出産してからの
シミを解消したい!

独身の頃は肌も比較的きれいな方で、紫外線対策はそれほど気を使わなくてもシミになったりすることもなく、日焼けもすぐにさめるという体質

当サイトでは私と同じように産後のシミに悩んでいる方に情報をシェアできたらと思いましたので、シミ対策への参考にしてみてください!

このページの目次

美容には苦労しないと思い込んでいたが産後のシミが…

妊娠中から何となく肌の状態が変わってきて、出産したらどんどんシミが増えていくので恐ろしくなってしまったのです。

妊娠・出産経験のある人から体験談を聞いてはいましたが、産後は本当に肌が変わってしまうようです。

ホルモンバランスが関係しているそうで、時期が来れば薄くなる人もいるそうですが、このままシミが改善されなかったらと思うと、目の前が真っ暗になったのです…

皮膚科のレーザーも検討したが高いし怖い

鏡を見るたびにため息が出る、すっぴんでは絶対人前に出ることができない私の顔でした。

すぐにでも消してしまいたい、そう思った私は手っ取り早い方法でもある皮膚科のレーザーも検討
医療機関での施術ですから間違いなく効果が期待出来るが

レーザーはやっぱり怖いと思うし、家計の収入では費用を捻出することが難しいし今の自分には贅沢だと思って踏み切れませんでした…

  • 周りにもレーザーで対策している人もいない
  • 万が一失敗したらという不安もあったので

調べると良い成分の高級化粧品だとシミを薄く出来るみたい!

レーザーは諦めるとして調べると、手軽な方法は化粧品でシミを薄くしていく事、シミを改善するための美白できる化粧品を探してみました。

お値段の高い高級化粧品だと成分的にシミを薄くする効果も高いらしく!私も使ってみたいと思うようになりました。

子育への自分のご褒美!高級化粧品のお試しトライアルを試そう

あまりにも高い化粧品を買うのは気が引けます。

やり繰りできないわけではないけれど、今は子供のためにお金を使いたいし、主人に対し後ろめたい気持ちもありました(が産後のシミをなんとかしたい…)

悩んだのですが、高級化粧品にはお試しのトライアルサイズも販売されているので、まずはそれを試してみようと決めました。

自分で言うのもなんですが、子育てと家事に頑張っている私へのご褒美として、このくらいの贅沢は許してもらえるのではと思います笑

産後シミを改善する為の化粧品を選ぶ4つのポイント

妊娠、出産を経験する前は無かったシミを見付けた時はショックを受けますが、シミを薄くしたり消すための化粧品は存在してます。

ポイント①
シミ改善に知っておきたい成分のトラネキサム酸

トラネキサム酸という成分はシミを消す効果があると言われている為、トラネキサム酸が含まれているかどうかを産後シミを消すための化粧品を選ぶポイント

ポイント②
敏感肌も使える肌への負担の少ない化粧品

敏感肌だという女性は産後シミが薄くなったとしても、肌自体がボロボロになってしまっては何の意味もありません。
シミを薄くする効果があると言われるものも敏感肌用のものはありますので、必ず低刺激の敏感肌用を購入するように
■肌への負担を出来るだけ少なくするために

敏感肌用の化粧品を使用することも大事ですが、肌に塗る際は肌をこすらず優しく触りながら浸透させることも大事。
スキンケアの方法にも気を付ける必要があることを忘れてはいけません。

ポイント③
美白だけでなく保湿も行える事

産後シミを薄くしたり、消したいと考えた時、一番に思い浮かぶのが美白という言葉では?

美白効果でシミが薄くなれば言うことはありませんが、それでも出来るだけ肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

美白効果と同時に保湿効果も高いものが理想的

美白は出来たとしても、肌が乾燥しがちになってしまっては、他の新たな肌トラブルの原因となってしまう可能性があります。

ポイント④
ハイドロキノン配合で唯一使えるビーグレンホワイトケア

ハイドロキノンはシミなどに効果があるとされながらも、そのまま配合すると肌への刺激が強いなどの問題点がありましたが、ビーグレンのホワイトケアは独自の技術でハイドロキノンを安全に配合

肌への負担は無く、ハイドロキノンの効果はそのままですので産後シミに悩む女性の助けとなるでしょう

産後のシミ対策の人気化粧品ランキング

1位:ビーグレン ホワイトケア

■ビーグレン ホワイトケアの特徴

色々な化粧品でシミ解消を目指してきたが駄目だった方に試してほしいのがビーグレン ホワイトケア

ビーグレン独自のテクノロジーで肌トラブルの元まで届き解消に近づきます!

