債務整理の種類とメリット

「任意整理」「個人再生」「自己破産」など、債務整理について詳しくまとめています。

債務整理とは自分では返しきれない借金を整理したりすることで、借金の問題を解決する手続きのことをいいます。4種類の手続きがあり、それぞれメリットとデメリットがあり、借金の内容によって向いている手続きが異なります。自分の状況に合わせた債務整理を行うことで効果的に問題を解決することが可能です。

種類としては、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産に分けられます。
任意整理は、消費者金融など借入先の債権者と話し合って返済方法を決めなおす方法になります。任意整理を行うことで債権者の合意のもとで利息をカットし、支払額を大きく減額させることが可能です。毎月支払う額が少なくなることで支払いを楽にすることができ、利息がかからないため返済期限を延ばして月々の支払額を少なくすることもできます。

特定調停は、簡易裁判所の調停手続きを使って債権者と借金の返済方法を話しはう方法です。簡易裁判所で調停委員という第三者が間に入って話し合いを進めていくことができ、調停が成立すれば調停調書が作られてその内容に沿って支払いを続けていくことになります。
個人再生は裁判所に申し立てをして借金を減額する手続きです。任意整理や特定調停は利息をカットしてもらえますが、借金の元本を減額するのが難しい手続きとなっています。個人再生は元本を5分の1〜10分の1まで大幅に減額してもらえる可能性のある方法となっています。つまり、借金自体を減らすることができ、その分返済が楽になります。住宅ローンを滞納していたとしても家を失わずに済むというケースもあります。

借金がどうしても返せないという場合に行うのが自己破産です。裁判所に申し立てをして借金自体をなくす手続きです。
高額な借り入れであっても返済する必要がありますが、財産が没収されるなどのデメリットもあります。

このような種類があるため、借金の状態などを考慮することによって種類を選ぶことができます。ただし、債務整理を行うことによって個人信用情報に事故情報が登録されてローンやカードの審査が通らなくなってしまい、ローンやカードの利用ができなくなってしまいます。

また、手続きによっては借金自体を大きく減額できなかったり、債権者の同意が必要であったりします。

自分一人ではこのような手続きをすることは難しいため、自分だけで解決しようとするのではなく借金問題に詳しい弁護士などに相談することをオススメします。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理は、借金の返済が苦しくなった人のために用意されている債務整理の一種で、引き直し計算により決定した金額を3年~5年かけてゼロ金利で返済するという内容です。

ちなみに、引き直し計算とは取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利に照らして利息の計算をし直すというもので、改正貸金業法が完全施行された2010年6月以前からキャッシングを利用していた様な場合は過払い金が発生します。これは、本来であれば支払う必要がなかった金額で交渉することにより取り戻すことが可能です。このために、任意整理を行うことにより返済額を大幅に減額する事が出来ます。

この様なメリットがある一方で、任意整理には決定的な弱点があります。それは名前が示しているようにあくまでも任意の交渉であり、業者側は必ずしも応じる必要がないということです。

さらに、交渉が成立して以降も返済が滞った様な場合には業者から訴訟を起こされるリスクもあります。もしも業者側が勝利すると強制執行が可能となるので、給料や財産を差し押さえられてしまうことになります。このために他の債務整理よりもお手軽なイメージが持たれている任意整理ですが、常にうまくいくとは限らないという事を認識しておく必要があります。

債務整理のひとつ個人再生とは

個人再生とは裁判所を通じておこなう債務整理のひとつの方法で、債務整理にはいくつかのやり方がありますが、個人再生がそれらと大きく違うのは、一定の条件をクリアすれば家を残せるという点です。

ですが住宅ローン自体は減額されませんので、もしまだ住宅ローンが残っている状況でしたら、それを払い続けながら、なおかつ決められた借金も払い続けられるだけの収入が必要になります。

住宅ローン以外の借金は大きく減額され、だいたい5分の1ほどになりますので、それを3年から5年ほどで返すことができれば完済となります。自己破産などでは資産などはすべて無くなりますが、個人再生でしたら家を残すことができますので、条件さえ合えばよい債務整理方法といえます。

