かえるの財務諸表論
~ サクラサク ~

 税理士を目指す、社会人の方、バイトで忙しい学生の方、家事に追われる方などを対象とした最小限の努力で最大の効果をもたらす学校が『かえるの財務諸表論』です。

 『かえるの財務諸表論』には大手資格学校のような派手さはありませんが、面倒見の良さだけはドコにも負けない寺小屋のような学校だと思っていただければいいかな、と思います。

 みなさまが比較検討される大手資格学校の税理士講座には様々な力量の講師が在籍しています。ご自身が通学される曜日・時間帯の講師がエース講師ならよいのですが、そうでないときは勉強の効率が著しく落ちてしまいます。

 また、私の授業では基礎を大切にします。
 Twitterなどで質問ツイートをされる受験生がいらっしゃいますが、大手の資格学校に通っているにもかかわらず、「え?基礎を習ってないの?」と思うような質問を多数見かけます。私の授業ではそのようなことにならないよう「なぜ、そうなるのか」という理解を伴う基礎論点の習得に重点を置いています。丸暗記に頼らず基礎論点の理解をすることで、仮に未学習の論点が出題されても、自分の力で解答を導くことができるようになりますし、また暗記の絶対量も減らすことが可能になります。
 
 そして、これは画期的なことですが、論述解答のある財務諸表論では、「問題文の読み方」「文章の組み立て方」など国語力をアップさせる授業も取り入れていきます。いくら知識が増えても、問題文の意味が理解できなかったり、日本語が下手だと得点につながらないからです。

 『かえるの財務諸表論』には大手資格学校の通信講座にはない数々のメリットがあります。詳しくは下記をご覧ください!

今夏から簿記論も開講いたしますので、学校名も変え、新規リニューアルいたします。

ご期待ください!!

お知らせ

2022年7月23日 2023年目標 簿記論・財務諸表論 サンプルが完成しました!
テキストや授業動画のサンプルをご希望の方は、このページの末尾にある問い合わせフォームに必須項目をご記入の上、お問い合わせ内容の欄に、ご希望の科目名及び「サンプル希望」と書いて、ご請求くださいますようお願いいたします。
2022年 7月2日 <来期のお知らせ> 2023年目標コースに関して
今夏から、「かえるの財務諸表論」は新規リニューアルいたします。
今までの財務諸表論に加えて、簿記論も開講いたします。
簿記論・財務諸表論ともに私がテキスト、問題集、テスト、模擬試験を作成し、授業を行います。
2022年7月23日 2023年目標 簿記論・財務諸表論 サンプルが完成しました!
テキストや授業動画のサンプルをご希望の方は、このページの末尾にある問い合わせフォームに必須項目をご記入の上、お問い合わせ内容の欄に、ご希望の科目名及び「サンプル希望」と書いて、ご請求くださいますようお願いいたします。

講座の特徴

簿記論・財務諸表論共通
充実したテキスト・問題集
豊富な図や表を盛り込み、視覚からの理解を助けるテキストを使い、テキスト作成者本人が分かりやすい講義を行います。

また、講義の進度に応じた問題集が付属しますので、授業の理解度をしっかりと確認していただくことができます。


簿記論・財務諸表論共通
理解を促す授業動画
大手資格学校での17年の講師経験(約2,500人を指導)に基づく、丸暗記をさせない知識のつながりを重視した講義をします。また、授業動画は、細かく区切っていますので(動画1本は10~30分)、スキマ時間に気軽に視聴していただけます(※1回の授業は合計で60~120分)。

大手資格学校の一般的な授業時間は3時間(180分)ですが、実質的に講師が話している時間は90分程度です(受講生のみなさんが問題を解いている時間や問題を解いてもらう際の解くのが遅い方を待たなければいけない待機時間などは、講師は無言です。)。
また、各回の授業のボリュームは通常異なりますが、教室講座は授業を「3時間」にするため、ボリュームの少ない回には、いたずらに世間話などをして授業時間を間延びさせることがあります。しかし、当校では、ボリュームの少ない回は、無駄に引き延ばしたりせず早めに終了することで、受講生のみなさまの貴重な時間を大切に扱うことにしています。
簿記論・財務諸表論共通
質問対応
①質問回答は原則48時間以内(メールの場合)
 過去1年間の平均回答時間は4時間程度です。なので、長々とお待たせすることがありません!
大手の資格学校だと、特に直前期、質問電話がつながらない、メールで質問しても回答が2週間後、ということもありますが当校ではそのようなことはありません。
受講料の安い資格学校では質問が有料のことがありますが、当校では、もちろん無料です。

②電話質問もOK
 事前に予約していただければ、曜日を問わず電話にて質問していただけます。(早朝深夜以外)
大手の資格学校の場合、質問電話の時間は限定されています。
簿記論・財務諸表論共通
無料のオプション講座
大手の資格学校では入学後、様々な有料オプション講座が実施され、トータルでの費用負担が重くなりますが、当校では、全てのオプション講座が無料となっています。

<現時点での予定>
(簿記論)
年末 総合問題の解き方
年末 年内まとめ講義

(財務諸表論)
年末 年内理論まとめ講義
4月末 理論総まとめ講義+理論の部分点の取り方
財務諸表論
暗記に特化した理論教材
テキストや授業で理解した理論も暗記がある程度必要となります。
そこで当校では丸暗記とならない、そして、応用理論にも対応できるような工夫がされた理論テキストとは別の暗記専用教材を無料で配布いたします。
財務諸表論
毎日理論の実施
毎日理論とは、ゴールデンウィーク明けから30日間にわたり、全範囲を網羅した30問のオリジナル理論問題に解答していただき、私が添削していく、という徹底的な理論アウトプット実践練習です。

