株式会社崎村工務店

2020年採用ページ

社長メッセージ

崎村工務店の次世代を担う仲間を求めています

株式会社工務店が求めているのは、次の世代を担う幹部候補です。
当社は平成9年に石川県白山市で設立しました。
主に、公共建造物や住宅など、様々な工事の型枠工事、土工事を担ってます。
創業当時から、誇れる技術と丁寧な対応で「信頼」と「安全」をモットーとした施工を行ってきました。

設立から23年が経ち、当時からともに仕事をしてきた面々が信頼できる幹部として、信頼できるパートナーとして活躍してくれている中、当社が次に求めているのは「次世代」を担ってくれる方です。

おかげさまで弊社を経て独立し、グループの一翼を担ってくれる仲間も増えてきました。グループとしては、ますます技術力を高めながらも、これからはますます人材育成にも力を入れていきたいと考えています。

私たちが培ってきた技術を引き継ぎ、型枠工事・土工事のプロフェッショナルとして活躍してくださる方。

身につけた技術を指導者として伝承してくださる方。

独立して、私たちのパートナー企業として、共に事業を盛り上げてくださる方。

そんな方々と共に、崎村工務店グループをもっと拡大していきたい、それが今の私の想いです。

(株式会社崎村工務店 代表取締役 崎村 俊郎)

こんな方を求めています

◎独立したい!自分で事業をやってみたい人!
◎モノづくりをしてみたい人!
◎お金を稼ぎたい人!
◎未経験でも技術をみにつけたい人!

一緒に楽しく、働けるメンバーを求めています!

キャリアステップ

入社時研修
自分に合った職種を選択
型枠工:型枠工事資格
土工:土工事・地盤改良工事資格
1年目
基礎力を身につける
先輩から学び、必要な体力を身につける
3年目
経験から技術を習得し、さらに技術を磨く
型枠工:型枠支保工の組立等作業主任者 / 1t以上の玉掛作業
土工:地山の掘削及び土止め支保工作業主任者 /1t以上の玉掛作業 / 車両系建設機械運転者
5年目
様々な技術を習得している、リーダーを目指す
それぞれの分野において指導者を目指す
7年目
リーダーとなり他の作業員に指示を出す
将来の方向性を決める

型枠工:職長・安全衛生者教育 / 1級型枠施工技能士 / 登録型枠基幹技能者
土工:職長・安全衛生者教育 / 2級土木施工管理技士
10年目
自分の目指す道を決める
「施工管理者」の道 → 幹部となり社内、社外での打ち合わせを行う
「リーダー」の道 → 現場で活躍する、後進の育成に携わる
「独立開業」の道 → 作業員を雇用し、自ら事業を率いる

型枠工:1級建築施工管理技士
土工:1級土木施工管理技士
1年目
基礎力を身につける
先輩から学び、必要な体力を身につける

積極的に独立開業も支援しています

<独立開業支援について>

一方で当社では「独立して自分の足で立っていきたい」という人を積極的に支援し、独立の後押しもしています。
当社で経験を積み、技術を身につけた職人の中には、そうして独立し、現在は信頼できるパートナー企業として活躍してくれている人も多数います。


<なぜ独立を支援するのか>

様々な経験を積み、技術を磨いてきた能力の高い方は、より高い収入を得るべきだというのが当社の考えです。

独立し、自分で事業を行うことはもちろん簡単なことではありませんが、その分、頑張れば頑張っただけ収入も自分で上げていくことができます。
雇われているだけでは経験できない大きなやりがいも感じられます。

当社から独立される方は、パートナー企業として業務提携をし、案件の紹介なども行なっておりますので、培った経験をそのまま生かしていただけます。
職人としての技術を磨き独立された先輩に仕事の魅力を語ってもらいました!

先輩インタビュー

  

森吉さん
(独立15年目)
野間さん
(独立11年目)
古谷さん
(独立9年目)
川村さん
(独立10年目)
川村さん
(独立10年目)

親方が語る、この仕事の魅力とは…?


ー 皆さん独立されて約10年ほどとのことですが、建設業や型枠工事のお仕事で一番面白いなと思うことってどんなことでしょうか?
社長:
個人的には、こんなに達成感のある仕事は他にあるのかな?と思っているんです。建設業の中でも型枠工事は一番達成感がある仕事じゃないかな。


ー どんなところで達成感ややりがいを感じられますか?

森吉さん:
毎回作るものも違うし、建物の形も一つ一つ違いますからね。
この仕事を15年やっていますが、毎回違った難題が降ってきて、「まだこんなのが出てくるか!」と驚くんです。マンネリ化しないし飽きませんね。

野間さん:
それこそ時代の変化によっても変わっていきます。建物自体も変化をするし、その時代にあったオシャレさにも適応していく必要もあります。工場で画一的なものを作るというものではないですからね。

社長:
それと、型枠工事と一言で言っても、作業工程も進め方も人によって全然違っていて、もうそれこそ職人の世界なんですよね。正解がないんです。
建物一つ一つにあった「これが一番いいだろう」と思うやり方を自分で一から組み立てていく仕事。

森吉さん:
だから、他の人の仕事を見ると、全然違っていて勉強になるしとても面白い。

野間さん:
(他の人の仕事を見ていて)「あー、こんなんあったんや!頭いいなー!!」と思ったりね。

森吉さん:
他の人の仕事を見て、いいなと思う仕事は盗んでいって。そうやって技術を磨いていきます。

社長:
建設業の中でも型枠工事は難しいんですよ。でも、大きな物件を扱うことも多いし、仕事で得られる達成感もとても大きい。
だんだん技術を身につけて仕事を覚えて行くと、「次はどうやろう?」というのが面白くなってきます。

建設業界で働くということ

ー 逆にこのお仕事で「大変だなぁ」と感じるのはどんなことですか?

