酒蔵おやじの釣り日記

酒蔵おやじです。主に大分県エリアで趣味の釣りの釣行記を上げていきます。シーバス・チニング・アジング・タイラバなど釣行記をアップしていきます。
ルアー専門で下手くそですが、よろしくお願いします。
お酒の話は時々するかもしれません。

酒蔵おやじ

profile
40代のおっさんアングラーです。

大分県で酒蔵をやっています。40代で二人の子持ち。
趣味は釣り。シュノーケリングなど。ゲーマー。
主にルアー釣りをやります。釣り好きが高じて2級船舶も取得!
子供が寝てからがおっさんタイムなので、基本ナイトゲームです。
狙う魚:シーバス・アジング・メバリング・チニング・タイラバ・落とし込み等。
大分県は魚影が濃いし、釣り環境は素晴らしいですね!食べておいしい魚は料理にも挑戦します。
家族にダメ出しされながらも、新鮮な魚を家族に振舞っています(笑)

河口ヒラフッコゲーム!

2019年4月25日22:00 ↓17:40 -0.4m ↑1:04 +1.6m 

 念願の小型ルアー「お豆さん」を入手したので、あまり良い潮じゃないけどチャレンジです。今回のポイントは、河口の最下流の橋です。橋の上流側がマルスズキ・下流側がヒラスズキという面白いポイントで、下流側ではフッコサイズのヒラが比較的簡単に釣れるポイントです。深さは1Mもないところなので根掛かりが危険だけど、フォールでしか食ってこないからそこだけは細心の注意が必要です。
 当日は上げ潮真っ最中。下流向けに弱い風が吹きつつも、潮の流れが強くルアーは上流に向けて流される状況です。ほんとはフローティングでドリフトさせるとやりやすいんでしょうが、この「お豆さん」バルサ材で出来ているため、わりとスローシンキングなんで似たような動かし方も行けるんです!という訳で、早速下流側に釣り座を定めお豆さんで探っていきます!

使用タックル
ロッド:メジャクラの862M メバリング用遠投ロッド

リール:シマノストラディックCI4+ 2000HG

ライン:PE0.4にフロロ2号

70ぐらいのシーバスまでは問題ないかな!?

一匹目 (ヒラセイゴ)

まずは一匹目 
上げ潮で緩やかな逆流の流れに乗せて、橋の明暗に流し込みました。ストップをかけた瞬間に食ってきました。目の下にフッキングしててヤバかった💦焦りましたが、元気に帰っていきました。30センチくらい。

二匹目 (ヒラフッコ)

狙ってたヒラフッコです。少し遠めの明暗を通して食ってきました。
一匹目と同じような釣り方でしたが、こちらはリトリーブからのフォールで食ってきました。なぜか下顎でしたが💦ドラグも結構出されて、もう少しいいサイズかと思ったんだけどね…42センチくらいですね。足場が狭く、かつリリース重視なので、鮮明な画像じゃなくてすみません。うまく撮れるように頑張ります。。

お豆さん

個人のルアービルダーさんによるバルサ材のシンキングミノーです。60㎜、5gくらいという小型軽量ながら、内部にタングステンが仕込まれており、110㎜のシンペンとかと変わらないくらい飛距離が出ます。本来はメバリング向けのルアーのようですが、どこかのルアーと同じく「魚種限定解除」と言える逸品です!すげー釣れます!ただ、バルサなので、チヌにやられたら多分壊れちゃいますね(笑)

開始20分ほどで上記2匹はすぐに釣れました。でも潮は小さいしあまり条件が良くないせいか、あっちゅーまにスレて終了です。。上流側には比較的でっかいマルスズキがついていることが多いですが、下流のヒラと違ってかなり渋いので釣れたためしがありません。まぁそれでも2匹付き合ってくれるんだから、坊主の多いシーバスゲームでは比較的釣りやすいポイントではないかと思います。ランカークラスは聞いたことないですが…Gw中は新月の大潮ということもあって、かなり期待大です!

令和初フィッシュ!!