また家族などが保証人になっていなければ、返済の義務はありませんのでこれまで通り生活していくことができるため、子どもの学校などの関係で引っ越しをしたくないなどの理由で選ぶ人が多いようです。債務整理をおこなうことで本人は5年ほどは新たにローンを組んだり、クレジットカードを所有することはできなくなります。

任意整理よりも減額率が大きいですし、家を残せるという最大のメリットがありますので、いくつかの債務整理から選択する人も多い方法です。

自己破産は支払い能力があるか否かを立証

自己破産を申し立てるためには、破産原因となるものがなければなりません。これは破産法によって規定されていて、個人の場合借金がどうやっても返せないつまり支払い不能の状態にあるということを立証するものです。ですから申立人が支払い不能の状態にあると裁判所のほうが認定しなければ、破産ということにはならないわけです。

それでは支払い不能の状態にあるというのは、どのような状態をいうのでしょうか。支払い不能かどうかを判断するための一般的な基準があればいいのですが、これといった基準はありません。申立人それぞれの状況に応じて裁判所が判断することになっているのです。つまり借金の額と申立人の持っている能力や技能、年齢、職業、給与の額などから勘案して判断するということになっています。
たとえば申立人の収入から最低限の生活費をマイナスした残りの額で、借金をほぼ3年以内に分割返済できなければ支払い不能とみなされます。

また生活保護を受けているケースでは、借金の額が低額でも債権者数が少なくても支払い不能と認定され破産宣告がなされることもあり、あくまでケースバイ・ケースなのです。もし破産宣告されなくてもがっかりする必要はありません。というのは破産宣告がされそうもないということは、借金を処理するだけの能力があるということですから。このような場合には、自己破産以外の方法を検討してみることです。

債務整理の体験談

債務整理に失敗し悩んでいます

長い人生の中では、時には借金をすることも必要と考え、仕事を始める際に僅かながら借金をしたのです。当然順調に進むと思っていた仕事が、上手くいかなくなり資金繰りに悩み始めました。

仕事を受注するにも仕事を進めるにもお金が必要でした。その度に借金を繰り返し不当たりを出してしまったのです。不当たりを出してしまうと誰も自分を信用してくれません。

いよいよ資金繰りが滞り、「債務整理」を考えるところまできてしまいました。「債務整理」に失敗はないと耳にしますが、「失敗したら」と思うと夜も寝ることができません。

債務整理に失敗したら何かペナルティがあるのでしょうか。弁護士などに相談する費用もないので、自分で債務整理を進めていますが上手くいきません。

借金が膨大になり利息を支払うこともできずにいます。この状態を打破するには「債務整理」しか手立てはないと考えていますが、お金が無い私でも弁護士に相談することはできるのでしょうか。

債務整理を自分で始めてしまっていますが、弁護士や認定司法書士などの債務整理の専門家は、このような状況下にある人にも手を差し伸べてくれるのでしょうか。不安は尽きず、悩みは大きくなる一方でいます。

過払い金請求で気分もスッキリ

私が過払い金請求の手続きをしようと思ったきっかけは、テレビ番組でした。貸金業者と長期的に取引をしていて借金に悩まされている人が過払い金請求の手続きをしたことで借金を大幅に減額させることが出来たという内容でした。

私の場合は既に貸金業者との取引が修了していて完済していたので関係ないかなと思っていましたが、完済していても手続きが可能であるということを知り、取引履歴をチェックして引き直し計算を自分で行ってみたところ、多額の過払い金が発生していました。

リボ払いで長期にわたって返済していたことが要因であると自覚しています。過払い金請求には時効の壁があり、最後の取引から10年が経過してしまうと手続きが出来なくなってしまうので、思い切って過払い金請求の手続きをしてみることにしました。

自分で行うのは難しそうだと感じたので、法律事務所の弁護士に全てお任せしました。債権者が1社で完済しているということで、着手金が無料でした。思ったよりも費用が安くて嬉しかったです。

契約が完了して手続きもスムーズに進み、見事に過払い金を取り戻すことが出来ました。ちょっとした臨時収入をゲットすることが出来ましたし、気分もスッキリしました。

過払い金請求の手続きをして本当に良かったです。