのポイント


その1、完全個室でプライベートを確保

ひとりひとりの運命を鑑定するためプライベートサロンにて行います。
鑑定に関する情報は第三者の目に触れず、耳にも触れることがありません。
お子様連れでも大丈夫ですので、どうぞご安心して、鑑定にいらしてください。

その2、宿命が分かるあなただけの鑑定書

占い専科「古都」の算命学鑑定は口頭で伝えるだけではございません。
きちんと鑑定資料をお渡しした上で、分かりやすく論理的にお伝えします。
鑑定時の資料は当然差し上げますので、聞き逃し等がないようメモを取ることも構いませんので、ご安心くださいませ。

その3、万全なアフターフォロー

一度鑑定したものの時間が経過すると人間はどうしても情報が欠落します。
いくら鑑定資料を渡したところで、読み返しても鑑定時の情報を100%覚えておくのは至難の業です。
そこで、占い専科「古都」では鑑定後に30分のフォロー面談がついてますのでご安心くださいませ。


広島算命学の開祖「武宮田学」氏の弟子です


私は広島で算命学を広めた開祖と言われている武宮氏と出会い、約10年に渡り、弟子として学びました。

そして、師弟関係を育んできた中で武宮氏から常々言われたことがあるのです。


それは本物の鑑定士になれということ。

算命学は生年月日を基準に鑑定する以上、師匠であろうが、弟子であろうが宿命の判断の答えは同じ。

そのため、最初はその言葉の意味が良く分かりませんでした。

しかし、武宮氏の元で学び、10年以上に渡って鑑定する中で、分かったことがありました。


それは、判断する宿命は同じであっても、鑑定後の運命は鑑定者によって変わるということ。


結局、その答えが出る前に武宮氏は病気により闘病生活を余儀なくされたため、明確な答えが求められず、屋号である「占い専科 古都」を受け継ぐこととなりました。

私以外の武宮氏の弟子は九州や四国など他県にて活躍されてますが、広島で意志を受け継いでいるのは占い専科「古都」だけ。


武宮氏から常に言われ続けてきた「本物の鑑定士」として、関わる人の人生を上向きにする運命へと導くべく、武宮氏の想いを大切に、鑑定してまいります。



占い専科「古都」の3つのお約束


私はこれまで家事・仕事・経営のトリプルワーカー、親族争いなどに巻き込まれ、仕事・プライベートと共に激動の人生を歩んでまいりました。

そして、毎日の辛い日々を生きていく中で「なぜ人は生きるのだろう?」という悩みを抱えるようになりました。

もちろん、その答えはすぐに導き出るものでもなく、モヤモヤしながら過ごしていたところ、算命学に出会いました。


算命学と出会うことによって自分の宿命を知り、行動を導いてくれたことで、自分の運命を上向きにすることができました。


その瞬間、算命学の魅力に惹かれたのです。

それ以降、私のこれまでの経験と俯瞰的な視点で物事を捉える算命学で、関わる人の人生を良くしていこうという想いが強がり、武宮氏に師事することとなりました。


そして、武宮氏から受け継いだ想いと自分自身の想いから、占い専科「古都」では以下の3つを心掛けて鑑定しております!


・不要に人生への介入を行いません
・訊ねられたことは惜しみなくお伝え
・不安や恐怖を煽る鑑定を行いません


皆様の人生が上向きになるよう導いてまいりすので、あなたの人生に悩みや迷いが生じたときにはご相談くださいませ。



毎日が楽しくなる開運のコツ、お伝えしてます


365日毎日更新しているブログで開運のコツをお伝えしておりますので、どうぞご覧ください。

鑑定料について


各種鑑定コースや料金については以下をご覧ください。

ご質問、ご相談、ご依頼、メッセージなど
古都へのご連絡はこちらからお願いいたします。

通常は24時間以内に返信させていただきます。

どうぞお気軽にご利用下さいませ。
ご連絡お待ちしております。