価格 お試し1800円
評価 評価5 ★★★★★
備考 何を使っても効果がなかった人へハイドロキノン配合化粧品
■ビーグレン ホワイトケアの総評

お試しトライアルは1800円送料無料で試す事が出来て、+365日返金保証もあるので安心して試す事が可能!まず1週間試して見る価値あり

2位:アスタリフト ホワイト

■アスタリフト ホワイトの特徴

富士フイルム化粧品独自のナノユニット技術で極小化したナノAMA開発。保湿やハリにこだわるアスタリフトシリーズの主成分も配合

美白ケアをしながら、ハリ・うるおいもキープしたい方にオススメ

価格 お試し1000円
評価 評価4 ★★★★☆
備考 シミの元に届く、働く美白ケアで透明感あふれる肌へ
■アスタリフト ホワイトの総評

うるおい感・浸透感を試して見たい方はたっぷり試せる美白お試しトライアルキットを試してみて

3位:アンプルール ラグジュアリー

■アンプルール ラグジュアリーの特徴

シミ肝斑治療センター併設の美容皮膚科総院長が開発・監修したスキンケアとなっており、美白成分ハイドロキノンを安定化させ化粧品に配合

乾燥しやすいというイメージを払拭する保湿力でシミとさよなら目指す

価格 お試し1890円
評価 評価4 ★★★★☆
備考 皮膚科医開発のドクターズコスメがアンプルール
■アンプルール ラグジュアリーの総評

たっぷりと試せる6500円相当が1890円送料無料にて一人一個限定で試す事が出来る嬉しい特典

日常生活で出来る産後のシミ対策

対策①日焼け・紫外線対策

産後は女性ホルモンの変化によってシミが出来る事も…に肌の質も変化するためにシミには紫外線の対策は大切です。

色素が沈着しやすい状態になるために、
外に出るときは

  • 日焼け止めクリーム
  • 帽子
  • カーディガン

などを羽織って紫外線を避けることが大切。5月は特に紫外線が強いので、注意が必要です。

対策②バランスのとれた食事

産後のシミを防ぐためにはバランスのとれた食事も心がけましょう。
産後は赤ちゃんに栄養を与えるために、体から栄養素が失われています。母乳を与えている人も栄養バランスを意識してとるようにしましょう。
ビタミンCや、ビタミンAはシミ対策に効果的です。

レモンやブロッコリーなどは、ビタミンCが豊富に含まれているので積極的にとることが大切

対策③ルイボスティーは繊維も豊富で美肌におすすめ

産後は母乳で水分が持って行かれてしまう意識し水分補給。
水分補給は、便秘の予防にもつながり体の調子も整えます。
ルイボスティーは体にも優しく繊維を豊富に含んでいるので、便秘の予防になり美肌にもつながります。
肌を若々しく保つためにルイボスティーは効果的です。

対策④睡眠をしっかりとる

肌の健康の為に睡眠をしっかりとることも大切。睡眠をとることで、ホルモンバランスも整うので肌荒れにも効果があります。

母乳の時期は睡眠が不規則になりがち

昼間に休める時は、赤ちゃんと一緒に眠ったり睡眠の時間を確保するように工夫をしましょう。

睡眠をとることで、自律神経の働きが整い肌の改善につながります。

対策⑤軽い運動

産後は育児の忙しさからストレスがたまる人も多いです。
毎日の軽い運動は、交感神経と副交感神経の働きを整えるので新陳代謝も良くなります。
軽い運動を続けることで、汗をかきやすくなり肌のトラブル防止にもつながります。
汗をかくことで血行を良くするので美肌にもつながります。
家の中で出来るヨガなど軽い運動を習慣にして、ストレスも解消しましょう。

