3歳までの才能育て♪

 【個別相談】3月募集

おひとりおひとりのお話をしっかりとうかがい、
お子様の現在の能力や興味を踏まえて
次のステップと
今後の方向性を具体的にお伝えします。

対面(大阪市内)または
zoom(LINE・スカイプも可)が選べます!

お問い合わせ・
お申し込みは
公式LINE@からお願します♪

【ID検索は@pez5779n】

「3歳までの才能育て」とは…

子どもの頭脳は6歳までに90%完成すると言われています。
最初の3年は入れる時期、後の3年は自分に必要なものを選び取る時期です。

「3歳までの才能育て」を通して、最初の3年間で自信を持って挑戦できる心と身体の基礎を育てます。


具体的には3つのステップで進んでいきます。

遊びの中で本来持っている能力を育てて引き出す

「好き」を見つける

「好き」を育てて才能にする


また子育てで子ども同様に重要なことは、お母さんもいろいろな壁にぶつかるということです。
そんなお母さんに自身にも、子育てを通して自分と向き合い、自由に生きられる女性になるヒントをお伝えします。

プロフィール

私は現在、3歳1歳の男の子を育てながら在宅で仕事をしています。


長男は11か月から保育園、
次男は5か月から一時保育を利用しつつ、1歳5ヵ月から保育園に通います。

平日の「才能育て」の時間は4~6時間です。

実際には家事をやりながらなので、一人にじっくりかけられる時間は30分ほど。
あとは何かをやりながら子どもと過ごす時間がほとんどです。


そんな中でも長男の語彙力は早くから非常に多く、
具体的なものも抽象的なものも
言葉を理解して使いこなす能力は高いです。

次男は出産直後から「才能育て」をしていることから
言葉も早く、情緒がとても安定しています。


そして何より、私自身が「才能育て」を意識し始めて
子育てが心から無理なく楽しめるようになりました。


現在は、お子様を持つお母さんお父さんが
自信を持って子育てに向き合えるようになることを目指して
「3歳までの才能育て」をお伝えしています。

子育てをしていて…
こんなことを感じたことはありませんか?

  • 育児書やネットの情報と我が子の状況を比べて悩んでしまう・・・
  • 子どもと何をして遊べばいいかわからない・・・
  • 早期教育?習い事?何をするべきなの?
  • 本やネットから得た知識はあるけど、どう活かしたらいいの?
  • ダメダメ言いたくないのについ言っていしまう・・・
  • 子どもといるとイライラして、とりあえず子育てがしんどい!
  • 育児書やネットの情報と我が子の状況を比べて悩んでしまう・・・

私は大学を卒業してほぼすぐに妊娠・出産して、
実家からも遠く、
慣れない環境での子育てに必死でした。

いろんなことが不安で育児書やネットで調べても
いまいち自分の子どもに当てはまるかわからなくて…

とりあえず「知った情報は守らないといけない!」
とガチガチでした。

「~するべき」「~してはいけない」に振り回されて、
子どもはかわいくても
子育てはしんどいばかりで楽しくありませんでした。

その中で1冊の本に出会います。
サリー・ウォード著『「語りかけ」育児』

この本を実践していく中で、
子育てする上で大切な視点を学びました。

「観察」です。



この視点を基準にして子育てをしていくと、
「~するべき」「~してはいけない」と
決まりにガチガチで不安だった私も、

実は情報ばかり見て、
子ども自身を見ることを怠っていたことに気が付きました。

「3歳までの才能育て」で、
子育てに自分なりの基準を持てるようになります。

子育てをしていく上で大切なのは、
もちろん情報もですが、

自分の中にしっかりとした判断基準を持つことです。

「3歳までの才能育て」では、
実践していく中でこの判断基準を持てるようになっていきます。



語りかけ育児を実践する中で私が学んだ視点は『観察』です。

私は子育ての中で、「観察」をすべての場面において意識しています。
子どもの問題はすべて子どもの中に答えがあります。

「才能育て」ではまずこの観察の感覚をつかんでいただきます。

観察することで、子育てに自分なりの基準を持てるようになり、
悩むことが格段に少なくなります。
これは3歳までだけでなく、子育てをしてる間はずっと大切にしたい視点です。

