忙しい主婦でも
腰痛を治せる!

腰痛をほったらかしにしてませんか?
忙しくて時間がないあなたでも、たった5秒の「Wストレッチ」で腰痛を治すことができるんです!

主婦は腰痛で当たり前!?

家事や育児で大忙し。時間がなくて自分のことは、ついつい後回しに。主婦業に休日なんてないですもんね。全国のお母さん、いつも本当にありがとうございます!

でも忙しいからって、その腰痛、ほったらかしにしていませんか?
そもそも腰に負担がかかる仕事が多く、主婦は腰痛のリスクが高いんです。例えば、

 ● 掃除や洗濯で前屈みになる
 ● 台所での調理や皿洗い
 ● 買い物等で重い荷物を持つこと
 ● 赤ちゃんのオムツ替え、子供の抱っこ

このように、毎日の家事のほとんどが腰痛を引き起こす原因になってしまうのです。

また、加えて、腰痛を感じていたとしても、「自分の身体の声に耳を傾けている時間の余裕、心の余裕なんてない!という方も多いのではないでしょうか。または耐えられないような腰痛をごまかしながら、なんとか主婦業を続けている方もいるかもしれません。

そんな方にぜひ試してほしい、いつでもどこでも「たった5秒」でできて、しかも腰痛の根本的な原因に効果抜群の「Wストレッチ」をご紹介します!

腰痛の根本的原因って?

 腰痛の原因の多くは「姿勢」です。

 このイラストを見ると、姿勢が猫背の人は、腰痛のリスクがどれだけ高いかお分かりいただけると思います。

 本来、人間の身体は、背中を伸ばした姿勢を取っている方が脳も身体も楽に感じるはずなんです。でも、長年にわたって悪い姿勢を続けているうちに、身体が慣れきってしまい、脳がその方がらくだと勘違いしてしまうのです。そうすると身体のバランス・めぐりが悪くなり、肩こりや腰痛があらわれたり、体調不良となってしまうのです。

 姿勢が悪いことで起こる代表は腰痛。腰痛が発生するのは、基本的に腰に過剰な負担がかかっているせいです。人間の腰には、頭と上半身という重たいものが乗っていて、それを、背骨と背筋を使って重みが一カ所に集中しないように、上手に分散させています。この重みを上手に分散させる身体の機能は、正しい姿勢があってはじめて機能するのです。

 姿勢を悪い癖がつく前の正しい位置にリセットする、これだけで、腰痛をはじめ、身体を取り巻く悪いものが、次々にスッキリしていきます!

キーワードは「背中」

 腰痛の人、腰痛リスクが高い人は、背中の筋肉が凝り固まり、背中が支えるはずだった負担が腰に集中してしまっている状態なのです。だから、背中の筋肉をほぐし鍛えることで、腰の負担を軽くすることができるのです。

 実は今まで、腰痛の原因として「背中」が注目されることはあまりありませんでした。しかし今からご紹介するストレッチを実践した方から、次々と「腰痛が治った!」と驚きの嬉しいお声が届いているのは、紛れもない事実なのです。「背中」が腰痛を治すカギとなっているのです。 

 これからご紹介するストレッチは、忙しいあなたでも、いつでもどこでも「たった5秒」でできちゃうので、以前にも他のストレッチを試してみたけど続かなかった…なんて方にもオススメです。
 その名も「Wストレッチ」です!

 Let's try!
 Wストレッチ!

① 両手をまっすぐ上げる

腕は耳よりも少し背中側になるように伸ばす。座りながら行ってもOK。

② 手のひらを背中側へ回す

180°回転させるイメージを持って、痛くない範囲で内側に回す。この時、しっかり息を吸っておく。

③ 脇を締めて、肩甲骨を中央へ寄せる

息を吐きながら脇をしめていき、気持ちよいところで5秒キープ。効果が半減しないよう、しっかりとあごを引いておこなう。脇と背中で「W」の文字を作る。

今、あなたの姿勢は
リセットされています!