対策⑥リラックスできる時間を作る

ストレス解消の為にリラックスできる時間を作ることが大事。
ストレスがたまると、自律神経の働きも悪くなるのでイライラ、便秘、肌荒れなどの症状が起きやすくなります。

産後は休める時に意識して、自分の時間を作るように心がけましょう。

赤ちゃんが昼寝している時に

  • お茶を飲んだり
  • 好きな音楽を聴いたり
  • 海外ドラマを観たり


リラックスすることが大切

様々な原因で産後シミは出来てしまいます

妊娠、出産を経て肌トラブルを抱える女性も数多く存在します。
産後シミはその代表とも言えるのですが

原因①2つのホルモンバランスの変化

大きな原因の一つに、目に見えることは無いので意識することはありませんが、体の中で分泌されているホルモンバランスの変化があります。

妊娠するとそれまで以上に女性ホルモンが分泌されますが、それがホルモンバランスの乱れともなってしまい産後のシミの原因にもなるのです。

原因②肌のバリア機能が低下

産後シミの原因はホルモンバランスの乱れが全てという訳ではありません。

妊娠中から続くホルモンバランスや生活習慣の変化から、肌自体のバリア機能が低下している事も原因といえます。

肌のバリア機能が低下している状態では、少しの刺激で色素沈着を起こしてしまい、それが産後シミに繋がってしまうこともあります。

原因③ストレス

ストレスも産後シミの原因として見逃すことは出来ません。

ストレスが原因で様々な肌トラブルが引き起こされるということは、女性の多くが知っている事だと思います。

産後は間断なく続く赤ちゃんのお世話で疲れ果て、育児に関する不安もあればなおさらストレスが溜まりやすくなります。

原因④寝不足

産後で一番辛いことと言えば、寝不足だと答える女性は非常に多いでしょう。

産後すぐから始まる赤ちゃんのお世話はそれこそ昼夜関係無く続き、まとまった睡眠時間を確保するのは至難の業

そうなってしまうと肌の正常なターンオーバーも出来なくなり、産後シミやその他の肌トラブルが多くなる原因になってしまいます。


睡眠不足で辛い時は、赤ちゃんが眠っている時間は必ず自分も眠るようにしましょう。

産後の時間がない時ストレス軽減策を見つける事!

待ちに待った赤ちゃんとのご対面で感動の日々も束の間、産後の赤ちゃんとの生活は赤ちゃんが可愛いだけではなく睡眠不足や自分の時間がない中での家事や育児、とにかくストレスが溜まります…

つい旦那さんや赤ちゃんに当たってしまったりすることも多々

  • 少しでも外出したり気分転換に出来ることをしたり、友人と話をしたりしてストレス軽減策を見つけると、イライラとうまく付き合いながら育児をすることが産後のシミ対策としても重要になります。

    ここでは先輩ママさんが取り入れた解消法を紹介!

  • 少しでも外出したり気分転換に出来ることをしたり、友人と話をしたりしてストレス軽減策を見つけると、イライラとうまく付き合いながら育児をすることが産後のシミ対策としても重要になります。

    ここでは先輩ママさんが取り入れた解消法を紹介!

解消法①子供を預けて外出

産後は自分一人で外出する機会が減ってしまいます。

授乳が必要であったり、赤ちゃんを旦那さんや家族に任せるのは気になってしまって不安と感じたり、赤ちゃんを預けるということに抵抗がある人も多いかと思いますが
ほんの少しの時間だけでも赤ちゃんを旦那さんや家族に預けて散歩をしたり、買い物に出かけたりするだけでも気分転換になります。
一人の時間を過ごして赤ちゃんの顔をみると気持ちも落ち着きますし、赤ちゃんに対しての可愛さも増します。

旦那さんとデートをするのもいいでしょう。

解消法②家の中で少しでも気分転換

外出だけが気分転換ではありません。

自宅でも時間がない中で、赤ちゃんが寝た時間や旦那さんに少しだけみてもらってゲームをしたり、音楽を聴いて気持ちを落ち着けるのもいいでしょう。

最近ではスマホのアプリゲームや音楽アプリが充実していますし、手軽に楽しむことができます。


気分を上げる音楽でもいいですし、気持ちを落ち着ける音楽でもいいでしょう。

ちょっとした時間を利用して気分転換をするよう心がけてみましょう。

解消法③友達としゃべりまくる

どうしても産後自宅で赤ちゃんとマンツーマンで過ごすとふさぎ込みがちになってしまったり、息苦しく感じてしまったりしますが、そんな時には友達としゃべりまくる時間を作ってみるのもおすすめです。
時間がない中外出をするのは大変だと思うのであれば、自宅に招いて一緒にお茶を飲みながら話をするのもいでしょう。
もちろん育児に関係のない話をしてストレスを発散させるのもいいでしょうし、産後の生活の愚痴を同じ境遇のママ友にしゃべるのもおすすめ。