古谷さん:
一つ一つの仕事はどれも工期が決まっているので、それに合わせて人数、時間をどうやっていくか、というのは毎回大変ですね。元請けさんにも迷惑はかけられない、という思いでいつもやっています。

社長:
あと、若いうちは技術を身につけたり、覚えることもたくさんあるのは大変かなぁ。

野間さん:
外仕事が多いので、暑い寒いなんかもありますからね。


ー 皆さんが新人の頃はその大変な時期をどうやって乗り越えられましたか?

森吉さん:
新人の時は、親方とか、仕事のできる上の人たちが格好良くて、自分もそうなりたいと思って頑張っていましたね。
だからこそ今は、自分達がそういう立場(若い人の見通しや憧れ)になっていく必要があるなと思っています。

野間さん:
確かに親方みたいになりたい、という思いでやってましたね。今の現場の若い子たちもそういう思いを持ってくれている子たちは本当に頑張ってますよ。


ー そういった親方への憧れも、独立してご自身で事業をされるようになって行くことにも繋がっているのかもしれませんね。


ー このお仕事に向いているのはどんな人だと思いますか?


森吉さん:
飽き性な人が結構向いてるかも(笑)
どの仕事も毎回違うし、毎回発見があって「次はこうしよう!」と工夫ができるから。
15年やってても飽きたと思ったことがないし、毎回面白いからね。

川村さん:
あとはみんな負けず嫌いですね。他の人のいい仕事を見て「自分も負けてられないな」と思うことが技術を高めて、いい仕事に繋がっていきますから。

古谷さん:
私たちもみんな、もちろん最初から(技術や経験を)持っているわけではなくて、そういう負けたくないなという気持ちでやってきましたね。

野間さん:
あとは何と言っても物作りに興味がある人。

社長:
現場での仕事だけじゃなくて、CADを使って図面を引いたりとかもあります。建設業って体育会系のイメージがあると思うし、もちろんそういう側面もありますが、頭脳戦でもあるので、そういう意味でも物作りがやりたい人は面白いと思いますよ。

野間さん:
建設業って辛そうとか暗いイメージを持っている人も多いかもしれませんが、現場の雰囲気は明るいですよ。どうやったらいい建物を作れるか、前向きに考えてみんなで取り組んでいます。

社長:
この仕事は個人ワークじゃなくて、チームワークですね。チームで大きな目標を達成したい、という人が向いていますね。

崎村社長ってどんな人?

ー 皆さんから見て、崎村社長ってどんな方でしょうか?

古谷さん:
社長は「大らかな人」ですね。
たとえば、ミスをしたときなどは厳しく叱ることもあります。けど、必ずそのあとフォローしてくれるんですよね。厳しさの中にもちゃんと温かさがあって、「よし、次、頑張ろう」と思えるような関わりをしてくれるんですよね。


野間さん:
実は社長は私の高校の同級生なんです。自分から見たら、とにかく「変わった人」(笑)仕事でも、新しいこともどんどん取り入れて行くんですよ。
たとえば、大工仕事で図面って昔は手書きが当たり前だったけど、いち早くCADを取り入れたりとかね。発想が斬新で、常にトップを走ってくれているから、組織のみんながついて行くんですよ。

古谷さん:
これまで積み上げてきたものでも、「今向いていない」と思ったらあっさり次にいく、という意思決定ができるのがすごい。

川村さん:
「こうしたい」という欲というか、野望をしっかり持ってる人なんですよね。
私が入社した時から、事業に対しても「次はこうしていきたい」というのをずっと語っていて。上昇志向なんですよ。

ー 社長ご自身は今のお話を聞いてどうでしょうか?

社長:
私は、社長になる人は二種類いると思ってるんですね。
一方は、なんでも自分でやる社長で、もう一方は、みんなに助けられてやっていく社長。 
自分は後者で、自分は一人では何もできないんですよ。だからこうして周りの力を借りたり、意見を聞きながらやってきました。
これから入社してくれる人にも、力を借りながら、新しいことにもどんどん挑戦していきたいですね。


募集要項

雇用形態 正社員
業務内容 土工事・型枠工事

公共・民間新築工事での現場仕事が中心です。現場は主に石川県内です。
作業はベテランが所属するチームで行います。
未経験者でも仕事を通して学び成長できる環境です。
給与・待遇 200,000円~400,000円

<収入モデル>
経験5年:330,000円/円

賞与:あり(前年実績年2回)
勤務時間・休日 時間:変形 1年単位1)08:00~17:00(休憩120分)
休日:日・他
福利厚生 各種保険完備・マイカー通勤可
必要資格 普通自動車運転免許(AT限定不可)
給与・待遇 200,000円~400,000円

<収入モデル>
経験5年:330,000円/円

賞与:あり(前年実績年2回)


会社概要

会社名 株式会社崎村工務店
代表者 代表取締役 崎村 俊郎
設立年月 平成9年1月8日
会社住所
〒924-0855 石川県白山市水島町577番1
会社住所
〒924-0855 石川県白山市水島町577番1