「たった5秒」「Wストレッチ」をしただけで、今、あなたの背中は伸び、悪い癖がつく前の正しい姿勢に戻っているんです!
 この「Wストレッチ」を習慣的に行えば、姿勢は綺麗になり、腰痛などの不調が改善していきます。姿勢をピンとまっすぐにし、腰痛を追い払い、元気と美しさを呼び込みましょう!
 また、「Wストレッチ」だけでなく、身体に負担をかけず簡単に行える、腰痛や肩こりが治るストレッチが紹介されている書籍、『腰痛がきえる Wストレッチ』。ここでは紹介しきれなかった、リセットされた姿勢を維持するための、インナーマッスルを鍛えるエクササイズなど、さらに健康と綺麗を手に入れるためのメソッドがぎっしり詰まっています。
 
 「腰痛がきえる Wストレッチ」は全国の書店、Amazonで大好評発売中です!

Wストレッチ体験者からの
驚きのお声

5歩も歩けなくなった私が、フルマラソンを完走できるまで回復!(40代 主婦)

重度の腰痛で、5歩も歩けなくなってしまったのですが、Wストレッチのメソッドを取り入れて見事回復しました!現在は、回復した反動からか、年に何度もフルマラソンを完走しており、腰痛とは縁遠くなりました!

仕事が忙しく、不調に悩まされていた看護師が回復!(20代 看護師)

夜勤が多く、女性特有の不調に悩まされていました。そこでWストレッチで身体のバランスを整えたところ、みるみる不調が改善され、以前のようにやりがいを持ち、仕事を楽しんでできるようになりました!

著者の野口早苗ってどんな人?

姿勢調律士として、多くの人の姿勢を美しくしています!

「腰痛がきえる Wストレッチ」の著者である野口早苗は、もともとは海外で活躍するダンサーでした。ダンサーとしてさらに成長するためいろいろな挑戦をしている最中、動けないくらい激しい腰痛が彼女を襲い、それ以上ダンスを続けることができなくなってしまいました。
 失意のどん底で、落ち込んだ…のはほんの一時のことで、それからは自分を苦しめている腰痛の原因とその治し方の研究に没頭し、腰痛が「姿勢」と大きく関わっていることを突き止めました。
 そしてさらに身体の構造や動かし方などを研究し、「Wストレッチ」を生み出しました。「Wストレッチ」で姿勢を正しい位置に戻し、いくつかのストレッチと運動で背中を鍛えることで、みるみる腰痛が良くなっていきました。しかも、腰痛が治るだけでなく、なんとなく以前よりも自信が溢れている感覚があることに気がつきました。姿勢が美しくなることで自信が付き、女性としての美しさが増していたのです。

 一人でも多くの、腰痛に苦しむ人、自分に自信を持ちたい人や綺麗になりたい人に「姿勢」の重要性と「Wストレッチ」メソッドを伝えるために会員制ボディメイクサロン「sanare」をオープンしました。そして、サロンに来れない方へも「Wストレッチ」メソッドを普及するために、「腰痛がきえる Wストレッチ」を出版しました。

野口早苗 メディア掲載

トランスワールドジャパン「名医が教える女性ホルモン力-10歳プログラム」著書監修、日本経済新聞小学館DIME2012年 No.11掲載、学研mer6月号掲載地球温暖化防止プロジェクトECOネット東京62掲載、小学館美的12月号付録監修、1月号「綺麗な人の24時間冬越えレシピ」、2月号「Aウォーキングでいつの間にか美ボディに!」、AFC会報誌、日本経済新聞、他多数
●いい湯だぜぇ〜カラダよろこぶ温泉旅 レギュラー放送中 東海テレビ他
●FM世田谷5KIGENじゃナイトレギュラー出演(毎週金曜日22:00-23:00)
●東京MXテレビ「キレイを磨く!エクストリームBeauty」

著者:野口 早苗

姿勢調律士・会員制ボディメイクサロン「sanare」オーナー 6歳からダンスを始め新体操,バレエ,ジャズ,タップ,モダンを行ない,ニューヨークでプロとしてバラモアダンスカンパニーメンバーに所属、ショーケースなど多数出演。帰国後Brave Girlsを立ち上げプロデュースを行う。 他、ディズニーランド、北島三郎公演、SKD、新国立劇場、CMなど出演。フジロックフェスティバルソロアーティストダンサーとして出演後引退。 引退後、ピラティス•オステオパシーを組み入れたsanareサロンを青山にオープンし、(社)日本姿勢調律協会代表理事を努める。協会では、正しい座り方、立ち方、歩き方の指導、講師養成を行う。