2019年5月3日22:00 ↑19:19 +1.8M ↓1:05 -0.5M
 
 皆様GWはいかが過ごされましたでしょうか?
私は家族サービスと釣行の両立を目指しましたが、平日の方がよっぽどリズムがあって楽だったかもしれません。欲張っても無理が利かない年齢なんですね…
 とはいえこのGW中は大潮・新月と理想的なコンディション!前回の同じ状況では、アジングに行った仲間が「シーバスが食ってきて邪魔でしょうがなかった」などと、何とも裏山な話もあり、シーバス狙いには最強じゃね!?という状況です。

 そこでいてもたってもいられずシーバス狙いに出撃です!!ついでに令和記念で三目釣り宣言などを仲間内のLINEでやっちまいました…

 使用タックル
ロッド:メジャクラの862M メバリング用遠投ロッド

リール:シマノストラディックCI4+ 2000HG

ライン:PE0.4にフロロ2号

ルアー:お豆さん・ワーム・ジグパラメタルジグ各種

 そして向かったポイントは、前回ヒラフッコゲームでもお世話になったほぼ坊主なく釣れる鉄板ポイントです。
しかし田舎とはいえGWということもあり、対岸に先行者アリ!そこ中洲なんですけど…大潮の水深のあるところをウェーディングで渡り切るほどのアングラー、よほどの猛者の方でしょうか…さすがGW!半端ねぇ(;´・ω・)しかもここそんな大物釣れるポイントじゃないんですが…


 まぁしかし割と川幅が広いからあまり問題無さげなので、気にせず釣行開始です。
 
 ポイントを見ると、表層で小魚が結構元気に動き回っていて期待感が持てます!!さすが大潮新月!!これ今日絶対いけるやつやん!!とか思いながら、早速前回と同じ「お豆さん」をキャストしていきます。

 二投目、橋の明暗部分をドリフト気味に通していくと、ゴボッと変な音のバイトが!なんかシーバスとは違うなーとおもいながら合わせると、一瞬でフックアウト。。その後反応がイマイチだったので、下流側に移動しました。

一匹目 (チヌ・クロダイ)

一投目で食ってきました。明暗沿いを通してるとガツガツと攻撃的にルアーを追い回してきて、ストップの瞬間にひったくられました。が、小さい…20㎝位でしょうか。。。先ほどばらしたのもおそらくチヌでしょう。

 チヌって基本臆病で、チニングで狙うとあんなに難しいのに、何故かシーバス狙いでデッカイやつ釣れたりしますよね。シーバスアルアルでしょうかね!?自身もチニングでは35センチ位なのに、シーバスの外道で49とか53センチの歳無しクラスを上げてます。主に春に。なんか、ごくたまーにスイッチが入って積極的にベイトを追い掛け回す時期が有るのかもしれません。ノッコミだからかな。

 まぁいずれにせよ、俺的令和ファーストフィッシュはチヌ(しかも小さい)でした。

二匹目(クサフグ)

河口の嫌われ者クサフグっす。三目釣りの助けには成りますな。。。ちなみに、このクサフグ、実は結構旨いらしい。トラフグみたいに内臓・血管の他、さらに皮にも毒があるらしく、これをきれいに除去できればの話ですが。。ただフグ免許持ちじゃないとやっちゃいけないです!!

 さて、この「お豆さん」。かなり釣れるルアーなんですが、バルサ材製なのでこの手の魚に噛まれると致命傷になりかねません。さっきのチヌもフックに食いついていたから良いものの、大型チヌに食いつかれたらひとたまりもないはず。3,000円がパァになっちまいます。

 あとは三魚種目でシーバスを釣れば達成なんですが、どうもこの日はここでのシーバスは気配がない感じ。ポイント移動で狙います。

ポイント②河口アジングポイント
 ここで釣りしてるのは自分位です。いつも空いてるけど、良型アジ・セイゴが狙える貴重なポイントです。
まぐれでランカーシーバスも釣れるある意味恐ろしいポイントでもあります。
 
 河口に遡上してくるアジって、やる気と体力を兼ね備えているせいか、ここでは25センチ前後が大半で、
30センチ近いやつも出たりします。

ただ浅く狭いポイントなので数釣りは無理っぽいです。家族4人で一食分ねらいにはちょうどいいとこなんですがね。
 
 上から観察すると明暗部にクサフグの群れと共にアジがいい感じで泳いでます。そしてもうちょい下流ではギラギラした20センチくらいの大群が目視できます。ハクですね…自分的にこいつらが遡上してくる時期はなぜか釣果が振るわず例年負けパターン…不安を感じつつも、5グラムくらいのメタルジグをキャストしていきます。

 全くアタリがねえ・・・

ワームに変えてもクサフグに食われまくるのみ。

はい!いつもの負けパターンです!

