債務整理の相談※大阪の借金問題に詳しい弁護士事務所まとめ
債務整理(任意整理)の相談を大阪で検討中の方必見!当サイトは大阪にある債務整理に特化した弁護士事務所を徹底比較しています。実際に債務整理をした人の体験談、費用、家族や会社に内緒で解決する方法、全国にある弁護士事務所をインターネットで簡単に検索する方法などの情報あり。
債務整理の種類 
~あなたに合った借金解決法を知ろう~
借金が膨らみ過ぎて返済をすることが出来なくてどうしようと焦っている人も多いと思いますが、借金の悩みを抱えている人の中には、債務整理をする人もいる少なくありません。

ですが、債務整理と言っても3つの種類があるので、自分に合った債務整理を理解してからしなくてはいけません。
なので、下記では債務整理の種類とどの債務整理がどんな人に合っているのかについて紹介していきたいと思います。
債務整理の種類について

1

任意整理

任意整理は、債務者と債権者が交渉して、借金を減額してもらうことができる債務整理のことを言います。
任意整理は、裁判所を通さずに手続きをすることが出来るので、誰でもやりやすい債務整理だと考えてみてください。
交渉については自分でするのではなく、専門であう弁護士や司法書士に代理してもらいます。

そして任意整理をすると、将来的な利息を無くすことが出来ますし、返済計画を見直すことが出来ます。また手続きをすると催促をされることもありません。
返済計画の立て方についてですが、自分で考えると不安があるかもしれませんが、専門家と相談しながら考えるので、安心してください!

さらに会社や家族に内緒で解決できるのも任意整理だけ。
お金が返せなくなった人のほとんどは任意整理を利用しています。

2

個人再生

個人再生は、任意整理よりも借金の減額が期待できる債務整理で、借金した金額によって減額の額が決まります。

個人再生は任意整理とは違い、裁判所を通す必要があります。
裁判所には、債権をした金融会社の一覧表などを提出して、自分がこれからどのような返済をしていくのか、計画案を出さなくてはいけません。

種類などを集めたり、計画をしなくてはいけないため、面倒な部分もありますが、任意整理とは違い、借金が5分の1まで減額されるので、返済計画をしっかりしていれば、借金を大幅に減額することが出来ると考えていいでしょう。

3

自己破産

自己破産は、債務整理の中でももっとも借金に苦しんでいる人がする債務整理だと思ってください。
そのため避けることが出来るのであればしない方がいいので、最後の手段と考えておくといいでしょう。

自己破産をすると財産を全て失うことになるので、住宅や車なども失ってしまいますが、その分借金を全額免除になります。

財産が全て失われてしまうので、自己破産をすると家族にも迷惑がかかってしまうということをしっかり理解しておいた方がいいでしょう。
自己破産は財産を失うので、債務整理をしたことは家族や知り合いにもバレてしまいます。

また新たにローンを組むことも数年間できなくなるので注意が必要です。

返済がどうしてもできないという人は、1人で悩んでいても何も解決しないので、専門家に相談してみるといいでしょう。

1

任意整理

任意整理は、債務者と債権者が交渉して、借金を減額してもらうことができる債務整理のことを言います。
任意整理は、裁判所を通さずに手続きをすることが出来るので、誰でもやりやすい債務整理だと考えてみてください。
交渉については自分でするのではなく、専門であう弁護士や司法書士に代理してもらいます。

そして任意整理をすると、将来的な利息を無くすことが出来ますし、返済計画を見直すことが出来ます。また手続きをすると催促をされることもありません。
返済計画の立て方についてですが、自分で考えると不安があるかもしれませんが、専門家と相談しながら考えるので、安心してください!

さらに会社や家族に内緒で解決できるのも任意整理だけ。
お金が返せなくなった人のほとんどは任意整理を利用しています。
どの債務整理が向いているのか理解しよう

任意整理が向いている人

  • 月決まった収入がある人
  • 債権者との取引が長く続いている人
  • 家族や職場にバレたくない人
  • このような人は任意整理に向いています。

    任意整理は、借金の利息をカットしてもらうように債務者と債権者が交渉して行う方法ですが、裁判所を通す必要のない債務整理なので、家族や職場にバレる可能性が最も低い方法です。

    また取引が長く続いている場合は、任意整理で利息制限法の計算をすると、借金がほとんどなくなる可能性もあるので、取引が長くなっている人には向いている方法だと言えます。
  • 月決まった収入がある人

個人再生に向いている人

  • 毎月決まった収入がある人
  • 住宅を残したいが、ローンや借金を返済することが出来ないという人
  • 個人再生をする場合、借金がだいぶ減額することが出来ます。
    そしてその減額をされて残った借金を3年で返済するという方法の債務整理です。

    自己破産するほどじゃないけど、支払いをすることが出来ないという人は、個人再生をするといいでしょう。

    個人再生をすれば、現在の借金をだいぶ減額することが出来るので、決まった収入がある人考えてみてはいかがでしょうか。

    ですが、ここで注意してほしいことは、任意整理と違い、裁判所を通さなくてはいけないので、家族や職場にバレてしまうということは理解しておかなくてはいけません。
  • 毎月決まった収入がある人

自己破産が向いている人

  • 毎月決まった収入が無い人
  • これからの収入を得る見込みがない人
  • このような人は、自己破産するしかないでしょう。
    自己破産をすれば、借金が全て無くなります。
    ですが、借金をした理由がギャンブルや浪費などだと、残ってしまう場合があるので、注意してください。