子どもへの「才能育て」

観察の感覚をつかんだら、子どもにとって何が必要かは自然と想像できるようになります。
この段階で、月齢別の「才能育て」をお伝えしていきます。

身体の成長

言葉の成長

指先の成長

味覚の成長

耳からの理解

目からの理解

「3歳までの才能育て」では、
遊びや生活の中にいろいろな要素として「才能育て」を取り入れられるようにしています。


子どもの成長はどれか一つの能力が単体で育つわけではなく、
すべてが関わり合って成長していきます。

例えば赤ちゃんが立ち上がろうとするのは、
少しでも大人と同じ目線になって見てみたいものがあるからです。

好奇心という頭脳の成長、目からの理解、身体の成長など、
「立ち上がる」ことをするために、これだけの要素が関わっています。




また何か一つのことができるようになるには、
階段を上るように一つ一つ段階があります。

この段階を踏まずに、
1段目から急に10段目を目指そうとるすと、
子どもは難しすぎて嫌がります。

箸を例に出すと、
スプーンやフォークからいきなり箸を持つことは
子どもにとって難易度が高いです。

そこで普通に考えると練習用の箸を使われると思いますが…


「才能育て」では遊びの中で自然と箸を持つ練習ができるように、
段階を踏む方法をお伝えしています。
①握力をつけるために握る遊び
⇒子どもにお母さんの指を握ってもらって、身体を持ち上げるようにひっぱる遊びなど
②指先を自由自在に使えるようになるために細かいものをつまむ遊び
⇒ボタンや大きめのビーズなどをつまんでビンに入れる遊びなど
③箸を持つときに主に使う親指と人差し指を使う遊び
⇒小さいトングでビーズをつまむ遊びなど
④箸で細かいものをつまむ遊び
⇒大豆や小豆をお皿からお皿へ移す遊びなど

お母さんへの「才能育て」

自信にあふれて挑戦できる子を育てるには
お母さんの心からの笑顔がかかせません。


でもお母さんの1日はとにかく忙しい!
それで子どものこともしっかり見たいと思うと
どうしてもいっぱいいっぱいになるときがあります。

そんなときに「3歳までの才能育て」は
家事をしながらできる子育て
ながら育児
子どもが一人でも集中して遊ぶ環境づくり
などを

お伝えしています。


そして大切にしているのが、
知識と観察のバランス
を自分なりに取れるようになっていただくことです。

観察だけをしても
次にどういうステップを踏むかの知識がないと進めない、

知識だけがあっても
観察がなくて適切に使いこなせないとモヤモヤだけが残る、

ということになります。


このバランス感覚が
自分なりにつかめるようになったら、

子どもの「好き」を見つけることや、
その「好き」を応援して育てることが
簡単に実践できるようになります。

「3歳までの才能育て」では
「好き」を見つけて育てる視点や方法もお伝えしているので、

そこを知識として取り入れて、
観察を通してご自身の子育てに
生かしていただけるようにしています。

個別相談(3月募集)のご案内

子どもはひとりひとり
得意なことも違うし、興味を持つものも違います。



個別相談では
お子様の今の状態と今後どうしていきたいかをお聞きしながら、

今持っている能力をさらに伸ばす遊びや
苦手な部分を段階を踏みながら無理なく伸ばしていく方法を
お伝えします。

その日からできることを具体的にお伝えするので、
お家に帰られてからすぐに実践していただけます!!



おひとりおひとり違うお悩みや改善したいことなど
ブログやLINE@ではお答えしきれないことについても
気軽にお話し下さい♪

お子様同伴も大歓迎です!




〈日時〉
平日10時~15時半終了の間
(この時間以外は要相談)

〈時間〉
1人1回90分

〈場所〉
対面:大阪市内はご相談に応じます
zoom(スカイプ・LINEでも受講できます):どこにお住まいの方も大丈夫です

〈募集人数〉
5名 残4名

〈参加費〉
5,000円 ⇒ 3,000円 (事前振込)

〈プレゼント〉
月齢別★この時期から伸ばしたい才能一覧表
(使い方を個別相談の際にご説明します。)
お問い合わせ・お申し込みは公式LINE@からお願いします。


【LINE@ID検索は@pez5779n】