このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 046-822-8866
神奈川歯科大学歯学部環境病理学分野内

祝!2022年4月21日神奈川県よりNPO法人に認可

特定非営利活動法人日本唾液ケア研究会 

 

特定非営利活動法人日本唾液ケア研究会とは

  唾液の健康効果を科学的に明らかにし、臨床応用する一連の取り組みを推進するため、医療・介護関係者、企業、行政、大学、市民等が、お互いに研鑽を積みネットワークを構築すると同時に唾液の健康効果の啓発を行い、口腔の健康から全身の健康を目指す特定非営利活動法人です。
 唾液を専門的および学際的に扱う学術団体はこれまでなく、特定非営利活動法人としては世界的にも初めての研究会です。ぜひ、多くの方に参加していただき、新しい健康像による健康社会の構築を一緒に取り組んでいきましょう。

5月5日より参加登録・演題登録を開始します。

「いい歯の日」の後は「いい唾液の日」
第1回日本唾液ケア研究会学術集会
2022年11月27日 日曜日
いい唾液の日 記念イベントも行います
唾液に関心のある方ならどなたでも参加できます

日本唾液ケア研究会NPO法人化記念
キックオフセミナー
講演動画公開しました

日本唾液ケア研究会は、NPO法人として正式に発足することになりました。そこで、2022年5月5日より本格的な活動を開始することから法人発足を記念してキックオフセミナーを開催しました。

日本唾液ケア研究会の第1号の情報誌ができました。無料公開しています。下記からPDFをダウンロードしてご覧ください。

内容
唾液力を鍛えて感染症から身を守る!
コロナ禍で起こる唾液力低下が問題
唾液は天然のワクチン!第7波に備えて唾液力を鍛える

唾液の量の健康への役割を普及する
唾液は、成人で1日1-1.5リットル分泌されます。この唾液量は、食べやすくする、飲み込みやすくする、しゃべりやすくするという生活にかかせません。さらに、唾液は、口の中を洗い流す洗浄作用があり、感染防止に大切です!意外に知られていない、唾液の量の大切さを普及します。
唾液の質の健康への役割を普及する
唾液は、99%は水分ですが1%に有効成分が含まれます。この成分は、100種類以上あります。その中でもIgAやラクトフェリンは抗菌・抗ウイルス作用を持ち感染症から体を守ります。唾液には質があり、質を高めることが大切な事は意外に知られてなく、質の重要性を普及します。
唾液ケアの実践を推進する
唾液の作用には、量と質の側面があり、それらの力を合わせて唾液力といいます。この唾液力は、ちょっとした工夫で改善することができる場合があります。この唾液力の向上を図ることを唾液ケアと呼んでいます。唾液ケアによる国民の健康を推進します。
唾液ケアの実践を推進する
唾液の作用には、量と質の側面があり、それらの力を合わせて唾液力といいます。この唾液力は、ちょっとした工夫で改善することができる場合があります。この唾液力の向上を図ることを唾液ケアと呼んでいます。唾液ケアによる国民の健康を推進します。

お知らせ

2021年4月28日 日本唾液ケア研究会を設立しました。
2021年6月 日経バイオテクノロジーに槻木理事長の研究が紹介されました。
2021年7月11日 非感染者にも新型コロナに対する抗コロナIgA抗体があることを読売新聞で取り上げられました。
2021年11月28日 日本唾液ケア研究会NPO法人化設立設立総会を行いました。
いい唾液の日 記念日制定式典を行いました。
2021年12月12日 https://hicbc.com/tv/genki/CBSテレビ 元気の時間スペシャルに槻木理事長が出演しました。
2022年1月21日 マツコ&有吉のかりそめ天国に唾液博士として槻木理事長が出演しました。
2022年2月28日

槻木理事長の寄稿が歯科医院経営情報サイト「あきばれ歯科経営 online」に掲載されました。

・新型コロナ感染予防と唾液中のIgA 歯科で活用できる新情報 https://akibare-dental.jp/archives/127

・歯科医院でクラスター発生? ピンチをチャンスに変える口腔ケアhttps://akibare-dental.jp/archives/158

2022年3月28日 日本唾液ケア研究会NPO法人化記念キックオフセミナーの募集開始しました。また、第1回日本唾液ケア研究会学術集会ランチョンセミナー・展示ブース・抄録広告の募集も開始しました。
2022年3月28日

「唾液から始まる、新たな歯科医療」の連載を開始しています。連載第1回は、「唾液が全身の健康を入り口を担う存在に?歯科医院に新たなイノベーションと新産業を創出」です。

2022年4月1日

【あきばれ歯科経営online】の私の専用コーナーで、「唾液から始まる、新たな歯科医療」の連載を開始しています。連載第2回は、“最新の研究で見えてきた「唾液腺と腸の相関」が歯科医院基軸の新たな健康モデルを創出する”です。

2022年4月21日 神奈川県より正式にNPO法人として認可されました。
2022年4月27日

あきばれホームページさんの歯科医師むけ経営情報メディア【あきばれ歯科経営online】https://akibare-dental.jp/の私の専用コーナーで、「唾液から始まる新たな歯科医療」の連載記事が掲載されました。連載第3回は、唾液線が脳とも相関?歯科医院の診療の幅を広げる、唾液腺健康医学の可能性です。

2021年7月11日 非感染者にも新型コロナに対する抗コロナIgA抗体があることを読売新聞で取り上げられました。

いい唾液の日制定記念式典
いい歯の日の後はいい唾液の日

 2021年11月28日にいい唾液の日の記念日制定を記念してイベントを開催しました。当日は、横浜ベイシェラトンホテルの会場に50名、WEB参加100名以上となり、盛況となりました。いい唾液の日の動画は力作です。どうぞご覧ください。
 

理事長の紹介

槻木 恵一 Keiichi Tsukinoki
神奈川歯科大学 副学長
神奈川歯科大学大学院 研究科長
神奈川歯科大学病理組織形態学講座環境病理学分野 教授
神奈川歯科大学大学院附属唾液科学研究所 所長

唾液の量だけでなく、唾液の質の重要性にいち早く気がつき、10年前から普及活動を行う。唾液の量と質の作用を唾液力として紹介している。この唾液力を高める方法を唾液ケアと命名し、国民の健康維持に貢献する活動を行っている。研究面では、腸-唾液腺相関を発見し、唾液の質に腸が関与することを報告している。

お問い合わせ

メールでお問い合わせください
jsca@kdu.ac.jp
事務所
神奈川県横須賀市稲岡町82
神奈川歯科大学環境病理学分野内