サミュエル・スコット
(Samuel Scott)

AMS STE

STE所属の広報担当官

AMSの広報業務を担当。
とはいっても、STEにも所属しており、最前線の作戦によく参加する。
父の影響で丁寧な英語を話す。

1983年、コロラド州生まれ。幼少の頃からよく父にキャンプに連れられ、そこで狩猟を経験。初めて銃を撃ったのは8歳の時、22口径のルガー10/22だった。
愛国心と正義感の強かった父親をずっと慕っており、9.11テロ後、父のように国と家族を守りたい、という思いが強まり、高校卒業後の2002年に父と同じ海兵隊に入隊した。

2006年、23歳のとき、任務地であるアフガンで窮地に陥っていたところを、当時海兵隊で試験運用されていた特殊部隊DET-1に助けられ、その時それを率いていたクロードと知り合う。
帰国後の2007年に、DET-1を解体、再編した特殊部隊MARSOCに志願。長く過酷な選抜過程をクリア後、主に中東で対テロ作戦に臨んだ。しかしこの頃クロードは既に隊を離れており、入れ違いの形となった。2015年、イラクで民間警備員になっていたクロードと戦闘地域で再び接触。

除隊後の2016年、クロードがAMSを設立し、人材を募集していることを知る。軍人ではなく、民間警備員という形で国家安全保障に関わることに興味を抱いたサムは、同年にAMSへ入社した。

使用する銃器
COLT M4A1カービン
米軍がイラクで損傷し、廃棄するはずだったM4A1を横流しし、使用可能なパーツをよせ集めて組み上げられたもの。
社長のツテで仕入れた後、外装パーツ各種を交換している。
GLOCK 19
AMSで支給されている拳銃の1つ。
同じく支給されるBLACKHAWK製のSERPAホルスターに挿して携帯する。



AR15 300BLK SBR
300 AAC BLACKOUT弾を使用する9インチバレルのAR15。
屋内作戦向けにSTEの一部で流行している仕様。



SFA 1911
スプリングフィールド社のM1911をベースに、外装パーツを変更・追加したもの。
45ACP弾がより適した状況ではこちらを選ぶ。



使用する装備
T.A.G. Banshee Rifle Plate Carrier

AMSで一時期支給されていたもの。
支給されていた時期が限定的なため、現在使用する社員は少ない。



Eagle Low Vis Armor Carrier
Eagle製のソフトアーマー。LVAC。
AMSで支給されているもの。
作戦次第でSAPI防弾プレートやチェストリグを併用する。