弁護士法人イストワール法律事務所で失敗しない債務整理をしませんか?

高い技術と専門の知識を持った法律事務所。
全国対応でしっかり時間をかけた無料相談を行います。 元金融業者スタッフが債権者側の手法を熟知しており極限の交渉を行っていきます。損をさせない綿密な引き直し計算による過払返還請求、 債権債務問題に専門に特化した法律事務所が弁護士法人イストワール法律事務所です。

借金についてこんなお悩みありませんか?

  • 借金のことは誰にも相談できない、、、
  • そもそも債務整理ってどうするの?
  • 自分にあった法律事務所ってあるの?
  • 債務整理の種類はどういったものがあるの?
  • 無料で相談できる法律事務所を知りたい
  • 債務整理にはどれくらいの期間がかかるんだろう、、、
  • 債務整理にはどれくらいの期間がかかるんだろう、、、

債務整理はどの法律事務所に依頼しても同じ結果にはなりません!

債務整理には自己破産・任意整理などいくつか種類がありますが、任意整理になりますと裁判所ではなく弁護士(代理人)と債権者(金融機関)の交渉になりますので、弁護人の知識や交渉技術によって結果が変わってくる場合があります。

自分で作ってしまった借金、他の人から負ってしまった借金など、借金も様々なものがありますがその借金を整理しようとしたときにふだんあまり接することのない法律事務所などいい悪いは当然わかるはずもなく、どのようにすすめていいかもわかるはずもありません。
全国からよせられてくるお電話やメールの中には、自分自身がより優位になる交渉を求める方が年々増えています。 これはごく当然の権利ですし、当たり前の気持ちだと思います。

自分にあった弁護士、より有利な交渉をしてくれる弁護士事務所を選びましょう!

例えば、重い病気にかかり、危険をともなう手術等の治療を必要とする時、ほとんどの方は、より上手い先生、より高度な機器を有する病院等を必死にさがすはずです。 治るはずの病気が治らない、助かるはずの手術が助からない。逆に治らないと思っていた病気が治った、助かる見込みの少なかった手術が成功した。 借金というお金の病気もまったく同じなのです。

自分や身内が命の危険に関わるような重い病気、手術をしなければならないとき、全国でも腕の良い医者やその病気の専門の有名な病院を探し受診すると思います。いい先生、病院に出会うことによって病気が治ったということもあると思います。借金も同じで弁護士や弁護士事務所によって結果が変わってくるのです。であれば、腕の良い弁護士、経験豊富な弁護士が所属する弁護士事務所を探すことは当然です。

インターネットの普及により、全国の弁護士に質問や相談ができる時代です。自分にあった弁護士・有利に交渉をすすめてくれる弁護士事務所を探すことは失敗しない債務整理のカギになります。

債務整理にはどんな種類があるのでしょう

  • 自己破産
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 個人再生

債務整理の4つ手段

現在、個人の方が行える主な借金の整理手段は自己破産・任意整理・特定調停・個人再生の4つ手段があります。この4つ手段をその人がおかれた状況とその人がどうしたいのかという希望を考慮して任意整理をするか自己破産をするかなどを判断して行きます。
  1. 任意整理:任意整理とは、法律に基づき、弁護士が代理人として債権者と交渉し、出資法、利息制限法で計算し直し、債務不存在(既に債務が無い)、不当利得返還請求(不当な利息を返してもらう)、過払金返還請求(払い過ぎた利息を返してもらう)等の方法を用い、それでも正当な残債がある場合に合意和解の上、無理のない一括、分割返済をしていく法的手段です
  2. 自己破産:自己破産とは、借金超過で支払い不能の状態、もしくは支払いが困難に陥っている債務者(法人・個人)を救済して再建のチャンスを与えるべく、借金を『ゼロ』にする法的手段です
  3. 特定調停:特定調停とは、裁判所のもと調停委員が仲介に入り、借金を利息制限法に基づき計算し直して、元金の減額、利息カット等を協議和解して、余裕のある分割返済をしていく法的手段です
  4. 個人再生:個人再生(小規模個人再生・給与所得者等再生)とは、自宅、所有物件等の不動産を守りながら、住宅ローン以外の借金を大幅に減額して、(確定債務額の5分の1又は100万円のいずれか多い額、100万円未満はその債務額)ゆとりのある分割返済をしていく法的手段です

シン・イストワール法律事務所が
選ばれる理由

債務整理専門の法務事務所
高い技術と知識、多くの経験と実績で債務整理だけに専門特化
債務整理経験者スタッフ在籍
債務者の本当の苦しみを理解できるのは同じ経験をした者だけ
元大手金融業者スタッフ在籍
債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術
20,000件超の実績処理件数
全国各地から数多くの依頼と紹介に裏打ちされた信頼と実績

返済は自分のためですか?
それとも大切な誰かのためですか?

債務整理は難しい、債務整理なんてどんなふうにすすめていいかわからない。
楽ではない返済の中にあってもそのうち、なんとか返済が終わるんじゃないだろうか、払わないといけないから払っていくしかない、借金のことなど恥ずかしくて誰にも相談できないなど、理由は様々あると思いますが、債務整理というとハードルが高く感じてしまい、債務整理に踏み出せない人はたくさんいらっしゃいます。

〜債務整理という選択肢を考え始めてから毎日のようにホームページや書籍等を読みあさり、幾度となく債務相談をくりかえし五年の月日を経て依頼をしてきた方がいらっしゃいます。法的な手続きにより金銭的には五年分のロスは取り戻すことはできました、しかし決して長くはない人生の大切な五年間を苦悩の日々にしてしまった事は、法的に取り戻すことは絶対に不可能です〜

多重債務を楽観的に考えるということではなく、債務整理という法律で与えられた正当な権利を行使するということです。

現代のストレス社会は借金以外にも頭を悩ませることがたくさんあるはずです、する必要のない回避できる苦労なのであれば、ちがうことに労力をついやし有意義な人生を送るべきではないでしょうか。
法的な処理をおこなえば過払い金が返ってくるであろうことを感じていても、また来月決められた金額を返済しに機械の前に立つのでしょうか。
法的な処理をおこなえば残金の減額や利息が無くなることは知っていても、自分の中の良心や道徳心がその行為をさせないのでしょうか。

それは自分のためですか?
それとも大切な誰かのためですか?

それが大切な誰かの為で、その大切な人もあなたのことを大切に思っているのなら、あなたにこれ以上の無理はさせたくないはずです。