SAKE Business Review
「酒づくり」から「まちづくり」を考える経営学誌

【新着】 都留康(2020)、『お酒の経済学-日本酒のグローバル化からサワーの躍進まで-』 中央公論新社。

一橋大学名誉教授の都留先生が、ご自身が愛してやまない「お酒」に関する研究を発表。 客観的なデータに立脚して、丹念に業界の現状を把握。議論の現在地を学ぶにはもってこいの一冊。

Twitterやってます

編集長