ポイント③市場前メバルポイント
 型は出ないが簡単にメバルが釣れるポイントです。もうメバルで良いから3種達成して早く寝たい…
ここでも何を投げても無反応…

 ポイント④別の河口
 釣ったことないけどシーバスがうろうろしてるポイント。やけくそで立ち寄りました。
同じく無反応…

翌日早いので、二時間ちょいの釣行でギブアップです。
 
 令和シーバスは次回に乞うご期待(´;ω;`)
 
 そして翌日は早朝から深夜まで弾丸日帰り旅行!すげー楽しかったけど久々に眠気と戦う一日でした。。ほんと無理が利かない体になりつつあることを実感できる年齢ですね。

カマス釣行

2019年5月7日18:30 (潮汐はチェックしてませんw)

 GW明けではありますが、毎年この時期になると地元のおっちゃんたちが鈴なりになるカマス激戦区である津久見市のポイントに行って来ました(`・ω・´)ゞ

 現場に着いてみると、先月行った時よりも状況が渋いのに、それでも案の定定番の防波堤はおっちゃんスズナリです。椅子も用意して一日中居ついてそうな方もいっぱいです…
 私はその奥の堤防の一番端の、ワームやってる人が一人だけ居るポイントに向かいます。

 まずは周囲の状況確認。おっちゃんたちを観察すると、きびなごを針に着けてウキ釣りをしているようです。
 
 しかし私はルアーやワームを使って挑みます!!基本やはりワームが有利な気はするんですが、どうにも私はワームに苦手意識があって、出来るだけルアーやジグでつりたがる厄介な性格なんです…アジも出来るだけ小型メタルジグで狙ってます。飛距離と、レンジコントロールが下手くそなだけな気もしますが(;´・ω・)
 

使用タックル
ロッド:メジャクラの862M メバリング用遠投ロッド

リール:シマノストラディックCI4+ 2000HG

ライン:PE0.4にフロロ2号

ルアー:ルアー・ワーム・ジグパラメタルジグ各種(下記画像のもの)

足元を観察すると、カマスさんたちがギラギラしてます!!カマス千匹とはこのことか!と思いながらおっちゃんたちのきびなごに見た目が近いと思われるメタルジグを投入です。(左画像一番左のもの。)

・・・・・・・・食ってこねえ(;´Д`)

 前情報通り結構渋い様です…余裕で目視できるんでチェイスは結構してるんだけど、バイトに持ち込めない!!カマスさんたちはなにやらジグをガン見しながら着いてくるだけ。

 で、近くのおっちゃんの釣りを観察することに。。。先述したようにきびなごのウキ釣りなんですが、面白いようにバイトがあります。が、結構バラシが多い。ウキが沈むと力いっぱい合せてるもんだから、キビナゴがちぎれて身が漂ってるのを回収していくカマス…

ああ!このパターンか!!

と気が付いて、ワームにチェンジ!ちぎれた切り身に見えるような白いやつを中心に、リトリーブを調整してると漸く正解がわかりました!しかしそうこうしているうちにあたりは真っ暗に…カマスって、暗くなるとパターン変わるんですよね…
おそらく警戒心が緩むことと、目が見えづらくなることで捕食パターンが変わるんだと思います。で、次に投入したのがルアーやバイブなわけです。この日は白か、キラキラ計のルアーのやや早巻きにバイトが見られました。去年は確か超早巻きで波動で釣ってた気もします。

そんなこんなでプラグ7・バイブ2・メタルジグ4・ワーム各種を投げ倒しました。

一時間半、試行錯誤の末の成果が上記のものです。季節外れの寒さで途中上着を取りに帰りました(笑)

 カマス釣りの釣果としては少ないけど、家族で美味しくいただくには十分な釣果です。逆にクーラー一杯とか連日釣りに来る人の神経がわかりません。資源枯渇させてどうすんのかと!昔とは違うんですからね…食える分だけ釣りましょう!!

 で、持ち帰ったらすぐにさばいて保存します。 塩焼き・炙り刺身・フライ・ソテーなど、明日の晩飯が楽しみです!

先日のカマスでオヤジ料理!

昨夜のカマスを早速料理です!カマスは皮に生臭さがあるため、三枚に卸したあとに軽く塩をして、10分位放置→キッチンペーパーとかで水分と塩分を取り除く。これだけで美味しさがかなり違ってくるってのを学習しました。塩焼きとかにする場合は、さらに日本酒を塗って30分くらいしたら、さらにふっくらします!てなわけで調理開始です。

3品 作りました

2品目 炙り刺身

バーナーで皮を炙るだけです!簡単!ただ、皮が柔らかいから予め刺身に切ってから炙ってます。上手な人と良い刺身包丁なら、炙ってから切るのも可能らしいです…ダイソーのナマクラ刀では厳しいです(;・∀・)

2品目 ソテー

三枚おろしをオリーブオイルと塩コショウでソテーするだけ!これも簡単!