    また自己破産をすると、全ての財産が失われてしまうので、家族や職場には絶対にバレてしまいますし、住宅なども無くなってしまうので、家族にも迷惑がかかってしまうので自己破産にならないように気を付けた方がいいでしょう。
  • 毎月決まった収入が無い人

債務整理者の体験談

20代/パート 主婦

最初にお金を借りたのは主人が仕事をやめて無職になり次男も産まれてパートタイムで私も働いていなくて生活に困って借金をしたのご始まりでした。義母とも同居を始めていたので、生活費は折半でした。

最初は順調に返済していましたが、生活費が足りないまた借りる、返済に足りない借りるの繰り返しでクレジットカードも限度額いっぱいまで使ってしまい気づいたら全く返済できない状態でした。

債務整理や自己破産は夫婦だと主人に知られてしまうと思いなかなかできずいましたが、じぶで調べたら家族に内緒でできる、自己破産をしても主人が家を購入したりする時には関係ないと知り自己破産をすることに決めました。最初は弁護士の事務所をどこにするか悩みました。自己破産をするのに値段が高いところもあり悩みました。

ネットで調べると安いところを見つけて、場所も自宅から遠くなく行くことが出来ました。

用意するものは自分の通帳全部でネット銀行も明細書がいります。あと主人の通帳、2ヶ月分の給料明細が二人分、光熱費などの支払い明細書、賃貸契約書我が家は主人が持病があるので、薬の処方箋がいりました。

借金を始めた理由から全部こと細かく話し、裁判所に申告して頂きました。
最近は申告する方が多いらしくスマートフォンも高い料金を払うと申告が通りづらいとも言われました。主人の病気のこともこと細かく説明し現在申告中です。

40代/会社員 男性

離婚して生活費が足りなくなり、借金を繰り返すようになりました。利子が高くて返せなくなってしまい、違う貸金業者からお金を借りるという事を繰り返しているうちに自転車操業になりました。

困り果ててしまい、無料で相談できる弁護士事務所に駆け込みました。債務整理がしたいと考えたからです。門前払いされるのを覚悟で行きましたが、弁護士の方は親身になって相談にのってくださいました。自己破産の申請が出来るというので、地方裁判所に申し立てをする事になりました。

揃える書類が多くてとても大変なので、弁護士の方に全てをお願いしてしまいました。私は一度裁判所に出向くだけで良かったので本当に助かりました。結果は直ぐには出なくて2か月程かかりました。

その後弁護士の方から連絡を貰い、免責許可が下りたとの事で安心しました。全ての借金がゼロになりました。人生をやり直すチャンスを貰ったので、これから頑張って働いていきたいと思っています。

30代/派遣社員 男性

つい先日、任意整理をしました。
2012年にアコムから総額15万、プロミスから85万、ソニー銀行から10万で合計110万です。

毎月の返済額は32,000円でした。

ですが、去年くらいから延滞を繰り返すようにプロミスは毎月22,000円の毎月の生活は貧困状態になり、酷い時は2カ月近く延滞した事もありました。
プロミスに関しては今年は一度も返済してません。

返済の目途はある旨伝え、此方から指定した日までに入金する旨は伝えるんですが、そういう時に限って急な出費があったりして、機嫌の利益喪失の手紙がいよいよ来てしまいました。

実は、13年前にも任意整理した事があるので、今回は絶対に任意整理しないと誓っていたのですが、とうとう力つきました。
法務事務所に3月31日に出向いて手続きをしました。


その時も、条件などを提示されて、想像では毎月の返済額は今の半分くらいに減るかと勝手に思い込んでいたのですが、5000円くらいしか減額は出来ず、更に前回の任意整理で経験してますが、返済ができなくなったら今度こそアウトです。


CMでは任意整理した人の体験談等で、減額になった事で精神的に楽になったと言ってますが、私の場合は全く変わりません。

いつ仕事がなくなるかわからない不安もありますし、13年前と大きく違う点はやはり年を取った事によるフットワークが悪くなった事であまり長時間働けないという事です。
それだけが懸念です。

40代/契約社員 男性

離婚歴のある40代の男性で、契約社員として働いています。家のローンと養育費の支払いが残っており、借金のきっかけとなったのもその支払いによるものです。


最初は、銀行系のカードローンを利用して不足分を補うというスタイルでした。しばらくすると、自分に対して甘い気持ちが生まれ遊興費にも使うようになりました。

返済期日が迫ってきて困惑すれば新しいカードローンを申し込むという方法を繰り返し、最終的には消費者金融を含めて5社から180万円の借り入れになってしまいました。


すべてのカードが利用限度額いっぱいになってしまい、延滞が確実になった時になって焦りの気持ちが強くなりました。金銭的な問題で、知人や親族にも相談することができずに一人で悩んでいました。そんな折りにネットで弁護士の無料相談があることを知り、電話で状況を説明しました。

その後、実際に弁護士と会って解決方法のアドバイスをもらいました。私の収入などを考えて任意整理を行うことで月々の返済額を減らし、返済期間を延ばすことにしました。


弁護士費用として着手金が一社あたり2万円、成功報酬も一社あたり2万円で私の場合には全部で20万円が必要になりましたが、精神的な安定を図れる点からみると任意整理して良かったと思っています。