人にしゃべるととてもすっきりしておすすめ

解消法④高級化粧品を買って罪悪感で優しくなる笑

ストレス軽減策として高級化粧品を購入して使うのもおすすめw
もちろん産後のシミケアをするという意味でも効果的ですが
高級化粧品を購入することで、自分だけに対して高級なものを購入してしまたという罪悪感から赤ちゃんや旦那さんに優しくなることができるという心理面にも効果的w
日々の育児や家事を頑張る自分へのご褒美としても、高級なものを購入してすっきりするという意味もありますしおすすめです。

産後シミの種類!大きく2種類となっています

産後のシミで悩むものですが、女性ホルモンの一つプロゲステロン(黄体ホルモン)が大きく関係。

肌トラブルにも深い関係のあるこの女性ホルモンの分泌が妊娠中に多くなる為、妊娠中や産前産後に肌の状態が不安定になりシミを引き起こすと言われています。

妊娠性肝斑(かんぱん)とは

シミにも種類がありますが、妊娠中や産後のシミ「妊娠性肝斑」は一般的なシミとは見た目も原因も少し違っています。

妊娠性肝斑の特徴とは以下の通り

  1. シミの輪郭がはっきりとしていない
  2. 頬骨や口の周辺にできやすい
  3. 顔の左右対称にできやすい
  4. 肌のくすみと間違えやすいほど、ぼんやりしている
  5. 季節ごとにシミの濃さが変化する
  6. 紫外線とは無関係である
  7. 30~40代の女性に多く見られる症状で、それ以上高齢では見られない

老人性色素斑(一般的にシミといわれるもの)とは

種類の多いシミの中でも、一般的にシミと言えば「老人性色素斑」の事を指します。

その原因は主に経年する中で浴びた紫外線で、過去に受けた紫外線ダメージが皮膚の下層に蓄積して、シミとなって現れてくるものです。

老人性色素斑の特徴は以下の通り

  1. 紫外線によるもので、太陽に一番近い顔・手の甲・肩といった日光に晒されやすい部位にできやすい
  2. はっきりとしない境目のシミで、類円形状
  3. 薄い茶色から始まり、次第に濃くなってくる
  4. 通常では40代から現れる
  5. 色白の人、慢性的に外で過ごす時間が長い人では20代後半あたりから出現することもある
  6. 紫外線を一日中集中的に浴びたからといっても、翌日にすぐ出現するわけではない

シミを目立たなくするにはターンオーバーの正常化を目指す

産前産後のシミ・経年蓄積によって浮き上がってくる一般的なシミ(老人性色素斑)を消すには、セルフケアでできるものと、皮膚科治療となるものなど種類によって違ってきます。

まずはそのシミの種類を確認する事皮膚のできあがるメカニズムを理解する事

2点が大切です。

肌のバリア機能が低下することによってできてしまう産後のシミは特に、肌のターンオーバーを繰り返すことで排出されるのですが、このターンオーバーのサイクルバランスが崩れた状態ではシミが残りやすくなることが分かっています。

セルフケアでシミを目立たなくさせる方法のベースは、正しい食生活や睡眠をしっかり取り、肌のターンオーバーの正常化を目指すという認識を持ちましょう。

皮膚科でシミを治療する方法のQ&A

産後のシミを皮膚科・病院等で治療したい!と言う方もいますよね。ここでは皮膚科でのレーザー治療の多くあった疑問をまとめてみました!
  • Q
    産後のシミを皮膚科でレーザー治療する時、保険って適応される?
    A

    産後のシミを皮膚科でレーザー治療する際に、健康保険は適用されませんので自費で治療を受けることになります。産後シミは病気ではありませんので、美容目的の他の施術同様自費で治療が行われています。

    レーザー治療の中にはあざなど皮膚病の扱いを受けている治療に関しては保険が適用されるものもありますが、美容目的の治療は産後シミだけでなく通常のシミや脱毛などは全て自費扱いです。