 皮が焦げ付くと悲惨だから身から焼いて、油が多いフチ部分で弱火にするのと、焼きすぎたら硬くなるからサッと火を通すとかぐらいです。

3品目 中骨ソテー

 捨ててもいいんですが、骨周りは旨味の宝庫だから、オリーブオイルでしっかり炒めます。酒のおつまみに最高です!
 ただ、食べにくいからお子様は要注意!

嫁さんが酢飯を作ってくれたから、お刺身は手巻き寿司で頂きました。
ふっくらした食感と、皮の芳ばしさがたまりません!
熊本酵母の純米吟醸と合わせて行きました。穏やかな風味で、魚料理に
めちゃくちゃマッチします!

あっという間に10匹分食べちゃいました!次はアジ食べたい!

令和初シーバス!!

5月5日 22:00 ↑20:35 +2M ↓2:22 -60cm

 前回5月3日の初シーバスに敗退したのでリベンジです。 
 大潮で一番大きい日+新月=最強!!のはずです!!!
しかしながら5月は自分の履歴の中でもシーバスの釣果が非常に少ない月でして、
スキルの引き出しもないんですが、何とかなると信じてポイントに向かいます。
 
 ポイントは、地元で一番アングラーが集まる橋の下です。さすが田舎だけあってGWでもライバル無しwwwただ、工事中らしく欄干部分から保護ネットで覆われているため、キャストミスると一発でルアーロストです(;´Д`)そもそも工事中だから人がいないのかもしれません…

 このポイントでは、橋脚周りよりも、一番深くて流れが利いた橋の明暗の境目にシーバスがついていることが多い。というか、そこでしか食ってきたためしがないです。実際、上からのぞき込むと大体その辺でうろうろしてます。なので実はあまり遠投する必要はないのかもしれません。ただ、アングラーが多いせいか、スレるのが早く、ほとんど一発勝負(;´・ω・)自分的最高サイズは75cmほど。一番通ってるのにランカー出せてませんwww

使用タックル
ロッド:メジャクラの862M メバリング用遠投ロッド

リール:シマノストラディックCI4+ 2000HG

ライン:PE0.4にフロロ2号

ルアー:お豆さん・ローリングベイト55㎜レッドヘッド

 使用ルアーは最近おなじみの「お豆さん」です。最近こればっかです。

 日記にする釣果がありませんでしたが、先週沖堤防でメバリング行った時もこれでアジが食ってきました。それほど万能ルアーです。
 
 それだけに、先述の工事ネットには掛からないよう慎重に上流側に向けてキャストしていきます…

 幸い下げ3分ほどでかなり流れが利いてたので、うまい事流し込めます。3投目くらいでカツカツとしたアタリが!!感触からしたらフグです…お豆さんはクサフグにも大人気なんです。

 そしてその後数投で遂に歓喜の瞬間が!

 表層近く、いつものヒットゾーンでした。大したサイズじゃないんですが、流れが利いてるのもあってバンバン走ってくれます。リーダー2号だから優しくやり取り…

ようやくの一匹です!小さくてもうれしい!元気いっぱいファイトしてくれました!

その後定番ポイントに移動して2匹ほどヒラセイゴを釣りあげましたが、かわいそうに傷だらけです。2匹目は下顎の可動部分が切れてて、口が開けられないような個体でした…
 
 その後さらに遠投しようとローリングベイト55㎜を投入!一発で根掛かりです( ノД`)シクシク…

 逆側から引っ張れば外せることも多いので、橋を歩いて現場を確認…そして逆側から引っ張ると「こ、こいつ動くぞ!?」そこから20分くらい「こいつ」と格闘です…ランディングネットが届く場所までなんとか移動させたいんですが、リーダー2号なんでちょっと無理したらアウトです…形状が形状なんで水の抵抗が強くてもうね‥‥

 なんとか取っ手!?の部分にネットのリングを引っかけて引き上げました(-_-;
 
 しかしどこの馬鹿がこんなもん川に捨てるんでしょうね…

 なんか心が折れて終了です。。
とりあえず初シーバス達成できてよかったです!!そろそろシーバスも遡上範囲が拡大するし、大物狙いとチニングのシーズンですね!!