開講から4月末にかけて、授業で一通りの理論のインプットが終わりゴールデンウィークで理論の総復習をしていただくわけですが、その総復習が順調に進んだのかどうか、この毎日理論でしっかりと確認していただくことができます。
簿記論・財務諸表論共通
質問対応
①質問回答は原則48時間以内(メールの場合)
 過去1年間の平均回答時間は4時間程度です。なので、長々とお待たせすることがありません!
大手の資格学校だと、特に直前期、質問電話がつながらない、メールで質問しても回答が2週間後、ということもありますが当校ではそのようなことはありません。
受講料の安い資格学校では質問が有料のことがありますが、当校では、もちろん無料です。

②電話質問もOK
 事前に予約していただければ、曜日を問わず電話にて質問していただけます。(早朝深夜以外)
大手の資格学校の場合、質問電話の時間は限定されています。

講師略歴

同志社大学法学部3回生の9月から税理士試験の学習を始め、簿記論及び財務諸表論に一発合格(法人税法も一発合格)。
法人税法の受験後、大手資格学校にて講師デビュー(簿記入門講座・財務諸表論・法人税法)。週6日複数の校舎で授業を担当、またテストの作成や新人講師の育成などで忙しく過ごす。
大手資格学校退職後、大阪から福岡に引っ越し、さらに佐賀県唐津市に移住し、個人での受験学校を立ち上げる。

講座内容

簿記論・財務諸表論共通
①授業は週2回(月6回 財務諸表論は基本的に理論3回、計算3回)の配信
授業は、基礎から丁寧に入り、その後、受験経験者しか学習しない論点(重要性の高いところのみ厳選)まで展開します。よって、知識不足にならないかな、と心配していただく必要はありません。
③毎週末、その週の授業内容の理解を問う小テスト(30分前後)を実施 ⇒ 採点・添削あり
④月末にはその月の授業内容の理解を問う確認テスト(120分 ※初回は90分)を実施 ⇒ 採点・添削あり
⑤テキスト、問題集、テスト、答練等はPDFで配布
⑥インプットは4月末で終了(試験委員対策等は除く)
⑦ゴールデンウィーク休暇明け以降、原則として、毎週、授業と答練を交互に実施し、得点力を養成
⑧質問は本試験前々日まで可能

大手資格学校での17年間の講師経験から書かせていただくと、通信の受講生が途中で挫折されるのは日々の勉強時間の確保に苦労され復習がままならなくなり、復習が終わらぬまま新しい授業を聞き、授業が理解ができず、結局、授業を見るのさえ諦めてしまう、ということがほとんどでした。
 よって、当校では、日々、忙しくされている方を前提として、毎月末に1週間の休み期間を設け、その月での遅れはその月で取り戻してもらえるようにしています

<注意事項>
【簿記論・財務諸表論共通】
・開講日は9月2日(金)の予定。
・テキスト等の教材はPDFでの配布となります(紙媒体の配布はございません)。

配布教材

【簿記論】
 インプット用

① テキスト(全8冊)
② 直前対策テキスト(全1冊)

【簿記論】
 アウトプット用
① 基本問題集(全8冊)
  ※ テキストに連動した問題集
② 毎週末の小テスト
③ 毎月末の確認テスト
④ 直前期の答練(全9回)
⑤ 直前期の計算総合問題(全9回)
【簿記論】
 その他
① オプション講義で用いるプリント
② その他必要に応じてのプリント
【財務諸表論】
 インプット用
① 理論テキスト(全2冊 基礎編・新会計基準編)
② 計算テキスト(全8冊)
③ 理論暗記用テキスト(全2冊 基礎編・新会計基準編)
④ 直前対策テキスト(全1冊)
【財務諸表論】
 アウトプット用
① 計算基本問題集(全8冊)
  ※ 計算テキストに連動した問題集
② 毎週末の小テスト
③ 毎月末の確認テスト
④ 直前期の答練(全9回)
⑤ 直前期の計算総合問題(全9回)
⑥ 毎日理論(30日分)
【財務諸表論】
 その他
① オプション講義で用いるプリント
② その他必要に応じてのプリント
【簿記論】
 その他
① オプション講義で用いるプリント
② その他必要に応じてのプリント

授業料

【簿記論】168,000円
【財務諸表論】168,000円
【簿記論・財務諸表論2科目パック】298,000円
全て消費税込みの価格です。
※ 上記以外に必要となる授業料はありません。
※ お支払い方法は銀行振込のみとなります(2022年7月23日現在)。

※受験された科目をお申し込みくださり、合格発表にて「合格」となられた場合には、月割計算にて未受講期間の授業料はご返金いたします。
⇒全講座期間が11ヵ月のため9~12月の4ヵ月分を控除した7ヵ月分を返金させていただきます(合格通知書の謄本の提出および合格者ご本人からのお申し出が必要となります。)。合格発表日において12月の配信が始まっておりますので7ヵ月分の返金とさせていただいております。


※ 上記以外に必要となる授業料はありません。
※ お支払い方法は銀行振込のみとなります(2022年7月23日現在)。

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

「私はロボットではありません」にチェックマークをして現れるアルファベット等を入力後「回答」を押してください。

万が一、この送信ボタンを押しても送信できなかった場合は、Twitterで
@Sakura_Saku1218
を検索し、DMにてご連絡いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。