  • Q
    どれくらいの金額・費用になる?
    A

    産後のシミを皮膚科でレーザーによる治療受けた場合、自費診療ですので費用はクリニックによって全く異なります。

    自費診療の治療はクリニック独自に費用を設定することが出来ますので、治療にかかる費用は大きく異なるケースがあります。

    大まかな費用としては1部分につき数千円程度からに設定されているクリニックが目立ちます。1mmの大きさのものですと10000円以下で施術を受けられるのが一般的

  • Q
    産後、いつからレーザー治療出来るようになるの?
    A

    産後シミのレーザーを使った治療を行うタイミングについては、あまり早期に治療を受けてしまうと効果が半減してしまうケースが見られます。

    出産直後はホルモンバランスが安定していませんし体調も万全ではありません。

    そのような時期に施術を受けると万全の体調の時に施術を受けるのに比べて回復が遅かったり肌トラブルが出ることがあります。

    クリニックによっては生理が来てからの施術を勧められることもあります。

  • Q
    期間はどれくらいかかる?一日で終わるの?
    A

    皮膚科で産後シミの治療を受ける場合、シミの範囲や濃さなどによって一回で終わるか数回施術を受ける必要があるかが異なります。

    又、皮膚科のレーザーを使った治療に用いられるレーザー機器にはいくつか種類があり、その種類によってもシミに対する効果が異なります。

    一般的な治療では一回の治療でシミが無くなることも多く、その場合は施術は一度で済ませることが出来ます。

    施術を受けて数日間は赤みが目立つことがありますが、徐々になくなります。

  • Q
    失敗や後遺症を覚悟しないといけないってホント?
    A

    皮膚科のレーザー治療には、全く副作用がないわけではありません。

    特に体調が悪い時や敏感肌の方が受けると肌のトラブルを起こすケースがあります。

    失敗や後遺症というよりは、肌への刺激が強すぎて肌トラブルを起こしたり赤みがなかなかひかないケースが見られます。

    これはシミの治療だけでなく脱毛の施術などにも起こり得る症状で、皮膚科医から薬を処方してもらうことで症状を改善することができます。

  • Q
    どれくらいの金額・費用になる?
    A

    産後のシミを皮膚科でレーザーによる治療受けた場合、自費診療ですので費用はクリニックによって全く異なります。

    自費診療の治療はクリニック独自に費用を設定することが出来ますので、治療にかかる費用は大きく異なるケースがあります。

    大まかな費用としては1部分につき数千円程度からに設定されているクリニックが目立ちます。1mmの大きさのものですと10000円以下で施術を受けられるのが一般的

シミを目立たなくする3ステップを知っておきましょ!

シミを目立たなくするためには、3つのステップが大切だと言われています。

1つめのステップはメイク落とし・洗顔をしっかりと行なう事。

汚れをそのままにしておくと、化粧水の浸透力が激落ちしてしまいます。

シミを目立たなくするためには保湿が鍵となる為、いかに奥底に保湿成分を届けるかが重要です。


どんなに高価な化粧品を使用していても、メイク落とし・洗顔が不十分だと効果は激減します。

肌の表面だけを保湿してもシミを薄くすることは難しいでしょう。

保湿で肌に潤いを与えます

シミを目立たなくする3つのステップの2ステップ目は、肌に十分な保湿を与えることです。
肌はしっかりと保湿しておけば、ほとんどのトラブルを防ぐことができます。年間を通してシミ・くすみ・ニキビなどに悩まされている方は肌が乾燥していることが多いです。

肌に潤いを与えるためには化粧水と美容液が基本

これらは価格に比例して保湿力が増すと言われているため、お金をかけるだけの価値はあります。

保湿はバリアを生み出すため、肌の抵抗力を高めるためにも保湿は入念に行ってください。

特に紫外線量の多くなる時期は、日焼け止めクリームも併用してください。紫外線を浴びると急激に肌の水分が失われるため、UVケアは欠かせません。

紫外線対策を抜かりなくしっかり行う

シミを目立たなくする3つのステップの最後は、紫外線対策をサボらないことです。紫外線を甘く見てしまうと10年後の肌が激変してしまうでしょう。

シミ・黒ずみ・くすみなどは、紫外線が最大の原因だと言われています。
紫外線に負けない肌を作るためには、保湿とUVケアが基本となります。
外出時は帽子や日傘を使用するのもおすすめ

紫外線は照射を受けてから対策より照射自体を防ぐことが重要

クルマを運転するときも想像以上に紫外線を浴びてしまうから、UVクリームでケアをしておきましょう。

紫外線のダメージを受けないのは雨天だけであり、晴天・曇天はダメージを受けます。

曇りだからと安心していると、紫外線のダメージを蓄積させることになるので注意しましょう。

たとえ少量の紫外線であっても、毎日浴びていると相当な量になります。

最後に

産後のシミはホントに嫌なものですよね。

ただでさえ育児で大変なのに…

しっかりとシミ解消化粧品などを使用し、
薄くしていきケアを行っていきましょ^^