さいたま・つく〜る SAITAMA TSCHOOL
「さいたま で つくる を まなぶ」ワークショップ
主催:公益社団法人埼玉デザイン協議会(SADECO)・公益社団 法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA )埼玉地区・埼玉 県産業技術総合センター(SAITEC)

すみよい街「埼玉」をつくるために
県⺠が中心となり、自発的に取り組む、活性化プロジェクト。
【 第2回のテーマは「埼玉らしいS級特産品」を生み出そう! 】

日時:2017年8月19日(土) 13:00〜17:00
会場:新都心ビジネス交流プラザ4階会議室
〒338-0001 さいたま市中央区上落合2-3-2
参加費:無料
※応募者多数の場合は抽選となります
(交流会あり:有料)

さいたま・つく〜る とは?

埼玉のものづくりへの関心を高めるために、埼玉県内のデザイン団体などが協力しあい、年に数回開催しているイベントです。

第2回では、埼玉県の特産品について、実際に試食や体験をおこない「もっとこうしたらイイ!」というアイデアを募集します。

ー2020年、訪日外国人旅行者を4000万人 にーという観光庁の発表にもとづき、埼玉にも世界中から大勢の観光客が訪れると予測されます。せっかくの機会に向けて、埼玉生まれの商品をアピールしましょう!
参加費無料! 埼玉のものづくりを
「体験できる!」「学べる!」「応援できる!」
県内の特産品について
体験や試食を通して
学ぼう!
対象の県内特産品に対して
アイデアを出して
応援しよう!
商品づくりのプロと一緒に
プレゼンや商品開発を
学ぼう!
商品づくりのプロと一緒に
プレゼンや商品開発を
学ぼう!
学生・社会人・主婦など職業を問わず参加できます。
プロのデザイナーや企業が皆さんをサポートします。

参加者の声

プロだけで考えるのではなく、一般の人の意見に基づいて、ものづくりに取り組むという機会は、非常に珍しく、勉強になりました。
クリエーター
日頃からものづくりを考える立場としては、参加者のみなさんの純粋な意見にビックリしました。ぜひ今後の参考にしたいと思います。
自営業
学生のうちに商品づくりの第一線で活躍する人たちと、意見交換が出来たのは、非常に勉強になりました。また参加したいなと思います。
学生
普段、商品に対して、もっとこうしたらイイのになと思っても、意見を言う場がなかったのですが、こうした形で県産品を応援出来るのはいいなと思います。
主婦
普段、商品に対して、もっとこうしたらイイのになと思っても、意見を言う場がなかったのですが、こうした形で県産品を応援出来るのはいいなと思います。
主婦
第2回 現在の応募者数
【現在35名 参加予定】
(一般21名・プロ+スタッフ14名:8/18集計)

【参加企業 6社】
株式会社 東玉様(岩槻・五月人形)
株式会社田中帽子店様(春日部・麦わら帽子)
株式会社沢田本店様(熊谷・お菓子)
株式会社矢島園様(上尾・茶)
おはりや様(桶川・野菜)
株式会社十万石ふくさや様(行田・お菓子)
埼玉のものづくりを活性化させる、私達の活動に参加してみませんか?
まずはお気軽にご応募ください

よくあるご質問

誰でも参加できますか?
はい。年齢・性別・職種を問わず、どなたでもご参加いただけます。また参加費も無料です。一般参加は県外からもご参加いただけます。
誰が運営していますか?
第2回に関しては、埼玉県で30年に渡り、デザインの普及活動を行ってきた「公益社団法人 埼玉デザイン協議会(SADECO)」を中心に、同じくデザイン団体の「公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会 埼玉地区(JAGDA)」と、埼玉県のものづくりを支援する「埼玉県産業技術総合センター(SAITEC)」の3団体が共同で運営しています。
アイデアや意見はどのように扱われますか?
今回のイベント中に発案されたアイデアや意見は公共財産として、その場で企業担当者にフィードバックされ、商品開発に役立てられます。
イベントや活動内容について詳しく知りたい。
フェイスブックのグループで活動について紹介をしています。
会場はどこですか?
新都⼼ビジネス交流プラザ4階会議室です。(下記のマップをご参照ください)
交流会はありますか?
同日同会場にて 17:30〜19:00まで、交流会を予定しています。参加費は1人2,000円です。
アイデアや意見はどのように扱われますか?
今回のイベント中に発案されたアイデアや意見は公共財産として、その場で企業担当者にフィードバックされ、商品開発に役立てられます。